INDEX

「会話が続かない」悩みとは

話の輪に入れない

談笑する男女グループ

会話が続かない、そんなことがあると何に悩んでしまうのでしょうか。多くの人が感じるのは話の輪に入れず疎外感を感じてしまうというものです。

言葉だけがコミュニケーションのすべてではありませんが、会話になじめないのは致命的。「友達は楽しそうに話しているのに、自分は会話が続かないから入れない…」と孤独感を感じてしまうことにつながるんです。

自分だけ黙っていて、周囲は楽しそうに話が盛り上がっている状況って考えるだけで辛いですよね。会話が下手な自分が口を挟んで場をしーんとさせてしまうのが怖いので、余計に話の輪に入れなくなってしまうんです。

自分の気持ちが伝わらない

頭を抱える女性と無表情の男性

会話が続かないと、どうしても一歩踏み込んだ話や表現ができません。浅い話で完了してしまうためなかなか自分の気持ちが伝わりづらく、コミュニケーションが上手く成り立たないと悩んでしまうんです。

気持ちをしっかり伝えるためには深い会話が必要ですが、会話が続かないと思ったことを言えないうちにやり取りが終了してしまいます。会話が下手、と自分を過小評価している人は自分から話をしようとしないので悪循環に陥ってしまいがち。

感情が抑えきれなくなって急に怒りをあらわにしてしまう…その結果「何で思ったときに言ってくれないの?」と相手を憤慨させてしまうことがあるんです。気持ちが伝わらないって大変ですよね。

暗い人だと勘違いされる

海辺で落ち込む女性

会話が続かない人って、口数が自然と減ってしまいます。その結果友達からは暗い人というイメージで固められてしまうんです。会話が上手くなくて口数が少ないからといって、必ずしも暗い性格だということには直結しません。

しかし大部分の人は「会話をしない=暗い」と勘違いしてしまいます。その結果声をかけられる機会が減ってしまい、友達と会話する時間がどんどん減ってしまうんです。筆者の友人で会話が続かず大人しい女性がいます。しかし性格はユーモアたっぷりでとても面白いという一面を持っている、というケースが実際にあるんですよ。

お誘いがかからない

パーティー

友達と食事に行くときの楽しみ、それはおいしい料理と楽しい会話です。正直食べ物がメインではなくおしゃべり目的で食事に行くこともあるのではないでしょうか。

人間って不思議なのですが、ただ面と向かって話すより一緒に食事をしながら会話するほうが盛り上がりますよね。そのため食事しつつ話を楽しみたい、と考えるんです。

しかし、会話が続かない人が一緒になってしまうと輪に入れないどころか場を盛り下げてしまうことがあります。「あの子がいると空気が暗くなっちゃうから…」と食事会や飲み会に誘ってもらえなくなってしまうんです。本当に気心知れた友達としか食事にいけないのが現実でしょう。

会話が続かない人によくある特徴

聞くのが下手

男性との食事中にそっぽを向く女性

「話し上手は聞き上手」という会話の鉄則をご存知ですか?話を続けるのに大切なのって、一番は「聞く姿勢」がどれだけ出来上がっているかなんですよ。

コミュニケーションは聞く能力がないと話が発展しません。例えば相手が「おはよう、今日は暑いね」と声をかけてきたとしましょう。聞くのが下手な人は「そうですね」と流して終わってしまうのが普通です。

正直、それでは話を聞くのが下手と言えます。会話ができる人は「本当に暑いですよね。今日はこれからもっと気温が上がるらしいですよ。最近新発売になったスポーツドリンクついつい買っちゃいました!!」と返すことができます。相手のトピックを拾い上げる「聞く力」に差があるんです。

自分本位

会話中の男女

会話をすることに苦手意識があると、自分から話すことに集中してしまいやや自己中心的な会話内容になってしまいます。余裕がある人は自分からあまりしゃべらずに会話を広げることができ、話が自然と弾むんです。

