Large thumb shutterstock 259715216

ピンクが似合わない大人女子の特徴7選!パーソナルカラーに合った選び方も伝授!

更新:2022.02.07

ピンクが似合わないと悩んではいませんか?女性らしさを引き立ててくれるピンク色ですが、中にはどうしても似合わない場合があります。しかし、その理由と解決法を知れば自分に似合うピンクがわかりますよ!是非自分に合うピンクコーデの参考にしてくださいね。



【外見編】ピンクが似合わない女性の特徴4選

①パーソナルカラーに合っていない

黒い服の女性

1つ目の特徴はパーソナルカラーに合っていないことです。同じピンクでもパステルピンク、サーモンピンク、ショッキングピンクなど色々種類がありますよね。

自分のパーソナルカラーに合わない種類のピンクは、服やメイクに取り入れるとミスマッチになりがちです。似合うコーデやリップの色などを選ぶためにも、まずは4種類のパーソナルカラーから自分のタイプを知り、どのピンクが合うのかチェックしてみましょう!

パーソナルカラー別似合うピンク色一覧

イエベ春 ピーチピンク、サーモンピンク
イエベ秋 コーラルピンク、ピンクブラウン
ブルベ夏 パステルピンク、ローズピンク
ブルベ冬 ショッキングピンク、フューシャピンク

②色黒

ブルゾンを着た女性

2つ目の特徴は色黒です。ピンクは原色ではなく中間色になるので、色黒の人が着るとピンク色の柔らかい色調と合わなくなってしまいます。また、色味によっては肌をくすませてしまう原因にもなります。

パステルピンクやモーブピンクのように淡くくすんだ色より、大胆なショッキングピンクを選ぶのがおすすめです。ビビットなピンクなら、色黒肌の色にも負けず、相性のいいコーデにまとまりますよ!

③大人っぽい顔

サングラスの女性

3つ目の特徴は大人っぽい顔です。顔立ちや雰囲気が大人っぽい女性は、かわいらしい印象のピンクを着るとイメージに合わず不釣り合いな着こなしになりがちです。しかし、コーデによっては解決できますよ!

大人っぽい顔に合わせるならくすみピンクのように、彩度を落としたニュアンスカラーがおすすめです。また、黒やブラウンと合わせてコーデをシックにしたり、きれいめのアイテムを使ってシルエットを大人っぽくしてもピンクを使いやすくなります。

④子供っぽい顔

花を持つ女性二人

4つ目の特徴は子供っぽい顔です。大人っぽくても似合わないピンクですが、子供っぽいタイプが着ると幼さが強調され過ぎてしまい、似合わないこともあります。

子供っぽい顔立ちや雰囲気の女性がピンクで可愛いアイテムを着ると、年相応に見えない場合があります。色味やデザインの落ち着いたものを選ぶと、ピンクの服でも大人っぽく着こなせます。

【着こなし編】ピンクが似合わない女性の特徴3選


①デザインと色味が合っていない

ピンクのコートの女性

1つ目の特徴はデザインと色味が合っていないことです。ピンクの服はパーソナルカラーに合わせることも大切ですが、色だけでなくデザインとのバランスも重要です。

人によって骨格や体型、見た目の雰囲気に合う洋服は異なりますよね。パーソナルカラーに合うピンクなのに似合わない場合は、デザインが合わない場合もあります。色、デザインともに合うものを選びましょう。

②ファッションのバランスが悪い

ピンクのブラウスの女性

2つ目の特徴はファッションのバランスが悪いことです。ピンク色には様々な色味がありますが、どのような色味を使ってもイメージ的にはガーリー、フェミニン、幼いといった女性らしさや可愛らしさを強調した雰囲気になります。

ピンクを使って甘いデザインの服を着ると、甘々すぎてバランスの悪いコーデになることもあります。選び方のコツとして、ピンクの甘いアイテムにはあえてカジュアルだったり辛口だったりする、可愛すぎないアイテムを合わせるのがおすすめです。

