INDEX

まず男性が喜ぶバレンタインメッセージとは?注意点を教えます!

男性はこういったメッセージを送ると実は弱い!

バレンタインメッセージを書く前に

バレンタインメッセージを書く上で一体男性がどのような内容の手紙に弱いのか?と疑問に思うと思います。そこで男性が手紙に書かれて喜ぶ事は一体なんなのか?それを考える前にまず男性はどのような事で喜ぶのかと言うと、男性は手紙にせよ言葉にしろ結果を求めます。

なぜ結果だけ求めてしまうかと言うと、男性は女性よりも簡単に物事をまとめてしまうので、男性にかける言葉や伝えたい言葉は出来るだけストレートに伝える事が重要とされています。いくら飾った言葉を書いたとしても「結局この人は何を求めているんだろう?」と考えてしまうからです。

そう考えると、男性にバレンタインメッセージを宛てた時は何かとだらだらと自分の思いを書き散らすのではなく、出来るだけ簡潔に伝える事、これが非常に重要となります。あまりにも長いと「こういう事を言いたいのになんでこの人はこうも簡単にまとめられないんだろう」と呆れられてしまいます。

男性にバレンタインメッセージを送る時の注意点!手紙は手書きで!

プレゼントを贈る時は手書きを心がけて

では男性にバレンタインメッセージを送る時の注意点は一体何か?という事に迫っていきます。まず手紙を書く時に手書きか、PCでタイプされたメッセージのどちらが良いかと言うと、男性の意見はもちろん前者です。

なぜかと言うと、手書きの方が本気らしさと言うのが伝わってきます。「私は字が汚いから」などと言ってデジタルでメッセージを書いてしまうと、男性側としてはせっかくのバレンタインを期待していたと言うのに、「本気なのかな?」と迷ったり、「口先だけ?」と不満を抱いてしまいます。

なので「せっかくのバレンタインなんだから!」と字の上手い下手は考えずに手書きでメッセージを書くようにしましょう。手書きで自然らしさを出して手紙をかけば、受け取った男性側も「本気なんだ」と内心喜んでいます。

手紙だから宛名はしっかりと書くべき!バレンタインメッセージで大事な事

宛名を書くのは手紙を書く上で大事な事

時々「バレンタインだからって名前を書くのは恥ずかしい…」と言って、バレンタインメッセージや手紙などに相手自身の名前を書かずに匿名で送る人も少なくはありません。確かにイギリスではバレンタインメッセージのカードは匿名で渡すのが常識ですが、日本ではそれはNGです。

バレンタインで友チョコを交換するのであれば匿名でも構いませんが、本命の人にメッセージや手紙を添えて送るのであれば、きっちりと名前を書くようにしましょう。恥ずかしいのであれば相手に伝わるあだ名などでも構いません。案外メッセージをうっかり書き忘れてしまう人が多いので、渡す前に確認が必要です。

絶対に手紙に自分の名前を書き忘れるのはダメ!

手紙に名前の書き忘れは注意!

手紙を書く以上、忘れていけないのは自分自身が書いたと言う事です。「恥ずかしいから」と言って書かないと、よっぽどの事がない限り、男性側は送ってくれた事を察してはくれません。なので、絶対にバレンタインでチョコを手紙と一緒に渡す時は自分が書いた事を宛てておきましょう。

男性が喜ぶバレンタインのメッセージや手紙を書くコツ

感謝の気持ちが非常に大事!バレンタインに便乗して伝えたい気持ちを書く

感謝の気持ちは大事

メッセージや手紙を書く上であまり難しい事を考えるのではなく、普段言えない言葉を書いてみる事が大事です。何かのお礼を言う事は簡単ではありますが、「いつも一緒にいてくれてありがとう」などとは言葉では伝えにくいです。なのでこう言ったバレンタインに便乗して、感謝の気持ちを書いてみるのも好感度アップです。