「私はね、こうでね…」と一方的に話してしまいがちなため、相手の発言のきっかけを作ってあげることができないのが大きな特徴のひとつ。そうなると友達は「この子って会話しづらい。いつも自分のことばかり」と嫌気が差してしまいます。

下手なりに一生懸命伝えたいのに、という気持ちが空回りして自分本位な会話内容になっていませんか?続く会話をするならまずこのクセを直す必要があるでしょう。

結論をまとめられない

電話中に口を歪ませる女性

会話が続かない人は、結論をかいつまんで話すことが苦手な特徴があります。話はしてみるけどまとまらなくて話し相手に「で、結局何なの?」と聞かれてしまうんです。

相手にしてみれば話の内容がわかりづらく、せっかく聞いたのに何が言いたいのか分からないのでこの上ないストレス。会話にストレスがあると、どう頑張っても続かないですよね。一生懸命話せば話すほど、会話の広げ方に悩んでしまうのが特徴なんです。

否定癖がある

男性を拒否する女性

人との会話の中で「でもそれってさ…」と否定をしてしまっていませんか?会話が続かない人は無意識に否定していることが多いので、話が続かずに終わってしまうんです。

口癖で「でも」と言ってしまう人もいるので注意しましょう。人って否定されると気持ちが落ち込み、会話に気持ちが向かなくなってしまいます。否定癖は友達同士の会話だけでなく、ビジネスシーンでも悪影響を及ぼしてしまうので改善の努力をすることが必要ですよ。

一人で完結してしまう

頭を抱え落ち込む女性

会話が続かない人は基本的に他人にあまり関心がなく、話をふられたとしても自分の中で完結させてしまいます。「そう思ってるんだ、ふーん…」という形で話が広がらず終了してしまうんです。

「どうせ話をしても続かないし、盛り上がらないなら完結させてしまったほうがまだましかな」という心理が働いてしまうので、自然と一人で完結してしまう傾向があります。

いつも自分の番で会話が途切れてしまう…という自覚があるなら、一人で話を完結させてしまうクセがあると自覚しましょう。まずは気づくことから始めることが大切です。

会話が続かない原因とは?【同性の友達編】

相手のことをよく知らないから

ビールで乾杯

性別が同じ友達って話すハードルが低いですよね。異性と話すときより会話が続きそうですが、「同姓の友達と会話するのって意外と難しい」と感じていませんか?

性別の壁がない状態でも何となく会話が続かない…それは相手のことをよく知らないことが原因にあげられるかもしれません。毎日顔を合わせような友達だとしても意外と相手のことって知らないケースが多いんです。趣味や好きな洋服のブランド、興味があること…会話のネタになるような材料がないと会話って続きません。

嫌われたくない気持ちがあるから

海辺で考える女性

女同士ってお互いの距離感にとても気を遣いますよね。グループの輪を乱したらどうしよう、嫌われてしまったらどうしよう…そう思う気持ちがどこかにあるはずです。そんな心理を抱えてしまうと話すことに臆病になってしまい、言いたいことが言えなくなってしまいます。

会話の続かない人が周囲の会話に混ざると同調しかしない原因には、この心理が関係しているんですよ。嫌われたらどうしよう、と思ってしまうのは誰でもあることです。しかしそればかり頭にあるといざと言うとき自分の意見を伝えられなくなってしまいますよ。

波長が違うから

耳打ちする女性

いくら話が上手な人だとしても、友達との会話が続かないことがあります。波長が合わない人と一緒になると、コミュニケーション能力が高い人だって話が途切れてしまうことがあるんですよ。

「なんだかこの人、一緒にいるだけでズレを感じる…」というような感覚があれば、それは波長が合っていないということ。根本から合わないと感じる人とは無理に話題の広げ方を探らなくていいかもしれません。

会話が続かない原因とは?【異性の友達編】

単純に緊張している

談笑する男女

どうしよう、異性の友達と一緒になると急に会話が続かない…と悩んでいますか?同性の友人となら話せるのに、異性を目の前にすると話が途切れてしまう。それならただ単に緊張しているだけかもしれませんね。

