INDEX

六芒星の概要

六芒星の意味とは?

六芒星は、星型多角形の一種で、六本の直線が交差している図形です。六角形の辺を延長するため、六角星や六線星、星型六角形、ヘキサグラムとも呼ばれます。

六芒星の由来

六芒星の由来は、ユダヤ人をあらわす記号として使用されています。ユダヤ教で、六芒星の図形を神聖な物と例えている例はありませんが、ユダヤ人の中で定着しています。

そのため、ユダヤ人が多く住むイスラエルの国旗には、青色の六芒星が描かれているのです。日本でも、籠目という文様が、伊勢神宮周辺にある石灯籠に刻まれています。竹編みの籠の編み目模様のため、魔除けとして使用されているのです。

六芒星の神秘的な効果

六芒星は、籠目紋以外にも、ダビデの星と呼ばれることが多く、その地に伝わる伝統や、住人の着物の襟にシンボルとして、六芒星が縫い付けられています。このシンボルは、魔除けとしての効果があり、そのパワーを最大限にあげることで、リミッターを外す役目をしてくれます。

リミッター外した結果、数々の逸話や不思議な体験等が、地元の住人の間で伝えられているのです。素晴らしいパワーとして、人間が正しく使えば、素晴らしい効果を発揮します。しかし、パワーを悪用すると、不幸な事に巻き込まれたり、自分以外の人も不幸になると言われています。

それほど、六芒星の効果は、絶大とも言えるでしょう。さらに、現代の日本では、Tシャツや着物などに使われ、六芒星が龍に似ている事から、龍の封印を解く効果があると言われています。龍のように、正にも負にもなる特殊なエネルギーとは、一体どんなものでしょうか?

例えば、龍の封印を解くことで神仏の加護があり、天の恵や理想を叶えたり、人々の心の調和とバランスを整えてくれます。また、六という愛を象徴する数字のため、第六感を研ぎ澄ます力を秘め、特殊なエネルギーを授かり、正しく使用すれば、素敵な人との出会いチャンスが到来したり、危険回避や危険予測を発揮できるのです。

六芒星の書き方に種類や意味がある?

一筆書き六芒星

六芒星の書き方には、種類や意味が異なります。例えば、一筆書きの六芒星は、等辺六芒星が正三角形を2回に分けて描かれています。上の六芒星は、一筆書きが難しいように見えます。

しかし、実際には一方の正三角形の描画途中に、交点で他方の正三角形の描画に移っています。他方の正三角形の描画が終わった時点で、先の正三角形の残りの部分を描画すれば、一筆書きが可能なのです。

逆に、交点で折り返さずに、一筆書きができる六芒星もあります。正六角形の頂点を何個か飛ばして結じ、丁度アルファベットのNのように続けて書くのです。この六芒星をセレマでは、度々使われるシンボルの一つです。

そのため、セレマの発案者であるアレイスター・クロウリーの名前から、「クロウリー六芒星」など呼び名もあります。ただし、目視でも分かるように、クロウリー六芒星は、内角が等分不可能なためパワーが少ないとも言われることがあります。

二つの三角形の重要性

六芒星とは二つの三角形、「△」と「▽」が重なった状態です。△は男性を現し、▽は女性を現します。その外側が六芒星になっているのでピラミッドと同じく、中心の三角形の位置をパワースポットにしています。

実は、六芒星の上向きの正三角形が能動的原理を表し、下向きの正三角形が受動的原理を表します。能動的原理と受動的原理は、陰と陽、光と闇、創造と破壊、善と悪、火と水、男性性と女性性のように、相対するエネルギーの象徴です。

また、正三角形がそれぞれの中心点を軸として、重なり合っているので、調和がとれているとも言われています。つまり、六芒星の2つの正三角形は、相対するエネルギーの調和を表現するということです。

二つの三角形が完全に重なることで、陰陽のパワーが生まれるのでしょう。 さらに、二つの正三角形は、男女の出会いや誘惑の時期も予言します。第三者の異性が現れて、ツインソウルであるパートナーを誘惑します。

男性側だけでなく、女性側にも起きる可能性があると予言して、自分の中の理性や欲望に気付かされる点がしばしば起きるでしょう。 自分の中に不安があると、不幸な方向に進んでしまうので、宜しからぬ欲望を捨てることが大切です。欲望を捨てれば、魂の輝きが増し、正しき道へと導いてくれます。

男女ともに魂の輝きが最大になった時に、2つの三角形は六芒星の形で完全に重なり、六芒星のパワーを発揮します。つまり、六芒星の二つの三角形には、とても重要な意味合いを持つのです。

六芒星のパワーを引き出すには?