ストレートな表現で勝負!たった一言のメッセージでも男性には効果アリ

ノート

前述にもある通り、男性はストレートな言葉を好みます。なのであまりにも着飾った言葉を並べるよりも、「好きです」や「あなたの恋人にしてください」などと言った直球の言葉の方が、よく伝わり男性側も手紙を読んでいて喜びます。だから手紙と言うよりもメッセージの方が簡潔で良いでしょう。

手紙にこだわるのならば相手の好きな所を素直に伝えるべき

手紙では「好きです」の一言だけでは足りない

もしメッセージカードではなく、「バレンタインだから本気で想いを伝えたい!」と言う時は手紙の方が効果的です。ですが、「いついつからあなたの事が好きで~」と言う内容ではなく、自分が相手のどんな部分を好いているのかを全面的に押し出して書きましょう。

今を伝えるよりも未来を伝えた方が男性側もじっくりと考えてくれる

男性側にもじっくりと考えさせてあげよう

バレンタインはもちろん気になる男性に告白する時、「好きです」と言う今の状態を伝えますが、もっと男性が喜んでくれるメッセージの1つに未来の事を書くのも効果的です。しかし未来の事と言ってもそう難しい訳ではなく、「来年もこうしてあなたの側にいたいです」だとかそう言ったメッセージを手紙に添えると効果的です。

どうしても気持ちを伝えるのが難しい時は英語などに頼るのもOK!

どうしても気持ちを伝えるのが恥ずかしい時は日本語以外で表現!

英語なら暗号チックでかわいい

手紙を書く時に「どうしても恥ずかしい」と言う人におすすめしたいのは、メッセージを英語や外国の言葉を使ってみるという手法です。かと言って難しい英文を書くのではなく、相手にも読みやすい様な文章に心がけるのが必須条件です。

ポピュラーな外国語であれば相手にも伝わりやすい!

ポピュラーな言葉で攻めてみるのもアリ

例えば単純に「I Love You」が恥ずかしいのであれば、イタリア語で愛してるを意味する「Ti amo」の他にもドイツ語で「Ich Libe dich」などポピュラーな単語を使うだけで相手にも伝わります。ただし英語などを使う際にはちゃんと意味があっているかどうかと言う確認も必要になります。

Valentineという単語はメッセージを書く上でのパワーワード?

Valentineというのは案外便利な単語

バレンタインを英語で書くとValentineとなりますが、実はこのValentineと言う単語はバレンタインと言うイベントを示すだけではなく、英文では「愛する人、特別な人、大切な人」を意味します。なので「Happy Valentine!」と記すとバレンタインを楽しむと言う意味合いになります。

例えば「You’re my Valentine」と書いた時、日本語では「あなたは私の大切な人です」と言う意味合いになります。他にも「恋人になってくれませんか?」と言う時は「Will you be my Valentine?」と伝えるのが正しい方法です。

これなら「love」と言う直接的な単語を使わなくとも、相手を好きだと言う気持ちは伝えられます。そしてこのValentineの使い方も知る人は知っているので男性側からしてみれば「あ、なんだか可愛い表現の仕方だなぁ」と逆に喜ぶ事でしょう。

せっかくのバレンタイン!メッセージは大切です!

恋人やもしくは好きな人に想いを伝えるチャンスと言うのはこのバレンタインと言うイベントだけで!「普段は恥ずかしくて中々言えないから…」と言うのであれば、当然メッセージというものは有効活用すべきものでしょう。

せっかくチョコを用意したとしても相手に気持ちが伝わらない以上、意味がありません。そして必死に用意したのであれば尚更相手の喜ぶ顔も見たいと思うのも当然ですね。ですので、バレンタインだからこそ本気を出してみる!そう言った意識を持つのも重要です。

男性側からみると、女性が普段伝えられない言葉をメッセージカードや手紙に添えて残してくれることは、ずっと大切にしていきたいものの1つです。女性から男性へと想いを届けるバレンタインで、あなたも素直な気持ちを表現してみませんか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。