INDEX

デニムオンデニムって古い?新しい?

ダサいというイメージ

デニムオンデニムは、30年ほど前に流行したファッションです。手軽なオシャレとあり老若男女問わず人気を博しました。しかし、その流行が過ぎ去った後でも、オタクやおじさんたちにより浸透し続けたことから、いつしか「ダサい」という格好の定番になったと考えられます。

当時のデニムは、ケミカルウォッシュや霜降りズボンと呼ばれ独特な色合いを見せていました。またフォルムも太もも部分が幅広く、裾は絞ったスタイルが流行。Gジャンと親しまれたジャケットも身ごろもがゆったりしたものが人気でした。

これは、80年代に実際に使われたファッションモールのコーマシャル。ケミカルウォッシュのジャケットやこのボトムに懐かしさを感じますよね。

「デニム家族」と言っても過言ではないほど全員デニムに包まれています。いかにデニムが全世代に重宝される素材だったかが伺えます。

30年ぶりに流行が帰ってきた!

近年のトレンドとしてレトロ感に注目が集まっています。デニムスタイルも同じように、多くのブランドはかつて流行したデザインにヒントを得、現代らしい着こなしの提案をしています。ケミカルウォッシュもさることながら、デニムが流行する基となった作業着としてのスタイルなど、再び身につける時代がやってきそうです。

もちろん、デニムオンデニムも世界中で再び注目されるスタイルとなっています。着こなしのコツさえ掴めば、ダサくないデニムオンデニムスタイルを楽しむことができます。

捨てられずにいたあのデニムアイテムたちの出番がやってくるかもしれません!まずはクローゼットから引っ張りだして流行に乗りに行きましょう!

デニムオンデニム着こなしコーデ【パンツ編】

スリムジーンズ×デニムシャツ

スキニーやストレートといった細身のジーンズとデニムシャツの組み合わせ。色の違いを遊ぶも良し、同色で揃えるのも良し。その際、足首を見せて脚長を狙って。

こちらは、ボトムが薄すめでシャツが濃いブルー。ロールアップと腕まくりでスリムに見せることがコツ。パンプスや鞄のアクセント使いもお見事。

スリムジーンズ×デニムジャケット

ボリュームのあるジャケットなら、スリムなジーンズですっきりと!上下アイテムを同色にすることでセットアップのような統一感。

同じような色のデニムをオンしています。そこに、ハイカットブーツと大きめの鞄と丸いサングラスを黒で揃え心地いいリズムを感じます。

ノーウォッシュも注目されているデニムです。濃い色は肌とのコントラストで色が栄えるうえに、スリムに見せる効果もありますね。

ワイドジーンズ×デニムシャツ

ボーイフレンドやブーツカットジーンズとデニムシャツを組み合わせる場合、シャツはジーンズにインすることがポイントのようです。

組み合わせるトップスはコンパクトなものが似合いますが、こちらはおしゃれ上級者向きの大きめデニムシャツに合わせています。デコルテを多めに見せて腕まくりすることによって、野暮ったさが無くなっています。足元は爽やかな白いハイヒールパンプスを合わせて女性らしい着こなしになっています。

ワイドジーンズ×デニムジャケット

ワイドなジーンズにデニムジャケットを合わせる場合、ジャケットやトップスの丈は短めを意識することが着こなしのコツと言えますね。

濃い色のデニムのため重たい印象にならないよう、トップスは白のハイネックを、鞄はかごバッグを合わせています。また、ジャケットを着るのでは無く肩から掛けることによって軽やかで爽やかな印象になっていますね。

ショートパンツスタイル

ショートパンツとデニムシャツやジャケットの組み合わせは、春と秋2シーズン使えるコーデです。暖かい日にはシャツで過ごしたり、ひんやりする日はジャケットの下にタンクトップを着たり、調節しやすいレディースならではのコーデ。

鏡のようなツインコーデ。黒と褐色の肌と明るいデニムの三拍子が見事にハマっています。一人でもカッコイイ着こなしですが、二人揃うと倍以上!

