INDEX

口紅の基本

口紅

口紅は必要?

日常ではともかく、パーティーなどのフォーマルな場では、女性はフルメイクがマナーです。また、社会人になると、若くて美しい女性でもスッピンは好ましく思われません。

このように女性は口紅を塗ることがどうしても必要になってきますので、自分の魅力を発揮するためにも似合う色の口紅をいくつか持てるようにしておきましょう。

口紅を塗ることのメリット

唇

口紅はファッションに色どりを添える大切なアイテムですが、唇の乾燥を防ぐ役割もしています。普段ノーメイク、口紅は好きじゃない、という方でも、乾燥を防ぐためにリップクリームを塗るのがおすすめです。

また、スッピンだとなんとなく顔色が悪く見える、具合が悪そうに見える、という方もけっこういるのですが、口紅を塗ることによって印象が明るく元気になります。

最近の口紅のトレンド

口紅は赤系、オレンジ系、ピンク系、ブラウン系、ベージュ系などさまざまな色がありますが、ここ数年人気が高いのは青みがかったピンクです。

明るいピンクは子供っぽい色になってしまうこともあるのですが、青みがかったピンクはちょっとミステリアスな魅惑の色。上手く使いこなせたら大好きなあの人からも注目してもらえるかもしれません。

口紅を選ぶときのポイント

肌の色から似合う色を探す!

日本人の女性は、ほとんどがブルーベース、またはイエローベースの肌の色をしています。これは単に肌が黄色っぽいか青色っぽいか、ということではなく、髪や目の色なども考慮して判断するものです。

よく参考にするのが、アクセサリーはシルバーとゴールドのどちらが似合うかという点です。シルバーのほうが似合う人はブルーベース、ゴールドのほうが似合う人はイエローベースといわれています。

また、日焼けをしたときに、赤くなりますか?小麦色になりますか?赤くなってしまう人はブルーベース、小麦色になる人はイエローベースです。お化粧選びはこのブルーべースかイエローベースかで判断することが多いので、ぜひ知っておきましょう。

パーソナルカラーから似合う色を探す!

口紅を選ぶ時に、イエローベースかブルーベースかを見るのは基本ですが、もうひとつ、パーソナルカラーから判断する方法があります。このパーソナルカラーは、スプリング、サマー、オータム、ウインターの4種類があり、より詳しく自分に似合う色を見つけることができるようになります。

スプリングタイプは瞳の色がソフトなブラウンやゴールデンブラウン髪の色はブラックまたはダークブラウンです。口紅は淡いピンクやコーラルが似合います。 オータムタイプ瞳の色がダークブラウンやゴールデンブラウン髪の色は茶色や赤茶色、栗色です。口紅はオレンジやブラウン、ベージュが似合います。

サマータイプは瞳の色がソフトなブラウンまたは灰色や赤味のあるブラウン、髪の色はブラックやブラウン、アッシュ系です。青みがかったピンクやマゼンダ、紫がかった色が似合います。

ウィンタータイプは瞳の色が黒またはダークブラウン、髪の色はこげ茶色やアッシュブラウンです。口紅は温かみのあるブラウンや紫色が似合います。

口紅を塗るときのコツ

口紅は塗り方で印象が変わる!

リップを塗る女性

口紅はその色単体だけで似合う・似合わないを決めてしまうのは早すぎます。似合わないと思ったとき、どんな塗り方をしたでしょうか?もしも口紅を直接唇に塗ってみて、それが似合わないと感じたのなら、もう少し淡い色づきになるようにしましょう。

まず下地やリップグロス、リップクリームを最初に塗ります。そのあと、軽くティッシュを唇に挟んで、余分な脂分を落とします。それから口紅を唇の上に、ポン、ポン、と置いて、少しずつ色を置くようにします。また、リップブラシを使って、少しずつ色を重ねていく方法もあります。

リップブラシはとても便利なもので、合わないと思う口紅を他の色とまぜて新しい色を作ることもできます。どうしてもその色が似合わない、という方は、絵の具のように他の色をまぜて使ってみましょう。あなただけのオンリーワンの色が見つかるはずです!

また、輪郭をハッキリ描くのかぼかすのかでも、印象がガラリを変わります。筆者はまだメイク初心者だったころ、輪郭をぼかした塗り方にあこがれて、唇にファンデーションを塗ってから口紅を塗っていました。

今にして思えば恥ずかしいメイクをしていました。唇の輪郭をぼかしたいときは、ポンポン置いていくか、リップブラシを使うのが正解です。

口紅のタイプから似合う色を探す!

