Middle shutterstock 388617010

目次

未開封・開封で変わる!口紅・グロスの使用期限

口紅・グロスの使用期限を知ろう!

口紅

普段なにげなく使っている口紅やグロスにも、使用期限があるってご存知でしたか?ずっと化粧ポーチに入っていて、いつ買ったか覚えていない。人にプレゼントされたけど放置している。いざと言う特別な時のために大事にしまっている・・・なんて口紅やグロスが何本か出てきませんか?

私たちは食品の賞味期限、消費期限にはとても敏感です。口に入るものだから当然!という方も多いでしょう。消費期限なんて一日過ぎても食べれなくて捨てる人が大半ではないでしょうか。では、口紅・グロスはどうでしょう?

口紅・グロスは唇に塗るものです。食事の際などに少量でも口から体内へ入ります。そう思うと古いものだと心配になってきますよね?今回はそんな口紅・グロスの使用期限について学びましょう。

未開封の場合

口紅

メーカーやブランドにもよりますが、未開封の口紅の使用期限はだいたい3年と言われています。もちろん適度な温度、湿度で保存していた場合です。極端に暑い場所や湿気の多いところで保管されていれば、使用期限内でも成分が劣化している場合があります。

中には箱に使用期限が書いてある場合もありますが、「使用期限を確認したい!」そう思って箱を見てみても、実際ほとんどの箱には使用期限が記載されていません。これはなぜだかご存知でしょうか?

薬事法について

コスメ

その答えは、医薬品や化粧品の製造販売について決められている「薬事法」に関係しています。薬事法は医薬品や医療機器等の品質、有効性および安全性について消費者を守るための法律です。

その中に、「製造または輸入後3年を越えて正常および品質が安定なものは使用期限の表示を行わなくても差し支えがない」というものです。口紅もグロスも未開封は3年使えるということで、ほとんどの製品には使用期限の記載がありません。

開封済みの場合

口紅

未開封の口紅・グロスの寿命は3年ですが、開封したものはどうでしょうか。同じくらい使えるのでは?と思いがちですが、開封したらその使用期限はぐっと縮まってしまいます。

開封した口紅・グロスの寿命はだいたい一年と言われています。しかし、こちらも保存環境によって変化します。口に付着して体内に入ることも考えて、唇が荒れてしまったり異臭がする、粘度が高い(ネバネバする)等、使用していて異常を感じたら使用期限に関わらず、使うのをやめましょう!

口紅・グロスの使用期限が過ぎるとどうなるの?

口紅・グロスは食品と同じ!?

口紅

ほとんど毎日使い、食事の際に少しずつ体内に入っていく口紅、グロス。女性が一生で口から体内に入っていく口紅は、なんと!口紅七本分とも言われています!毎日しっかり化粧をし、化粧直しもバッチリ!なんて方はさらに多いと思われます。

口紅・グロスなどのコスメは直接唇に触れるものです。そして、そこから体内へ入っていくため食べても大丈夫な成分でできています。食べても大丈夫だけど、身体に悪いものは体内に入れたくはないですよね。

酸化ってご存知ですか?

疑問

使用期限を過ぎたものがなぜいけないのか?と疑問に思いませんか?食べ物と変わりない口紅・グロスですが、食品のように見たら明らかに腐っている!カビだらけだ!ということにはなりません。だからこそ大丈夫だと思ってしまい、いつまでもポーチに収まったりしているわけですが・・・。

目には見えなくても一度開封された口紅・グロスはどんどん劣化していきます。それは、唇に馴染ませるための成分である油が、酸素に触れて「酸化」してしまうからです。

酸化とは、物質と酸素が結びつくことです。これにより、口紅やグロスの成分がかわってしまいます。長く使っているコスメの匂いがちょっと変わってきたな・・・と思ったら、酸化してる可能性が高いです。未開封でも使用期限があるのはこのためです。

使用期限が過ぎてしまった口紅・グロスのデメリット

酸化したコスメは負担が多い

コスメ

酸化してしまったコスメがどうして駄目なのか。いまいちピンと来ない方もおられるのではないでしょうか。使えていれば大丈夫でしょ?と思う方もいるかもしれません。しかし、酸化したコスメは肌にも悪影響を与えています。

酸化により成分が悪化してしまったコスメは、肌にとても負担をかけてしまいます。普通に使用できていたのに、使い続けているうちに唇の皮が剥けてしまったり、荒れてしまう、かゆくなってしまうなどのトラブルが出てしまうのは、口紅・グロスの成分が悪化してしまったからなんです。

成分が悪化したコスメは肌に負担がかかってさらなる老化の原因にも!酸化の目安として「におい」があります。なんだか油くさいな・・・と思ったら酸化を疑ってみてください。

コスメにも菌が繁殖!?

びっくり

唇につけて使用する口紅・グロスは、菌が付着しやすい傾向にあります。口の中にはたくさんの菌がいます。表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が繁殖してるかもしれません。これらの菌も、唇が荒れてしまう、かゆくなってしまうなどの異常をきたす原因になるので注意が必要です。

少しでも菌を口紅につけないようにするためには、リップ用のブラシやスパチュラを使用し、直接唇に触れないようにするのも良いかと思います。特に肌なども敏感で化粧をすると荒れてしまいがちな方は気をつけてみてください。

ハウスオブローゼスパチュラ

資生堂リップブラシ(レッド)N407

口紅、グロス以外にもご注意を

コスメ

口紅、グロスの使用期限だけ気をつけていれば大丈夫・・・と思い、案外忘れがちなのが「メイク道具」です。チップやブラシ、ちゃんと定期的に洗浄・買い替えしていますか?こちらにも使っているメイクの成分が残っています。

本体である口紅・グロスを買い換えても同じリップブラシを使っていては意味がありませんよね?できれば本体と同時に買い替え、もしくは洗浄をおすすめします。

使い心地の良いブラシ、愛着があったりと中々捨てることができませんよね。しかし、メイク道具にも寿命があります。忘れられがちなメイク道具の手入れ、定期的な買い替えをお忘れなく。新しい筆やブラシを使うとムラが消えたりとメリットもありますよ!

