Middle %e7%94%b2%e7%94%b3

目次

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十千と十二支が組み合わさって十千十二支(六十干支、天千地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十千十二支があると思っていただけたらと思います。十千は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子(ね)から始まり亥(い)の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥(きがい)が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

干支の「甲(きのえ)」の意味

甲申(こうしん)は、木性の陽の「甲(きのえ)」と、金性の陽の「申(さる)」がひとつに重なって成立している21番の干支です。十干の第一位の甲(きのえ)は木の兄を意味し、干支の「申(さる)」の季節は秋なので、この21番の干支からイメージされる風景は秋に堂々とそびえ立つ大樹です。甲(きのえ)の木性は「甲木」の意味で、山や大地にそびえ立つ大樹そのものです。その大樹を切り倒す斧(庚金)の干支と、斧の刃を鍛えるために焼きを入れる火(丁火)の干支、つまり「庚と丁」は甲木にとっては大事な干支です。

十二支の「申(さる)」の意味

申は、9番目の干支で、季節は秋、月は7月、時刻は15時~17時、方角は南西微北です。申の文字は稲妻をイメージしていて大地に伸びる稲妻(電)の元字です。そこから「伸(のびる)」、「神(かみ)」の意味に変わり、神に願い事を伝えることを表す「申(もうす)」に繋がっています。また「呻(しん)」(うめく)の意味もあり、果実が成熟した状態を表してもいます。この干支を覚えやすくするために、猿が割り当てられたのです。

甲申女性の性格は?

テキパキと動く

甲申女性は、とても優しくて社交的な性格です。サークルの中に甲申女性がいると、何かと中心になって世話を焼いてくれます。周りの人もついついお願いすることも多いのですが、一生懸命に損得抜きで頑張るのです。甲申女性は、腰が軽くてテキパキと動くのが特徴です。

早とちりで失敗も多い

甲申女性は、甲の木性の陽の性格の大樹のイメージがあります。しっかりと大地を踏んで周りの人の世話を焼いているのですが、せっかちな面もあって早とちりをして間違うことも多いようです。せっかく世話を焼いたのに、文句を言われて落ち込んだりする性格です。

根気がない

甲申女性は、おだてられるとその気になって動いてしまいますが、それに対する批判や文句が出てくると、急にテンションが下がります。甲申のアナタは、自分に好意的な人と批判的な人を区別してしまいます。批判的な人に対しては、怒りっぽくなってしまい、根気がなくなってしまいます。

甲申男性の性格は?

熱しやすく冷めやすい

甲申男性は、どうしても自分中心に考える特徴があります。物事が熟して完成する干支ですから、今さら慌てて動くことはしない性格です。うまく相手を言いくるめたり、口先だけで調子を合わせるのは得意です。甲申男性は、熱しやすく冷めやすい性格で、長続きできない性格です。

理屈が多い

口先が上手なことは、相手から逆にやり込められることもあるのです。つじつまが合わなくなると、自分の考えや正当性を引き出して、理屈をこねることもあるのです。それが続くと、信用されなくなるので、注意が必要です。このように、甲申男性は、理屈が多い傾向があります。

飽き性

甲申男性は、人の好き嫌いがあるようですが、仕事に対しても好き嫌いが激しいようです。仕事が自分に向いていないと思うと、長続きしない飽き性なのです。運勢はあまり強くはないので、今の仕事が嫌なら、根気よく気に入った仕事を見つけることが大切です。その仕事で粘り強く働いて、安定した生活を送ることが、後の人生の幸せに繋がります。

甲申男性&女性の恋愛傾向は?

甲申女性の恋愛傾向

甲申女性の恋愛は、心に決めた相手が現れると、彼のために一途に尽くす性格です。苦労しても諦めずに、文句も言わずについて行きます。しかし、彼の方に問題があってつまずくと、一挙に熱が冷めて距離を置くことになります。熱くなるのも速いですが、冷めるのも速いのです。そんな彼女には、真面目な男性がお似合いのようです。

甲申男性の恋愛傾向

甲申男性は、穏やかな性格でどんな相手とも調子を合わせることができるのです。口がうまいので、気に入った女性には容易にアプローチすることができます。甲申男性は、女性を熱心に口説きますが、口先だけで終わることもあり長続きしないようです。遊び好きな性格なので、恋愛は慎重にすべきです。

甲申の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「丙子(へいし)」

丙子は、火性の陽の「丙(ひのえ)」と、「子(ね)」の干支が重なってできています。子は冬の水性の陽ですから、丙子は真冬の冷たい海を照らす太陽のイメージです。丙は太陽を意味しますから、甲(きのえ)の樹木が育つのを助ける働きをするので、甲申と丙子は相性が良いのです。 [kanren postid="8469"]

「己巳(きし)」が相性抜群!

己巳は、土性の陰の「己(つちのと)」に6番目の十二支の「巳(み)」が重なって成り立っている6番目の干支です。己は田園や田畑の大地を意味し、そしてその土は柔らかいのです。耕しやすく栄養素を豊富に含む包容力のある十干で、人からは親しみのある信頼される性格です。木性の兄で樹木を育てる甲申と、包容力のある母なる大地の己巳とは、相性が良いのです。 [kanren postid="8999"]

「壬寅(じんいん)」は相性最悪!

壬寅は、水性の陽の「壬(みずのえ)」と、春の十二支の「寅(とら)」が重なって成り立つ39番目の干支です。壬の水性は大きな水(大海)を意味し、その大きなパワーで全てを飲み込むのです。しかも、寅の鋭い洞察力を持ち合わせているので、激しい性格の人が多いのです。平穏な生活を好む甲申と激しい性格の壬寅とは、衝突が多くなり相性が悪いのです。 [kanren postid="8703"]

甲申の2017年運勢&総合運は?

甲申の総合運

甲申の2017年の総合運は、これまでの地道な努力が成果を上げる年になります。大きな賭け事はうまく行きませんが、コツコツと実る成果で金運も上がってきます。挫折にくじけず努力すれば、目の前の仕事や恋愛は成功に繋がります。

甲申の金運

甲申の人は、熱心に働き仕事も一筋に頑張ります。コツコツ貯めた蓄財も知らないうちに浪費してしまうことがあります。見栄を張って浪費することもあります。金銭面に関しては無頓着なので、注意が必要です。2017年は無駄な投資や財テクに溺れないで、しっかりと損得を判断してください。

甲申の恋愛運

甲申の恋愛は、男女ともに気に入った相手が見つかると、一方的に愛してしまう性格です。甲申女性は、さらに細やかな愛情が溢れてきて当面は手を付けられない状況になるのです。ただ、理想が高いことと仕事熱心で会う時間が無くなり、良縁を逃がしてしまうこともあります。そうすると、晩婚になることがあります。

甲申の仕事運

甲申の人は仕事好きな上に、忍耐力と使命感に優れているのです。上司から困難な仕事を割り当てられても、素晴らしいアイデアを駆使して突破してしまうのです。2007年も仕事は順調に舞い込んできます。ただ、義理人情で動いてしまうと、挫折を味わう年になりますので、注意して選択してください。

甲申のまとめ

2017年の甲申の運勢は、これまでの運勢が継続して順調のようです。仕事も恋愛も、思っている以上に舞い込んできます。注意することは、義理人情に負けてしまうと、思わぬ方向に進んでしまい後悔することにもなります。金銭的にも、付き合いでの投資や財テクは、落とし穴があります。無鉄砲なことには挑戦しないようにして、幸運を掴んでください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。