20200501201627460 1000

【5月の服装コーデ12選!】上旬・中旬・下旬のおしゃれな着こなしをご紹介♡

更新:2022.03.05

5月にぴったりな服装とは、一体どんなコーデなのでしょうか?今回は、5月にぴったりな服装コーデを、上旬・中旬・下旬に分けてご紹介します。また、5月の服装ポイントや、おすすめのアウターもまとめているため、参考にしてみて下さい!



上旬編|5月の服装コーデ4選

①ブラウンシャツ×ホワイトアイテム

5月上旬は、ブラウンのシャツとホワイトアイテムを組み合わせたコーデがおすすめです。5月は温かい陽気になる事が多く、なるべく暗い色は避けた方が季節感を取り入れられます。ブラウンのようにダークな色のシャツを着る場合は、トップスもパンツも白で統一させましょう。

トップスとパンツを同じ色にすると、スタイルアップを叶える事もできます。そのため、スタイルの良いレディースコーデを楽しみたい方は是非参考にしてみて下さい。ブラウンのシャツは、トレンド感を出すためにオーバーサイズを選ぶと良いですよ。

②カーディガン×シャツワンピース

爽やかなブルーのシャツワンピースは、カーディガンを組み合わせた着こなしにしましょう。カーディガンを肩に掛けると、大人っぽいレディースコーデに仕上がります。5月初旬は昼夜の寒暖差が激しいので、カーディガンを持っていると便利です。昼はカーディガンを肩から掛けて、夜は羽織りましょう。

③ベージュジャケット×セットアップパンツ

ベージュのジャケットには、セットアップのパンツを合わせて大人っぽいコーデにしましょう。5月はベージュのように明るい色味が似合うので、セットアップに活用するのがおすすめです。メンズっぽさのあるジャケットも、ベージュを選べば女性らしく着こなせます。

ジャケットとボトムスがベージュなので、バッグや靴などの小物類で濃い色を取り入れて下さい。ブラウンを選べば、統一感があっておしゃれなレディースコーデにまとまります。また、ジャケットは少し大きめを選ぶと、トレンド感のある着こなしに仕上がりますよ。

④トレンチコート×ワンピース

5月上旬は、トレンチコートとワンピースを組み合わせたコーデがおすすめです。女性らしく大人っぽい着こなしなので、ゴールデンウィークのデート時に活用してみましょう。ワンピースとコートの丈感を同じにすると、すっきりとした着こなしに仕上がります。


5月は初夏の陽気になる事も多く、服装選びに悩む方も多いはずです。以下の記事でも、5月のレディースファッションについてポイントをまとめているため、是非参考にしてみて下さい。また、天気別の押さえるべきポイントもまとめてあるので、チェックしてみましょう。

中旬編|5月の服装コーデ4選

①シアーシャツ×オールインワン

5月中旬は、シアーシャツとオールインワンを組み合わせた着こなしがおすすめです。トレンド感のあるシアーシャツを取り入れる事で、おしゃれで流行りを押さえたレディースファッションが楽しめます。また、子供っぽさのあるオールインワンも、シアーシャツを羽織れば大人っぽく仕上がりますよ。

②カットソー×デニムパンツ

5月中旬は、カットソーとデニムパンツを組み合わせた着こなしがおすすめです。5月中旬になると羽織物が必要無い日も増えてくるので、カットソーが1枚あると便利になります。シンプルな白いカットソーと、デニムのパンツを合わせて色々なシーンで活用させましょう。

カットソーとデニムを組み合わせた着こなしは、小物類でおしゃれ度をアップさせると良いです。スカーフや革靴を取り入れて、大人っぽいおしゃれを楽しんでみましょう。シンプルなコーデだからこそ、小物の活かし方で全体のバランスが変わってきます。その日の気分で色々なテイストにアレンジしてみましょう。

③ボーダーカットソー×ハイウエストパンツ

初夏らしいボーダーのカットソーには、ハイウエストのパンツを組み合わせてみましょう。5月中旬は明るい色でまとめた着こなしがおすすめなので、ボトムスは白を合わせてみて下さい。明るい色のボトムスを使うと、季節感のあるレディースファッションが楽しめますよ。

④ニットベスト×ワンピース


5月中旬は、ニットベストと白ワンピースを組み合わせたコーデがおすすめです。暖かい日が続く5月中旬は、薄手ニットベストを活用してみましょう。柔らかいベージュを選ぶと、大人の女性でも気軽に取り入れやすくなります。ワンピースもなるべく薄手で軽い質感の物を選ぶと、5月っぽいコーデになりますよ。

下旬編|5月の服装コーデ4選

①ノースリーブトップス×柄スカート

5月下旬は、ノースリーブのトップスと柄のスカートを組み合わせましょう。初夏の陽気である5月下旬は、日中なら半袖やノースリーブでも問題ありません。昼だけ外出する日は、ノースリーブのトップスとロングスカートで大人可愛いコーデにしてみて下さい。

ノースリーブトップスは、明るい黄緑色を選ぶと季節感が出ます。トップスと同じ色味のスカートを組み合わせて、統一感のある着こなしにしましょう。また、スカートの柄は落ち着いた物を選んだ方が、大人っぽさが出ておすすめです。

②ベージュアウター×ワントーンアイテム

ベージュのロングアウターとワントーンアイテムを組み合わせて、トレンド感のある着こなしにしましょう。近年は、全身を同じ色味で統一したワントーンコーデが流行っています。ベージュのロングアウターをチョイスした場合は、同じ色味のインナーやパンツでまとめてみて下さい。

