Large thumb shutterstock 576761860

映画デートのおすすめプラン5選!服装・コーデ&持ち物の注意点も

更新:2019.09.02

最近の映画館にはカップルが楽しめる様なアイディアが盛り込まれている映画館が多いです。ただただ映画を見るだけの映画も良いですが、たまにはそんな贅沢な映画デートしてみませんか? また、そんな贅沢な映画デートをするのであれば、服装などにも気を遣っておきたい所ですよね。そんなデートに最適な服装とはどんな服装なのでしょうか? そして映画デートで彼をキュンとさせるちょっとしたテクニックも紹介します。

映画デートのおすすめプラン5選

六本木ヒルズTOHOシネマズでオシャレな時間

ポップコーン

TOHOシネマズ六本木ヒルズでは座り心地の良いシートを採用しており、他にもプレミアシートも完備されているので、特別な映画デートにはこういったプレミアシートで贅沢な映画の時間を楽しむのも良いでしょう。

映画館自体もオシャレですが、やはり場所が六本木ヒルズというだけあって、映画の前後も六本木ヒルズ内、六本木周辺でのデートを楽しめます。特に六本木ヒルズ内にはおしゃれなカフェやレストランも多いので、デートをするには最適の場所と言えます。

お台場シネマメディアージュで特別な映画体験

アクアシティお台場に併設されている都内最大級の映画館、こちらの映画館ではSONYの最新音響システムを導入しており、リアルな音を再現してくれます。

映画と一言で言っても映画の内容、スクリーン、音とこだわる部分は人によって異なりますが、音にこだわって映画を楽しんでみるのもありではないでしょうか?意外と音にこだわるだけで一気に映画の世界に引き込まれます。

また、クッション付きソファタイプのスーパープレミアシートなどもあり、週末にはすぐに売り切れになってしまう程の人気です。もちろんデートの定番のお台場という事もあり、お台場周辺でのデートも楽しめます。

TOHOシネマズ新宿でアトラクション体験!

フィルム

新宿歌舞伎町にある実物大のゴジラが目印となっている、誰もが一度は気になる映画館です。ゴジラが特徴的なのでゴジラの映画館と言うだけでも伝わりやすく待ち合わせにも困る事はないでしょう。

スクリーンは全部で12スクリーンあり、スクリーン9には最新鋭の音響システム「DOLBY ATMOS」、スクリーン10には映画のファーストクラス「IMAXデジタルシアター」を導入、スクリーン2では4D映画を楽しめます。

4D映画ではシーンに合わせてシートが動いたり、風が吹いたり、香りがしたり、五感を刺激する11種類もの特殊効果が連動していて、まるでアトラクションの様な時間を楽しめます。

意外と激しい動き方もするので、飲み物などを持っているとこぼしてしまう可能性があるので注意しましょう。 しかし、それほどまでに激しく動くので、ただ映画を見るよりも2人のテンションを確実に上げてくれるでしょう。

新宿バルト9で高級な映画時間

高級感漂う内装に広くて開放的な吹き抜けのロビーと、高級ホテルを感じさせる作りの映画館です。ロビーの10Fには本格的なカフェも併設してあり、オシャレなカフェデートの気分も味わえます。 映画デートではよく待ち合わせを早くしすぎてしまい、どう時間を潰すのか悩まされてしまう事もありますよね。

こういった併設しているカフェがあればそんな時でも便利に使えますね。もちろん新宿という事もあり、新宿デートも楽しめるでしょう。

新宿ピカデリーで二人きりで映画鑑賞

キスする男女

なんとこの新宿ピカデリーにはプラチナシートとプラチナルームと呼ばれる2つの特別席があり、プラチナルームでは映画館にいながら2人だけで映画を楽しめます。

2人きりのプライベートな空間でありながらも大迫力の映画が見れるかなり贅沢な映画鑑賞が出来ます。 また、プラチナ利用者は1時間前から専用のラウンジを利用することが可能で、ウェルカムドリンクまで用意されています。

有料にはなってしまいますが、なんとシャンパンやキャビアまで頂けるので、記念日など特別な日であればこんなデートも良いでしょうね。

映画デートにおすすめの服装・コーデは高級感あるシンプルで!

清楚スカートでお姫様気分に!

