INDEX

100均ダイソーのヨガマットの人気の理由は?

①安い!

お札

ヨガマットは、普通に購入すると数千円~1万円近くします。もちろん本格的にヨガや筋トレを行いたいという人であれば、高いヨガマットを購入しても良いでしょう。しかし、ヨガをこれから始める人や、試しにヨガマットを使ってみたいという人にとっては、高すぎると感じることもあるでしょう。

ダイソーのヨガマットは、400円~600円という値段で購入できます。この値段なら、もし自分に合わなかったと思っても、仕方ないと割り切れるのではないでしょうか。初めて購入するという人には、ダイソーの安いヨガマットがおすすめです。

②意外と使える!

ヨガをする女性

400円や600円のヨガマットなんて、使う意味があるのかと疑問に思う人もいるかもしれません。しかしヨガや筋トレを行う際に、ヨガマットがあるのとないのでは雲泥の差です。体が滑ってしまうのも防いでくれますし、関節が硬い床に当たって痛くなるのも予防してくれます。階下への防音効果も十分感じられます。

安い割に、ダイソーのヨガマットはしっかり役目を果たしてくれます。思っていたよりも使えると、リピート購入する人も多いほど、ダイソーのヨガマットの機能性は高いのです。同じ大手100均のセリアやキャンドゥにもヨガマットはありますが、ダイソーには3種類もあるので、そういった面でもダイソーは優秀といえます。

おすすめ!100均ダイソーのヨガマット3選

①ロールタイプヨガマット

ダイソーで最もよく見かけるヨガマットといえば、ロールタイプのヨガマットです。カラーは、ブルーやライトグリーン、ピンク、パープルなど、はっきりとした明るい色が揃っています。サイズは160cm×48cmで、厚さは0.3cmです。素材は塩化ビニール樹脂で、パッケージを開けた時の嫌な臭いは気になりません。

値段は400円で、サイズは一般的なヨガマットよりも、長さも幅も小さめです。あまり大きくない女性が、ヨガや筋トレをするのに使うなら大丈夫そうですが、長身の女性や男性には厳しいかもしれません。厚さも0.3cmと少し薄めですが、初めてヨガマットを使う人や、お試しで使ってみたいという人には十分でしょう。

ロールタイプヨガマット
値段 400円
素材 塩化ビニール樹脂
サイズ 160cm×48cm×0.3cm

②折りたたみヨガマット

ダイソーで500円で販売されている、折りたたみのヨガマットです。ヨガマットは、持ち運ぶ際にはロール状にして持ち運びする人が多いですが、持ち運びせずに自宅で使うのであれば、折りたたみタイプの方が、収納スペースを取りません。素材は塩化ビニール樹脂製です。

サイズは173cm×61cmで、女性はもちろん、男性でも使える大きさです。厚さは0.4cmで、400円のヨガマットよりも少し厚めです。折りたたみタイプのため、初めは折りたたみの線が気になるかもしれませんが、使用しているうちに気にならなくなります。持ち運びをしない、自宅での気軽なヨガにおすすめです。

折りたたみヨガマット
値段 500円
素材 rンかビニール樹脂
サイズ 173cm×61cm×0.4cm

③ロールタイプ厚手ヨガマット

ダイソーにある、600円のロールタイプヨガマットです。素材は塩化ビニール樹脂で、パッケージを開けた時の嫌な臭いは気になりません。サイズは172cm×61cmと、500円の折りたたみヨガマットとほぼ同じサイズです。厚さは0.6cmで、400円のロールタイプヨガマットの倍の厚さになっています。

これだけの厚さがあれば、一般的なヨガマットと、ほぼ差はありません。ダイソーで販売されているヨガマットの中では、最も厚みのある商品です。600円のダイソーのヨガマットには、持ち運びに便利な、ヨガマットを留めるゴム製のバンドが付いています。

巻いただけでは、ヨガマットはすぐに開いてきてしまいます。家で収納しておくのにも、持ち運びするのにも、バンドが付いていると便利です。カラーは、ピンク、濃いブルー、薄いブルー、パープルがあります。発色の良い色ばかりなので、ヨガや筋トレにやる気が出そうですね。

ロールタイプ厚手ヨガマット
値段 600円
素材 塩化ビニール樹脂
サイズ 172cm×61cm×0.6cm

100均ダイソーのヨガマットの良い口コミは?

