INDEX

男女別!色気がある・なしの定義

ディスカッションするカップル

体型

女から見て色気があって羨ましいと思うのは、モデルさんのように細くて手足が長い体型の女性です。くびれは必要ですが胸とお尻のボリュームはさほど関係ないので、全体的に痩せていれば色気があるというのが女目線の定義です。 それに対して男性はスタイル抜群より少々難ありの方が女性らしさを感じるのです。

つまりモデルさんのように整ったスタイルの女より、適度にお肉がついている方が色気を感じます。いわゆる「マシュマロボディー」と言われる体型ですが、筋肉質よりも脂肪があった方が、女性としての柔らかみが出て触り心地が良いという点も大きなポイントでしょう。

ファッション

女はキャリアウーマンのようにジャケットをカッコよく着こなすカッコいい系ファッションに色気を感じます。 露出が多いだけのファッションは男性からの視線を考慮したうえでの色気なので、女目線で言えば色気というよりもエロに近いですね。

男の方もただ露出が多いだけのファッションではなく、手首や足首、デコルテなど女性の細い部分が露出されているファッションに色気を感じます。また男性は「揺れる」アイテムに女らしさを感じるので、フリルがついたトップスやフレアスカート、揺れるピアスなどに弱いですね。

雰囲気

女が集まれば人の悪口やくだらない話で盛り上がるのが普通ですが、自分のことを多く語らない女性はなんとなくミステリアスで色気を感じます。男の好きな「見えそうで見えない」ではなく、全く見えない方が女にとっては色気を感じるポイントになります。

また清潔感がある女性を見て爽やかな色気を感じるのは女だけで、男目線からすればそこに色気は感じません。それよりも色々な面で経験を積んだ女が放つ「しっとり感」に色気を感じます。

しかし見た目は爽やかでも、目つきや表情から「しっとり感」を感じる場合もあるので、要は外見ではなく内面から出るフェロモンに色気を感じるということでしょう。

自分より上か下か?

キャリアウーマン

女は綺麗で、仕事もデキて、優しくて…という女性に対しては憧れの気持ちが強くなりますが、それが色気につながる場合もあります。

女性の場合は「自分と比べてどうか?」というポイントが、色気のある、なしに関係しているようですね。しかし男性は自分よりも強い女性に色気は感じないので、どちらかと言うとちょっと隙があるくらいの女性にそそられます。

ギャップ

女性にとって同性のギャップは、単なる「男の前だと態度が変わる」という二面性でしかありません。 しかし男は普段は強くてしっかりしている女性が、時折見せる弱々しい部分に色気を感じます。

強いだけの女性に色気は感じなくても、普段は見せない無防備な姿を見ることで、なんとなくその女性よりも自分が上だという優越感を感じることから色気につながるのでしょう。

女性の場合は弱っている女を見れば「何かあったのかな?」「大丈夫かな」と心配する方が先ですが、男からすればドキッとして色気を感じる方が先のようです。

距離感

距離が近いカップル

女から見れば「計算」と思われて、どちらかというと嫌われるタイプによく見られるのが、男との距離感を近くすることで「勘違いさせる女」です。たとえ美人じゃなくても、ボディータッチをしたり、上目遣いで甘えてみたり。

男はついついその気になってしまうようなことを自然にできる女は、はっきりいってモテます。それは男がバカだから…という意見もありますが、色気に負けてしまうからというのが正解ですね。

チラリズム

これは男性特有の定義ですが、男が一番敏感に色気を感じ取るのが、見えそうで見えない瞬間です。例えば手を上げた瞬間にチラッと見える脇の下や、髪の毛をまとめる時にチラッと見えるうなじなどに、いちいち反応します。

基本的に男性はM気質があるので、焦らされることに快感を感じます。「もうちょっとで見える!」というチラリズムは、男の潜在的な部分をくすぐる色気と言えます。

男がグッとくる色気のある仕草

髪の毛を掻き上げる女性


髪をかき上げる

これは定番中の定番なので、女の武器としてここぞ!という時に使っている方も多いのではないでしょうか?チラッとうなじが見えたり、サラサラの髪の毛がふんわりと揺れる瞬間に、男はポーッと見とれてしまいます。