③ピンクの使い方が悪い

黒髪の女性

3つ目の特徴はピンクの使い方が悪いことです。ピンクの服やアイテムには、ワンピース、トップス、スカートなど色々な種類がありますよね。似合わない場合は、使い方に問題があることもあります。

面積の広いピンクのワンピースが似合わない場合は、ピンクの靴やバッグ、スカーフなど小物にピンクを使い、メインのファッションは別の色にするのがおすすめです。全面的なピンクが苦手な場合は、差し色として使いましょう。

【イエベ春】パーソナルカラー別似合わない人向けピンクの選び方3選

ここからはパーソナルカラー別にピンクの選び方を紹介します。ピンクが似合わず悩んでいる女性は、是非取り入れてみてくださいね!

①パステルピンクを選ぶ

1つ目はパステルピンクを選ぶ方法です。キュートで優しいイメージを持つイエベ春は、ピンクもパステルカラーのような明るい色が似合います。パフスリーブのブラウスは、キュートな雰囲気にぴったり合いますよ!

パステルピンクにも黄み系と青み系がありますが、選び方としては黄みを含んだコーラル寄りのピンクがおすすめです。パンツにも黄みのある色を使うことで、イエベ春に合うコーデとなります。


②黄みピンクを選ぶ

2つ目は黄みピンクを選ぶ方法です。フレッシュなイメージを持つイエベ春は、彩度が高めなはっきりとしたピンクも似合います。鮮やかなピンクも、黄み系のカラーを選ぶのが選び方のコツです。

黄みの入った元気な印象のピンクは、トップスに使うことで顔色も明るくなります。白っぽい色のパンツを合わせれば、イエベ春の雰囲気にマッチする、全体的に明るい色合いの服装が完成します。

③ピンクスカートを選ぶ

3つ目はピンクスカートを選ぶ方法です。可愛いコーデにぴったりなピンクのスカートは、イエベ春が持つ可愛らしいイメージをより引き立ててくれます。鮮やかな黄み系ピンクは、イエベ春がピンクのアイテムに悩んだ時でも使いやすいカラーです。

リボンが付いたデザインも、可愛いアイテムが似合うイエベ春向けのスカートです。トップスには顔周りを明るく見せる白を使うことで、シンプルコーデでも華やかに仕上がります。イエベ春のデートコーデにも是非おすすめの組み合わせです。

【イエベ秋】パーソナルカラー別似合わない人向けピンクの選び方3選

①オレンジピンクを選ぶ

1つ目はオレンジピンクを選ぶ方法です。暖かみのある色が似合うイエベ秋は、ピンクの中でもオレンジに近いカラーがおすすめです。ピンクとオレンジの中間あたりのカラーは、イエベ秋の肌色によくマッチします。

カジュアルなデニムとロングカーディガンを合わせれば、抜け感のあるラフなコーデが楽しめます。シンプルなアイテムを使ったコーデも、オレンジピンクのような色を使えば華やかさが加わります。

②くすみピンクを選ぶ

2つ目はくすみピンクを選ぶ方法です。ピンクが似合わないイエベ秋の場合、ピンクの彩度を落としてくすみカラーにするのがおすすめです。鮮やかなピンクよりも、イエベ秋の雰囲気に合わせやすくなります。

また、トップスも真っ白ではなくほんのり黄みがかっているので、イエベ秋の肌色と喧嘩しない仕上がりになっています。フェミニンコーデが似合わないイエベ秋にも、使いやすい組み合わせです。

③コーラルピンクを選ぶ


3つ目はコーラルピンクを選ぶ方法です。イエベ秋と相性のいいコーラルピンクなら、面積の広いアイテムに使っても馴染みやすくなります。華やかなピンクをメインにしたコーデを着たいときにもおすすめです。

ノースリーブのコーラルピンクトップスは、これだけでコーデがまとまるので他のアイテムはシンプルにしても問題ありません。イエベ秋の得意なアースカラーを合わせても、綺麗な色のまとまりになります。