良い口コミ①安くて買い替えやすい

貯金箱と女性

ダイソーで販売されているヨガマットは、一番高くても600円、最も安いものは400円で購入できます。一般的なヨガマットは、数千円~1万円近くするものが多い中、ダイソーのヨガマットは破格といっても良い値段です。安いので、気軽に買い替えできるという口コミがたくさんあります。

ダイソーのヨガマットは、ロールタイプも折りたたみタイプも、塩化ビニール樹脂という素材でできています。この素材は、実は耐久性にはあまり優れていません。使用しているうちに、表面が削れてしまうことがよくあります。また、水洗いできない素材なので、汗をかくヨガや筋トレでは、汚れや臭いが気になることもあります。

しかし400円~600円と非常に安価なので、傷や汚れが気になったら、すぐに買い替えることができます。長く使うというよりは、気軽に買い替えながら使うヨガマットと言えるでしょう。安いので、これからヨガや筋トレを初めてみようという初心者なら、まず初めに買ってみても良いのではないでしょうか。

良い口コミ②体が痛くない

腰を押さえる人

ヨガや筋トレをする際に、フローリングの床で直接行うと、関節などが硬い床に当たって、かなり痛い思いをします。特にヨガでは、同じ体勢を長時間保持することが多いので、その分、床に当たる関節に負担が掛かります。ダイソーのヨガマットは安価ですが、それでも何も敷かないよりは、体の痛みをかなり軽減できます。

特に600円のロールタイプヨガマットなら、厚さが0.6cmと、一般的なヨガマットとほぼ変わりません。ダイソーのヨガマットでも、痛みを感じずにヨガや筋トレができるという口コミも多くあります。ヨガや筋トレを行う際の痛みの軽減には、十分使えるアイテムと言えるでしょう。

良い口コミ③滑らない

プランクをする女性

ヨガや筋トレをヨガマットなしで行うと、滑って同じ体勢を維持するのがきつくなる、ということがよくあります。ダイソーのヨガマットは、安価な塩化ビニール樹脂という素材でできていますが、この素材のグリップ力はさほど高くないとも言われています。しかしそれでも、何も敷かないよりは、滑らないと感じられるはずです。

使った人からは、この値段でこれだけ滑らないのなら十分という口コミもたくさんあります。ヨガや筋トレを行う際に滑ってしまうと、本来鍛えたい部分以外に大きな負担が掛かってしまうことがあります。体を痛める原因にもなりかねないので、ヨガマットを持っていない人は、まずダイソーの安いヨガマットを使ってみましょう。

良い口コミ④防音効果がある

ヨガをする女性

ヨガマットを敷くと、階下への防音効果も期待できます。ゆったりとした動きのヨガならさほど気にならないかもしれませんが、ハードなヨガや筋トレを行うと、特にマンションでは階下へ音が響くのが気になりますね。しかしヨガマットを敷けば、ドスンという音を吸収してくれるので、防音効果を感じられます。

ダイソーのヨガマットは安価ですが、口コミを見ると、それでも十分な効果があるようです。より高い防音効果を望む人は、できるだけ厚めのヨガマットを選ぶ方が良いので、600円の厚手ロールタイプや、500円の折りたたみタイプがおすすめです。

100均ダイソーのヨガマットの悪い口コミは?

