INDEX

本音を言わない人は意外に多い

本音

本音と建前の意味

男

現在では建前と表記されることが多いこの言葉は、本来は「立て前」と言います。これは昔、実演販売をする人たちが、お客さんを満足させるために、商品の欠点は紹介せずに、時として嘘とも言える言葉を選んで商品の良いところをアピールしていた言葉から由来しています。現在では「表面上の気持ち」を表すような言葉です。

本音を言わない人の心理1:優しい人

例えば、体調が悪かったり、疲れていて一刻も早く帰りたいと思っていても、他の人が「用事があるから先に帰っていい?」と言ってきたら、「私は大丈夫だから先に帰っていいよ」と他人を優先してしまいます。こういう優しい気持ちの人は、我慢が積もり積もってストレスがたまってしまいがちです。

面倒

人とあまり深く関わりたくない人は、現代人では多いのではないでしょうか。浅く広くみんなにいい顔をして「私には友達が沢山いる」とSNSなどで発信している人に多いかもしれません。本当の気持ちを話せる友達はいなく、希薄な交友関係でちょっとしたことですぐに友達関係が崩れてしまいがちです。

本音を言わない人の心理5:トラウマを抱えている

本音を言わない人の特徴では、話す相手に恐怖を抱いている事も考えられます。話す相手が上司だったり、怖い先輩だったりしたら、なかなか本音をいうという事は勇気のいる事です。本当に同じ考えならば本音も言えますが、全く異なる考え方だった場合、本音を隠して話を合わせる事が多いでしょう。

本音を言わない人の心理7:穏便に済ませたい

この本音を言わない人の心理13個の1つ、穏便に済ませたい、というのは色々な場面に当てはまります。社会の中でもそうですが、お付き合いしてる相手や夫婦間で相手の言葉に納得できないとしても、「これを言ったら相手の機嫌が悪くなる」と思えい「穏便に済ませたほうが自分が楽」という気持ちで本音を隠します。

本音を言わない人の心理8:向上心がない

窓辺 会話

本音を言わない人の心理10:秘密主義

秘密主義 空気

本音を言わない人の心理は思い込みもある?

幸せ

本音を言わない人の心理はネガティブな一面を持っている

本音を言わない人の心理13個の中には、自分に当てはまるような、ドキッとする内容もあったのではないでしょうか。もしも本音で他人と接したいと思っている人の中で、勇気が出ずに本音で話せないという人は、ぜひこの言葉を思い出してください。「自分の想像と実際に起こる事実は異なる」ということです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。