学校や職場が同性同士が多く、異性と接する機会がなかった人は特にこのパターンに陥りやすいです。慣れれば会話が弾むようになりますが、壁を破るためにはある程度の努力と勇気が必要になってくるでしょう。

緊張するから避ける、を繰り返しているといつまでも異性との会話が苦手なままになってしまいます。とっさの場面でも言いたいことがちゃんと言えるようにはしておきたいものです。

共通の話題が見出せない

カフェでお茶する男女

性別が違うと共通の話題を探るのに苦労してしまいます。女同士で遊ぶことばかりしていると、男友達を目の前にどんな話題をふったらいいのか分からなくなってしまう。これが異性との会話が続かない原因の一つです。

趣味の世界観が違いますから、話の広げ方がいまいちわかりませんよね。男性って話す思考回路が女性と違いますから、話を盛り上げる方法がそもそも難しいんです。

弟や兄を持つ女性は幼少のころから男の世界に触れているので、共通の話題や趣味の話にすんなり入ることができます。一方女性の世界で育ってしまうと話の広げ方に苦労を感じてしまうようです。

性別を意識しすぎ

話し込む男女

男性と話すときってどうすればいいんだろう…と考えていませんか?もしかするとそう考えて構えてしまっていることが問題なのかもしれません。性別を意識するがあまりリラックスして話ができず、会話が途切れてしまうんです。

異性と話すからといって特別話の内容に難しい工夫は必要ありません。ただし、結論までの話が長すぎると男性は集中力を切らしてしまうので注意が必要です。

言いたいことを簡潔に分かりやすく話すように意識すれば、異性との会話はそんなに難しくありません。性別を意識すると、会話しながらあれこれ考えてしまうので話が続かない原因となってしまいます。

会話が続かない…解決方法とは

まずは「聞き方」を見直そう!!

盛り上がる女性たち

先ほど「聞き上手=話し上手」ということに触れましたが、実際にそのテクニックを手に入れるのにはどうしたらいいのでしょうか。聞き上手になるには、まず相手の顔を見るようにしましょう!

会話で大切なのは言葉のやり取りだけではなく、表情もとても大切なポイントとなります。「明日は彼とデートなんだ」と友人が言ったとしましょう。顔をあまり見ていないと「そっか、楽しみだね」ととりあえず言葉をかけるでしょう。

しかし、目に力がなかったりしょんぼりしていたらどうでしょう。彼とケンカしてしまった、恋愛に悩みを抱えている…そんな裏が読み取れますよね。聞き上手とはそう言うこと。相手の表情も含めて「読み取り上手」になりましょう。それができると話の広げ方がわかってきますよ。

会話は表情が大切

談笑する男女グループ

相手の表情を読み取ることが大事な一方、自分がどんな表情をするのかも同じくらい大切にしましょう。人は無表情で話をすると自然に警戒心を持つようになってしまいます。表情に変化がないと話し手は「この人、私の話に興味が無さそう」と気持ちがなえてしまうんです。

会話を広げる方法をあれこれ考える前に、表情豊かにコミュニケーションするようにしましょう。顔の変化でリアクションを示すと、「あなたの話に興味がありますよ」とアピールすることにつながります。

会話のテンポにあわせて表情でリアクションすれば話し手は気持ちよくコミュニケーションできます。このテクニックがあるだけで会話が続くようになりますよ。

会話が続かないなら、こうしてみよう!

相づちは適切に

談笑する女性3人組

聞き上手になるんだったら、とりあえず合間に相づちを入れていれば大丈夫なのでは…?と思っていませんか。確かに相槌は必要なのですが、やりすぎると適当に話を流してしまっている印象を与えるので逆効果です。下のような相づちをしていないかチェックしてください。

話し手が嫌がる相づち
  • へぇー
  • そうなんだ
  • はいはい
  • ふーん

こんな相づちって普段よくやりがちですよね。たまに出るくらいならいいのですが、あまり頻繁に使ってしまうのはよくありません。相づちは適切に、相手の気持ちが盛り上がるような言葉をチョイスしましょう。