太もも辺りまで到達するサイハイブーツとショートパンツは絶妙なバランス!これは冬でも楽しめるデニムオンデニムスタイルの見本ですね。

ホワイトデニムコーデ

ホワイトデニムは、ジーンズだけでなくスカート、ジャケット、シャツなどのアイテムがあります。同じデニムでも色が違うだけで抵抗なくデニムオンデニムを楽しめます。

ダメージ加工のホワイトデニム。透けて見える肌色が涼しさを演出しています。キャンバストートとのコンビで整った着こなしです。ホワイトデニムと合わせるなら、デニムシャツは羽織っても腰に巻いてもおしゃれに仕上がります。夏にぴったりなデニムを1つ買い足すなら、ぜひホワイトデニムを取り入れてみましょう!

デニムオンデニムの着こなしコーデ「パンツ編」をご紹介してきましたが、万能なストレートデニムに重きを置いたレディースコーデも下記関連記事でご紹介していますので参考にしてくださいね。

Small thumb shutterstock 609949679
関連記事 万能ストレートデニムは美脚&着回し力抜群!レディースコーデ20選

デニムの新定番はストレートデニムに決まり!ワイドやスキニーにはもう飽き

デニムオンデニム着こなしコーデ【スカート編】

膝上デニムスカート

デニムはスカートもあるので服装の幅が広がります。これはレディースならではのファッション。タイトやフレア、丈の長さで印象が変わりるのであらゆる種類を揃えたいですね。

こちらは上下同じような色のデニムをオンしているのでワンピースのような印象を受けます。タイトなスカートがセクシーですが、ほつれた裾により遊び心も感じます。

きちっとしたジャケットに対し動きのあるフレアスカートのコンビネーションは辛さと甘さのような対比。シルバーのスリッポンによりエレガントさをだしています。袖まくりとおでこを出したヘアアレンジ、イヤリングなどでより一層女性らしさを演出したお手本コーデです。

ロングデニムスカート

ロングスカートは、一段と女性らしさをアップさせるアイテム。落ち着いた雰囲気をかもし出しながら、さらにもう一つデニムを追加することにより遊び心を演出できるのではないでしょうか。

こちらはカジュアルに着こなしたロングスカートのコーデ。ニット帽にパーカー、厚手のタイツを纏えば冬でも暖かいデニムオンデニム。

Aラインのロングスカートとブラウス仕立てになったデニムのトップスによるオンスタイル。合間の季節に活躍しそうな着こなしです。

こだわりデニムオンデニム

ノースリーブ

ベストタイプのジャケットは春や秋に活躍するアイテムですね。ベストの下に着るものをTシャツ、キャミソール、シャツと変えるだけで何パターンも楽しめます。

赤い帽子に編み上げブーツとアイテムも個性的なのにデニムオンデニムの占める面積が大きいので違和感がありません。上級者コーデと言えますね。

ロングスタイル

ボタンを閉じてワンピースにもなるロングデニムシャツ。お腹辺りのボタンをとめることで「X:エックス」のラインがスリムに見せます。

大胆にボタンを全部外して羽織るように着こなすスタイル。デニム生地だからこそ、襟元や袖口などパリッとした清潔感があります。

こんなシンプルな着こなしをしてみたい!と思えるほど、デニムのロングジャケットの良さが全面に出たカッコイイコーデです。袖をまくり上げることで快活でスタイリッシュ。

デニムコート

『デニムって寒い!』と感じたことありますよね?風を通しやすい素材なので防寒とはいきません。逆に通気性が良いから夏でもデニムを楽しめます。冬は裏ボアのついたロングデニムコートを着用することで一年中デニムオンデニムを満喫できます!

襟、袖口、内側のボアを少しずつ見せることで重くなりすぎない演出ができています。寒そうですが、ロールアップしてキメています。

デニムオンデニムを着こなすコツは、色と柄!

