INDEX

146cmの小柄女子

可愛らしい146cmの小柄女子

小動物のようなかわいらしさがある146cmの女性、女性の高身長化が進んでいる最近では希少価値とも言える存在になってきました。認めたくはないが150cmを切って低身長としか言いようのない146cmの小柄女子の体重はどれくらいのものが適正なのでしょうか?太っていると言われるのはどこから?

堂々としていてもちょとまかとした可愛さを発揮してしまう、そんな146cmの低身長女性の気になる体重事情をご紹介していこうと思います。低身長女性必見情報です。

146cmと小さいからこその悩みも

146cmと聞くとやっぱり最初に思い浮かぶのが小さい!ということですよね?彼女たちも好きで小さくなったわけではないですし自分の身長に悩んでいたりもするんです。綺麗なお姉さんに憧れて化粧や服装を変えてみてもやっぱり子供のような扱いを受けてしまったりと意外と悩み事は多いんです。

その中でも特に悩みの種になりやすいのが体重事情です。まわりに似たような身長の友達が居れば話は別ですが小さいがゆえになかなか体重の相談をする人がいないんです…。でも平均的な体重やすらっと見える美容体重などは気になりますよね?

1kgの重さが桁違い

あ

146cmの低身長女性にとって大きな悩みになりやすいのが「1kgの重みが違う!」ということです。物理的には同じ1kgでも高身長の人の1kgと低身長の人の1kgでは見た目に出てしまう重みが全然違うんです。そのせいで146cmの女性は迂闊に太ることができないという悩みを持っていることが多くあります。

146cmの平均体重ってどのくらい?

146cm女性の平均体重

あ

平均体重とは一番病気になりにくい体重のことを指しBMIが22に設定されています。146cmの小柄な女性の場合は以下のように計算することができます。

146cm女性の平均体重(標準体重)
  • BMI:22
  • 平均体重(標準体重):46.9kg

このように、平均体重の場合146cmの体重にしては少し重めに設定してあり、ぱっと見るとぽっちゃりしているかな?と感じる程度の体型になります。

筋肉量によって変わる見た目

あ

平均体重は適度に運動して筋肉が適度についている状態であることを想定して計算されているので基本的にあまり運動をすることがない女性やデスクワークなどであまり立ち歩きをしない女性は該当外になってしまます。そんな女性の場合、この体重だとただの脂肪の塊になってしまうので注意が必要です。

特集:芸能界で大絶賛のダイエット方法!

食べたものをスルスル溶かしてくれる酵素があるんです!

美味しいご飯画像

ダイエットって大変、、美味しいごはんをガマンしたり、運動しないといけない。でももうそんな時代は終わったんです!『食事制限もナシ』『辛い運動もナシ』で簡単に痩せれる方法があります!その方法は、テレビでも話題殺到の超簡単な飲むだけダイエット!あなたが痩せないのは、実は酵素の不足が原因だったのです!

溜め込んだものをスルッと酵素力でサポートし、"美ボディ"を実現しましょう!楽天ランキング5冠を達成した、芸能人も御用達の神サプリ。今だけ限定価格70%OFFですが、今ある在庫がなくなり次第キャンペーンも終了してしまうので、ちょっとでも痩せたいと思っている方は見てみてください。

ちょっと間違えると幼児体型に

146cmの女性は少しでも太ると目に消えやすく悲しいことに貧乳女子の場合幼児体型のようにすぐになってしまったりもします。胸のふくよかな146cm女性なら少しくらい太っても問題はないでしょうがあまり胸に自信はない…という女性は平均体重だとちょっと幼児体型に見えてしまうかもしれません。

146cm女性の理想体重ってどのくらい?

146cm女性の理想体重とは

平均体重をご紹介しましたが146cmの女性の理想体重とはどのくらいなのでしょうか?スラっとして一番綺麗に見える146cmの理想体重をご紹介します。

146cm女性の理想体重
  • BMI:20
  • 理想体重:42.6kg

美容体重は健康的な上ですらっとしていて他人から見ても細いと感じる体型になります。細いと感じる感じることができる美容体重は適度な食事制限と食事管理でキープすることが難しくはない体重なので是非とも維持して欲しい体重です。

細いと感じるのは理想体重から

人から見ても細いと言われるのは146cmの女性にとって42.6kgからなので服などを綺麗に着ることができるのもこの体重からとなります。平均体重に比べて異性からの評価が最も高いのは理想体重なのできれいなあなたでいるために是非とも維持して欲しい体重です。