話が盛り上がる相づち
  • うそ!?本当?
  • 私だったらそれ嫌だ~
  • いいなぁ!
  • それよくあるよね~

こんな感じで感情や共感を一言で表せるような言葉で相づちを入れると最高です。疑う・羨ましがる・共感する言葉は会話を盛り上げる必須ワードですよ。

話は簡潔に伝えよう

食事しながら話す男女

これは仕事でもプライベートな会話でも要求される大人の話術です。基本的に話は結論から切り込むようにしましょう。ちょっとした雑談でも「結論から」、を意識するだけで会話がつながるようになりますよ。伝わらない悩みを持つなら結論を意識して!!

方法は決して難しくなく、結果から入ればいいだけなんですよ。例を挙げて紹介してみましょう。「新しいコスメを発見して、友人にすすめる」トピックがあったとします。会話が苦手な人はたいてい「昨日、お買い物に行ったの」から始めるかと思いますがそれはNG.。

「ねえ、このコスメ知ってる?昨日見つけたの!」と話すのはいかがでしょうか。結論からざっくり伝えて相手の興味を引き、そこからどんな経緯で見つけたのか話すほうが聞くほうも楽しいんですよ。

これなら簡単!!会話の広げ方

「キーワード」で会話を続ける

談笑する男女

会話を盛り上げるコツを紹介してきましたが、リアクションや盛り上げ方の基礎が分かったらいざ実践です!そこで大事なのが具体的にどう広げていくかですよね。

方法として有効なのが、「キーワード」で会話を広げていくことです。話が続かない悩みを持つ人でもこれなら簡単と評判の方法なんですよ。

例えば友人が「昨日犬が怪我して大変だったの」と話しかけてきたとしましょう。「大変だったね」では話が続きません。「怪我はひどくなかったの?そういえば犬種はなんだったっけ」と相手がふってきた話題のキーワードを拾って会話をつなげるといいですよ。

無理に話題を切り替えない

険悪な男女

話を広げようとする意識はいいのですが、切り替えて広げようとするのはやめておきましょう。今の話題が続かないと思って切り替えてしまうと、相手は「全力でスルーされた…」とおしゃべりする気持ちがなくなってしまいます。

話題を切り替えるのではなく、先ほど紹介したキーワードを拾って広げたり関連のある話をするようにしてください。もし切り替えをするなら「そういえばさ、今の話聞いて思い出したんだけど」とナチュラルにつなげるようにしましょう。そうすれば相手は気分を害さずに会話を続けることができますよ。

\ POINT /

話を切り替える難しさ

会話を広げるのが苦手な人は、新しい話題を探さなきゃと必死になってしまいます。しかし、それはよくありません。新しい話題で盛り上げていくほうがよっぽとハードルが高いんです。目の前にあるキーワードを拾って広げたほうが何倍も簡単ですよ。

もっと会話で伝えられるようになる!たった2つのコツ

感想を伝えよう

ショッピングをする女性2人組

会話が続かないと悩むなら、自分の感想を伝える意識を持ちましょう。先ほどの相づちの部分にも共通するのですが、感情のこもったやり取りは確実に会話を広げます。

「へえ、そうなんだ」よりも「私もそれ分かる!」という自分の感情を伝える会話の仕方のほうが断然いいんです。相手の話を聞いて感想を簡単に伝え、そこから共感を広げていくといいですよ。

感情が伝わることで話し手は楽しくなり、無理に会話を続けようと意識しなくても自然に話題がつきないようになりますよ。驚く・面白がる・関心するなど感情のバリエーションを持ってリアクションしてみてください。

「具体性」を意識する

ホームパーティー

つかみどころのない話をされたら、みなさんどうしますか?多くの人は「返答に困ってしまう」と感じるはずです。会話で大切なのは、相手が突っ込みやすい話をすること。つまり具体性を意識すればいいです。

悩みを打ち明けるときは抽象的になってしまいがちで、相談したのに話が盛り上がらすに終わったということがよくあります。「悩んでいてすごく辛いの。どうしていいかわからない」では聞いているほうも分からなくなってしますね。

