INDEX

意外とおしゃれに着こなしできるスウェットパンツ

部屋着ではなくて、お出掛けにも使える

スウェットパンツを部屋でだけ着るなんてもったいない!お出かけするのにも、着こなし次第でおしゃれに合わせることができるんです。

スウェットパンツをおしゃれなコーデの一部に

着心地が良いスウェットパンツを一度使ってしまったら、スウェットパンツの魅力に取りつかれてしまうんじゃないでしょうか?でも、大丈夫!スウェットパンツの色やデザインの種類は意外とあるので、気分を変えて使うことができますよ。

スウェットパンツのレディースコーデ23選

実はスウェットパンツをいろんなコーデに使っている人が多い

実は、結構スウェットパンツをカジュアルコーデや綺麗めカジュアルコーデなどに取り入れている人って多いんですよ!そんなスウェットパンツコーデを23選してみました。

黒のスウェットパンツでレディースコーデをする方法は?

No.1ボーダーシャツやロングカーディガンと合わせてカジュアルな感じに

黒いスウェットパンツにボーダーシャツとブラウンのカーディガンを合わせて、落ち着いた色合いのレディース感のあるカジュアルコーデに。スウェットパンツも足首の締まりが目立たないものであれば、普通のレギンスやスキニージーンズのような雰囲気に近いので部屋着という感じは薄めですよ。

No.2トップスも黒にして、ワントーンでまとめてみる

黒いスウェットパンツに黒いノースリーブのトップスを合わせて、他のアイテムも黒で統一してかっこいい雰囲気にするという方法もあります。スニーカーに唯一使われている赤色が差し色となって、シンプルなのにインパクトのあるおしゃれなコーデに。

スニーカーじゃなくても帽子だけ明るい色とか、大きめのネックレスだけを華やかにするというレディースアイテムの取り入れ方もおしゃれに組み合わせられそうですね。

No.3短め丈のスウェットにしてカジュアルコーデの一部に

下は丈の短い黒のスウェットパンツと黒のショートブーツでかっこよく。トップスにはシンプルな白Tシャツとおとなしい雰囲気のレディースのカーディガンでカジュアルに。その組み合わせで、素敵な大人のカジュアルコーデに。丈が短いスウェットというところがポイントで、足元をスッキリした雰囲気に見せてくれています。

No.4スウェットパンツや帽子でカジュアルさ小物類でレディース感を

黒いスウェットパンツと帽子でカジュアルな雰囲気を出しているので、他のアイテムで綺麗めを演出して大人の綺麗めカジュアルにしてみるのはいかがでしょうか?トップスを明るい色にすることで、女性らしさもたっぷりのかっこいいレディースコーデになりますよ。

No.5カジュアルなアウターとハイヒールを合わせて綺麗めカジュアルに

脚にフィットした黒いスウェットパンツを使うことで部屋着という感じはまるでなくて、脚のラインを綺麗に見せてくれるアイテムになっています。ハイヒールや明るい色のレディースのダウンとの組み合わせでバランスが良い、素敵な綺麗めカジュアルに。

グレーのスウェットパンツでレディースコーデをする方法は?

No.6裾を折り曲げてロールアップで使ってみる

グレーのスウェットパンツもロールアップして、明るい色のアイテムを上に持ってくれば爽やかなカジュアルコーデの一部として使うことができますよ。バッグも統一感のあるレディースアイテムにして、さらにおしゃれに。

No.7裾が絞ってない形のものに可愛いトップスを合わせて

スウェットパンツは裾がぎゅっと締まっているというイメージが強いですが、裾が締まっていないワイドパンツのような形のスウェットパンツもあります。そんな形のグレーのスウェットパンツに可愛さたっぷりの裾がレースの白いレディースTシャツを合わせて大人可愛いカジュアルコーデにするのも素敵です。

No.8スポーツウェアと合わせてカジュアルに

レギンスのように脚にフィットした形のグレーのスウェットパンツにスポーティーなデザインのパーカーやスニーカーを合わせて、おしゃれなスポーツスタイルに。アイテムを一つ明るい色のものにしてレディース感も出すと可愛いコーデになりますね。

No.9ボーダーのシャツをトップスに持ってきて明るいイメージのコーデに

裾の部分が絞ってないタイプのスウェットパンツを使って、トップスにボーダーシャツを持ってくれば明るい雰囲気の大人なレディースカジュアルコーデの出来上がりです。腰の部分にアウターを巻くことでスウェットのゴムや紐の部分のボリュームが目立たなくなってスッキリした印象に。

No.10ムートンブーツとファーベストを一緒に使って暖かコーデの一部に

グレーのスウェットパンツをムートンブーツの中にインしてしまえば裾の絞りの部分を隠してくれます。トップスは黒にして引き締まった雰囲気に。ファーベストを羽織ると、腕など細い部分を出せるのでスッキリしたレディースコーデにできますよ。

その他の色のスウェットパンツでレディースコーデをする方法は?