上記で紹介した様な映画館に行くのであれば、清楚系のスカートスタイルが良いでしょう。しかし、あくまでミニスカートではなくロングスカート、フワっとしたスカートで高級感とかわいらしさを出していきましょう。

しかし、高級感と言っても派手すぎてしまうと高級感のある雰囲気の映画館にはそぐわなくなってしまうので、あくまでシンプルを心がけてください。

また、髪型などもなるべく落ち着かせた髪型が良いでしょう。お団子などにしていってしまうと後ろの人の邪魔になってしまう事もあるので、髪型は、おろした髪型が良いでしょう。

白を基調とした服装

気軽に行ける映画館ならばラフな服装でも良いですが、せっかくのおしゃれな映画館でのデートなら、清楚な綺麗な服装を心がけたいですね。

清楚と言えばやはり白を基調としたコーデがおすすめです。カラフルな服装や黒を基調とした服装はNGです。実際そこまで目立ちませんが、筆者自身隣にカラフルな人がいたら少し映画の邪魔だと感じてしまいます。 気持ちとしてはオシャレなBARやレストランに行く様な気持ちで服装を考えると良いでしょう。

ショートパンツやミニスカートは?

ミニスカート

気軽に行ける様な近場の映画館であればショートパンツやミニスカートなどでも問題ありません。ですが、せっかくオシャレな映画館を彼が用意してくれたのであれば、ショートパンツやミニスカートなど露出の多い服装は控えた方が良いでしょう。

特に4Dの映画館では思っているよりも椅子が動いたりするので、ミニスカートは危険です。彼もそっちが気になってしまって映画に集中できなくなってしまうかもしれません。

デートならば露出の多い服装で色気を出していきたい気持ちもわかりますが、本来映画は静かに見るべきものです。その場にあった服装という事で考えるのであれば露出の多い服装はダメとは言いませんが、合っているとは言い難いです。

映画デートに必須の持ち物とは?

ハンカチ

映画デートにハンカチは必須です。感動する映画を見た時ならばハンカチがなければ困りますよね。涙を拭く為に必ず持っていた方がいいでしょう。

また、自分はあまり涙を流さない方という場合でも、彼が実は感動しやすいという場合もあります。 彼が感動している時にスッとハンカチを貸してあげる事が出来れば彼からの好感度はグっとあがるでしょう。 もしくはハンカチを渡さずに彼の涙をそっと拭ってあげるのも好感度が高いです。

化粧道具

メイクポーチ

化粧道具もハンカチと同じで、もしも泣いてしまった際には必ずあった方が良いです。女性なら化粧道具は基本的に持ち歩いているという場合の方が多いですが、映画だけと思って気を抜いて忘れてしまう事もあるでしょう。 もしも感動して涙で化粧が崩れてしまった場合を想定して、化粧道具は絶対にもっておくべきです。

ヘアピン

意外と映画デートにもっていく物で便利なのがこのヘアピン。特に4Dの映画を見る時は席が揺れたりして前髪が邪魔になってしまう事もあります。

また、髪が揺れて彼の邪魔になってしまうという事もあります。 そんな時の為に、ヘアピンを用意しておけば髪の心配もなく映画に集中出来るので、ヘアピンは意外と必須なアイテムなんです。

ブランケット

ブランケット

ほとんどの映画館ではブランケットの貸出しもしていますが、だからといって映画館の貸出しに頼り過ぎているようではいけません。

映画館内の空調が寒い時、映画の途中でブランケットを借りに行くというのはちょっと勇気がいりますし、彼はもちろん、周りの人の集中を妨げてしまいます。 自分で持っていけば、彼がいざ肌寒いと言った時に渡してあげる事が出来ますし、そういう部分に気の遣える女性という事で好感度が一気にあがるでしょう。

映画デートで気を付けるべき事

映画鑑賞のルールを守るのは当たり前

映画鑑賞のルール、①上映中に大声で話さない、②携帯電話の電源を切る、③周りに迷惑な行動はしない。というのは当たり前です。

意外と男性の方がそういう部分に厳しい面を持っているので、そういった常識的な事は絶対に守りましょう。 そこで少しでも気が緩んでマナー違反の事をしてしまえば、彼に一気に嫌われてしまうかもしれません。それほどまでにマナーは大事なのです。

遅刻はもちろん厳禁

待つ男性

これも当たり前ですが、映画を見に行くのに遅刻は厳禁です。映画は上映を待ってくれません。自分が遅れてしまえば、映画の上映に間に合わずに次の上映時間にしてしまい、デートの予定が崩れたり、最悪冒頭の部分を見逃してしまう事もあるでしょう。

それがもし彼の楽しみにしている映画だとしたら…という事を考えると結果は悲惨です。その後のデートも彼の機嫌が悪いままになってしまうでしょう。

映画中の食事は控えるのが◎

映画上映中の食事はマナーとしてNGではないですが、控えれるのであれば控えた方が良いでしょう。例えば定番のポップコーンなどは、映画を見ながらだとうっかりとぽろぽろと落としてしまう事があり、彼から見てもあまり良い印象は持たないでしょう。