いつものスタイルにON!

色と柄

『よし、デニムオンデニムをしよう!』と意気込むとデニムに集中しすぎてアンバランスなファッションになってしまいます。そうではなく、『いつものデニムスタイルに、デニムをON!」と思えばコーデしやすくなります。「色」と「柄」に注目です!

インナーを白でシンプルに

デニムと白はシンプルの極み!清潔感も演出できます。シャツ、Tシャツ、ニットなどどのアイテムも受け入れてくれるのがデニム。その際トップスをボトムにインすること。

こんな着こなしも良いですね!デニムオンデニムにワッフルワンピースをオンしたスタイル。スニーカーまで青と白のコントラストが続いています。

赤いアイテムでアクセント

どのデニムカラーに合わせてもオシャレ度を上げるのが「赤」。特にコンバースとデニムは失敗のしようがありません。コンバース以外にも赤のエナメルパンプスで女性らしさを演出するのも良いでしょう。靴の他にも赤いバッグやバンダナで小物を揃えるのも◎

相性抜群ボーダー

デニムにボーダーは定番のスタイル。ラインは細めを選ぶことでカジュアルにもエレガントにも見せることができます。ボーダーのカラーを変えるとコーデの幅が広がります。夏はネイビーと白のボーダーでマリンスタイルにしても可愛いですよね。

\ POINT /

ボーダー範囲は少なめに

ボーダー柄はジャケットの間から覗くくらいでOK!もちろんボトムにインさせて脚長スリム効果を。

デニムシャツとボーダーの組み合わせはジャケットとはちがったラフなスタイル。着る方も動きやすく軽いから定番化するコーデになりそう。

チェック柄をサンド

チェック柄もデニムをオシャレにするアイテムの一つです。チェック柄は色合いやラインの組み合わせなどバリエーションが豊だから無限の楽しみがあります。

もし、チェックシャツがなければノーマルなデニムオンデニム。赤の効いたチェックシャツがチラリとのぞいてオシャレさんであることが伝わりますね。腰に巻くだけでオシャレなんて手軽すぎて目からウロコ。『なんだか色が足りない』『シンプルすぎる』という方におすすめの着こなし術。

スカートもオン

スカートをONすることで、『実は、デニムオンデニムだったんだ!』と後から気づくようなコーデです。チュールスカートでやわらかさをプラス。

こちらはワンピースをON!目線をワンピースに注目させることで、デニムオンデニムは脇役に徹するコーデです。見事な着こなし。

デニムオンデニムのださい失敗例から学ぶレディースコーデの注意点2選

デニムオンデニムのださい失敗例から学ぶコーデの注意点①メリハリ

畳んだ服を持つ女性

デニムオンデニムのださい失敗例から学ぶレディースコーデの注意点1つ目は、メリハリです。メリハリが無いというのは、例えばワイドなデニムパンツに大きめのデニムジャケット、ダボダボのTシャツの裾をデニムパンツに入れずに出して合わせているような状態です。野暮ったく見えることは容易に想像出来ますよね。

デニムオンデニムに限らず様々なコーディネートに言えることですが、コーデを考える際は出し引きが肝心です。鏡の前で試行錯誤して、スタイルが良く見えるようなおしゃれコーデを目指しましょう。

デニムオンデニムのださい失敗例から学ぶコーデの注意点②合わせるアイテム

個性的な服

デニムオンデニムのださい失敗例から学ぶレディースコーデの注意点2つ目は合わせるアイテムについてです。先ほど赤いアイテムを取り入れるというお話をしましたが、色が強いアイテムや個性的なアイテムは取り入れすぎないようにしましょう。

コーデの中に1つ2つ個性的なアイテムが入っている分には問題ありませんが、複数取り入れてしまうとゴチャゴチャとした印象になってしまいます。ポイントを絞って取り入れるようにしましょう。

3つの「チ・ラ・見・せ」で今っぽい着こなし

その①、ロングカーディガンで軽やかに

『全面的にデニムオンデニムを見せるのはちょっと…』と抵抗ある方にはこんな着こなしはいかがでしょうか。これならオフィスや屋内でもこのまま過ごせますね。

色の濃いロングカーディガンは身体のラインを細く見せる効果抜群!隠すだけでなくスリムに見せるから、一度で二度うれしい活躍!