悪い口コミ①耐久性はイマイチ

落ち込む女性

ダイソーのヨガマットは3種類とも、塩化ビニール樹脂という素材でできています。この素材のメリットは。安価であるという点です。しかしその分、使用しているうちに表面が削れたり、剥がれてきてしまうことがよくあります。そういった意味では、ダイソーのヨガマットの耐久性は、あまり良くないというう口コミもあります。

長期間使用していると、表面がボロボロと剥がれてくるので、そうなったら買い替えることをおすすめします。せっかく安いので、長期無使おうと思わずに、気軽に買い替えるくらいの気持ちで使うと良いでしょう。

悪い口コミ②薄すぎる

ヨガ

ダイソーのヨガマットの厚さは、0.4cm、0.5cm、0.6cmの3種類です。一般的なヨガマットの厚さは、0.6cm~1cm程といわれているので、厚さ0.4cmのロールタイプや0.5cmの折りたたみタイプでは、薄過ぎるという口コミもあります。

特にゆったりとした動きで、長時間同じ姿勢をキープするヨガやプランクを行う場合、薄いヨガマットでは痛みを感じることも少なくありません。600円の厚さ0.6cmのヨガマットを使用するか、それでも痛みを感じる場合には、2重にして使うという方法もあります。

悪い口コミ③幅が狭い

ヨガをする女性

ダイソーで買えるヨガマットの幅は、48cmか61cmのものだけです。幅が61cmあれば、サイズが小さ過ぎると感じずに使えることができそうです。しかし口コミを見てみると、48cmのヨガマットでは、幅が狭過ぎると感じる人もいるようです。

サイズがコンパクトなヨガマットは、持ち運びはしやすいですが、実際に使うには、小さいと感じるかもしれません。あまり大きな動きをしないヨガであれば大丈夫そうですが、大きく動くヨガや筋トレをする場合には、61cmと幅の広い、500円や600円のヨガマットをおすすめします。

ダイソーのヨガマットへの口コミと合わせて、以下の記事も読んでみると、ヨガマットの選び方がよく分かります。自分にピッタリのヨガマットを探す際の参考にしてくださいね。

Small thumb shutterstock 577565680
関連記事 ヨガマットの選び方や意味は?ちょうど良い・持ち運びのできる大きさを紹介

身体の柔軟性を高め、自律神経の調整に働きかけるとも言われているヨガをや

ダイソー以外の100均おすすめヨガマットは?

①セリアのヨガマット

セリアでも、ヨガマットが販売されています。ただしセリアのヨガマットは、幅が40cmと、ダイソーの一番小さいサイズのヨガマットよりも小さいので、大きな動きのヨガや筋トレには向いていません。しかしあまり動きのない、ヨガの立つポーズ等を行うのなら、セリアの小さなヨガマットでも十分使えます。

コンパクトなので、持ち運びにはセリアのヨガマットが使いやすいでしょう。持ち運ぶ際には、ヨガマットを丸めて留めるバンドがあると便利です。セリアの旅行用品売り場には、2本セットのマジックテープ付きベルトがあります。ゴム製で簡単にヨガマットを留められるので、ぜひセリアでヨガマットと一緒に探してみましょう。

②キャンドゥのヨガマット

キャンドゥのヨガマットは、EVA素材です。キャンドゥのヨガマットは、厚さは薄めで、サイズもダイソーと比べてかなり小さ目です。その分とにかく軽いので、気軽に持ち運びしたい人にはキャンドゥのヨガマットがおすすめです。

キャンドゥのヨガマットは長持ちするとはいえませんが、ダイソーの塩化ビニール樹脂製のヨガマットと、耐久性には大差ないでしょう。キャンドゥのヨガマットはサイズが小さいので、大きな動きのストレッチ等ではなく、立って行うヨガや筋トレ向きといえます。

100均ダイソーのヨガマットは安いのに使える!

セリアやキャンドゥには1種類しかありませんが、ダイソーには3種類のヨガマットがあります。サイズや厚さが異なっていたり、ロールタイプや折りたたみ対応など、持ち運びの有無によっても、おすすめのヨガマットは異なります。

しかしどれを選んでも安いので、試しに使ってみたいという場合には、ぜひダイソーでヨガマットを探してみましょう。セリアやキャンドゥでも、サイズは小さいですがヨガマットを購入できます。ヨガウェアも安く手に入れたいという人は、下の記事を参考に、ユニクロで探してみましょう。

Small thumb shutterstock 499280881
関連記事 ユニクロのヨガウェア12選!ホットヨガの服装やメンズのパンツは?

今回は、プチプラブランドでもあるユニクロからヨガウェアのご紹介です!「

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。