INDEX

気温5度って、いつ頃の気温なの?服装は?

地域によって差がでる冬の気温

冬

日本は縦に長い島国のため、同じ日本でも地域によって気温が5度になる日はバラバラですよね。札幌の11月の平均気温が4.3度に対して、那覇の11月の平均気温は21.4度と20度近くも差があるんです。では、各地の5度になる目安の月はいつ頃なのでしょうか?

北日本は5度を下回る日も多い!

5度を下回る日

北日本においては、秋から冬にかけて、日中でも5度まであがらないという日も多くありますよね。札幌や仙台では、11月〜4月あたりで5度になる日がある目安になります。1日を通して5度以下の寒い日も多いため、防寒対策をしっかりとした服装でお出かけしないとすぐに体調を崩してしまうこともあるので注意しましょう。

また、東京や大阪では1月〜2月の平均気温が5度前後のため、夜は5度以下に下がっても、日中では5度以上になる日も多いことがわかりますね。さらに、広島や福岡などは冬でも平均気温が5度以下になる日は少なく、夕方でも5度以上あることも。

天気予報を上手にチェックして

そのためお出かけする服装は、「流行や雑誌をみて季節によって服装を考える」というよりも、天気予報をしっかりチェックするのがおすすめ。さらに、おでかけする時間帯の気温や風を調べてからコーディネートを考えるようにすれば【寒すぎてデートを切り上げてきた!】なんて悲しい思いをすることもなくなるでしょう。

\ POINT /

おでかけする時間帯の気温をチェック!

最高気温や最低気温はいつの時間帯なのかをチェックすることも大切。西日本では、冬でも日中は気温がグンとあがる日も。夕方〜夜のお出かけはしっかりと防寒対策を。

気温5度|レディースおすすめコーディネート15選

1*冬はやっぱりダウンコートがあったかい

冬といえばダウンのコート!一度羽織ったら、その冬は手放せないほど優秀なアイテムですよね。でもダウンコートって何着も持つというアイテムではないので、着回しのできるシルエットやカラーを厳選することが大切です。

ニット帽+ダウンコート+スニーカーとメンズライクなアイテムを組み合わせているにもかかわらず、女性らしいコーディネートになっているのは、優しいグレーのカラーと、差し色のオレンジ色のおかげ。コンパクトなバッグは、それだけでも女性らしさをUPしてくれますよ。

背の高い方は、このようなロングコートもかっこいい!お尻がすっぽり隠れると、それだけでも温かみが変わります。また、スポーツ観戦やイルミネーションデートなど、外でちょっと腰掛けるという時にもロングコートはぴったり。

もしもロングコートとショートコート2着そろえたいという時には、カラーをそれぞれ変えると、着こなしの幅もグンっと広がります。また、薄手のダウンコートは秋から春の始まりにかけて長く使えるので便利ですよ。

2*暗くなりがちだから。明るいカラーでポイントを

どうしても秋冬は暗いカラーが増えがち。もちろんブラックやグレーのアイテムも素敵ですが、街や電車でもパッと目にとまる、こんな鮮やかなピンクを身にまとうと、それだけで気分もワクワクしてきます。

実は差し色のコーデは、おしゃれ初心者さんにもおすすめ!写真のようにネイビーやグレーなどと組み合わせなくても、全身ブラックのアイテムに、赤やピンク、オレンジなどのきれい色を1つ取り入れるだけで、おしゃれ上級者に見えちゃいますよ♡

スカートの他にも、写真のような明るいニットも差し色に◎。どうしても、合わせやすいベージュやブラウンを選ぶ方が多いですが、あえてこういったポイントになるアイテムを揃えておくと、コーデに迷ったときにも楽チンです。

さらに、ワンシーズンしか使わないようなバッグや小物に、差し色を任せるのもいいですね!写真のようなボアバッグなど、その年流行のアイテムを購入するときには、ちょっと冒険してみるとおしゃれがもっと楽しくなること間違いなし。