ブルーのデニムオンデニムだけではクールな印象ですが、暖かい色のロングカーディガンを羽織ることでやさしさがプラスされます。

その②、ロングコート/ジャケットでスリムに

ロングコートからデニムオンデニムをチラ見せするコーデはオシャレさんであることを物語ります。縦のラインにすることで細身に演出。

ワイドデニムに同色のシャツを合わせたデニムオンデニム。その上に黒のロングコートで身を包んでいます。足元も黒でまとめつつバッグがアクセントに。

一方こちらは、デニムの青と茶色のロングコートによる組み合わせ。帽子、バッグ、アニマル柄のパンプスはどれも見事な融合です。

大胆な柄物のアウターをONするのもいいですね。荒野の民族をイメージするネイティブ柄と帽子によるメンズライクなコーデの中に散らばる甘さがGOOD!

\ POINT /

室内はストールでカバー

『アウターを脱ぐとデニムオンデニムを主張しすぎる!』という方には、ストールを羽織ってチラ見せに!

その③、ジャケットでクールに

ジャケットをONしたコーデはクールにもエレガントにも印象を変えることが出来ます。クールに仕上げるならライダースジャケットを、エレガントに仕上げるならテーラードジャケットがおすすめです。

カジュアルに仕上げるなら、明るい色のデニムにグレーのニットカーデをON!あえてオーバーサイズを選ぶことで甘さも感じます。ダメージデニムのほつれ具合も絶妙。

年代別レディースデニム+デニムグッズ

さりげないデニムオンデニムスタイルの提案

デニムアイテム

ここで、各年代に合わせたデニムオンデニムのオススメアイテムを紹介します。しかし、デニムの「服」と「服」を合わせるコーデではなく、「服」と「デニム小物」を合わせるさり気ないファッションです。

20代におすすめするデニムアイテム

Amazonで商品の詳細を見る

20代のおすすめレディースファッションは美脚を見せるボトム。一見スカートに見えますが、実はショートパンツのような「キュロット」なんです!面白いデザインだからコーデの楽しさも倍以上!

Amazonで商品の詳細を見る

一緒に合わせたいグッズに、デニム生地のハイカットスニーカーはいかがでしょうか。アメリカの学生のようなかっこよくも若々しさあるデザインです。ジッパーにより着脱しやすいところは見逃せません!

30代におすすめするデニムアイテム

Amazonで商品の詳細を見る

30代のおすすめレディースファッションはミディアム丈のデニムジャケット。お尻まで隠れる長さでありながら、スリムを意識したラインで細身に見せる。

Q web

『パンツスタイルにバッチリの可愛い商品でした?可愛くも、かっこよくも着こなせそうです!前から見ると普通のデニムだけど背中の柄がアクセントになり、いいですね。』 『パンツスタイルに凄く合います!可愛いしデニムなのに、とても着やすかったので、これからたくさん着たいと思います!』

引用元:カスタマーレビュー

Amazonで商品の詳細を見る

一緒に合わせたい小物はデニム生地の腕時計。ローズゴールド調とブルーの組み合わせは品とカジュアルの融合でどの服装にも合わせやすいデザインです。

40代におすすめするデニムアイテム

Amazonで商品の詳細を見る

40代のおすすめレディースファッションは、ホワイトデニムジャケット。一見カジュアルだけどエレガントな着こなしもできます。伸縮性のあるジャケットなので着やすさ動きやすさも◎インナーは明るい色でも大胆な柄物でもハマるでしょう。大人の女性らしい着こなしを若者に見せつけて!

