Large thumb noimage

話題の脱色コンバースの簡単な方法!材料と手順を押さえて自分だけの一品を手に!

更新:2020.09.11

脱色コンバースを作るための、簡単な方法に興味はありませんか?材料と手順さえ押さえておけば、自分だけのカラーに仕上がるので、まとめてご紹介していきますね。カラーパターンと、素敵な仕上がり例もあるので、ぜひ併せてご覧ください。

下準備編|脱色コンバースの簡単な方法

①汚れを落とす

カゴの中のスニーカー

脱色コンバースの下準備として、まず大切なのは、コンバースの汚れを落としておくことです。とくに、一度履いたことがあるコンバースを脱色してリメイクする場合は、洗うのを忘れないようにしましょう。洗わずに汚れを残したままにしておくと、色ムラの原因になってしまいます。

新品のコンバースを利用する場合は、洗う必要はありません。しかし新品でも、シューズブラシでホコリなどを落として準備しておくと、仕上がりが綺麗になりますよ。

脱色コンバースを作るために、コンバースの洗い方をチェックしておきたい方は、こちらの記事を併せてご覧ください。汚れやすく、洗うのが大変な種類のものも紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

②ソールにマスキングテープを貼る

一度履いたことがあるコンバースは、脱色を始める前に、ソール部分にマスキングテープを貼っておくと良いですよ。コンバースの脱色では、塩素系漂白剤を利用してリメイクしていきます。漂白剤はゴムを劣化させてしまうので、マスキングテープでソール部分を保護しておきましょう。

ただし、絶対に必要な下準備ではありません。ソールにマスキングテープを貼るのは、やや手間がかかるので、省かれることもよくあります。多少劣化しても気にしないという方は、そのまま脱色してみてください。

③紐を取る

コンバースと紐

コンバースを綺麗に洗ったら、紐はそのまま取り除いておきましょう。紐をつけたまま、リメイクしてしまうと、穴の周囲やシュータン部分などで、脱色残しが起こりやすくなってしまいます。紐が触れていた部分だけ脱色されずに、色ムラが出る可能性があるので、下準備で忘れずに取り除いてください。

材料・道具編|脱色コンバースの簡単な方法

材料①コンバース

グリーンのコンバース

脱色コンバースを作るための材料として、コンバースは欠かせませんね。使用するカラーや漬け込む時間によって、脱色後の変化が異なってくるので、好みの色の種類を選んでいきましょう。

例えば、コンバースの色の種類が黒であれば、独特な色合いのブラウンに変化することは有名です。代表的なコンバースの色の変化は、下記のリストを参考にしてくださいね。コンバースを漬け込む時間が長くなるほど、薄いカラーに変化していきますよ。

コンバースのカラー変化

  • 黒:ブラウン・オレンジ・ベージュ・クリーム
  • 紺:パープル
  • 赤:オレンジ・ピンク・薄いピンク
  • グレー:カーキ

材料②ハイター

掃除道具

塩素系漂白剤の「ハイター」も、脱色コンバースに必要な材料です。他の塩素系漂白剤を材料にしてもOKですが、必ず種類は液体タイプにしてくださいね。粉末タイプだと、綺麗に色が落ちないことがあるので避けるようにしましょう。

ちなみに、使用するハイターの種類は、衣料用でもキッチン用でも構いません。ただし、どちらの種類も漂白力が高いので、取り扱いには注意してください。

道具③容器

花とバケツ

脱色コンバースを作るために、大きめの容器も準備しておきましょう。種類はどのようなものでも構いませんが、コンバースを重ねずに、全体を水に浸すことができるサイズのものを選びましょう。

コンバース全体が沈むのであれば、洗面台でも大丈夫ですよ。ただし、漬け込む時間は、最低でも1時間以上は必要です。コンバースを漬けている間は、洗面台は使えなくなるので注意しましょう。

道具④ゴム手袋

ゴム手袋

「ゴム手袋」は、漬け込んだコンバースを取り出すために準備しておきたい道具です。高濃度のハイターを混ぜた水に手を漬けることになるので、手荒れを防ぐために忘れないようにしましょう。とくに、お肌が敏感な方は、忘れないようにしてくださいね。

ブリーチ編|脱色コンバースの簡単な方法

①脱色のための液を作る

洗剤と洗面器

脱色コンバースを作る方法では、コンバースを漬け込む液を作ることが大切です。材料として準備していた液体ハイターを水に混ぜて、液を作っていきましょう。ハイターの量は、10リットルの水に対して、キャップ5杯分ほどを目安にしてください。

まず、大きめの容器に、コンバース全体が沈むほどの水を入れて、液体ハイターを加えていきます。ハイターを入れたら、ゴム手袋をはめた手で、泡立てないように混ぜていってくださいね。ハイターの濃度を均一にするためです。混ぜ方が不十分だと、色ムラの原因になるので、しっかりと混ぜましょう。

②コンバースを漬け込む

靴を脱ぐ

漬け込み液が出来たら、いよいよコンバースを漬けていきます。新品のコンバースをリメイクする場合は、シワや折り目はきちんと伸ばしておいてください。また、シュータンと紐穴がある部分が重ならないよう、きちんと立てておくことも大切です。ちょっとしたひと手間ですが、やっておくと仕上がりに違いが出てきますよ。

