Large thumb shutterstock 248906611

たれ目メイクの基本のやり方!アイライン次第でつり目さんでもナチュラルに!

更新:2021.05.17

「つり目なんだけどたれ目メイクがしたい」「たれ目の女子って可愛く見えるからうらやましい」こんな悩みをお持ちの方いませんか?つり目さんだって実はアイライン次第でナチュラルにたれ目メイクができちゃうんですよ。 ここではアイラインの基本をしっかり抑えて、キュートで甘えん坊な印象のモテたれ目メイクを学んじゃいましょう。なかなかたれ目メイクが上手くいかない方、必見です!

たれ目女子が男性に与える印象は?

ふんわりとガーリーな印象を与えてくれるたれ目女子。世の男性たちからは「小動物みたいで守ってあげたくなる」「優しそうに見えるから好き」なんていう評価が結構多いんですよね。こんな人気のたれ目なんですがメイクで作ることもできるんですよ。

ここではたれ目メイクの基本のやり方をチェックして、ナチュラルなたれ目メイクをマスターしちゃいましょう。たれ目メイクのポイントはなんといってもアイライン。アイラインの使い方1つでつり目さんでもとっても可愛い「たれ目メイク」ができちゃいますので必見です!

たれ目メイクの基本とは?

アイラインを引くときは目頭と目尻の高さを意識!

普段何気なく引いているアイライン。たれ目メイクの場合は目頭と目尻の高さを意識してアイラインを引くようにしましょう。こうすることでつり目の女性でも目尻が下がっているように印象付けることが可能になるんです。

目頭側はあくまで自然にするようにしましょう。「目が大きく見える方がいい!」と目頭切開ラインと呼ばれる部分にアイラインをしてしまうと実は逆効果。

この目頭切開ラインは目元をキリッと見せてくれる効果があって、たれ目メイクとは逆路線を行くメイクになるからですね。目頭の高さはそのまま生かして目尻側を少し下げてあげます。

目の”縦”のボリュームを意識しよう!

たれ目メイクにするためには目尻を下げてやることばかりではありません。むしろやりすぎると不自然になるので、自然な感じに仕上げるには”たれ目”に見えるメイクを組み合わせてあげることが大切になります。

たれ目に近づけるためには目の縦のボリューム感を出してあげることです。こうすることでキレ長の目でもパッチリとした目元に見せることができるんです。

この縦のボリュームを出すのは「アイシャドウ」と「涙袋」です。この2つをメイクに取り入れることで、目の縦のボリュームが一気にアップするのでたれ目メイクには欠かせないポイントメイクになります。

下まぶたの目尻側にシャドウを乗せてたれ目を演出

どうしてもつり目さんは目元がキツい印象になりがちなんですが、下まぶたにも目尻側を下に広げるようにアイシャドウを入れてみましょう。これをすることで目尻側にボリュームが出てたれ目にグッと近づくことができますよ。

たれ目メイクで抑えておきたい3つの基本

  1. 目尻と目頭の高さを意識
  2. 目の縦のボリュームを持たせること
  3. 下まぶたの目尻を下に広げるようなイメージで

たれ目メイクのやり方は?

まずはまつ毛の間をアイライナーで埋めよう

いよいよたれ目メイク実践です。最初に上まぶたのアイラインから引いていきましょう。机の上に鏡を置いて、真っ直ぐ前を向いたまま視線だけを落としましょう。するとまつ毛を下側から見ることができますよね。この状態でまつ毛の下からアイラインで埋めていきます。

一気に線を引こうとすると上手くいきませんので、少しずつ色を乗せていく感じでアイラインを乗せていきましょう。この作業をしないとまつ毛の根本付近にアイラインがしっかり乗りません。肌色が露出してしまうと返って目を小さく見せてしまうこともありますので注意です。

上まぶたにアイライナーを引いて目尻を下げる

まつ毛の下から隙間を埋めたら、次にまつ毛の上からアイラインを引いていきます。まぶたの幅はもちろん、目尻側へ2ミリ長く伸ばしてあげます。このときアイラインは上まぶたの延長線上になだらかに下に引くようにします。

アイライナーは目頭から目の中央(高い所)まで、目尻から目の中央まで、と分けて書いていくと必要以上に太くなりすぎず自然な仕上がりになります。目尻から外に出すラインはそれから引いて上げましょう。

目尻の三角形にブラウンのアイシャドウで下にボリュームを

アイメイクでは上まぶたにアイシャドウを入れていきますが、たれ目にするのには下まぶた側のメイクも大切なポイントです。ここで目尻を少し下げてあげるためにアイシャドウで影を付けていきます。

