Large thumb shutterstock 491803564

マフラーが似合わない人の特徴って?自分に似合う色や巻き方もご紹介!

更新:2022.02.07

マフラーが似合わない人には、どんな特徴があるのでしょうか?今回はマフラーが似合わない人の特徴を、丸顔・面長・首が短いに分けて紹介します。また、自分に似合う色や巻き方も掲載していますから、似合わない人は参考にしてみて下さい!



丸顔編|マフラーが似合わない人の特徴

①顔が大きい

メイク

顔が大きい丸顔さんは、マフラーが似合わないという特徴があります。マフラーは首元をすっぽりと覆うアイテムですから、丸みのあるフェイスラインや顔の大きさを強調してしまいがちです。輪郭や顔の大きさにコンプレックスがある方は、マフラーのデザインや巻き方に注意してみましょう。

また、顔だけでなく頭が大きい方も同様です。顔や頭の大きさは、首元やヘアスタイルでカバーする事ができます。しかしマフラーを巻いてしまうと、首やヘアスタイルで顔や頭の大きさをカバーする事ができなくなってしまうのです。そのため、丸顔さんのコンプレックスが強調されてしまいますよ。

②寒色が似合う

ニット

寒色系が似合う女性も、マフラーに向いていません。寒色系のカラーは物を小さく見せる効果があるため、マフラー自体をすっきり見せます。そうすると丸顔のラインが強調されて、アンバランスな印象になってしまうのです。

普段から寒色系が得意な方は、逆に顔を小さく見せられる暖色系が似合わないので、マフラーの選び方に苦労します。なるべく自分の肌の色にマッチしつつも、顔や頭が小さく見えるマフラーを探すようにしましょう。

③コンパクトに巻いている

マフラーと毛糸

丸顔の方がマフラーをコンパクトに巻いてしまうと、似合わなくなります。首元をぎゅっと詰めるようにしてマフラーを巻くと、窮屈な印象を持たせがちです。また、丸みのある輪郭を強調させるため、全体的にアンバランスな印象も与えてしまいます。

別段マフラーが似合わない訳ではない方も、巻き方やデザインのせいで変な印象になっている可能性があるので、注意して下さい。丸顔さんは、特にフェイスラインをカバーするようなマフラーの巻き方を意識してみましょう。

丸顔さんは顔が大きく見えがちですから、髪型や前髪でカバーするのがおすすめです。以下の記事では、丸顔女性に似合う髪形や前髪をまとめているので、是非チェックしてみて下さい。レングス別にまとまっているため、自分の髪の長さに合ったスタイルが分かりますよ。

面長編|マフラーが似合わない人の特徴


①顎に特徴がある

自転車に乗る女性

面長の女性で、顎に特徴がある方はマフラーが似合わないです。顎先が尖っていたり歪んでいたりするタイプの面長さんは、マフラーを身に着けるとフェイスラインを強調してしまいます。普段は髪型やトップスでカバーしている顎先も、マフラーを巻く事で目立ってしまうのです。

また、面長と言っても人によって様々な形があります。中でも顔の下半分の面積が多い方や、面長度合いが大きい人はマフラーを着こなしにくです。ただし、巻き方やデザインによってはフェイスラインをカバーする事もできますから、自分に似合う方法を研究してみましょう。

②濃い色を着けている

赤と緑

面長さんが濃い色のマフラーを身に着けると、顔の輪郭を強調してしまいます。例えば、黒と白のマフラーだったら、薄い色の方が輪郭を目立たせません。濃い色のマフラーを巻くと、遠目からでも輪郭がハッキリ見えてしまうので避けましょう。

③縦長に着けている

ストール着け

面長さんがマフラーを縦長に巻いてしまうと、より一層フェイスラインを強調してしまいます。顔が縦に長い面長さんの場合、マフラーは横を強調するように巻くのがおすすめです。肩までマフラーを覆うような形で巻いたり、スヌードを使ったりしましょう。

首が短い編|マフラーが似合わない人の特徴

①骨格ストレート

女性

首が短くて骨格ストレートの方は、マフラーが似合いにくいです。基本的に骨格ストレートは首が短いため、マフラーを巻くと輪郭を強調してしまいます。マフラーは首が細くて長い方の方が似合うので、骨格ストレートさんは巻き方やデザインに気を付けましょう。

骨格ストレートで首が短い場合、ボリュームのあるマフラーをチョイスするのがおすすめです。輪郭や首の短さをカバーできるため、身に着けやすくなります。逆にタイトなシルエットのマフラーや、シンプルなデザインの物は似合わないので避けましょう。


②肩が凝っている

パープル

首が短くて肩が凝っている女性は、マフラーが似合いにくいです。肩が凝っていると僧帽筋という筋肉が固まって、大きく張り出すようになります。肩が大きく張り出すと首がより短く見えてしまうので、マフラーが似合わなくなりがちです。

「肩が凝っているな」と感じる方は、マフラーを巻くとアンバランスな印象になりますから避けましょう。ただし、肩凝りを取ると首も長く見えるので、原因を解消してマフラーが似合うようにしてみて下さい。

③肩幅が広い

青いマフラー

首が短くて肩幅が広い女性は、マフラーが似合いにくいです。肩幅が広い分首が埋まってしまうため、マフラーを身に着けるとより輪郭を強調してしまいます。また、マフラーを巻く事で肩幅の広さを目立たせてしまうので、コンプレックスがある方は避けましょう。

