Large thumb shutterstock 473874289

日本人男女の首の長さの平均って?測り方も知って自分の首を測ってみよう♪

更新:2021.02.11

鏡で自分の首を見て、平均よりも長いのか短いのか気になったことはありませんか?首の長さを比較するために、男女別の平均値をまとめてみました。自分でできる首の測り方や、首が長い人の特徴なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

日本人の首の長さの平均は?

①女性の首の長さの平均

着物姿の女性

日本人の首の長さの平均を見てみると、女性は9.4cmという数字になります。ただし、首の長さの場合、足や顔の長さのように個人差は大きくならないと言われています。多少の違いはありますが、基本的に首の頚椎の数は7つと決まっているためです。平均よりも、大幅に長さが異なるケースは少ないと言って良いでしょう。

また、頚椎の数が決まっていることから、生まれつきの首の長さは一生変わらないとも言われています。スッキリと伸びた首は、スタイルが良く見えるので女性の憧れですが、長さそのものを変えることは難しいのですね。

②男性の首の長さの平均

壁にもたれる男性

日本人男性の首の長さは、11cmが平均となります。基本的に、女性よりも男性の方が首は長い傾向にあります。平均を比較してみても、2cm近くも差があることから、違いが良く分かりますね。

ただし、首の長さが多くても、見た目の印象では女性の方が長く見えることがあります。基本的に男性の方が首に太さがあるので、目の錯覚で短く見えるのです。首の太さの他にも、実際の長さよりも首が短く見える要因はいろいろあるので、見た目の長さが気になる方は注意しましょう。

日本人の首の長さの平均

女性 男性
9.4cm 11cm

日本人の首の長さの測り方は?

①顎先から鎖骨までを測る

ブロンドの女性

首の長さを測り方は、顎先から鎖骨までの垂直の距離を測るようにしてください。首の長さというと、どこからどこまで測れば良いのか、迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

耳下から肩までという測り方や、顎下の首の付根から鎖骨までという測り方なども考えられますね。しかし、こちらの測り方は、首が不自然に伸びたりして測りにくいので避けるようにしましょう。首の長さの測り方は、顎先を起点にして、鎖骨の中央までを測ると上手くいきます。

②正しい姿勢で測る

女性の顔

首の長さの測り方では、正しい姿勢で測ることも大事です。猫背などで前かがみになると、顎先が不自然に下がってしまい、正しい長さが測りにくくなってしまうためです。首の長さを測るときは、背筋を真っ直ぐ伸ばして顔を正面に向けましょう。

また、背筋を伸ばしたら、顎先が上向きになったり、下がってしまったりしないよう気をつけながら姿勢を維持してくださいね。そのままで姿勢を維持するのが難しければ、壁に沿って背筋を伸ばして、後頭部も付けるようにしてみてください。後頭部を壁に付けて正面を向けば、顎先の向きも調整しやすくなります。

③定規を垂直にして測る

赤い口紅とマニキュアの女性

顎先から鎖骨の中央にかけて、定規を垂直にするという測り方も、正しい長さを出すために大切なことです。定規を顎先から鎖骨に斜めに当ててしまうことがよくあるので、注意してください。斜めに当ててしまうと、垂直の長さが測れません。

正しい測り方では、定規の0cmの部分を顎先に当てて、垂直に持ちます。鎖骨の中央とは距離が開いてしまうので、間に水平にした手を置いてマークしましょう。鎖骨の中央から水平に当たっている位置が、首の長さになります。定規を垂直にした測り方で一人でも首の長さが出せますよ。2人で測るならメジャーでも構いません。

首の長さの測り方まとめ

  1. 壁に沿って背筋を真っ直ぐ伸ばします。
  2. 後頭部も壁に付けて顔を正面に向けます。
  3. 顎先に定規の0cm部分を当てて垂直にします。
  4. 鎖骨の中央に手を水平に置き、長さをマークします。

首の長さが平均より短く見える原因は?

①姿勢が悪い

うつむく女性

日本人の首が短く見える原因は、姿勢の悪さにあることが多いと言われています。女性であっても男性であっても、猫背になると自然に顎が前に出て、首が下がった感じになってしまいます。首が真っ直ぐに伸びた状態ではないうえに、顎で首を隠してしまうことにもなります。

姿勢が悪いと、正面から見ても横から見ても、首の長さが短く見えてしまうのですね。平均よりも長いのに、姿勢の悪さで損をしている可能性があるので注意しましょう。また、首の長さだけでなく、スタイルも悪く見えてしまうので、姿勢の悪さは改善することをおすすめします。

②首に太さがある

唇を隠す女性

首に太さがあるときも、首の長さが平均よりも短く見えてしまいます。同じ長さでも、細い首よりも太い首の方が、見た目の印象が短くなるのです。

首の太さの理由は、色々あります。首の周りに脂肪がついて太くなっているケースもありますし、筋肉でガッシリしているため太くなっていることもあります。脂肪や筋肉がついていなくても、リンパの流れや血行が悪く、むくみで太くなっていることもあります。自分の首が短いと感じている方は、首の太さにも気をつけましょう。

ちなみに、日本人の20代の女性だと、首の太さの平均は30~31cmほどだと言われています。20代の男性の場合は、35~37cmですね。女性よりも男性の方が、首が太い傾向にあることが分かります。首の太さの目安として、参考にしてみてください。

③顎がたるんでいる

前髪で目を隠した女性

顎のたるみも、首を短く見せる原因の一つになります。顎は、顔と首の境目となる部分ですね。顎のラインがたるんでしまうと、境目が曖昧になって見えるため、首が太く短く見えてしまうようになります。

また、顎がたるんで下がることによって、首の部分を隠してしまうことも考えられますね。本来の首の長さが平均または平均以上であっても、顎のたるみで損をしている状態です。首の長さの個人差はあまりないので、たるみ対策をするだけでも長く見せる効果が出るでしょう。

首の長さを平均より長く見せる方法は?