なお、イエベ秋に似合う色は別の記事でも紹介しています。イエベ秋に似合うピンクにも合わせやすいカラーを知りたい方は、こちらもチェックしてくださいね。

【ブルベ夏】パーソナルカラー別似合わない人向けピンクの選び方3選

①ピンクパープルを選ぶ

1つ目はピンクパープルを選ぶ方法です。ブルベ夏はピンクの中でも青みカラーが似合います。ピンクとパープルの中間あたりの色は、青みが入っているのでブルベ夏におすすめですよ!

シンプルなデザインのロング丈ワンピースは、さっと着るだけでもおしゃれになります。インナーの色もブルベ夏に似合うブルー系をチョイスすると、ピンクのアイテムが似合いやすくなります。

②青みパステルピンクを選ぶ

2つ目は青みパステルピンクを選ぶ方法です。優しい雰囲気が特徴のブルベ夏には、パステルカラーのピンクもおすすめです。色白なタイプなので、淡い色を使うと肌色にマッチしますよ!

パーティーコーデなどちょっとしたおしゃれな席にも着ていける青みパステルピンクのワンピースは、ブルベ夏の上品さを引き立ててくれます。一着で着たり、カーディガンやボレロを羽織ったりしてもおしゃれになります。

③ニュアンスカラーピンクを選ぶ

3つ目はニュアンスカラーピンクを選ぶ方法です。ブルベ夏にはソフトな色合いやスモーキーカラーが似合うので、ニュアンスカラーのように淡いピンクもおすすめです。

特にパステルカラーのピンクが似合わないブルベ夏には、彩度を落としたニュアンスカラーがおすすめです。ピンクでも大人っぽいコーデになるので、可愛すぎる着こなしがしっくりこないブルベ夏に役立つアイテムです。

【ブルベ冬】パーソナルカラー別似合わない人向けピンクの選び方3選

①ビビットピンクを選ぶ

1つ目はビビットピンクを選ぶ方法です。ブルベ冬は鮮やかで華やかなビビットカラーが似合うと言われています。ピンクもニュアンスカラーではなく、濃くはっきりした色にするのが選び方のポイントです。

ビビットピンクのロングスカートは、ブルベ冬の女性が持つモダンな華やかさをより高めてくれます。ジャケットは肩掛けスタイルにすると、こなれ感が出るのでおすすめです。

②シャーベットカラーを選ぶ

2つ目はシャーベットカラーを選ぶ方法です。ブルベ冬はビビットカラー以外に、明度の高いシャーベットカラーも似合うと言われています。濃いピンクが似合わない場合は、淡いピンクにしてみましょう。

白をたっぷり混ぜたように淡いピンクのスカートには、ブルベ冬に似合う黒を合わせるのがポイントです。淡いピンク一色よりコーデが締まるので、ブルベ冬のシャープさを引き立ててくれます。

③ピンク柄を選ぶ

3つ目はピンク柄を選ぶ方法です。ピンクを全面的に使った服装が似合わないブルベ冬の場合は、ピンクを柄の一部に使うのがおすすめです。ブルベ冬が得意な黒がベースなので、子供っぽくならない着こなしになります。

ピンクが全体的に使われたものではないので、大人っぽい服装が似合うブルベ冬の女性にぴったりです。ピンクの多い服装が似合わなかった時は、一部に使ってチャレンジしてみましょう。

なお、ブルベ冬に似合う色は別の記事で詳しく紹介しています。似合う色をメインに持ってきてピンクを差し色にする方法もあるので、是非参考にしてくださいね。

ピンクが似合わない特徴を知ってコーデに役立てよう!

女性らしさを高めてくれるピンクですが、中には似合わない場合もあります。まずは似合わない理由を調べて、どのようなピンクが似合うか選び方の参考にしてくださいね。パーソナルカラーに合うピンクで、女性らしいコーデを楽しみましょう!

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。