Amazonで詳細を見る

\ POINT /

実は簡単、差し色コーデ

コーデに迷ったときには、オールブラックコーデにきれいな色のアイテムを差し色として投入してみて!季節小物も、カラーで遊ぶのがおすすめ♡

3*室内はあったかい|インナーは重ね着がおすすめ

寒いからといって、厚手のニットやコートに防寒を任せると、室内や電車など暖房の効いている場所で汗をかくことも。そのあとで外に出た時に、汗が冷えて風邪を引いてしまう原因にもなります。

だからこそ、冬は【重ね着】もおすすめ!重ね着をしていれば、室内に入った時の温度調節も楽チンです。こちらのコーデは、ニットワンピの中にハイネックを重ね着。外ではさらにロングコートを重ねています。これなら、暖房がすごく効いているという時には、ニットワンピかハイネックどちらか脱ぐこともできちゃいます。

\ POINT /

暖房も考えよう

ずっと暖房のきいた場所にいくなら、防寒対策+脱いだときのコーデもチェックしておこう

Small thub shutterstock 402572776
関連記事 【気温別】今日の重ね着はこれ!今日の服装をもっとおしゃれにする方法7選

重ね着はもちろんおしゃれの一面もありますが、気温を目安に決める服装でも

4*冬のデートに。かわいいアイテムを取り入れよう

男性とだけではなく、大好きな友達とのデートにも、お気に入りのかわいいアイテムを身につけた服装でお出かけしたいですよね!こちらのコーデのような定番のタータンチェックのマフラーは、ちょっぴりレトロ+少女感がUPするから、シンプルなコーデにもおすすめです。

冬物は、質の良いものを揃えると、お値段もすぐにUPしがち。けれどおしゃれもしたい!そういった時には、ニットのトップスやコートなどの定番アイテムは、質の良いアイテムを揃えて何年も着続けて。反対に、マフラーや手袋・バッグなどの季節小物をプチプラで毎年揃えていくと、毎年おしゃれを楽しむことができますよ。

Amazonで詳細を見る

5*いまが旬のグラデーションコーデ

今年はワントーンコーデに加えて、同系色の濃淡を絶妙に配置した【グラデーションコーデ】が旬!写真のようにテーマカラーを『ピンク』と決めたら、あとはピンク系統のアイテムを組み合わせてコーデを完成させていきます。

冬は夏に比べて身につけるアイテムも多くなるから、グラデーションコーデを完成させるのも大変に。そういったときには、コートはブラックやホワイトなどシンプルカラーにするのがおすすめ。脱いだときのグラデーションの服装で、ぱっと視線を集めることができるはず!

6*ママにおすすめ!公園コーデ

公園で遊びたい盛りの子供は、寒いのなんてへっちゃら!でも、一緒に行くママたちはとっても寒いもの。風邪なんて引いていられないから、防寒対策をおろそかにするのはNGです。

写真のような、モッズコートにパンツ+スニーカーは、ママたちの定番コーデ。でも、上質なファーのついたコートや、カジュアルすぎないママバッグなど、他のママと差をつけられる上質なアイテムを取り入れるのもおすすめです!遊び疲れて眠ってしまった子供をベビーカーにのせて、ショッピングに寄り道することも♡

7*気温5度、曇りの日コーディネート

曇りの日は、同じ5度でも風が強かったり、体感気温がぐっと寒いことも。だからこそ、いつも以上に防寒対策をしっかりしておでかけしましょう。曇りの日にはいつもと同じコーデに加えて体の芯を冷やさないようにあったかベストを1つ取り入れるのがおすすめです。

もちろん、気温5度の場合にはこのコーデの上にアウターをしっかり羽織って。ショッピングや施設などの中でアウターを脱いだときにも、ベストを着ていればOK。また重ね着の増える冬にも、袖がもこもこしすぎないベストは重宝しますよ。

Amazonで詳細を見る

8*気温5度、雨の日コーディネート

さらに、天気予報が雨の場合や、朝から雨が降り続いている日。最高気温が5度の場合には、日中でも雨から雪に変わってしまうことも。寒くて凍えることのないように、足元はロングブーツがおすすめです。

ひざ下まで隠れるロングブーツを選ぶときには、タイツで試着するのではなく、写真のようにパンツをインしたり、厚手の靴下を重ね着して試着するのがおすすめです。もこもこ重ねた靴下でロングブーツを履くと、血流が悪くなることも。ランチなどで休憩するというときには、靴の脱げるお店を選ぶと足も楽チンです。