ただしワントーンコーデと言っても、全てを同じ色でまとめるのはおすすめできません。そのため、インナーや小物類は少し濃い色を選んで締まりを作りましょう。ベージュ系のワントーンコーデは、初夏の陽気にぴったりで季節感が出ますよ。

③パフスリーブワンピ×レースパンツ

5月下旬は、パフスリーブワンピースとレースパンツを組み合わせてみましょう。ワンピースがネイビーカラーなので、パンツは白を選ぶと爽やかにまとまります。また、レース素材のパンツだと、5月下旬の初夏の陽気にもぴったりですよ。


ワンピースとパンツを組み合わせる場合は、ウエストにアクセントがあるとスタイル良く見せられます。チェーンタイプのベルトでウエストマークをすれば、すっきりとした着こなしに仕上がるためおすすめです。ワンピースの色が暗いので、ベルトを明るい色にしてコントラストをハッキリさせましょう。

④オーバーサイズシャツ×ミニスカート

オーバーサイズのシャツを着る場合、ミニスカートを組み合わせてみましょう。オーバーサイズのシャツは2021年も人気が続いているため、流行りを押さえたい方は積極的にコーデに取り入れてみて下さい。オーバーサイズのシャツを羽織っているので、ミニスカートを合わせても子供っぽくなりませんよ。

5月の服装にぴったりなアウター

①ジャケット

M keep aspect 51spas dnbl. ac ul1000
XALER テーラードジャケット レディース フォーマルジャケット リネンジャケット ショートブレザー 春夏秋 シングルボタン 7分袖 通勤 入学式 入園式 カジュアル オフィス ¥3,002

5月のアウターには、ジャケットがおすすめです。特に薄手のアウターは、5月上旬や中旬の季節にぴったりなので、1つ持っておきましょう。5月の夜や朝は肌寒さを感じる事もあるため、ジャケットの様なアウターがあると便利です。1日中外出する時は、アウターを持って行くようにしましょう。

ジャケットをカジュアルに着こなしたい場合は、大きめサイズを選ぶのが良いです。大きめサイズだと、トレンド感が出ておしゃれな着こなしができます。逆にきれいめに着こなしたい場合は、ウエストに締まりが合ってタイトなシルエットのジャケットを選んで下さい。

②シャツ

M keep aspect 61wbzp5bmml. ac ul1280
スロウライド [スロウライド] レディース 女の子 デニム シャツ ブラウス ジャケット トップス カジュアル オフィス ビジネス フォーマル ¥3,080

5月のアウターには、シャツがおすすめです。さらっと羽織れるシャツは、初夏の季節にぴったりなアウターなので、何枚か持っていると便利ですよ。シャツは羽織物だけでなく1枚でも着こなせるため、コーデの幅を広げる事もできます。

トレンド感を押さえたい場合は、オーバーサイズのシャツを選ぶようにしましょう。あえてメンズサイズをチョイスすると、流行りを押さえた着こなしが楽しめます。また、2021年もシアーシャツの人気は続くので、是非取り入れてみて下さい。

③カーディガン

M keep aspect 41pxna56ejl. ac ul1001
Blostirno Blostirno Vネックカーディガン レディース 長袖 ニット 無地 きれいめ ¥1,699

5月は、カーディガンをアウターに選ぶのがおすすめです。特に上旬や中旬は陽が落ちると肌寒く、カーディガンがあると重宝します。モコモコのニットではなく、薄手のカーディガンで季節感をアピールして下さい。また、明るい色のカーディガンを選ぶと、初夏の陽気にぴったりな着こなしが楽しめます。

5月の服装のポイント

①気温に合わせたアウター

シャツ

5月は、気温に合ったアウターを選ぶのがおすすめです。5月は上旬・中旬・下旬それぞれの気温が、大きく変化する季節でもあります。そのため、気温に合わせたアウター選びをしないと、季節感の無い服装になってしまうので注意して下さい。

基本的に、アウターはシャツや薄手のジャケットがベストです。ただし上旬はトレンチコートがベストな日があったり、下旬はアウター無しでも大丈夫だったりします。その日の気温をチェックして、どのアウターが一番合っているのかを選ぶように気を付けましょう。

②体温調節しやすい服装

スカート

5月の服装では、体温調節ができるアイテムを選ぶようにしましょう。5月は昼夜の寒暖差が激しく室内も冷房で寒いケースがあるため、その都度体温調節ができるような服装を心がけるの良いです。

③明るい色合い

アイテム

5月の服装では、明るい色を選ぶようにしましょう。春が終わり段々と初夏になっていく5月は、白やベージュの様な明るい色を選ぶと季節感が出ます。また、ビビッドカラーやブルー系の様に爽やかな色を取り入れるのもおすすめです。

逆に黒や濃いブラウンは冬っぽさが出てしまい、5月の服装にはあまり向かないので気を付けましょう。もしもダークな色を着たい場合は、他のアイテムを白やベージュでまとめてバランスを取って下さい。また、靴はサンダルやミュールのように夏っぽさを感じる種類を選びましょう。

5月の服装に合ったコーデを楽しもう!

段々と暑さを感じるようになる5月は、気温や季節に合った服装選びが重要です。上旬・中旬・下旬によっておすすめな服装が違うので、ポイントを押さえておきましょう。以下の記事でも、東京の5月にぴったりなファッションをまとめています。是非参考にしてみて下さい!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。