INDEX

「人と仲良くなれない」その原因は?

過去のつらい経験がブレーキに

落ち込んでいる人

人に傷つけられたり、人間関係のトラブルがあると誰でも落ち込みます。何年も前のことでも、忘れることができないほどつらい経験をした人もいるでしょう。過去の人間関係の問題は、目に見える解決方法がないことも多いので、引きずってしまう要因になりやすいのです。

協調性のなさ

協調性のなさ

人に合わせるのが苦手な場合、なかなか人と仲良くなれないことがあります。自分のやり方を曲げられなくて、人との間に壁を作ってしまいます。いちど頑丈な壁を作ると取り払うことに勇気が必要で、時間がかかる場合もあります。

気にしすぎてしまう

気にしすぎてしまう

繊細で感受性の豊かな人は、まわりから受け取った情報を必要以上に多く読み取ってしまう傾向があります。「人と仲良くなれない」と嘆く人の中には、コミュニケーションで相手に気を遣いすぎてしまい、疲れ果てた結果、仲を深める前に一方的に関係を切ってしまう場合もあります。

すぐに諦めてしまう

すぐに諦めてしまう

人付き合いの中でなにかうまくいかないことがあったときに、すぐに諦めて自分の殻に閉じこもってしまう人がいます。「どうせ自分は人と仲良くなれない」というマイナスな感情に支配されてしまい、なんらかの解決方法を試すこともなく、誰とも親しくならない道を選んでしまうのです。

人と仲良くなれないときの心理状態

焦りや不安が広がっていく

焦りや不安が広がっていく

思うように人と仲良くなれないと、心理状態はどんな風に変化するのでしょうか。まず、自分が仲良くなりたいと思った人とうまく交流できないと、焦ってしまいます。会話や言動で自分が間違ったことをしたのではないかと不安になって、壁をつくりたくなります。また、人の目が気になって仕方がありません。

自分に自信を持つことができない

自分に自信を持つことができない

人と仲良くなれないことを100%自分のせいだと思ってしまう人は、自己嫌悪におちいります。失敗したことを引きずってしまい、人と仲良くなれない自分を責めてしまうのです。人付き合いだけではなく、他の物事に対する自信までなくなり、心理的に追い込まれると気持ちの回復にも時間がかかってしまいます。

他人を疑ってしまう

他人を疑ってしまう

自分に自信が持てず、自分を信用することができないままの心理状態では、他人も同じように自分を信用してくれないのではと疑ってしまいます。実際は「仲良くなりたい」と思って声をかけてくれる人に対しても、「利用されるかもしれない」などと根拠のない疑いの目を向けてしまうのです。

自分や他人を責めてしまう

自分や他人を責めてしまう

いちど自分や他人を疑いだすと、ますます他人との間の壁が厚くなってしまいます。不必要に人を疑ってしまった自分を責めたり、または思ったような反応をくれない相手に腹が立って、責めてしまいます。この心理状態を改善し克服できないと、人と仲良くなれないどころか、敵ばかり作ることになってしまいます。

人と仲良くなれない人が陥りやすいパターン

人間関係のトラブルに対処できない

人間関係のトラブルに対処できない

人と仲良くすることにわずらわしさを持っていると、人間関係のトラブルが発生した場合にうまく対処することができません。過去に人と仲良くなれないパターンを多く経験すると、人と距離を置くことに慣れ、トラブルが起きても見て見ぬふりをしてしまいます。また正しい解決方法がわからずに、関係を悪化させてしまいます。

恋愛に消極的になる

恋愛に消極的になる


人と仲良くなれない人は自分に自信がないことが多く、恋愛に対しても臆病です。人には誰にでも魅力的な部分がありますが、自分の悪い部分にばかり目がいく場合、好きな人ができても自信が持てずに積極的に動くことを避けてしまうのです。結果的に、恋愛は自分に必要のないものだと思い込んでしまいます。

