Large thumb shutterstock 679939390

ヘアゴムで結んで切る簡単セルフカットの方法!レングス別に詳しくご紹介!

更新:2020.11.20

髪の毛をセルフカットしたいのであれば、結んで切る方法がおすすめです。今回は、髪の毛をヘアゴムで結んで切るやり方について、レングス別にまとめてみました!髪の長さや理想のスタイリングによってやり方が違うので、是非参考にしてみてください!

結んで切るセルフカットの準備

①道具を揃える

ゴム

結んで切るセルフカットをする場合、まずは道具類の準備をしましょう。最も大切な道具が、ヘアゴムです。結んで切るセルフカットでは、髪の毛をヘアゴムで縛ってから切ります。何本かヘアゴムを準備しましょう。装飾の無いシンプルなヘアゴムが適しています。

また、柔らかい素材で出来ているヘアゴムだと跡が付きにくいので、使いやすいでしょう。ヘアゴムの他には、コームやハサミを準備します。コームは髪の毛を分けるのに便利なので、なるべく目の細かいタイプを準備すると良いです。

ハサミは、セルフカット用の梳きバサミを準備します。工作用だと上手にカットできないので注意しましょう。セルフカットの道具は、全て100円ショップなどでも手に入れる事ができるので、準備も簡単です。

②髪の毛を綺麗な状態にする

お風呂

結んで切るセルフカットをする場合、髪の毛を綺麗な状態にするのが大切です。髪の毛を水で湿らせたら、ブラシを使って丁寧にとかします。髪の毛についているホコリを取り除く事で、セルフカットがしやすくなりますよ。また、ブラシでとかす事で髪の毛のホツれや絡まりを取り除くことができます。

水で湿らす場合、霧吹きなどを活用すると良いでしょう。髪の毛はクセがつきやすいので、水を吹きかけて跡を予め取っておくと失敗しません。もしも汚れが強かったり、クセがひどかったりする場合は、シャンプーをして髪を綺麗な状態にしましょう。

③しっかり乾燥させる

ドライヤー

結んで切るセルフカットの準備において、髪の毛を乾燥させるのは重要です。髪の毛が湿った状態だと、思ったような仕上がりになりません。また、髪の毛が濡れているとヘアゴムの跡が付きやすく、カットしにくいでしょう。ドライヤーなどでしっかり乾燥させてから、セルフカットに入ると成功しやすいですよ。

今回は、結んで切るセルフカットのやり方をご紹介しますが、他にも色々な方法があります。以下の記事でもセルフカットのやり方やコツをまとめているので、是非チェックしてみてください。自分で髪の毛を切る事が出来ると、メリットが多いのでおすすめです。

【ショート編】結んで切るセルフカットのやり方

①髪の毛を数カ所に分けてブロッキングする

ショートヘア

ショートカットの場合、まずは髪の毛を数カ所に分けてブロッキングしましょう。コームの先端などを使って、綺麗にブロッキングすると失敗しません。ショートヘアはレイヤーを入れる方が多い髪型です。そのため、なるべく細かくブロッキングをすると、自然な仕上がりのショートヘアになります。

ブロッキングをする場合、横の高さは絶対に変えてはいけません。鏡を見ながら、高さが揃っているかどうかをチェックしましょう。細かくブロッキングすればするほど、レイヤーの効いたショートヘアになります。自分好みの髪型に近づけられるように、ブロッキングしましょう。

②ゴムの下を切る

ヘアゴム

髪の毛全部をゴムで分けたら、後はその下をハサミでカットしていきます。ゴムの下をカットする事によって、髪の毛全体が均等な長さのショートヘアになるのです。少しづつ切るとバラバラな毛先になるので、一つの毛束は一度で切るように意識しましょう。

ショートヘアを結んで切る場合、最初に縛るゴムの位置が重要です。ブロッキングが出来たら、髪の毛をエリアごとに縛ります。ショートヘアは髪の長さが短いので、この時結んだゴムがガイドラインとなるでしょう。自分好みの長さになるように結んで下さい。

③毛先を揃える

ハンサムショート

髪の毛全てを切り終えたら、毛先を揃えましょう。ショートヘアは毛先を丁寧に処理する事で、自然な仕上がりになります。梳きバサミや眉毛用のハサミなどを使って、丁寧にカットしていきましょう。

この時、ハサミを縦に使うのがポイントです。ハサミを縦にして毛先を切る事によって、全体に馴染みやすくなります。毛先をとがらせるようなイメージで、揃えていきましょう。

【ボブ編】結んで切るセルフカットのやり方

①髪の毛を一カ所で結ぶ

お花のゴム

結んで切るセルフカットでボブヘアにする場合、一つ縛りで切ります。そのため、ゴムは一つだけ準備すれば良いです。通常、細かくブロッキングしてからカットするため、ヘアゴムを何本も使用します。しかしボブは髪の毛全てが同じ長さになるヘアスタイルなので、一つ縛りでカットするのが大切です。

ボブヘアにカットする場合、なるべく低い位置でゴムを縛ると失敗しにくいですよ。また、髪の毛を縛る際、サイドの毛がはみ出てしまうかと思います。その場合は無理やり縛るのではなく、外に出しておきましょう。後から調整すればいいので、心配する必要はありません。