①猫背を改善する

背伸びする女性

姿勢が悪くて首が短く見える方は、猫背を改善して長くしましょう。猫背の改善は、正しい姿勢を意識することが大切です。壁に沿って背筋を伸ばしたときに、「踵・お尻・肩甲骨・後頭部」の4点が壁に付く状態が、正しい姿勢となります。姿勢をキープするのが辛いと感じる方は、姿勢が悪くなっている可能性があります。

猫背を改善するには、スマホやPCを見るときに背中を丸めないようにすると良いでしょう。肩甲骨を後ろに引き寄せて、胸を開く姿勢を意識しましょう。また、猫背を改善するストレッチを取り入れるのも効果的です。以下の手順を参考に、改善してみてください。

猫背改善ストレッチ

  1. 丸めたバスタオルを腰の下に置いて仰向けになります。
  2. 伸ばした両足の親指同士を合わせ、バンザイをした両手のひらをクロスさせます。
  3. バスタオルの上で5分ほど体勢を維持しましょう。

②ストレッチで引き締める

ストレッチをする女性

筋トレで首や顎のラインを引き締めることも、首を長く見せることに繋がります。首が細くなれば見た目の印象が長くなりますし、顎のたるみが改善されれば、首が見える範囲も広がります。また、筋トレを行うことで、血行が促進されることも見逃せません。顎から首にかけてのむくみ改善効果も期待できるようになります。

③リンパを流してむくみを取る

フェイスマッサージ

首がむくんで太く見えている場合は、リンパを流して長く見せるようにしましょう。毎日リンパマッサージを行っていけば、むくみが解消されていきます。ただし、マッサージを行う際は、力を入れすぎないようにしてください。オイルやクリームで滑りをよくして、優しく流していくことがポイントです。

首や顎の引き締めができる、筋トレやリンパマッサージのやり方に関しては、こちらの記事を参考にしてみましょう。首の太さや顎のたるみに効果がある、色々な方法が紹介されていますよ。首や顎を引き締めると、小顔効果も併せて期待できるので、スタイル改善にも繋がります。

④服装でカバーする

窓辺に座る女性

筋トレやマッサージは、首を長くする効果が出るまでにやや時間がかかります。簡単にできる方法を選びたいのであれば、服装でカバーすると良いでしょう。例えば、トップスをVネックにすると、Vゾーンの効果で首を長く見せることができます。

また、トップスの色も、お肌の色に近いものを選ぶと良いでしょう。ベージュや薄いピンクのようなカラーで、首元と胸元の境目を曖昧にすると首が長く見えます。全体コーデとしては、縦ラインスタイルを意識するのがおすすめです。

首が長い人の特徴とは?

ここまで、日本人の首の長さの平均や測り方、首を長く見せる方法などについてまとめてきました。では、実際に首が長い人には、どのような特徴を持つのでしょうか。男性にも女性にも共通する、首が長い人の特徴も見てみましょう。

①小顔の人が多い

頬杖をつく女性

小顔が多いというのは、首が長い人によく見られる特徴です。顎のラインが引き締まっていて、首の太さがないということは、小顔の条件にもなるためです。また、単純に首が長い方が、小顔に見えやすいという理由も関係します。ご紹介した首を長く見せる方法は、小顔に見せる方法にもなるので、ぜひ試してみてください。

②スタイルが良く見える

ストレッチをする女性

スタイルが良く見えることも、首が長い人に共通する特徴の一つです。女性でも男性でも、首が長いと実際の身長より高く見えます。また、首が長いと必然的に小顔になりやすいという理由から、7頭身や8頭身などになりやすいことも関係します。全体的にスタイルが良く見えるというのは、羨ましい特徴ですね。

全体的にスタイルを良く見せるファッションを調べてみたい方は、こちらの記事に目を通してみましょう。小顔や姿勢の良さなどの、スタイルがいい日本人女性の特徴と一緒に、バランス良く見せるファッションも紹介しています。

③アクセサリーが映える

女性の横顔

首が長い人には、アクセサリーが映えるという特徴もあります。長めのイヤリングやピアスは、首が短いと重たい印象になりがちですが、首が長い人が付けると軽やかになります。また、チョーカーのように、首が長いからこそ使いこなせるアクセサリーなどもあります。

首の長さの平均を測ってスタイルアップに繋げよう

日本人の首の長さの平均は、女性で9.4cm、男性で11cmということが分かりましたね。自分の首の長さも測って比較してみると良いでしょう。

もし、平均よりも短く見えることがあれば、ご紹介した方法で首を長く見せるようにしましょう。平均より長くても、小顔効果にもなるので試してみてくださいね。自分の特徴を押さえることでスタイルアップに繋げましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。