50代におすすめするデニムアイテム

Amazonで商品の詳細を見る

50代におすすめのレディースファッションは、落ち着きのある大人を演出するアシンメトリーのデニムワンピス。ハイウエストのベルトや胸元のポケット、襟と裾の切りっ放し加工などオシャレが詰まっています。

Amazonで商品の詳細を見る

一緒に合わせたい小物は、デニム生地のクラッチバッグ。多くのバッグがデニム柄を活かしたシンプルなデザインに対し、これは大胆にラインストーンを散りばめた煌びやかなバッグ。年中活躍すること間違いなし!

海外のデニムオンデニムの着こなしテク30パターン

真似したいシンプルスタイル

ファッションはどうしても足し算で飾り付けたくなります。しかし、素材の良さを引き算してできあがるシンプルな装いは一番落ち着くとこではないでしょうか。

ほんの少し濃淡がちがうデニムに、明るめのベルトがコーデを引き締めています。サングラス、時計、肌や髪に近い色を合わせた見事なコントラスト。

同色のデニムを合わせたコーデ。お腹を見せる大胆な着こなしだけれど、ミディアムジャケットで露出しすぎない計算も。顔周りのスパンコールが明るさを増す。

そっくりそのままマネしたいコーデ。黒のキャップに白のコンバースを合わすあたりはカッコイイ。ジャケットから覗く軽めのトップスで女性らしさも。

巧みな色使いコーデ

デニムオンデニムする際、色の組み合わせが気になって立ち止まってしまう方もいるでしょう。そうなった場合、異なる色合いのデニムをチョイスすることが着こなすコツとなるようです。

ホワイトデニムパンツに、濃いめのジャケットという組み合わせはよくあるコーデですが、そこにブラウンのショートブーツとリュックを加えるセンスは見習いたい。

デニムシャツ以外黒とグレーでまとめるコーデ。ハイウエスで締めたロックなベルトが効いていますね。アクセサリーの使い方も上手い。

ニットから覗く明るめのデニムシャツによりさりげないデニムオンデニムが完成。濃いめのジーンズをチョイスすることでスタイリッシュに。

黒ジーンズ+明るめシャツというデニムオンデニムもいいですね。カジュアルなコーデになるかと思いきやロングカーデでエレガントに。

こんなデニムオンデニムはいかがでしょうか。Aラインのスカートに丈の短いジャケットで脚長に。そこにモコモコのアウターで可愛らしさが増しています。

個性的スタイル

海外では、流行をチェックしつつも流されないコーデをする人が多いように感じます。それぞれが自分をどのように見せたいか、何が似合うかなどのファッション感覚は日本人とは違ったものを持っているようです。大胆な服でも、グラマラスな体型でも堂々とした姿は学びたい点です。

デニムコートがひときわ目を引くコーデ。まばゆいくらいの赤を忍ばせることで遊び心が垣間みれます。大きめのサングラスでクールに。

オーバーオールに同色のデニムシャツを合わせる斬新なコーデ。シャツのボタンを締めて襟の下にネックレスつけるテクも見逃せません!

スキニーにベストをONした着こなし。ブラックを効かせたメイクでクールに見せていますが、ストライプのブラウスでフェミニンに。

アシンメトリーのジャケットが個性的で目立ちます。そこへゆったりしたショートパンツや白いブーツを合わせるコーデも独特です。

襟元に大きなファーをのせたフェミニンなジャケット。曲線の美しい鞄とのコンビネーションがカワイイ大人の女性を演出しています。

明日はデニムオンデニムで出かけよう!

デニムオンデニム

デニムオンデニムってダサくないし、難しくありません!いつもデニムスタイルにオンするところから徐々にレパートリーを増やしていきましょう。まだまだこの流行は発展していきますので、今から始めましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。