使用期限以外にも注意!口紅・グロスの正しい保管方法

使用期限を短くする間違った保存方法

口紅

口紅・グロスは雑に放置しておくと、使用期限前に使えなくなってしまいます。特に気をつけたいのが温度です。口紅は熱にとても弱いのです。

夏場にリップを塗ってそのまま車内で放置していたら、なんだか変なにおいがするようになった。暑さで溶けてしまっていた。など経験した方もいるのではないでしょうか?

逆に冷蔵庫に保管となると、今度は結露等の水分が発生してしまいます。化粧品を冷蔵庫で保存している方もいますが、口紅・グロスは止めておくことをおすすめします。口紅・グロスはキャップをしっかりしめて、適度な常温・湿度で保存しましょう。

使用期限を守るために

コスメ

さて、使用期限の過ぎた口紅・グロスは使わないほうがいいんだ!とわかったところで、次は管理のコツをお教えします。買ったコスメのひとつひとつをいつ買ったか、使用期限がいつ頃なのかを覚えれますか?ほとんどの方が難しいのではないでしょうか?

「これ、いつのだっけ?」と首を傾げる人が大半でしょう。そこで、買った日にコスメ本体にシールなどを貼って、いつ開封したものか書いておくことをおすすめします。毎日使うときに目に付くところに日付があれば、「もうそろそろ買い替えの頃だな。」とすぐにわかります。

その他にも、開封後の口紅・グロスの使用期限は1年とされているので、誕生日月にしよう!なんて決め方もあれば、成分が痛みやすい暑い夏が終わった秋頃、クリスマスコスメが出てくる冬に買い替えなどもいいですね。

コスメはしっかり管理しよう!

安売りセールにご用心!

お金

安売りのセール。大好きな方が多いのでは?ワゴンにのったコスメがこんな値段で?とびっくりするようなときはついつい無計画に買ってしまうこともありますよね。しかし、この無計画な買い物も、コスメ管理の大敵と言えます。

使用期限を守って使うためには、「できるだけ長く使えるもの」というのが大前提ですよね。そこで、コスメの買い方にも少し注意してみてはいかがでしょうか?

節約のためにもセールで買う!という方、ご注意ください。シーズンが過ぎても売られているものは、長く店頭に置かれているものもあります。コスメは未開封でも「3年」という使用期限があります。少しでも長く使うために古いコスメを買うことの無いようにしっかり考えて買いましょう。

大量買いは使える量を考えて!

大量

大量に一度に買いだめをする、気に入った同じ商品の色違いを大量に買ってしまう人もご注意を。自分がちゃんと使いきれる量を考えて購入しましょう。唇は一つしかありませんよ!使いきれなくてたくさん残っているのに、使用期限がきてしまい、泣く泣くゴミ箱へさよなら・・・なんてことにならないように注意しましょう。

海外に行ったら海外ブランドコスメが安く買えるので、爆買いしておこう!なんて、ついつい買い溜めしてしまう方も多いかと思いますが、使用期限のことを考えて調整してはいかがでしょうか?

大事にしすぎもご用心?

大切

高いブランドコスメを買ったら勿体無くてなかなか使えず、大事にしまって使用期限が過ぎて成分が劣化しているなんて方もいるのでは・・・?

ほかにも、買ってはみたもののこの色は自分に合わないかも・・・と使わないまま放置したり、引き出しの中で眠っているのに忘れてた!など、口紅って以外と家のいたるところにあったりします。

使わないまま使用期限が過ぎてしまい、泣く泣く処分するくらいなら、思い切って誰かにプレゼントしちゃうのはいかがでしょうか?

寿命の尽きた口紅・グロスはさよならしよう!

唇のためにも使用期限が過ぎたら買い換えよう

口紅

思い入れのあるコスメ、高かったブランドコスメ・・・捨てにくい理由もありますが、使用期限がきてしまったものは仕方がありません。口紅・グロスは口に入るものです。劣化したものは体内にも唇にも良くありません。思い切って処分するしかありません!

これは寿命が尽きて使えないんだ!と割り切って「いままでありがとう」とさよならしましょう。新しいお気に入りコスメとの出会いもあるかもしれませんよ?

綺麗な口紅を使って正しくメイクしよう

くちびる

いかがだったでしょうか?口紅・グロスの使用期限は1年。ポーチの中にある口紅・グロスはまだまだ大丈夫とホッとした方、昔しまいこんだコスメを出してみたくなった方もいたのでは?これを機会に、家にある口紅・グロスを見直してみてくださいね。

コスメは食品同じ、劣化したものは使わないほうが良い。唇につくだけではなく体内にも入ってくるんだ!と考えて、口紅・グロス使用の際に注意してみてください。

  • まとめ
  • 口紅・グロスの使用期限は開封前3年、開封後1年
  • 使用期限に関わらず、においや粘度で使えるかチェックする。
  • 保存する時は適度な温度と湿度を守ること。
  • 使用期限の過ぎたものは悪影響なので使わない。
  • 普段から管理しておくことで処分する「勿体無い」を防ぐ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。