願い事を書く

六芒星のパワーを最大限に発揮するなら、最六芒星の真ん中に願い事を書いて枕の下に入れて寝てみましょう。六芒星の形をしたネックレスや、ストーン、指輪などの上に、水紙をのせて置くと波動が六芒星に伝わります。

例えば、願い事を書く紙の中に、身体の調子の悪い部所をサインしたり、紙を折りたたんで枕の下に置くことで、患部の波動が上がって改善する効果があるという説もあります。

ただし、六芒星の効果を最大限発揮するためには、材料や素材に注意しなければいけません。金属でないと、リミッターが外れずに波動を受け取れません。様々な時代や地域愛されてきた護符のように、六芒星は、特殊な素材だけが不思議なパワーを発揮するのです。もちろん六芒星の形からも、離れてはいけません。

三や五角形では、星々からのパワーを最大限に受け取られず、良い方向に向かないのです。もし、お守りとして使うのであれば、六芒星の形をした金属を選びましょう。

六芒星の素材や組み合わせる石でパワーは違う?

六芒星型のペンダント

淡い輝きを放つ六芒星は、神秘的なエネルギーを放ちます。丸みを帯びた三角形を組み合わせた六芒星の中心に、光輝く天然石が付いているペンダントは、多くの人々に愛されています。

波線の彫り込みがあるペンダントは、全体的に角ばらずかわいらしい印象です。この六芒星の素材に合わせた、天然石は種類によってもパワーが異なります。とくに、おすすめな天然石は、サファイアやルビーです。

他にも六芒星に合う天然石は、以下のとおりです。アイオライト青紫色や青褐色、濃淡さまざまな青色の石で、見る角度を変えるとすみれいろに変色します。バイキングが航海の際に用いたと言われています。

アクアオーラクリスタル
  • 見る角度によって虹色の輝きを放つアクアオーラクリスタルです。コーティングの種類によって、アクアオーラブルー、コスモオーラ、ゴールドオーラなどがあります。
アクアマリン
  • 3月の誕生石エメラルド、モルガナイトなどと同じ仲間のベリルという鉱物です。水青色のものをアクアマリンと呼び、水や海の象徴して、航海の安全や豊漁のお守りに最適です。
アゲート
  • アゲートは、水中にとけ込んだ珪酸の微細な結晶が沈殿した石です。古くから装飾品や護符に用いられた鉱物で、様々な色合い模様を持っています。
アグロマラカイト
  • アグロマラカイトは、混合物の鉱物です。ア藍青色にマラカイトの緑が点在しているので、まるで地球の模様を表しています。
アゼツライト
  • アゼツライトはUSAノースカロライナ、インドサチャロカなどで産出される水晶です。アメリカのヒーラーが紹介したことにより人気を得ています。
アマゾナイト
  • アマゾナイトは、長石の仲間で、微量の鉛を含むので青緑色の発色があります。アマゾン川流域では、産出しないがアマゾンの名を冠し、日本名の天河もアマゾンを意味しています。
アメシスト
  • アメシストは、2月の誕生石ギリシャ神話に登場しています。酒神バッカスが乙女アメシストを喰い殺そうとした所を、女神ダイアナが救ったことで紫水晶になったと言われています。
アラゴナイト
  • アラゴナイトは、カルサイトと同じ成分ですが結晶の構造と全く異なります。スペインのアラゴン(地方にちなんで名前がつけられた石です。
イーグルアイ
  • イーグルアイは、虎目石の仲間で鉱物に珪酸分が染み込んで硬くなったものです。虎の目の様に見える事から命名されたので、護符・守りや、金運をはじめ運気を高めるときに最適です。
エメラルド
  • エメラルドは、5月の誕生石アアクアマリン、モルガナイトなどと同じ仲間のベリルという鉱物です。クロムに起因する美しい緑色のものをエメラルドと呼び、女性の輝きを象徴するとも言われています。
オニキス
  • オニキスは、ギリシャ語の爪を指す言葉で、現在はブラックオニキスを指す事が多いです。白色のメノウをホワイトオニキス、黒色のメノウをブラックオニキスとも呼ばれています。
オパール
  • オパールは、10月の誕生石として使われ、微細な珪酸が沈殿し固まったものです。きらめくような虹色の遊色効果を持つので、コモン・オパールと呼ぶ事もあります。
オブシディアン
  • オブシディアンはマグマが噴出し急激に固まる事によってできた天然のガラスです。オブシディアンを叩くと、貝殻状に割れ、その断片が非常に鋭いのが特徴です。そのため、地元の住人のナイフや、やりじ等の道具、武器に使用されています。
ガーデンクオーツ
  • ガーデンクオーツは、水晶の結晶の中に、石英、緑泥石など他の鉱物が閉じ込められてしまった水晶です。 まるで結晶内に庭があるように見え、そこからガーデンクリスタルと呼ぶようになりました。
ガーネット
  • ガーネットは、1月の誕生石として使われ、沢山の種類があります。珪酸分が他の成分(マグネシウム・アルミニウム・鉄・マンガン・カルシウムなど)と組み合わさる事によって色合いや質感が変わってきます。古くから愛されてきた石は、宇宙からのパワーを宿し、強力なエネルギーを放ちます。