しかしきちんとケアされていない髪の毛を掻き上げられたところで色気は感じません。パサパサで傷んでいれば色気どころか不潔だと思われてしまうので、普段からヘアケアはしておいた方が、いざという時に効果的になりますよ。

リップを塗る

男が色気を感じるパーツが「唇」です。やはり「キス」を連想させるからなのでしょうね。メイク直しは男に見せない方が良いと言われていますが、食後などプルンとした唇に何気なくリップを塗る姿は、男から見て色気を感じるので、遠慮せずに塗り直しましょう。

ただしこちらも髪の毛と同じくケアをしていないガサガサ唇では意味がありません。特に乾燥する季節は荒れてしまわないように入念にケアしましょう。

あくびやくしゃみをする

あくびをする女性

男は女の無防備な姿や、恥じらう姿に色気を感じます。あくびやくしゃみはまさに無防備そのものですし、ついつい恥ずかしくて口を隠したりするので、男からすればセクシー以外の何物でもない仕草と言えます。

とはいえ、口の中が全部見えてしまうような大きな口を開けてあくびをしたり、オッサンのような派手なくしゃみでは逆に幻滅されてしまうので気を付けてくださいね。

きれいな歩き方

女性の立ち姿や歩き方に色気を感じる男性は多く、特に背筋をピンッと伸ばしてきれいに歩く女性に魅力を感じます。よくヒールを履いて歩く時に、膝が曲がって変な歩き方になってしまう女性がいますが、それではせっかく色気を感じるアイテムであるヒールを履いていても効果が半減してしまいます。

また猫背だとだらしないイメージになり、老けて見えるというデメリットもあるので、普段から姿勢には気を付けるようにしましょう。

礼儀正しい

意外なことに男性は、いかにもセクシーな女性より、清楚で品がある女性に色気を感じます。自分よりも年上の女性が、きちんとした言葉使いで礼儀正しく話すことで育ちの良さを感じます。それに比べて年齢も関係なくいきなりタメ口で話しかけてくる女性に対しては、これっぽっちも色気を感じることはないでしょう。

色気がないと思われる女性の仕草とは?

マナーの悪い女性

食べ方が下品

男性の中で上品さと色気は比例しているので、きちんとマナーが身に付いている女性ほど色気があるのです。記念日などに彼女をちょっと良いレストランに連れて行っても、下品な食べ方をされた瞬間に冷めてしまいます。

食べ方だけではなく、所作が美しい女性には男性が色気を感じる「しっとり感」があります。例えば芸子さんや旅館の女将などは、立ち振る舞いが非常にしっとりとして女性らしいので参考にしてみましょう。

サバサバし過ぎている

男っぽくてサッパリしている女性は、同性からは絶大な人気を誇りますが、男から見て色気があるかどうかというと微妙な所です。「おまえ」「そうじゃねーし!」など男言葉を使ったり、男っぽい趣味を持っていたりする女性とは、友達としてなら大歓迎ですが、それは女としての色気を感じさせないからと言えます。

美意識が低い

髪型や服装に気を使わない、いつもノーメイク、だらしない体型など、女性としての美意識が低ければ、いくら顔がキレイでも色気は感じません。お洒落でバッチリメイクで細い女性に色気を感じるのではなく、いつもキレイでいたいと心がけていると感じる女性にそそられるのです。

彼氏ができたからと言って安心して太ってしまうような彼女だと、色気を感じてもらえない可能性があるので、自分磨きは怠らないようにしましょう。

まとめ

色気のある女性

男と女では色気の定義に違いがあるのをわかっていただけましたか? 男が色気を感じるのは、男性には真似できない圧倒的な女性らしさです。女から見ればあざとく感じる仕草でも、男にとっては色気を感じるというポイントを抑えて、より魅力的な女性になりましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。