Amazonで詳細を見る

気温5度の服装に+|レディースおすすめアイテム5選

A*ふわふわ帽子で、かわいく&頭を温めて

ショッピングでレディースフロアを見て回ると、よく目に入るのがかわいいあったか帽子!帽子をかぶるかかぶらないかで、コーデの印象もがらっと変わります。もちろん頭を温めるだけでも体感気温はあがるので、いくつかお気に入りの帽子を集めておいて、その日のコーデに合わせてセレクトすると良いですね。



また、今年は写真のようなボアのもこもこ帽子やベレー帽など、いつものニット帽とは一味違う帽子がおすすめ!去年と同じようなコーデでも、帽子を一つ変えるだけでもコーデの印象は変わります。友達にあって一番最初に目に入る帽子だからこそ、おしゃれな新作アイテムを取り入れて見ませんか?

Amazonで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

B*あったか素材のスカートでほっこり冬支度

チャコールグレーの冬素材のスカートだけでも可愛いですが、小さなお花の刺繍が咲いていて、思わず手に取りたくなる素敵なアイテム。刺繍のトップスは服装が幼くなるから取り入れづらいと思っていた方にも、スカートなら主張しすぎないから大人の女性にもぴったりです。

冬はタイツやブーツなど、スカートと相性のよいアイテムがあるから、春夏と比較してもスカートを履きやすい時期。いつもはパンツばかりという方も、気分を変えてスカートを取り入れてみませんか?

C*マフラーで、首元もしっかりと防寒を

冬の必須アイテムといっても過言ではない、マフラー。服装に合わせやすいベージュやブラウンだけではなく、顔まわりを明るく見せてくれる、きれい色のマフラーも今年はおすすめです♡

また、ただぐるぐる巻くだけではなく、写真のようにおしゃれに巻くことで、シンプルな服装もワンランクUP!さらにレディースのマフラーだけではなくメンズのショップにも、女性を素敵に見せてくれるようなマフラーがあるので、ぜひチェックしてみて。

D*足首を温めるショートブーツ|雪対策も

パンプスに合わせて丈を調節したパンツだと足首が大きく出てしまうため、足首から冷えてしまいがち。しかし、足首を守ってくれるショートブーツなら、それだけで寒さを防いでくれるのでおすすめです。またショートブーツは、パンツスタイルにはもちろん、ロングスカートやミニスカートとタイツとの組み合わせも◎

さらに写真のような、防水機能も兼ね備えたアウトドアブランドのブーツなら、雪が積もる地域の方にもぴったり。メンズアイテム?と思う方も多いかもしれませんが、レディースサイズも揃っています。家族でお揃いのショートブーツでお出かけするのも、いいですね!

Amazonで詳細を見る

Small thub shutterstock 522307024 1
関連記事 秋冬はショートブーツコーデに挑戦!お洒落な着こなしやブーツ20選

肌寒い秋冬になると履きたくなるのがブーツ。ただコーディネートがちょっと

E*グレーニットは1枚欲しい便利アイテム

何か一つ、冬アイテムを購入したいという時には、グレーのニットがおすすめです。グレーは女性の柔らかな雰囲気にぴったりのカラー。また、秋冬に増えるベージュやブラウン、カーキ系との相性もばっちりです。青みがかったグレーや、茶色に近いグレーなど、その人のパーソナルカラーに合ったグレーを選ぶとさらに魅力UP!

写真のように、ゆるいシルエットのグレーニットに、シャツを重ね着するのも◎。中に薄手の発熱タイプの肌着を重ねても、シルエットに響きません。オフィスでも取り入れたい場合には、ジャケットを重ねてももこもこしすぎないサイズを選びましょう。

気温5度の服装は?抑えておきたいワンポイント

暖房が入って暑いことも!