「彼と上手くいかないの。時間が合わなくて合えないうちに気持ちが離れている気がする」というように具体性を意識するだけで会話の質はどんどん変わっていくはずです。

こんな話題を出してみよう!!盛り上がるトピック5選

自分の失敗談

パソコンを見て驚く女性

話題に困ったら、まず用意しておきたいのが「自分の失敗談」です。くすっと笑えるような小さな失敗って誰にでもありますよね。人って他人の失敗話が好きなので、話題にすると高確率で盛り上がりますよ。

あるある話は特にいいですよ。筆者の体験上盛り上がった話といえば、交通ICカードについてです。チャージ残高が不足していると改札で止められてしまいますよね。それが無くなるようにオードチャージできるクレジットカードを作ったという話なんかが盛り上がりました。

「最近このカード作ったんだけど、これ持ってる?改札で止められるのが気まずいからオートチャージにしてみたんだ」と言うとだいたいの友人が「あれ気まずいよね~!」と共感してくれます。些細な話ですが、ちょっとした瞬間にすると話が盛り上がりますよ。

面白いニュース

パソコンを操作する女性

ニュースというと気難しく思えてしまいますが、新聞やスマホをチェックしていると意外と面白い記事があるのでそれを話題にするといいでしょう。特に住んでいる地域に関する話題は身近で入りやすいのでチェックしてください。新しいショッピングモールができるとか、大きなイベント等が話を広げるきっかけにうってつけです。

芸能人の噂話

こちらに微笑むスマホを持った女性

人の噂話って不思議と盛り上がりますよね。しかし身近な人の噂話ではなく芸能人の話題がおすすめです。身近な人を話題に上げてしまうと根も葉もないうわさを広めてしまうことになりかねません。

届かない世界にいる芸能人の話なら、私的な感情抜きに気楽に話すことができます。「お笑い芸人の○○が結婚するんだって!」「なんでそんなにお笑い芸人ってモテるんだろうね」とぽんぽん会話が弾みますよ。

会話が続かない方向け!!おすすめの書籍集

【朝日出版社】いい空気を一瞬で作る著:秀島史香

Amazonで詳細を見る

どうしても会話能力が向上しない…そんな悩みを抱えているなら書籍に頼ってみるのもありでしょう。こちらは話のプロであるラジオDJである秀島史香さんの著作です。話し方だけでなく、聞き方についても触れられているので会話の総合力を高めたい方におすすめですよ。

【すばる社】マンガでわかる!誰とでも15分会話がとぎれない!話し方著:野口敏

Amazonで詳細を見る

こちらはもともと単行本だったのを漫画にした本となっています。文章だけではいまいち読み進められない、という読書が苦手な方に読んでもらいたいメソッド本です。相手のことをよく知りたい、もっと会話が弾むようにしたい!と向上心がある方に読み応えがありますよ。15分以上話を盛り上げたい方は必見です。

【東洋経済出版社】たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書著:魚住りえ

Amazonで詳細を見る

こちらは、相づちや質問の仕方などやり取りに重点が置かれた書籍となっています。話す技術以前に聞く力がないな…と感じているならこの本からデビューしてみましょう。アナウンサーらしく簡潔で分かりやすい内容が評判を呼んでいます。人にインタビューして話を引き出す能力があるアナウンサーの秘訣が満載です!

まとめ

人が生きていくうえで欠かせない言葉のやりとり。毎日会話ってするものですが、スムーズにコミュニケーションを取るのって難しいですよね。まずは聞き上手を目指して会話力をつけるようにしましょう!

難しく構えてしまうと苦手意識から悪循環に陥ってしまうので、まずはリラックス。いきなり会話が上手になるくらいなら、苦労している人なんていませんよ。ちょっとずつできるようになればそれでOKです。

簡単にできる会話のコツから覚えていって、リアクションや切り返しのバリエーションを自分なりに増やしていきましょう。そうすれば、難しいテクニックなしにどんどん会話を広げられるようになること間違いなしです!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。