Large thumb shutterstock 699809563

黒が似合わない大人女性の特徴はコレ!誰でも着こなせるお似合いコーデも提案!

更新:2020.07.06

黒い服を着たいのに、何故か似合わないという事はありませんか?黒はインパクトのある色なので、着こなしによって似合わないこともあります。今回は黒が似合わない人の特徴と理由に加え、おすすめの着こなし方を紹介します。参考にしてみてくださいね!

【顔立ち編】黒が似合わない特徴3選

①童顔

女の子

1つ目の特徴は童顔です。黒はシャープな印象のある色なので、大人っぽい雰囲気の方が似合うと言われています。童顔で子供っぽい人が黒を着ると、顔立ちの雰囲気に合わずバランスが悪くなってしまいます。

特に黒で大人っぽいアイテムは、童顔が苦手とするファッションです。黒いアイテムを着る場合、レースやフリル、リボンなどの付いたガーリーなデザインや、花柄など甘めのアイテムを使うのがおすすめです。可愛いデザインの黒なら、童顔の人にも合わせやすくなります。

②薄い顔

ソファに座る女性

2つ目の特徴は薄い顔です。目が一重で小さかったり鼻が低かったりする薄い顔の人は、はっきりとした黒いアイテムを着ると、顔立ちが服に負けてしまう場合があります。そのため黒い服ばかりが目立って、顔の印象が弱くなりがちです。

パーツが薄く顔立ちの印象が弱い人は、メイクをキリッとしたモダンなものにしたり、顔から遠い位置に黒を使ったりするのがおすすめです。トップスは白、ボトムスは黒などのコーデにすれば、使いやすくなります。

③シワやほうれい線が目立つ

悩む女性

3つ目の特徴はシワやほうれい線が目立つことです。黒は光を吸収する効果があるため、トップスに黒いアイテムを使うと顔周りに光が反射しなくなります。すると、顔周りに影が生まれやすくなってしまいます。

顔周りが暗くなると、シワやほうれい線が目立ち、疲れて老けた印象の顔になってしまいます。黒いアイテムはスカートやパンツなどに使い、顔周りにはレフ版効果のある白い服や、大ぶりでキラキラしたアクセサリーを付けるなどの対処法がおすすめです。

【肌の色編】黒が似合わない特徴3選

①肌の色に合っていない

鏡を見る女性

1つ目の特徴は肌の色に合っていないことです。元々黒は、パーソナルカラーで言うとブルベ冬タイプのみが似合うと言われています。つまり、イエベ春、イエベ秋、ブルベ夏の肌色には、黒が似合わない色とされているのです。

ブルベ冬以外のパーソナルカラーが黒を着る場合、他の色との組み合わせや素材、デザインなどで合わせるのがおすすめです。自分のパーソナルカラーに合った色やデザインのものと組み合わせましょう。

②顔色が悪い

苦しむ女性

2つ目の特徴は顔色が悪いことです。黒は色白の人が着るとより肌の白さを強調してくれますが、色白でも青ざめて顔色の悪い印象の場合、より血色の悪さを引き立ててしまいます。

顔色が青や紫色のように血色のない色だったり、くすんでどんよりしていたりすると、黒が似合いません。透き通るようなイメージに仕上がるベースメイクや、日頃のお手入れでくすみや血色の悪さを改善しましょう。

③ブルベ夏タイプ

麦わら帽子をかぶった女性

3つ目の特徴はブルベ夏タイプです。パーソナルカラーのうち一番黒が似合わないのが、ブルベ夏と言われています。同じブルーベースのブルベ冬は似合いますが、肌質や雰囲気、瞳や髪の色が異なるため、似合わないタイプになります。

黒いアイテムを使う場合は、黒の面積を減らしたり、パーソナルカラーに似合う色をメインに持ってきて、さし色として黒を使ったりするのがおすすめです。ブルベ夏で黒をメインとしたコーデは難しいため、気を付けましょう。

【コーデ編】黒が似合わない特徴3選

①色の組み合わせが悪い

洋服と帽子

1つ目の特徴は色の組み合わせが悪いことです。黒い洋服は一着でも印象がはっきりするため、他のアイテムと組み合わせる場合、色の組み合わせが重要になります。

例えば黒いトップスに、何色のスカートを合わせるかによっても印象が変わりますよね。黒い服装が似合わない場合は、色が合ってない場合もあるので、別の色を使って服装のバランスを整えましょう!

②デザインが合っていない

ハンガーにかかった服

2つ目の特徴はデザインが合っていないことです。同じ黒を使ったアイテムでも、洋服のデザインは様々ですよね。黒い服が似合わない場合、色とデザインのバランスが合っていない場合があります。

フェミニンな雰囲気の人ならレースや柔らかい素材を使ったもの、シャープな雰囲気の人ならメンズライクなデザインのものなど、同じ黒でも自分のイメージに合ったアイテムを選びましょう。

③コーデのバランスが悪い

黒い服の女性

3つ目の特徴はコーデのバランスが悪いことです。黒い洋服に合わせるほかのアイテムとのバランスが悪いと、似合わない印象になってしまいます。例えば2020年トレンドと言われているオールブラックコーデですが、着方によってはお葬式コーデに見えてしまいます。

また、はっきりとした黒に淡いシャーベットカラーを組み合わせると、色の濃淡が激しくバランスが取れなくなりがちです。黒い色を引き立ててくれるような、相性のいいカラーを選びましょう!

