Large thumb shutterstock 344121011

ステンカラーコートレディースコーデ30選!おすすめの着こなしとは?

更新:2019.06.21

レディースにおすすめなステンカラーコートは今トレンドのアイテムです!冬はアウター1枚でコーディネートが左右されますよね?あなたもステンカラーコートを取り入れてトレンド女子の仲間入りしましょう!今回はベージュやグレーなどの基本色から個性的な色物まで30選をご紹介いたします!

レディースのステンカラーコートとは?

特徴は襟にあり!

そもそも、ステンカラーコートがどういったものかご存知ですか?今の時代たくさんのコートの種類がありますよね。ステンカラーコートは、襟元の後ろが高くなっており、前が低くなっていて折り返しができるコートです。

ステンカラーコートのゆったりとした袖も特徴の1つですね。このコートは、トレンチコートの変形したものがステンカラーコートだと言われてます。どれか分からなくなったら、コートに襟があって裾に向かって真っすぐにストンと落ちているコートがステンカラーコートだと覚えておきましょう!

シンプルな形で色々なシーンに役立つ万能アイテム

今や、レディースのコーデには欠かせないステンカラーコート。そんなステンカラーコートが、実は元々男性用コートの1種類だったと皆さんは知ってましたか?シンプルでカジュアルからフォーマルまで使えて万能ですね!現在では、男性はもちろん、女性からも高い人気があり、オシャレには必須のアイテムですよね!

ベージュなど定番色のステンカラーコートを使ったレディースコーデ10選

①定番の中の定番!ベージュのステンカラーコート

ステンカラーコートの中でも定番色といえる人気のカラーはベージュです。インスタグラムなどのSNSでもベージュのステンカラーコートを使ったコーデは1番多く見られます。暗くなりがちな寒い時期のコーディネートですがベージュのコートをチョイスすれば全体が一気に朗らかになるのでオススメです!

②ステンカラーコートでラフコーデ

少しラフな印象のニットのパンツはステンカラーコートや白合わせなどパキっとした印象を与えるアイテムと合わせることでオシャレ度が増します。流行りのジャージやスウェットなどの1歩間違えれば家着に見えてしまうようなアイテムもこのように合わせるとオシャレに着こなせちゃいます!

③差し色でレディースコーデ

ベージュには赤の差し色を入れるのが人気です!女性らしい組み合わせでキツすぎず、緩すぎないバランスの良い仕上がりになります。

④ショート丈ステンカラーコートで大人コーデ

全体的にキレイめアイテムで大人っぽいコーディネートはこのようにスニーカーで外すのが今風です。ステンカラーコートとローカットのスニーカーは実はレディースコーデの鉄板の合わせ方なんです!

⑤メンズライクなアイテムをレディースコーデに!

ステンカラーコートはメンズライクなアイテムでもあるのでパンツと合わせるのが王道ですがスカートと合わせればレディースならではの雰囲気を出すこともできます!

⑥ベージュステンカラーコートでスポーティーコーデ

ベージュのステンカラーコートはフラットな印象なので冬以外にも活躍するアウターです。意外とこのようなスポーティーなコーディネートにもステンカラーコートはマッチします!

⑦ママさんにもおススメコーデ

母親はベージュのステンカラーコート、息子はベージュのパンツでとてもかわいい親子のペアルックですね!このような薄手のステンカラーコートは動きやすいのでオシャレなママさんにはもってこいのアイテムです。

⑧中はシックでキレイめレディースに

レディースならではのスカートコーデ!定番のベージュに中はシックな黒をベースにした上下で合わせることで、大人レディーになれますよ。

⑨ワンピースにもステンカラーコート

コートにワンピースの相性もバッチリです!ボーダーなどの柄物に合わせても◎カジュアルにスニーカーを合わせるも良し、ヒールを合わせるとキレイめレディースコーデにも。

⑩ゆるめカジュアルコーデ

カジュアルの定番、ワイドパンツとの相性も抜群。パンツもゆったりと合わせることで、よりカジュアル感が増して、とっても可愛いですよ。

優しい雰囲気の出るグレーのステンカラーコートコーデ3選

⑪グレーステンカラーコートで柔らかい印象に

ステンカラーコートでは珍しいグレーですが、ベージュ同様に非常に合わせやすくなっており、このようにスタイリッシュにも合いますよ!

⑫レディースカジュアルコーデ

森ガールコーデにも、グレーのステンカラーコートは大活躍です!ロングスカートとの相性も良く、色にはメリハリをつけるとさらに良いですよ!