アイシャドウは上まぶたのアイメイクが重要なのですが、人によって色々な方法があります。なのでたれ目メイクのアイシャドウは下まぶたの目尻側にあるんですね。

目尻には”ジリサン”と呼ばれる三角形のゾーンがありますよね。先程引いたアイラインから下まぶた側へつないだゾーンにアイシャドウを入れます。

このときアイラインのついでにブラックのアイライナーで書いてしまわないように注意しましょう。ボリュームは出ますがしっかりメイクで、どちらかと言えばオルチャンメイク寄りになってしまいます。

ブラウンのアイシャドウを乗せてあげることで、輪郭をボカしてさらにナチュラルな仕上がりを目指しましょう。目のキワに濃い目のアイシャドウを入れて、それをチップやブラシで外側へグラデーションを作ってあげると目尻の下にボリュームが出ます。

最後に涙袋を作れば完成

目の下に涙袋を作ってナチュラルたれ目メイクの完成です。目の下のキワ3ミリ程をホワイトのアイシャドウで高さを出していきます。そして涙袋の境をアイブロウペンシルで書いてボカすだけです。

ナチュラルなたれ目メイクをするコツは?

散らばるメイク道具

ガッツリメイクでは学校や会社ではちょっと使いにくいですよね。たれ目メイクはしたいけどナチュラルに日常使いしたい、なんて女性も多いでしょう。こちらではそんなナチュラルなたれ目メイクのコツを紹介していきますよ。

アイラインは目のキワに細く書くこと

アイラインはごく細く書いていくことがナチュラルメイクのポイントです。ペンシルタイプよりもリキッドアイライナーを使って、筆先を上手に使って書いてあげると細く仕上げることができます。

目の形や一重、二重によって目力の強さに差が出てしまいますが、目力を出したい場合はブラック、抑え気味にしたい場合はブラウンのアイライナーを使ってみましょう。

下まぶたのアイシャドウはブラウン系をチョイス

下まぶたにボリュームを出すために入れるアイシャドウはブラウン系をチョイスしましょう。ただ色味が薄すぎたりするとボリューム感がでないので、指やチップでしっかり目に乗せてあげることです。固まってアイシャドウが乗りやすいのでブラシできちんとグラデーションを作ってあげましょう。

やりすぎ感が出ないようにつけまじゃなくてマスカラで

マスカラを持って微笑む女性

目を大きく、ゴージャスに見せてくれるつけまつげは女子の強い味方なのですが、ナチュラルに仕上げるためにマスカラで仕上げていきます。上下のまつ毛にまんべんなくマスカラをつけて、印象的な目を目指します。

オススメのたれ目メイクコスメは?

アイライナー

mshラブ・ライナーリキッド

mshのラブ・ライナーリキッドはたくさんのリピートを集めている実力は折り紙付きのリキッドアイライナー。その秘密はなんといっても乾きやすい、ヨレにくいというパンダ目を引き起こす要素が低いことにあります。

またブラシのコシも強く「リキッドアイライナーは書きにくくて苦手!」という方でも使いやすい点も人気を集めていますよね。「他のアイライナーに浮気してたけれど、結局戻ってきました」なんて意見がとっても多いのも頷けます。

マキアージュシークレットシェーディングライナー

ナチュラルな目元仕上げにうってつけのマキアージュ、シークレットシェーディングライナー。お風呂に入っても落ちなかった、なんて口コミもありながら、さらに描きやすさも高い評価を得ています。

アイシャドウとの馴染みも非常によく、よりナチュラルにアイラインを表現してくれるアイテムです。強く主張することなく、でもしっかりアイラインを強調してくれるという、欲張りな悩みも解消してくれるアイライナー。

アンジェリテユーラインドレスリキッドアイライナー

そのキュートなパッケージで思わず手にとってしまう方も多いアンジェリテユーからはラインドレスリキッドアイライナーです。見た目に惹かれてのパケ買いは、後々後悔することも多いんですがこちらのアイライナーはとにかく落ちにくい!と評判も上々。

アイライナーが滲んたりヨレたりしやすい目尻や二重の部分もばっちり長持ちしてくれます。今まで何を使ってもダメだったという方が、ラインドレスリキッドアイライナーを使ってみるとその汗や涙への強さにビックリ。それでいて滑らかな書き心地も実現したオススメアイテムです。

アイシャドウ

エクセル スキニーリッチシャドウ

細かなパールが入っていて上品なキラメキを演出してくれるのが、エクセル、スキニーリッチシャドウ。「アイシャドウ選びに迷ったらこれ!」とまで言わしめる完成度の高いアイシャドウです。

