INDEX

ボーイッシュコーデってどんな服装のこと?

ボーイッシュコーデのファッションの特徴

レディースファッションの中でも、ユニセックスでメンズライクな着こなしのことを「ボーイッシュコーデ」と言います。特徴としては、ブリブリな女の子ではなく、メンズファッションのかっこいい要素をレディースファッションに取り入れているコーデのことです。

具体的にボーイッシュな服装って?

ボーイッシュコーデとは男の子っぽい服装をすることです。男の子が身に付けているようなアイテムを取り入れたり、少し大きめのサイズにしてみたり、ヒールではなくてスニーカーを合わせてみたり、普段男の子がするファッションを取り入れたレディースコーデのことを「ボーイッシュコーデ」と言います。

\ POINT /

似たようなワード:tomboy(トムボーイ)ファッション

tomboyコーデとは、よりメンズっぽい要素が取り入れられているスタイル!このtomboyスタイル海外で注目されているんです!

コンプレックスを隠すことができる!

頭を抱える女性

足が短い、太いなど様々な悩みを持つ方が多いのではないでしょうか。実は、ボーイッシュコーデはコンプレックスが解消しやすいという一面もあるんです!

太ももが太い場合はミディ丈のワンピースやスカートにアンクルブーツ。太い足の部分はカバーし、ひざ下の長さを強調するようなコーデが◎。

お腹周りがきになる場合はスラックスパンツにトップスをタックイン。お腹周りを隠すのではなく、シャツやトップスの裾を完全にタックインする事ですっきりした印象になります。ベルトをするのもオススメです。

Small thub shutterstock 431806729
関連記事 レディースコーデのタックインとは?シャツの着こなし&やり方特集! 

有名ブロガーやセレブ、モデルが必ずと言っていい程やっているレディースコ

ボーイッシュコーデはどんな人が似合うの?

誰にでも似合う!

ボーイッシュコーデが似合う人は、明らかにボーイッシュな人だけだと思っていませんか?実はボーイッシュコーデは誰にでも似合うのです!例えば背が低い、足が短いなど身体的なコンプレックスがあったとしても、ボーイッシュコーデは上手に体型をカバーし、かっこよく見える服装なのです。

ボーイッシュコーデが似合うようになるポイント

ボーイッシュコーデが自分に似合うようになるのにはポイントがあります。以下の3点をきちんと意識すれば、おしゃれなボーイッシュコーデができるようになりますよ!

ボーイッシュコーデのポイント
  • どんな雰囲気のボーイッシュコーデに仕上げたいかを明確にすること
  • ボーイッシュコーデに相応しいアイテムを知ること
  • 服を身につけた際の全体的なバランスを把握すること

ボーイッシュコーデの服装はどんな場面で着れるの?

ボーイッシュコーデってカジュアルな場面だけしか着れない服装なんじゃない?と思っているあなた、実は違うんです!ボーイッシュコーデはカジュアルはもちろん、結婚式や会社のパーティーなどのフォーマルな場面でも、アイテムの組み合わせ次第では用いることのできる服装なのです。

場面別ボーイッシュコーデ

結婚式などのファーマルな場面の服装

フォーマルな場面ではかっこいいボーイッシュコーデがおすすめ。さらっとした生地のロングワイドパンツはボーイッシュな服装に仕上げてくれます。足元はヒールで、足先が少し出る程度のパンツの丈にすると素敵ですよ。結婚式の場合は長めのパールネックレスをすると◎。縦長効果ですらっと見えます。

恋人とデートの時などの服装

彼とのデートでカジュアルに、そしてボーイッシュに決めたいときのアイテムとしてオススメなのはジップアップパーカーです。ポイントとしては肌触りが柔らかい素材のものを選ぶとスポーティー過ぎず、可愛らしさも残るコーデに仕上がります。必要ない時には着脱しやすい上に持ち運びにも楽なアイテムです。

友達と遊ぶ時のカジュアルな服装

友達と遊ぶ時は動きやすい服装がオススメです。太めのでストレートなチノパンは男の子を連想させるアイテム。足元はスニーカーにすることでカジュアルなボーイッシュコーデになります。太めの(チャンキー)ヒールと合わせるとビンテージっぽさの出るボーイッシュコーデに仕上がります。

これがあればボーイズコーデも簡単!アイテム3選

パーカー(フーディー)

カジュアルなパーカーとスカートを合わせることで、可愛い雰囲気も残しつつ、ボーイッシュなカジュアルコーデが完成します。少し大きめのメンズサイズを選ぶのがポイント。スカートに限らずワンピースでも◎。女性らしいスカートやワンピースの裾を見せる事で女性らしさも残るボーッシュコーデになります。

ジョガーパンツ

今年大流行のサイドラインのジョガーパンツ。細身のジョガーパンツにスニーカーを合わせることで、ボーイッシュでスポーティーなミックススタイルの完成。ボーイッシュかつフェミニンに仕上げる場合はヒールでも◎。春夏秋冬使えるアイテムです!