⑬デニムと合わせてスッキリコーデ

王道のデニムに白トップスのアウターとして、グレーのステンカラーコートをON!ヒールだとキレイめレディースコーデにも出来ますよ。

どんな場面でも活躍する黒のステンカラーコートコーデ3選

⑭シンプルにモノトーンコーデ

黒のステンカラーコートは男性女性、どちらにも使いやすく万能です。白のパンツに黒トップスのアウターとして合わせると、かっこよくフォーマルなコーデに。

⑮赤×黒のメリハリコーデ

黒と言えば、赤の差し色!この色合いの相性は非常に良く、黒のかっこいい印象の中に、程よくレディース感を演出してくれますよ!

⑯ベージュパンツ×黒ステンカラーコート

黒のステンカラーコートでかっこよくするだけでなく、ベージュのワイドパンツを合わせることで、カジュアルにコーディネートすることもできます!

ナチュラルで使いやすいブラウンのステンカラーコートコーデ3選

⑰トーンダウンで可愛いレディースコーデに

ブラウン×ブラウンのコーディネートはちょっぴり上級者向け!トップスにアイボリーなどのトップス、ブラウスを合わせると可愛い印象にも出来ます!

⑱春先にも着れちゃうステンカラーコート

ステンカラーコートと言えば、冬のイメージもありますが、薄手の生地で春先のコーディネートにすてブラウンを取り入れるのも、1つの手ですよ!

⑲定番のカジュアルコーデ

オーバーめのステンカラーコートに合わせた、デニムと無地の白トップスの相性は最高にいいですよ!小物やアクセサリーなどもシンプルにすると◎

色からでるミリタリー感!カーキのステンカラーコートコーデ3選

⑳ミリタリー×柄物トップスで可愛いレディースに

カーキのステンカラーコートは秋口にしか合わないかと思いきや、春先などにも使用でき、柄物を合わせることで可愛さをプラスできますよ!

㉑デニムJKにステンカラーコートを合わせカジュアルレディースに

中にデニムジャケットを合わせて、ステンカラーコートを脱いだ時にも、可愛く演出し、カジュアルコーデに。ちょっぴりゆったりめを購入することで出来るコーディネートです。

㉒ダボっと感でメンズライクコーデに

レディース感よりもメンズライク感を出したい方には、ダボっと合わせることで、よりかっこよくコーディネートできますよ!レディースで購入されてもいいですが、メンズで購入される方が、サイズ感が上がり理想に近づきますよ!

色物ステンカラーコートを使ったレディースコーデ6選

㉓ベージュの中でも使いやすいのは深みカラー!

ベージュのさらに深みのある色味の方が、どんなシーンでも使いやすく、重宝できることは間違いありません!フォーマルなスーツのアウターとしても活躍できます!

㉔カーキ色はカジュアルに演出できます

一見、合わせにくそう!と思われがちな、カーキですが、昔から人気の色の1つで、とても合わせやすく、明るめなら可愛く印象が偏りがちですが、濃いめであれば、どんなお洋服にも◎

㉕ワインレッドは秋冬におススメ!

ワインレッドは、春先というよりは、秋冬におススメのカラーとなっております!引き締め効果のあるカラーなので、細身に見えて、一石二鳥ですね!

㉖深みのあるブルーは爽やかな印象に

ブルーはスッキリと爽やかな印象にしてくれます。より落ち着き感がほしいという方には、ネイビーなどがおススメとなっております。

㉗柄物でステンカラーコートの存在感を出そう!

色のあるステンカラーコートというだけでも、存在感はあるのに、そこに柄をプラスすることで、より存在感アップ!ボタンを全部留めて、コートを目立たせても◎

㉘シンプルなのにオシャレ!

敢えて横道な、デニムパンツに白のトップスに+スニーカーでカジュアルかと思いきや、チェックなどの柄物ステンカラーコートを合わせ、ちょっぴりキレイめにも。

パキっとした鮮やかなステンカラーコーデ2選

㉙赤のステンカラーコートで大人レディースコーデ

深みのある赤よりも。明るめのステンカラーコートは春先でも使いやすく、中に黒のトップスなど合わせるとキレイめなコーデにも出来ますよ!

㉚イエローでレディース感を!

一見、派手に見えて使いにくそう!なんて方もいるのでは…?実際は、とても使いやすく、合わせやすいのでおススメのステンカラーコートです。

ステンカラーコートを使ったレディースコーデでオシャレを楽しみましょう

ステンカラーコートを使った30選をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?ベージュが一般的に使用される色合いですが、他の色合いも合わせ方によって、今お持ちのお洋服と合わせることが出来、さらにレパートリーが増えることでしょう!この記事を参考に、是非ベージュ以外の他の色にも挑戦してみてくださいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。