外の気温は5度であっても、そのままの服装で暖房の入った屋内にいると汗をかくほど暑い場合も。アウターを一枚脱げば、秋と同じようなコーデでも大丈夫な場合もあります。

もしも行き帰り以外にはアウターを脱ぐことが多いという場合には、写真のような鮮やかなカラーを身につけるのもおすすめ。男性は特にコートや小物類も春夏以上に黒やネイビーのアイテムを身につけがち。そんな中で明るいカラーの女性は、その場を華やかにしてくれますよ。

また、抱っこ紐をつけているママさんの場合、これまで着ていたアウターを羽織ると、どうしても前を開けなければならず寒い思いをすることも少なくありません。最近では写真のように赤ちゃんと一体となって羽織ることのできるアウターも販売されています。赤ちゃんはもちろん、ママもしっかり防寒対策をしてくださいね!

Amazonで詳細を見る

気温6度、気温4度の服装は?

気温6度のコーディネート

気温6度も、まだまだ寒く分厚いアウターが手放せません。でも写真のように晴れ渡った気持ちの良い日には、秋物のアウターでも大丈夫なことも。天気予報をしっかりとチェックして、【最高気温】が何度になるかを調べてから服装を考えるのがおすすめです。

また、風が強いと、太陽がでていても体感気温はぐっと下がります。風が強い予報が出ている日には、気温に惑わされずに風の通さないしっかりとした素材のアウターや、首元を冷やさないマフラーを身につけてお出かけしましょう。

Small thub shutterstock 257854208
関連記事 気温8度の服装の選び方は?レディースコーデ11選&おすすめアイテムも

気温8度の日、あなたならどんな服装でお出かけしますか?会社や学校ならア

気温4度のコーディネート

予想気温が4度の日には、もっと下がってマイナスになることも。地域によっては雪が降ることもあるので、濡れても心配のない素材のアイテムを身につけるのがおすすめです。写真のようにワイドパンツを履く時には、中に厚手のタイツを合わせると足を冷えから守ってくれますよ。

服装について迷ったら。こんな記事もおすすめだよ!

気温によってチェックしたい、おすすめ記事5選

秋冬は、気温の高低差が激しいため服装も悩みがち。失敗すると、寒すぎて凍えてしまうことも。事前に「予想気温が◯度の時には、こういう服装をしよう」と日頃からイメージしておくことで、朝のバタバタを防ぐことができます。これからの記事を参考に、コーデを考えてみてはいかがですか?

Small thub shutterstock 622963589
関連記事 気温10度の服装25選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

気温10度の服装とはどんな服装か知っていますか?時間帯や天気によっても

Small thub shutterstock 395796454
関連記事 気温11度の服装25選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

暖かくなったと思ったら、急に冬に逆戻りする三寒四温の日々ですね。気温1

Small thub shutterstock 249095608
関連記事 気温12度の服装21選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

東京の3〜4月、11〜12月に増える12度の日。そんな季節にデートがあ

Small thub shutterstock 178878332
関連記事 気温13度の服装25選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

気温13度の環境では、服装選びが大変だと思います。一日中寒かったり、急

気合いを入れたい冬のイベントに♡おすすめ記事3選

また、冬はいつもに増して大切なイベントが増える時期。写真もいっぱい撮るから、あとから写真を見返した時に『服装失敗したな』と思わないためにも、予習が大切です!

Small thub shutterstock 489412408
関連記事 冬デートコーデ14選!クリスマスに彼もドキッとする厳選ファッション!

冬デートやクリスマスと言えば、女の子にとって可愛いファッションやコーデ

Small thub shutterstock 226435555
関連記事 冬の鉄板白ニットコーデ15選!少しの工夫で品のある大人モテファッションに

冬の鉄板【白ニットコーデ】 抱きしめたくなるふわふわとした白ニットは冬

Small thub shutterstock 480758185
関連記事 ライブの服装を春夏秋冬で徹底解説!フェスやコンサートの服装ももう悩まない!

ライブの時の服装はどのように決めていますか?思いっきり音楽を楽しみたい

気温5度の服装まとめ

いかがでしたか?気温が5度とはいっても、風の強さや雨が降っていたり、太陽が出ているなどで体感気温は変わるもの。安心できるアウターを準備しておくことで、服装に悩む時間も短縮できるはず!今年の冬は、あったか小物やカラーで遊びながら、素敵なコーデを楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。