ただし、首が短くて肩幅が広い女性はマフラーを縦長に巻く事で、コンプレックスを解消できます。マフラーを縦長にすると、横に広がった肩をカバーできるのでおすすめです。なるべくタイトなシルエットのマフラーを巻いて、視覚効果を狙いましょう。

マフラーが似合う人の特徴

①首が長い

木陰

首が長い女性は、マフラーが似合いやすいです。すらっとした首の女性は、マフラーを巻いても輪郭や頭の大きさが強調されません。そのため、どんな大きさやデザインのマフラーでも着こなせてしまうのです。

特に、骨格ナチュラルの女性は首が細くて長い方が多いですから、マフラーを綺麗に着こなす事ができます。首が長いと、様々なマフラーの巻き方が楽しめますので、ファッションの幅も広がって便利です。

②肩が華奢

肩

肩が華奢な女性は、マフラーが似合いやすいという特徴があります。肩が華奢だと、マフラーを巻いてもすっきりとした印象に見せる事が可能です。そのためボリュームのあるマフラーや、タイトなシルエットの物でも着こなせます。

また、なで肩の人もマフラーが似合いやすいという特徴があります。怒り肩のようにしっかりとした形だと、マフラーを巻いた時にシルエットを強調してしまいがちです。一方なで肩であれば、マフラーを巻いてもすっきりとした印象になります。

③顔が小さい

顔

顔が小さい方は、マフラーが似合いやすいです。マフラーは首元全体を覆ってしまうので、顔が大きいとフェイスラインを強調させてしまいます。小顔であれば、マフラーでフェイスラインや顔の形をしっかり出しても問題ありません。

また、輪郭が卵型の方もマフラーが似合いやすいです。丸顔や面長のように輪郭が特徴的な方は、マフラーが着こなしにくくなります。しかし卵型のようにすっきりとした輪郭であれば、どんなデザインや巻き方のマフラーにも対応できて便利です。

自分に似合うマフラーの色の見付け方

①パーソナルカラーを知る

ピンクマフラー

自分に似合うマフラーの色を見付けるためには、まずパーソナルカラーを知っておきましょう。パーソナルカラーとは、目や肌の色によって決められる物です。パーソナルカラーを知っておくと、自分に似合う服や髪色が分かるので重宝します。

特にマフラーは顔のすぐ下に来るため、自分に似合う色を身に着けておかないと変な印象になりがちです。パーソナルカラーを把握しておけば、自分の顔が良く映える色のマフラーをチョイスする事ができますよ。

②鏡に当てて見る

鏡

自分に似合う色のマフラーを選ぶためには、鏡に当ててチェックするのが一番です。実際にマフラーを当てて鏡を見ると、似合うか似合わないかが分かりやすくなります。その際、気に入ったマフラー数種類を交互に当てて、どれが一番似合うがチェックしましょう。

また、自分の肌の色とどれだけマッチしているかを確認するように意識して下さい。自分の肌の色が良く映えるマフラーはどれか探すようにすると、似合う物が見つかります。

③自分に似合う色の濃さを知る

コーラルピンク

自分に似合うマフラーの色を選ぶためには、カラーの濃さも重要です。ピンクでも、ビビッドな物からパステルまで色々なカラーがあります。そのため、自分にはどんな濃さの色が似合うのか予め知っておきましょう。基本的にパーソナルカラーを知っておけば、自分に似合う色の濃さも把握できます。

自分に似合う濃さのマフラーを身に着ければ顔や肌色が良く見えますから、輪郭や骨格などのコンプレックスをカバーできますよ。濃い色と薄いカラーの布地を顔下に当ててみると、自分に似合う濃度をチェックできるので、試してみて下さい。

おすすめのマフラーの巻き方

①ふんわり巻き

顔の大きさや輪郭にコンプレックスがある方は、ふんわり巻きを試してみましょう。マフラーをふんわりとボリューミーに巻く事で、顔の下半分をカバーする事ができます。顔の下半分をカバーすれば、輪郭や大きさを目立たせないのでおすすめですよ。

②ぐるぐる巻き

首が短い方はぐるぐる巻きにして、コンプレックスをカバーしてみて下さい。首全体をマフラーでぐるぐると覆えば、長さをカバーする事ができます。他の巻き方に比べて温かいので、防寒性にも優れていますよ。

③縦長巻き

丸顔の方や肩幅が広い人は、縦長巻きでコンプレックスを解消しましょう。丸顔や肩幅が広い方は、マフラーを縦に巻いてすっきりと見せる事ができます。横に広がった顔や肩をカバーできるため、バランスの良い印象になりますよ。

マフラーが似合わない特徴を知ろう!

マフラーがなぜ自分に似合わないのかを知る事で、解決方法が見つかります。今回は、マフラーが似合わない特徴をたくさん御紹介したので、自分に当てはまる物を見付けてみて下さい。また、自分のコンプレックスをカバーできるデザインやマフラーの巻き方をすれば、おしゃれに着こなせますから挑戦してみましょう!

以下の記事では、冬に大活躍するチェスターコートとマフラーを組み合わせたコーデを紹介しています。かわいい系のファッションから、おしゃれなコーデまでしょうかいしているので、是非チェックしてみて下さい。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。