他にもホットドッグなどの軽食もありますが、デート後にディナーに誘われる可能性も考えるとそこでお腹を満たしてしまうと彼もその後が誘いにくくなってしまいます。

上映中は一人の時間でOK

映画の上映中、彼との接し方はどうすればいいのか?と悩んでしまう部分ではありますが、映画上映中は特に何も気にせず、映画の世界に浸りましょう。 軽く手を繋ぐ程度の事は良いですが、彼もあくまで映画を見に来ているので、あまりにも触れられたりアピールされてしまうと気が散ってしまい映画に集中できないでしょう。

だからと言って気を使いすぎているのも逆に彼に気を使わせてしまい、結果的にどちらも映画に集中できなくなってしまいます。 なので、上映中はお互いにただ映画を見ているだけで良いでしょう。

見に行く映画は二人でしっかり話し合う

話し合う男女

見に行く映画はお互いに譲り合ってしまう事もありますが、出来ればしっかりと話し合っておいた方が良いです。もしも譲ってしまって彼の趣味の映画に走ってしまえば、ちょっとつまらなく感じてしまうかもしれませんし、その逆もあります。

自分の趣味だけの映画なら1人や趣味の合う友達と見に行けばいいので、あえて彼とのデートでその映画を選ぶ必要はありません。また、自分の好きなジャンルの映画を見て、自分は感動しているのに、彼がつまんなそうな反応をしてたら嫌な気分になってしまいますよね。

そういった所からせっかくの映画デートもケンカに終わってしまうなんて可能性もあり得ます。せっかくの映画デートをお互いに満足する様に、お互いの観たい映画を選びましょう。

映画のチケットは予約必須

上記で紹介している様なプラチナシートなどを利用する場合はもちろん予約が必須ですが、通常のシートを利用する場合も予約しておきましょう。

人気の映画であれば当日では席が埋まってしまっている可能性もありますし、空いていたとしても見づらい席しか空いていないなんて事もあります。

地元の映画館で気楽な気持ちで映画を見に行くのであれば当日でも良いですが、映画デートであれば出来るだけ良い席が良いですし、席が埋まっているからという理由で映画を中止にするというのはテンションが下がってしまいます。

こういう予約などは、出来れば男性にしてほしい部分ですが、男性がする前に女性から予約してあげると、好感度が上がるでしょう。

映画デートで自分を出して彼を胸キュンさせよう!

感動したら素直に泣く

泣く女性と慰める男性

まだ彼と付き合ったばかりであれば、彼の前で感動して泣いてしまうというのは少し恥ずかしい気持ちもあり、出来ないかもしれません。 でもそこを逃したら彼に感動の涙を見せるチャンスは当分先になってしまうかもしれません。

やはり男性は女性の涙に弱いですし、例えばあなたがどんなに派手な見た目の人でも、映画で感動する様な心の持ち主だという事をアピール出来ます。 派手な女性が好きな男性は多いですが、実はどんな男性も映画やドラマで感動してしまう様な純な女性にキュンとするんです。

終わった後は思いっきり感想を聞いてもらう!

映画が終わった後、映画の感想を語り合うのは自然な光景ですが、その時も恥ずかしがらずに、面白かったり感動したのであれば思いっきり語ってしまいましょう。 自分ばかり語ってしまったら彼がつまらないのでは…?と思うかもしれませんが、そんな事はありません。

彼は映画を見てそこまでテンションがあがっているあなたを見て可愛らしいとすら思っているでしょう。 もしもその映画が彼の趣味に寄っているのであればそんな風に楽しそうに感想を語っているだけでも彼も喜んでくれます。

恋愛映画なら彼の手に触れるのもあり!

手が触れる男女

上映中は気が散らない様になるべく彼に対してアピールはしない方がいいですが、恋愛映画であれば胸がキュンとなるシーンで彼の手を握ったり、腕を組んだりするのはありです。

これはつまり、キュンとするシーンで彼の事を頭に浮かべてしまっているというアピールになります。さすがにキスをしたり、見つめあったりしてしまうのはやりすぎですが、その位のアピールであれば問題ないでしょう。

映画前も映画後もクールは捨てる

大人と言われる年齢になってくるといくら映画が楽しみでもそんなにテンションをあげずクールぶってしまう事があると思いますが、楽しみなのであればクールぶった自分は捨てましょう。

遊園地というわけでもなくただの映画でそんなテンションが上がっている姿を見られるのが恥ずかしいと感じてるかもしれませんが、だからこそ男性をキュンとさせる事が出来るんです。

男性からすれば、ただの映画でそこまでテンションが上がっている事が可愛らしくもあり、デートにそこまで楽しみを感じてくれている事が嬉しいのです。

まとめ

最近の映画館は様々な設備があり、映画デートもただただ映画を見るだけではなくなってきています。そんな映画デートをより一層素敵なデートにするなら、服装や持ち物、行動などにも気を遣っていきたいですよね。

比較的映画館の周辺にはオシャレなレストランなどがある事が多いです。映画デートの後、どんな素敵な時間になるかは映画デートの内容によって変わってくるかもしれませんね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。