スウェットTシャツ

実はスウェットTシャツだけでボーイッシュコーデは完成しちゃうんです。どんなボトムスにも合わせやすく、そしてワンピースの上にも着れる便利アイテム!よりボーイッシュさを出すとしたら、色のチョイスを寒色系にしたり、男の子っぽいスニーカと合わせる事でボーイッシュな服装が引立ちます!

スニーカー

男の子っぽいスニーカーはボーイッシュコーデには欠かせないアイテム!かっこいいセットアップと合わせることでよりボーイッシュなマスキュリンスタイルの完成!小物はあえて女性らしいものを選ぶとよりボーイッシュなコーデが引立ちます。春夏秋冬、季節を問わず身に付けられるアイテムなので1つあるととても重宝します。

でもどんなスニーカーを持っていたらいいのか困ることありませんか??流行りに乗るのももちろんいいですが、自分のすたいるに合う便利で素敵なスニーカーに出会えたらいいですよね。

スニーカーの選び方のポイント
  • 手持ちの服ですぐに3つ以上のコーデが頭に浮かぶ
  • 備わっている機能性が普段のコーデに取り入れやすい
  • 自分のサイズにあっていること(幅も含め)

最近では機能性に優れたスニーカーが様々なブランドから発売されています。あまりにも機能性だけが引き立つようなスニーカーは、服との全体のバランスが崩れる恐れがあるため、コーデに取り入れるのには難しいアイテムになるので気を付けましょう。

アイテム別ボーイッシュコーデ

スカートを使ったボーイッシュコーデ

レディースアイテムのスカートも、合わせるトップスやシューズでボーイッシュにも着れるんです!少しオーバーサイズのトップスにシンプルなスニーカーを合わせると可愛さ残るボーイッシュコーデの完成。ミディ丈のスカートに合わせると大人っぽさも残る仕上がりになります。

パンツを使ったボーイッシュコーデ



デニムに白Tシャツは「かっこいい男子」の象徴(私だけでしょうか)。レディースファッションに取り入れる場合は、少しゆったりとしたストレートデニムと、小さすぎない白Tシャツを選ぶとボーイッシュに仕上がりになります。春夏秋冬季節を問わず使えるアイテムです。

ワンピースを使ったボーイッシュコーデ

シャツワンピースは「彼の大きめのシャツを借りた」感が出るボーイッシュコーデに使えるアイテムです。夏はワンピースとして、冬はパンツの上にシャツとして、もしくはシャツワンピの上にスウェットTシャツやニットを合わせたり、着まわしのきく便利アイテムです!足元はスニーカーにするとボーイッシュさが際立ちます!

小物でボーイッシュコーデ

太めのベルトや大きめのバックルのついたベルトというのもメンズライクなアイテムです。そのベルトを、あえて見せるようにタックインをし着こなす事で、かっこいい系ボーイッシュコーデの完成です!お腹周りもすっきり見える効果も得られますよ!

季節別ボーイッシュコーデ〜春夏秋冬〜

春のボーイッシュコーデ(カジュアル編)

スーツのセットアップというとサラリーマンですが、実は女性が着るパンツのセットアップはかっこいファッションの代表的なアイテム。フォーマルはもちろんですが、実はカジュアルな服装としても使えます。インナーはTシャツ、足元はスニーカーにするだけで、カジュアルなボーイッシュコーデの完成!

春のボーイッシュコーデ(フォーマル編)

オーバーサイズの襟付きシャツはボーイッシュな仕上がりになるアイテムです。スーツ素材のパンツと合わせることでフォーマルに仕上がります。足元をフラットなシューズにするときには片方をタックインするとかっこよくなります!ヒールに合わせる時は、裾は出したまま着る方が縦長効果が得られます。

夏のボーイッシュコーデ(カジュアル編)

ボーイッシュコーデは洋服だけではありません。小物選びも重要なポイント。メンズサイズの大きめの時計をするだけで、ボーイッシュコーデの完成!夏の場合は袖の内服を着る機会が多いので、メンズライクな時計も強調されてかっこよく見えますよ!