辛くなってしまうほどの食事制限や無理のある運動などをしなくても立ち仕事の女性などなら簡単にキープできる体重となります。デスクワークの女性などは多少の運度と食事制限が必要になってきます。

理想体重は気を抜くとすぐに平均体重に



あ

理想体重は基本的に維持することが難しい体重ではありませんが146cmの女性の場合1kgの重みが高身長の女性に比べて大きいのでデスクワークなどほとんど身体を動かすことのない生活をしている女性だとお菓子の食べ過ぎなどですぐに標準体重に近くなってしまうことがあるので間食の摂り過ぎには注意が必要です。

毎日たくさん動いているし通勤や移動も基本的に徒歩などでの移動が多いという146cmの女性であれば維持することは容易といってもいいかもしれません。

146cmなら美容体重はどれくらい?

146cm女性の美容体重はどのくらい?

美容体重とは女性から見ればスラっとしていて理想の体型ですがスレンダー好きの男性でない限りはすこし細すぎるんじゃない?と感じる体重になります。

146cm女性の美容体重
  • BMI:18
  • 美容体重:38.4kg

146cmの女性から見ればまさに理想的としか言いようがない美容体重ですが維持することはかなり難しく146cmの女性でもこの体重をキープしている女性は数少ないということが言えます。

ちょっと痩せ過ぎと感じることも

あ

女性から見れば理想的な美容体重でも男性から見ればただのやせすぎと捉えられてしまうことがあります。美容体重は理想体重に比べて痩せすぎと男性に感じられてしまう割合がとても高くここまでくると146cm女性の自己満足の域となってしまいます。

ちゃんと食事をしたり食べ物を食べているのか心配されてしまいがちな美容体重はイメージ通り維持することがとても難しくかなり自分に対する制限が無いと維持することができません。

美容体重キープに無理は禁物

あ

綺麗でスラっとした体型でいたいというのは多くの女性にとって夢のようなものだとは思いますがあまり痩せすぎて周りに心配をされていては全く意味がないので周りの人に羨ましがられるような綺麗な体型を維持してもらいたいものです。

体重に固執するあまり、拒食症などに陥ってしまう女性も少なくないので無理なダイエットは絶対に禁物です。無理をして体を壊しては意味がありません。

男性から見た146cm女性の理想体型や体重は?

男性が求める146cm女性の理想体重

146cm女性の平均体重、理想体重、美容体重とご紹介しましたが男性から見た時に一番理想に近い体重とはどのくらいなのでしょうか?自分では太ってないと思っていても太っていると言われたり、その逆に太っていると思っていたのに痩せてると言われたり男性の感覚はよくわからないですよね?

男性から見たときにりそうだと感じる146cmの女性の体重はどのくらいのものなのか…それは38.4kgでした。え?それだと痩せすぎだと言われてしまわない?なんて思いますよね?そこに男性と女性の感覚の違いがあったんです。

男性はあまり体重をよくわかっていない

あ

女性の場合体重計はいつも見るものであり体重は知っていて当たり前のものですが、男性から見た時に見えるのは体重ではなく見た目の体型のみなんです。なので男性は体重で女性を見ることができず「身長からとりあえず100引いたくらいの体重」と認識することが多いそうです。

これにより男性は女性の体重を正しく認識することができないので146cmの女性が42kgというと重たいなどという発言を口にします。ですがこれは体重を分かっていて言っているわけではなくよく分からずに言っているので悪意があっていっているわけではありません。

男性の理想は現実離れしている

あ

このように男性は女性の体重をあまり把握できていません。体型しか基本的には見ていいないんです。実際のところ裏を返せば38.4kgの女性が理想体重でも美容体重だと言い張れば気づくことはありません。

モデルの体重公開などで間違った体重知識が男性の中にはあることが多いので体重が重たいと言われても気にしないことが一番いいことです。あなたが一番気にしている体重を男性はそこまで気にしてはいません。最終的に大事なのは146cmの女性にとって見た目が太って見えるか見えないかということになります。

まとめ

あ

146cmの小柄な女性にとっての平均体重(標準体重、理想体重、美容体重とご紹介しましたがいかがでしたか?あなたの体重はどの項目に当てはまっていたでしょうか?どの体重であろうとあなたが満足する体重でいることが一番大事なことだと思うので無理をしない程度の体型維持をオススメします。

自分の理想の体重に向けてダイエットに励むことはとてもいいことですが、無理な体型維持は心にも負担がかかるので何事も適度に楽しむことが大事です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。