なお、黒に合う色がわからないという方は、別の記事で紹介している黒に合う色も参考にしてくださいね。コーデに使いやすいおすすめの色の組み合わせを紹介しています。

【イエベ春・イエベ秋】黒が似合わない人向けコーデ4選

①イエベ春|黒インナーコーデ

1つ目はイエベ春向けの黒インナーコーデです。パーソナルカラーがイエベ春の人は、黒を着ると暗い印象になりがちです。しかし、イエベ春に似合う色のジャケットやシャツなどを羽織れば、明るい印象のコーデになりますよ!

イエベ春が得意なサーモンピンクのシャツは、黒いインナーの重さをやわらげてくれます。血色の良さをより高めてくれる色合いなので、健康的なイメージのイエベ春におすすめです。

②イエベ春|黒チェックスカートコーデ

2つ目はイエベ春向けの黒チェックスカートコーデです。黒一色のアイテムだと重くなってしまう場合は、黒を含んだ柄物がおすすめです。白と黒のチェック柄なら、単色よりも明るく可愛い印象になります。

顔周りになる上半身には明るい色のピンクを使うことで、イエベ春に似合う色のコーデに仕上がります。黒いアイテムを着たい場合は、顔から離した位置に黒を使うのがおすすめの方法です。

なお、イエベ春に似合う色や服装については別の記事でも詳しく紹介しています。黒いアイテムを上手に着こなしたいときは、イエベ春が得意な色と組み合わせたコーデを試してみてくださいね。

③イエベ秋|黒パンツコーデ

3つ目はイエベ秋向けの黒パンツコーデです。パーソナルカラーがイエベ秋の人は、シックな色が似合うので黒にもアースカラーなどの落ち着いた色を合わせるのがおすすめです。

シンプルな黒パンツには、イエベ秋に似合うブラウンのトップスを組み合わせています。これだけだと暗い色同士の組み合わせになりがちですが、白いシャツを羽織ることで明るさもプラスできます。

④イエベ秋|黒ブラウスコーデ

4つ目はイエベ秋向けの黒ブラウスコーデです。元々シックな色全般が得意なイエベ秋なので、顔周りに黒いアイテムを使っても着こなせます。ボトムスに似合うカラーを使うのがポイントです。

ゆったり感のある黒いブラウスは、きれいめコーデに仕上がります。パンツの色はグリーンのスモーキーカラーやニュアンスカラーなどを合わせることで、イエベ秋の雰囲気に馴染む着こなしになります。

【ブルベ夏・ブルベ冬】黒が似合わない人向けコーデ4選

①ブルベ夏|黒スキニーパンツコーデ

1つ目はブルベ夏向けの黒スキニーパンツコーデです。パーソナルカラー4種類の中で最も黒が苦手なブルベ夏は、顔から離れた位置に黒を持ってくるコーデがポイントです。

スッキリとして見える黒いスキニーパンツには、ブルベ夏が得意な涼し気なブルーのトップスを合わせています。トップスに似合う色の服を使うのが、黒を上手に使うコツです。

なお、ブルベ夏に似合う服や色については別の記事でも詳しく紹介しています。似合う色のアイテムと組み合わせることで苦手な黒も使いやすくなるので、是非こちらの内容もコーデの参考にしてくださいね!

②ブルベ夏|黒スカートコーデ

2つ目はブルベ夏向けの黒スカートコーデです。スカートも顔から遠い位置に着るアイテムなので、黒が似合わないブルベ夏でも着やすいアイテムです。素材も柔らかめを選ぶと、より雰囲気に合わせやすくなりますよ!

トップスには白いレース素材のアイテムを使っているので、レフ版効果で顔が明るく見えます。上品でフェミニンなイメージのアイテムと組み合わせて、黒いアイテムを着こなしましょう。

③ブルベ冬|黒コートコーデ

3つ目はブルベ冬向けの黒コートコーデです。パーソナルカラーがブルベ冬の人は、最も黒が似合うタイプなので大胆に黒をたっぷり使ったコーデでも問題ありません。白と黒でモノトーンにまとめてもおしゃれになります。

黒いコートには黒いスカートを合わせ、タイツやショートブーツも黒で統一しています。ブルベ冬でもなぜか黒が似合わない場合は、トップスに白を使うことで、顔周りを明るく見せてくれる効果が得られるため解決できます。

④ブルベ冬|黒ワンピースコーデ

4つ目はブルベ冬向けの黒ワンピースコーデです。黒が似合うブルベ冬なら、面積の多いワンピースでも黒を着こなせます。スタイリッシュでシャープな着こなしをしたいときにもおすすめですよ!

オールブラックコーデだと似合わない場合は、黒ワンピースに真っ白なアイテムを合わせるのがおすすめです。白いブラウスを着ることで、オールブラックコーデよりも印象がマイルドに仕上がります。バッグやサンダルなどを軽いデザインにすれば、黒の重さもなくなります。

黒が似合わない人の理由を知ってコーデに役立てよう!

黒が似合わない人には、顔立ちの雰囲気や肌の色などに原因があります。なぜか黒い服がしっくりこないという方は、まずその原因を探り、どのような対処法をすればいいのかを考えてみましょう!

今回はパーソナルカラー別に黒を使った似合うコーデも紹介しました。黒が苦手だという方は、自分のパーソナルカラーに合わせて似合うコーデを試してみてくださいね!

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。