ラピスラズリの原石

宝石

ラピスラズリの原石は、最強の聖石で強運をもたらすと言われています。天職にめぐり合いたい人に効果的なパワーを宿し、ラピスラズリは世界各地で「幸運を呼ぶ聖なる石」として有名です。

特に古代エジプトやペルシャでは王家の石とされ、有名なツタンカーメンの黄金のマスクや壁画を描くための顔料として使われています。ラピスラズリの聖石は、「愛と美の女神アフロディーテ」とも関係が深く、古代ローマ時代では、恋人たちの愛と夢を守る石と崇められたいたのです。

ラピスラズリ聖石

第三の目のチャクラに置いて、身体の中を刺激し、直観力と創造力を高めるのがポイントです。身体の中のマイナスエネルギーをプラスに変化させるので、企画力が欲しい人やクリエイターにはもってこいの聖石でしょう。・新たな試練の幕開けラピスラズリは、幸福だけを運んでくるだけではありません。

あなたが本当の意味で成長できるように、新たな試練も運んできます。深い海を連想させるようなラピスラズリの青色は、新たな試練のときに、あなたの役に立ちます。そばに離さずに、身につけることで、よりあなたを正しき道へと導いてくれるでしょう。

強力な護符の機能六芒星の形状は、先ほどお話ししたように、東洋や日本各地でパワーアイテムとして使われ、ダビデの星とも呼ばれます。正三角形と逆三角形を重ね合わせた模様のため、強力な護符としての機能を持つとされております。

「霊体と肉体の結合」「火と水の結合」を表し、六芒星を賢者の石を象徴しているのです。とくに、日本の陰陽道では、お払いのアイテムとして用いられ、多くの事柄で強力な力を発揮しています。

ときには、財運を高めるアイテムとして、株式投資やギャンブル、大切なビジネス折衝、契約時に人々にお守りとして、活躍しているのです。このように、六芒星の効果は、素材や組み合わせる石によって、パワーが異なります。

まとめ

ハート

これまで、六芒星の効果や神秘的なパワー、意味合いについてご紹介しました。歴史も古く、多くの人々に愛されている六芒星だと感じます。

ぜひ、六芒星のエネルギーを得たいときは、ネックレスや指輪などのアクセサリーを見つけて、神秘的なパワーを宿しましょう。もちろん、六芒星と一緒にラピスラズリの聖石を、第三チャクラの上に置いて、直観力と想像力を高めて下さい。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。