最初はヘアゴムをキツく縛っておきましょう。次に鏡を見ながらゴムを徐々に下げていき、理想のボブヘアの長さまで下げます。ここがカットするガイドラインになるので、失敗しないように慎重になりましょう。少し長めにしておくと、失敗しても調整が効くのでおすすめです。

②バリカンを当てる

ボブヘア

ボブの場合、髪の毛を結んだらバリカンで切るのがおすすめです。ボブは全ての髪の毛が均等な長さになるヘアスタイルなので、バリカンの方がきれいに仕上がります。一気にバリカンを当てるのではなく、少しづつ慎重にカットしていくと良いです。

ヘアゴムがガイドラインになっているので、バリカンを当てる場所が分かりやすくて良いですね!結んで切るセルフカットは、初めての人でも挑戦しやすいやり方です。自分で髪の毛を初めて切る方は、是非このやり方でチャレンジしてみてください。

③ハサミで整える

ハサミ

バリカンでボブの長さまで切ったら、ハサミで整えましょう。この時、縛っておいたヘアゴムは解いて大丈夫です。鏡を見ながら、長さが揃っていない部分などをカットしていきます。ゴムで縛る時に出てしまったサイドの髪の毛も、この工程で切り揃えるのがおすすめです。

切りっぱなしボブに仕上げたい場合は、ハサミを横にして調整します。逆に毛先を自然に仕上げたい場合は、ハサミを縦にして整えましょう。また、髪の毛を軽くしたい方は梳きバサミなどを使って仕上げると、理想通りのヘアスタイルになりますよ。

【ミディアム編】結んで切るセルフカットのやり方

①髪の毛をブロッキングする

櫛

ミディアムにセルフカットする場合も、まずは髪の毛のブロッキングからスタートします。左右が均等で、全てのエリアが同じ量になるように分けるのがコツです。目の細かい櫛や、先端が細いコームを使用すると、比較的簡単にブロッキングする事ができます。

ミディアムの場合、自分の好みの形によってブロッキングする場所が変わるのがポイントです。髪の毛を全て同じ長さにしたい場合は、縦にブロッキングしないようにしましょう。逆にレイヤーを入れたい場合は、縦のブロッキングを多めにします。

②切りたい長さにゴムを縛る

赤毛の女性

ミディアムの場合、ブロッキングした場所とは別にゴムを縛ります。ミディアムヘアは髪の毛が長めになるので、ブロッキングしたゴムをガイドラインにすると失敗しやすいです。そのため、その下にもう一つゴムを縛ります。このゴムが目印となるので、好みの長さの場所に結びましょう。

全てのゴムが同じ高さになるように意識するのが、綺麗なミディアムヘアを作るコツです。三面鏡のように後ろ側も見える鏡を使用すると、簡単に高さを均等に揃える事が出来ますよ。また、希望の長さより少し長めにしておくと、失敗した時も安心です。

③カットする

美容院

ミディアムにする場合、セルフカット専用のハサミを使うのがコツです。ミディアムだと髪の毛の量も多くなるため、専用のハサミでないとなかなか切りにくくなってしまいます。100円ショップなどで簡単に購入する事ができるので、ゲットしてみてください。

また、ミディアムに揃えた後の仕上げも大切です。梳きバサミや小さいハサミを使って、毛先全てをカットしましょう。最後に毛先を揃える事で、自然な仕上がりになります。ハサミを縦にして使うのが、ポイントですよ。

【ロング編】結んで切るセルフカットのやり方

①細かくブロッキングする

巻き髪

ロングヘアは、細かくブロッキングをしてから切るのがコツです。ロングは髪の長さも量も多いので、なるべく細かく分ける事で切りやすくなります。ロングヘアでレイヤーを入れる方は少ないので、横にブロッキングするようにしましょう。

だいたい4~5か所に分けてブロッキングをすると、自然な仕上がりになります。ブロッキングをする場合は、髪の毛を綺麗にとかすのがコツです。地肌に近い部分からとかす事で、髪のホツレや絡まりを取る事ができます。

②切りたい長さを決める

ロングヘア

ロングヘアの場合も、ブロッキングしたゴムの下にガイドラインを作ります。ここが自分の髪の毛の長さになるので、鏡を見てイメージしながら決めるのがコツです。また、全てのガイドラインが同じ長さにあるのかチェックをするのも、大切なポイントになります。

毛束全てを背中側に垂らし、三面鏡などを使って確認すると簡単です。全体と長さが違う毛束があったら、ゴムをスライドさせて調整しましょう。この時、毛束を下に引っ張りながら調整すると、簡単にゴムが滑ります。

③長さを揃える

黒髪

ガイドラインのヘアゴムに沿って切ったら、最後に調整しましょう。ロングヘアは重たい印象になりがちです。そのため、梳きバサミを使って毛先を揃えると良いでしょう。おすすめは、コーム状になっている梳きバサミです。毛先を軽くとかすだけで、簡単に自然な仕上がりになります。

また、量を少なくしたい場合は髪の毛の中盤当たりから梳くのがコツです。ロングヘアは量も長さもあるので、髪の毛を上手にコントロールしましょう。ロングだと修正しやすいので、少しづつカットしていくのがコツです。

結んで切るセルフカットに挑戦してみよう!

結んで切るやり方でセルフカットをすると、比較的簡単にできます。初めてセルフカットする方は、是非結んで切る方法に挑戦してみてください!以下の記事では、ショートからロングまでセルフカットのやり方を紹介しています。簡単にできる方法もまとめてあるので、参考にしてみましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。