パールでゴージャスな雰囲気は出しながらも、上品なので気品溢れる仕上がりに。華やかに魅せるというよりは、ナチュラルに目元を飾ってくれる、そんな使い方をオススメしたいですね。ハイライトカラーの馴染みがよく、シェーディングを上手に使ってアイメイクをレベルアップしちゃいましょう。

セザンヌ トーンアップアイシャドウ

質感が柔らかくてプチプラながら数多くのリピートを集めているセザンヌのトーンアップアイシャドウ。カラーバリエーションも豊富なので、肌色に合わせて選べるのが嬉しいですね。

プチプラなのに粉飛びやくすみも出にくく、発色もなかなか。”とりあえず”のお試し購入でも抵抗なく買ってみることができるのはありがたい限りです。

付属のチップ使用時とブラシ使用時では発色やノリに差が出ることもあるようなので、メイクの仕方を変えるだけで自分にぴったりの発色に仕上がることも。

ケイト ブラウンシェードアイズN

ケイトのシャドウって鉄板で使いやすいイメージですよね。今回ケイトから新作のブラウンシェードアイズNを紹介。こちらも例に漏れず使いやすいアイシャドウで、細かいラメでキレイな発色が特徴的です。

シェーディングパウダーのカラーが非常に使いやすく、涙袋を作るのにはうってつけ。さらには顔の骨格まで操作できると評判ですよ。アイメイクで縦のボリュームを出すのもお手の物。ぜひ試していただきたいアイテムです。

マスカラ

メイベリンニューヨーク ラッシュニスタ

まつ毛が1本1本を太く、そして長くしてくれるメイベリンニューヨークのラッシュニスタ。もちろん口コミでも高い評価をたくさん集めています。CMでおなじみのマスカラで気になっている方も多いのでは?

このマスカラはお湯のオフのしやすさはトップクラス。さらに主張しすぎないためにナチュラルメイクには欠かせないアイテムになりそうですよね。やや強くなりがちなたれ目メイクにはぴったりの相性と言えそうです。

クリニーク ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラ

クリニークのベストセラー!と銘打った実力派マスカラ、ラッシュパワーマスカラロングウェアリングフォーミュラです。重ね塗りをしてもダマにならずに、使いやすいのに滲まない!と高い評価を集めています。

さらに日本人の目のために設計されたというブラシは、もともとの自分のまつ毛かのように見せてくれる仕上がりが期待できます。自まつ毛に近い仕上がりということは、ナチュラルなメイクにも一役買ってくれますよね。

マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー ロングロングロング

マジョリカマジョルカのラッシュエキスパンダーロングロングロングは、たれ目メイクをしっかり演出してくれるマスカラです。「ロング」の名前の通り、長さをしっかり出してくれるアイテムでつやつやの長いまつ毛に。

コームで根本からたっぷりつけすぎてしまうとダマやパンダ目の原因になってしまうので、少しずつ量を調節しながらまつ毛を梳かすように塗っていきましょう。長さを出しつつカールのキープ力も強いマスカラです。

アイシャドウブラシ

アイシャドウブラシ

繊細なアイシャドウを乗せていくのにチップや指ではどうしても細かい作業や、ふんわり柔らかく乗せるのには不向きな場面も。そんなときはアイシャドウブラシを使ってみましょう。アイメイクに悩んでいる女性の方、シャドウの仕上がりが全然変わってきますよ。

竹寶堂 K-3

毛先が非常に柔らかく、それでいて発色もしっかりしている竹寶堂のK-3です。アイシャドウを優しくまぶたに乗せていくことができるので、理想の目元を作るのに最適なブラシです。「他のブラシが使えなくなった」なんて口コミも。

THE BODY SHOP アイシャドーブラシ

毛先が細くなっているので、細かいアイシャドウ使いの要求に応えてくれるのがこちらのTHE BODY SHOPのアイシャドーブラシです。下まぶたのジリサン周辺にアイシャドウを入れるのに使いやすく、たれ目メイクの強い味方になってくれるブラシです。

無印良品 アイカラーブラシ

無印良品からはアイカラーブラシがラインクインです。柔らかくてチクチクしない、そして無印良品ならではの極々シンプルに、そしてプチプラで、という女性のメイクのお悩みを解消してくれるアイテムです。それでいて肌へのあたりが柔らかく、高い品質はさすが無印良品といったところです。

いかがでしたか?

散らばるメイク道具

たれ目メイクのやり方や注意点、コスメなどを紹介してみました。ポイントさえ抑えておけば、つり目さんでもガーリーなたれ目に変身できちゃいます。ナチュラルでうるうるな瞳のたれ目メイクをぜひマスターしてみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。