No.11ジーンズのデザインのものを使っておしゃれにかっこよく

ジーンズのデザインのスウェットは、よほど近くで見ない限りほとんどジーンズと変わらない感じがします。ですから、普通にカジュアルコーデの一部として使えそうですね!迷彩柄のアウターなどボーイッシュなアイテムと合わせても、シルエットが綺麗なレディースコーデに。

No.12デニム調のスウェットを使って涼しげな雰囲気に

デニムの色合いのスウェットパンツは、ちょっとひも部分が目立ちやすいです。逆にその部分は見せて、可愛いレディースアイテムと合わせて普段に使えるような気軽なコーデという感じです。

No.13淡い色のスウェットに淡い色のトップスを組み合わせてふんわり

淡いブルーのスウェットパンツに淡いピンクのレディース感たっぷりのトップスを組み合わせれば、優しい雰囲気のパステルコーデの出来上がりです。スウェットを使うことで、気取りすぎないさりげないおしゃれに。

No.14明るい色のトップスと合わせて、目線を上に

ダークカラーのスウェットパンツと明るい色のトップスの組み合わせです。トップスにとても明るい色のレディースアイテムを使うことで、目線はそっちに。簡単な組み合わせのようだけど、おしゃれさは抜群のやり方です。

No.15白いスウェットパンツをおしゃれなレディースカジュアルの一部に

白いスウェットパンツも裾が絞ってなければ、普通のおしゃれなパンツとして使えます。トップスに大きめサイズのニットを組み合わせれば、大人な上品さのレディースコーデの出来上がりです。

黒いスウェットパンツを使った季節別おすすめレディースコーデは?

No.16春はざっくりニットと合わせてシンプルに可愛く

黒いスウェットパンツに女性らしいシルエットのざっくり編まれたニットを組み合わせれば、シンプルなのに可愛いレディースカジュアルコーデに。

No.17夏はボーダーシャツと合わせて爽やかな雰囲気を

ボートネックタイプのボーダーシャツと黒いスウェットパンツを組み合わせれば、涼しげな雰囲気が魅力のカジュアルコーデに。靴やバッグも同じような雰囲気のレディースアイテムで合わせて、統一感を出すのも素敵ですね。

No.18秋はロング丈のアウターと合わせて大人可愛く

ゆったりサイズの黒のスウェットパンツにブルーのロングシャツを羽織れば、大人可愛いレディースカジュアルコーデに。他のアイテムのちょっと幼い雰囲気も魅力になっていておしゃれですよね。

No.19冬はかっこいいきちっとめのカジュアルの一部に

黒いスウェットパンツとスニーカーに組み合わせるのは、ビジネス用の組み合わせのようにかっこいい雰囲気のアイテム。大人で素敵なコーデです。

グレーのスウェットパンツを使った季節別おすすめレディースコーデは?

No.20春はリネンシャツと合わせて自然なかっこよさを

グレーのスウェットパンツとブルーのリネンシャツを組み合わせてかっこいい感じにしたところに、腰に巻いたボーダーのアウターとパンプスでプラスされた大人の女性の雰囲気がとてもおしゃれなレディースコーデです。

No.21夏はオフショルダーのTシャツと合わせて女性らしい雰囲気に

グレーのスウェットパンツにオフショルダーの黒いTシャツを合わせて、気軽に着やすいシンプルな感じのレディースコーデに。トップスが露出多めでもボトムスが肌を見せていないので程よいバランスに感じますね!

No.22秋はメンズ感たっぷりのアイテムと合わせてかっこよく

グレーのスウェットパンツにメンズ感たっぷりのアイテムばかりを組み合わせて、かっこいいユニセックスな雰囲気に。スウェットパンツの腰の部分もトップスで隠してしまえば、スウェットパンツという感じがあまりしないおしゃれなコーデの一部になっていますね。

No.23冬は可愛いパーカーと合わせてカジュアルに

グレーのスウェットパンツをダメージ加工して可愛いレディースのパーカーと組み合わせると、かっこいいストリート風のコーデに。逆にスウェットパンツというところがおしゃれに感じる着こなしです。

スウェットパンツは着やすくて魅力的!

スウェットパンツは部屋着としてだけ着るなんてもったいないです!定番の黒やグレーのスウェットパンツも着こなし方次第ではおしゃれなカジュアルコーデの一部になってくれますよ。スウェットパンツの裾が絞ってないタイプのものや、色合いも様々あるようです。

定番のスウェットパンツが難しそうと思ったら、スウェットパンツっぽくない形のものからコーデに使ってみても良さそうですよ。ぜひ、着心地が良いスウェットパンツでコーデを楽しんでみてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。