一度履いたことがあるコンバースをリメイクのであれば、中にタオルを詰めてから脱色してくださいね。使用済みのコンバースは、生地がよれてシワになったり重なったりしやすいので、タオルで伸ばしておくのです。色ムラを防ぐために忘れないようにしましょう。

③よく濯いで乾かす

茶色のコンバース

コンバースを一定時間漬けたら、漬け込み液から取り出して、よく濯いでください。漬け込み液の濯ぎ残しがあると、やはり色ムラの原因になってしまいます。たっぷりの水を使って、液を落としてしまいましょう。

脱色コンバースの色合いは、濡れた状態だと濃く見えるので注意してくださいね。多少色が濃く見えても、乾かすと明るいカラーになります。

④時間を見ながらカラー調整する

ミントグリーンのスニーカー

コンバースのカラー調整は、時間を見ながら行っていきましょう。例えば、黒のコンバースを濃いブラウンにするのであれば、1~2時間ほどの漬け込みが目安になります。3~4時間ほど漬ければ明るいブラウン、10時間ほどならベージュ、12時間ならクリーム色といった変化が見られます。

細かいカラー調整をしたいのであれば、液から取り出したコンバースにドライヤーをあてて、色合いをチェックする方法があります。色が濃いようであれば、さらに漬けて乾かすという方法を繰り返してみてください。「濯ぎ」と「ドライヤー」の繰り返しになるので手間はかかりますが、カラー調整がしやすくなります。

ただし、新品のコンバースと、何度も履いたことがあるコンバースでは色落ちの早さが異なります。履いたことがあるコンバースのほうが、早く色落ちするので注意してください。ブリーチ編の手順を動画でチェックした方は、こちらを参考にしてみましょう。

マーブル編|脱色コンバースの簡単な方法

①漂白スプレーを吹き付ける

スプレー

コンバースの脱色では、マーブルカラーにすることもできます。マーブルの脱色コンバースを作る場合は、材料として漂白スプレーを準備しましょう。泡ハイターやカビキラーといった種類のものですね。スプレーを吹き付けた部分が脱色されて、マーブル仕様になっていきます。

ただし、全体的に万遍なく吹き付けてしまうと、色の変化が目立ちにくくなっています。適度に間隔を空けて、部分的に吹き付けるようにしましょう。マーブルカラーの場合は、水に浸す必要はありません。スプレーを吹き付けたまま1時間ほど放置すれば完成します。

②濯ぎと乾燥はブリーチと同じ

コンバースを履いた足元

マーブルカラーの脱色コンバースの、濯ぎと乾燥の工程は、ブリーチタイプと同じです。水で漂白剤を洗い流して、乾かしてしまうだけ完了します。漂白スプレーを用いた脱色は、短時間でできるので、手軽にリメイクしたいときに試してみてください。

POINT

漂白スプレーで完全脱色もできる

漂白スプレーの時短効果を利用して、コンバースを完全に脱色させることもできます。万遍なくスプレーを吹き付けて、ゴム手袋をした手で、生地にしっかりと馴染ませていくことがポイントです。ただし、若干色ムラができやすいので注意してください。また、必ず換気の良い場所で行うことも忘れないでくださいね。

脱色コンバースの仕上がり例は?

仕上がり例①人気のオレンジ

オレンジは、脱色コンバースの代表的な仕上がり例の一つです。黒のコンバースを脱色するだけで、思わぬ明るいカラーにリメイクできるのですね。色の種類を選びながら、カラー変化を楽しむのが、脱色コンバースの醍醐味だと言えるでしょう。ご紹介した方法で、いろいろと試してみてください。

仕上がり例②渋いカーキ

濃いグリーンや、グレーなどのコンバースを脱色すると、渋いカーキに仕上がりやすくなります。また、脱色コンバースをより魅力的に見せる方法として、靴紐だけを、あえて濃い色のものに変えるというものもあります。脱色された生地とのコントラストが、とても綺麗に見えますよ。

脱色コンバースの靴紐にこだわるのであれば、結び方も追求してみると良いでしょう。こちらの記事で、おしゃれな結び方をたくさん紹介しているので、併せてチェックしてみましょう。

仕上がり例③大胆なマーブル

漂白スプレーを部分的に吹き付けて、大胆なマーブルの脱色コンバースを作るのも素敵です。もともと濃い色合いのコンバースを選んでマーブルにすると、色の変化が際立ちますよ。同じ模様を出そうとしても、もう二度と作れない、オンリーワンのリメイクになるのも魅力です。

仕上がり例④グラデーション

コンバースを部分的に漬け込み液に浸すと、グラデーションタイプの脱色コンバースを作ることができます。ライトブルーなどの優しい色合いのコンバースで作ると、グラデーションも柔らかに見えますね。やや手間がかかる仕上がり例ですが、とてもおしゃれになるのでおすすめです。

仕上がり例⑤あえて片足脱色

コンバースの片足だけを、あえて脱色して仕上げるリメイクも、個性的で素敵ですね。赤のコンバースを脱色すると、優しいピンクになるので、片足ずつのおしゃれを楽しんでしまいましょう。もちろん、赤以外のカラーで作ってみるのもおすすめです。

自分だけの脱色コンバース作りに挑戦してみよう

脱色コンバースは、漂白剤という材料さえあれば、簡単に作れてしまいます。コンバースの色の種類や、漬け込む時間を工夫していくことで、さまざまバリエーションの仕上がりになりますよ。自分だけの一品を作ってみたいと思う方は、ぜひご紹介した方法で挑戦してみてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。