口紅にはシアータイプとマットタイプの2種類があります。シアータイプは透明感のある淡い色づき。つややかな仕上がりになり、やわらかい雰囲気になるので初心者さんでも使いやすい色味になります。

マットタイプは唇にしっかり色づく口紅です。口紅がくっきりと発色するので、ナチュラルメイクの方がマットタイプの口紅を塗ると、それだけでもずいぶん雰囲気が変わって見えます。ゴージャスさやデキル女を演出したいときはこちらのタイプがおすすめ。

もう似合わないなんて言わせない!きっと見つかる!似合う色の口紅ランキング

【第5位】レブロンカラーバーストリップバター096

Amazonで詳細を見る

自然な仕上がりでリップクリームのような軽い付け心地です。程よく色づくリップスティックでうるおってツヤツヤに仕上がります。リップバームを塗ったようなうるおった唇に。乾燥をしっかりケアし、唇のコンディションを整えます。

【第4位】ボンボンスティックグロス2

Amazonで詳細を見る

発色が良く、うるおいのある仕上がりで人気のグロスです。これ1本で口紅の代わりにも使えますが、似合わないと思っていた口紅に重ねて色味を変えることもできます。美容液成分85%配合でSPF21 PA++

【第3位】キャンメイクステイオンバームルージュ03タイニースウィートピー

Amazonで詳細を見る

ご存知キャンメイクの口紅です。肌なじみがよくカワイイと評判の色です。一見濃い色かな、と思っても、塗ってみるととても自然な色。若々しくはつらつとした唇が実現!

【第2位】【EsteeLauder(エスティローダー)】ピュアカラークリスタルシアーリップスティック#01

Amazonで詳細を見る

婚活リップとして人気の口紅です。こちらの色は品よく控え目で、ナチュラルに仕上がります。シアータイプでツヤツヤの唇が実現できちゃう主張しすぎない色です。クリスタルのような発色が長時間持続する、スウィートなフィグ(いちじく)の香りのリップスティック。

【第1位】フェルム紅筆リキッドルージュ02上品なレッド

Amazonで詳細を見る

人気のプチプラブランド、フェルムのリップブラシ付きの口紅です。リキッドルージュなのでツヤのある若々しい仕上がりになります。口紅を紅筆にとって塗るように、輪郭をくっきり描けます。こっくり厚みがある塗布膜で気になる縦ジワや凹凸もなめらかにカバー!

ベタつかないテクスチャーで時間がたっても色が落ちにくいティントタイプです。唇にうれしい4種の美容液成分配合(ヒアルロン酸・コラーゲン・ローヤルゼリーエキス・カミツレエキス)、うるおいを密閉するシアバター(保湿成分)配合。

色はいくつかのバリエーションがありますが、こちらの「上品なレッド」が一番人気です。レッドと聞くと派手なイメージを持たれるかもしれませんが、こちらは派手ではないベージュピンクっぽい赤です。

ランキング入り商品の共通点

こちらでご紹介したのは、いずれも色味は自然で薄付きのものばかりです。フォーマルな席ではゴージャスな色も欲しくなりますが、日常生活ではナチュラルな仕上がりのほうが失敗がなく、使いやすいものです。

合う色がどうしてみ見つからない方はリップパレットはいかが?

MakeupAcc 人気32色メイクアップパレット 20色アイシャドウ+6色リップカラー+3色チークカラー+2色コンシーラー+1つハイライ パール 鏡付き アイシャドウブラシとリップブラシ 2 in 1

こちらはアイシャドウとリップカラー、チークカラーにコンシーラーまでセットになった、初心者さんには嬉しいパレットです。これだけ揃っていてもお値段プチプラなのも嬉しいですね。

合う色がどうしても見つからないという方は、6色のリップカラーをまぜて使ってみてもOK。アイシャドウやチークと一緒に自分の色を探すのが楽しくなります。

まとめ

洋服を買うときにもいえることですが、好きな色が似合う色とは限りません。まずは自分のカラーを知って、そこから似合う色を見つけていくと意外な色が似合うことを発見することがあります。

また、塗ってみて似合わなかったからとあきらめるのではなく、リップグロスで重ね塗りをして色味を変えたり、複数の色をまぜて使ってみることも似合う色を作る方法です。工夫次第で口紅の色は調整できるので、ぜひあきらめずに、似合う色探しをしてみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。