夏のボーイッシュコーデ(フォーマル編)

少しミリタリーっぽいワークアウト系のワンピースは、フェミニンさも残しつつかっこいいボーイッシュなコーデに仕上がります。ヒールのサンダルを合わせたり、小物やインナーを場面に合わせて選ぶ事で、誕生日パーティーや2次会などのフォーマルな場面にも対応できます。

秋のボーイッシュコーデ(カジュアル編)

レディースファッションで大人気なレディースアイテムといえばロンパース。シャツタイプのワーク系ロンパースはこれ1枚でボーイッシュコーデに仕上がります。小物や靴をあえて女性っぽいものにする事で、ボーイッシュになりすぎない大人なファッションに仕上がります。

秋のボーイッシュコーデ(フォーマル編)

蝶ネクタイといえばメンズファッション。そんなメンズアイテムをそのまま普段のレディースファッションに取り入れるだけで、簡単にボーイッシュコーデをすることが出来ます。オススメは白いポプリンシャツに合わせること。蝶ネクタイの柄や形が際立って見えるからです。場面に合わせてデザインを選んでくださいね!

冬のボーイッシュコーデ(カジュアル編)

くるぶし丈のスーパーロングコートはメンズライクなアイテム。これを羽織るだけで簡単に大人ボーイッシュなスタイルになります。よりボーイッシュさを出すのであれば、襟を立ててかっこよく着るのがおすすめです。

冬のボーイッシュコーデ(フォーマル編)

マスキュリンコートとタートルネックの組み合わせ。実はタートルネックもボーイッシュコーデに見えるアイテム。露出を控える事でかっこよさが引立ちます。フォーマルな場面ではヒールを合わせる事で外しのあるファッションになり、大人かっこいいスタイルの完成!

これはNG!なボーイッシュコーデ3点

サイズ感があっていない服装

おしゃれに見える人には特徴があります。それは全体のバランスが整っている事です。ブランド物だけを着ていたり、お店のマネキンをそまま着ていればおしゃれに見えるわけではありません。

サイズ感がその人にあっていたり、それぞれの服の相性が良いものを選んで着ていたり、大事なのは全体のバランスが着ている人にフィットしている事なのです。

そのバランス感覚を身に付ける技は、何度も何度も試着する事、色々な組み合わせをトライする事。そうする事で徐々に自分に似合うスタイルやバランスが把握出来るようになります。

やりすぎているファッション

ボーイッシュなアイテムだけを着れば良いというわけではありません。特にレディースファッションに取り入れる場合は、1点、もしくは2点に絞ってボーイッシュコーデのキーアイテムを選ぶと服装がまとまり易くなります。

服装の組み合わせがあっていない

例えばボーイッシュコーデに仕上げたいのに、可愛く見えすぎるアイテムをミックスさせると、ボーイッシュコーデではなくなってしまう場合があります。このように、テーマが変わってしまうような強めのアイテムとの組み合わせはボーイッシュコーデを仕上げる事が難しくなります。

おしゃれに見えるかどうかは素材の組み合わせも重要なポイントです。例えば「もこもこした素材」「ふわふわした素材」「ツルツルした素材」「デニムのような厚みのある素材」「さらっとした素材」というように様々な触感の素材があります。

同素材でまとめるのは簡単そうですが、実はコーデのテクニックが必要なのです。例えばデニム&デニムは、間違えるとオタクのようにダサく見えてしまします。この時重要なのは「着方の工夫」です。

同素材でまとめる時のコーデのテクニック
  • 小物選び
  • ボタンの掛け方
  • タックイン
  • とにかく着方の工夫をすること

異素材の場合は、例えばスポーティーに着こなしたいときには、ストレッチの効いた素材や汗の吸収性に優れた素材、肌触りのいい素材の組み合わせが合います。

また全く逆の触感同士を合わせる事もおしゃれテクニックの1つです。例えば「厚みのあるデニム」に「さらっとした薄い生地のトップス」や「光沢のある素材のトップス」に「マットな肌触りのボトムス」の組み合わせは代表的なおしゃれコーデです。おしゃれ上級者は、この異素材ミックスが上手なのです!

異素材の場合のコーデのテクニック
  • テーマや場面に合わせた素材選び
  • 真逆の意味合いを持つ素材選び

髪型やメイクがコーデのテーマとずれている

服のコーデがパーフェクトでも、メイクや髪型が似合っていない場合はNG。例えばボーイッシュなカジュアルコーデに仕上げたいのに、顔はバッチリなパーティーメイク、髪はプリンセスのように巻いていたら、全てが違うテーマになりせっかくのコーデも台無し。ボーイッシュコーデの場合はナチュラルが好ましいでしょう。

ボーイッシュコーデでファッションを楽しもう!

意外に簡単に取り入れられるボーイッシュファッション。かっこよく決めたい時、カジュアルに見せたい時、あえて外しを効かせたコーデをしたい時、春夏秋冬そして様々な場面でボーイッシュコーデを楽しんで下さいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。