仕事に支障をきたす

仕事に支障をきたす

他人とうまくコミュニケーションを取れないと、生活に影響が出る場合があります。仕事は生きていく上で必要なものですが、職場での人間関係で悩む人は少なくありません。人と仲良くなれない人で、さらには仕事上の会話までスムーズにできないとなると、効率的に業務を進めることができなくなるというわけです。

他人に利用されてしまう

他人に利用されてしまう

いつも自分中心で動いている人は人の気持ちに鈍感な分、他人からの悪意を察知することができずに、つけ込まれる可能性があります。また、普段なかなか人と仲良くなれずに悩んでいる人は、他人から親切にされると嬉しくて一気に心を開いてしまい、悪いことを企む相手に情報を与えていいように利用される危険もあります。

人との壁をなくす『克服方法』7つ!

まずは身近な人に挨拶をしてみる

簡単な質問をしてみる

人間関係で何度も失敗すると、「自分は何をやっても人と仲良くなれないんだ」と落ち込みますよね。そんな人でも早く効果が出て、いちばん簡単に試せる克服方法は、『挨拶』です。朝だけでもいいので一言「おはよう」と言ってみることです。簡単なコミュニケーションですが、反応が返ってくると嬉しい気持ちになれますよ!

簡単な質問をしてみる

まずは身近な人に挨拶をしてみる

職場や友達同士の集まりなどで、どうしても会話がうまくいかないことがあります。一回会うたびに、ひとつでいいので、誰かに質問をしてみることです。質問内容はその日の食事や職場の場合はわからない仕事のことなど、簡単でいいので回数を重ねると自信がつきます。人と仲良くなれない悩みを克服する有効なステップですよ!

会話では聞き役に徹する

会話では聞き役に徹する

今まで人と仲良くなれない悩みを抱えていた人も、人に小さな質問をしていくことで、会話が続けられるようになります。自分のことを気にかけるのも大事ですが、相手が多く話せるような割合でコミュニケーションをとると効果的です。コツは相手の答えに期待しないという事です。会話には必ずしも終着点が必要ではないのです。

想像力を使ってみる

想像力を使ってみる

思うように人と仲良くなれない場合、あせって会話に集中できないことがあります。そんなときは深呼吸をして、相手の立場に立って、気持ちを想像してみましょう。その人がどんなことに興味がありそうなのか、どこでどんな風に育ったのか、血液型は?などです。その人の生活まで想像できると、ぐっと会話が深まります。

人を好き嫌いで判断しない

人を好き嫌いで判断しない

人と仲良くなれない人がついやってしまいがちなのは、自分が嫌いだと思う相手を避けるということです。「自分は勘がいいから、一瞬で相手の性格を見抜ける」という人も、一瞬で相手の生き方すべてを知ることはできません。『嫌い』という感情だけで逃げるのではなく、時間をかけて一人の人と向き合う練習をしましょう。

人付き合い以外のことに意識を向ける

人付き合い以外のことに意識を向ける

どうしても人と接するのが苦手で、人と向き合うのが億劫という人もいるかもしれません。そんなときは一旦、人付き合いの悩みは置いておき、他の物事に意識を持っていくことです。自分が好きなことに集中すると気分が回復し、またそこから親しくなれる友人ができる可能性があります。

自分の不完全さをゆるしてあげる

自分の不完全さをゆるしてあげる

人と仲良くなれないことを気にして、気持ちが縮こまってしまうのは仕方がないことです。そんな自分を責め続けても、なんの解決にも繋がりません。人と仲良くなれないとわかっているなら、無理に仲良くする必要もありません。まずは自分を存在ごと肯定して、必要であれば少しずつ苦手の克服をしていきしょう。

まとめ

人への対応が完璧な人などなかなかいません。人と仲良くなれない苦しみがあるからこそ、同じように悩んでいる人の気持ちを理解してあげることができます。自分がこれからどんな風に生きていきたいか、自分の心と向き合いつつ、今まわりにいてくれる人に感謝をしながら自分なりに毎日を楽しむ工夫をしていきましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。