INDEX

黒染めってどんな商品?

黒染めとはどんな商品のことで、他のカラーリング剤とどう違うのでしょうか? また、黒染めを家でやるメリットとは何でしょうか?詳しく調べてみました。

黒染めとは?

黒染めとは、「髪を黒く染めること」単純に言葉のままに言うとそうなんですが..。 例えば、学校の規則、就職活動、実習、成人式、冠婚葬祭、そんな理由で明るくしている髪の色を、黒く染めること、元の髪の色に戻すことのことを、一般的に「黒染め」いいます。

白髪を染めるのも黒く染めるのですが、その場合は「白髪染め」という言葉を使います。 一度黒に染めてしまうと、元の明るい色するのは難しい場合があります。

ヘアカラー、黒染め、髪色戻しの違い

ではヘアカラーは、黒染めとは違うのでしょうか?へカラーは髪に色をいれることで、多くは、一度ブリーチをして色を抜いたところに、カラー剤で色を入れます。では黒染めと髪色戻しの違いはなんでしょう?

基本的には一緒だと思います。一説には髪色戻しの方が、明るい色に戻しやすいとも言われていますが、市販のものですと、違いがあまり分かりません。 美容院でやる場合は、違いが出るようです。

黒染めを家でやるメリット

セルフでの黒染めは、家でやるより美容院でやる方が手間はかからず、失敗も少ないのですが、金銭面などでいくつかメリットがあります。

セルフ黒染めのメリット
  1. 【お金が安く済む】美容院によって違いがありますが、美容院の黒染めは最低3000円~5000円はかかります。 自宅の場合、500円~1000円くらいで済みます。最近では髪が傷まない黒染めも多いですし、手軽にできます。
  2. 【緊急時にすぐできる】緊急で髪を黒くする必要がある時でも、コンビニで販売しているので24時間いつでも黒染めできます。

黒染めの選び方のポイント

沢山ある黒染めの中で、どれを選んだらいいのでしょう。自分にはどのタイプがあっているのか、選ぶための基準や選び方を紹介します。

1日?1週間?期間で選ぶ

黒染めを選ぶときに、もしかしたらこの「黒くする期間」で選んでいる人は多いと思います。黒染めをする理由の多くが「今すぐ黒く染めなければいけない」と緊急性があるからです。

「急に面接が入った」「夏休み中に学校から呼び出しがあった」「冠婚葬祭で田舎に帰る」 など黒染めをする理由はそれぞれですが、1日だけでいいのか?1週間は必要なのか?それとも暫くは黒い髪でやっていくのか?その事情によって、選ぶことができます。

黒染めは一度やると、次にブリーチして明るいカラーを入れるのは難しいのです。明るい髪の色が気にいってる場合、ずっと黒くはしたくないと思う人がほとんどでしょう。後でも具体的に商品を紹介しますが、黒染めにはいくつかの期間によって使い分けることができます。

【黒染め期間別種類】
  • 1日だけ用
  • 1週間用
  • 通常の物

初心者は泡タイプがおすすめ

これは初心者ほど、染めやすいタイプ、染めるのに簡単なものを選んだほうがいいでしょう。 黒染めのタイプは大きく分けると4つあります。

黒染めのタイプ
  • スプレータイプ(1日用が多い)
  • クリームタイプ
  • ムース、ホイップなどの泡タイプ
  • ミルキータイプ

美容院でよく使われるのは、クリームタイプですが、一人で染める場合は、後ろ部分が塗りにくく、塗り残しが残ってしまいます。 おすすめは、ムース、ホイップの泡タイプです。

これなら、泡が中まで浸透するので、後ろ部分を染めるのも簡単で、しっかり染めることができます。スプレータイプは、簡単ですが、シャンプーで落ちる一日だけ用のものがほとんどです。

髪に優しい成分で傷まない

黒染めというと、髪が痛み、パサパサになるというイメージありませんか? 一昔前までの黒染めは、匂いもツーンときつく、髪の毛が痛みました。私も母親が黒染めをしていた時は、部屋中に充満するその匂いが苦手でした。

最近の黒染めは髪に優しい成分、潤い成分が入っているのがほとんどで、染めた後でも、髪がつやつやサラサラです。染めた後のトリートメントを付属している場合も多いので、髪がしっかり補修されます。その中でも、天然素材配合のものは髪にも、頭皮にも優しいので、成分に注目して選ぶといいでしょう。

家で黒染めする時に注意すること!

黒染めする準備

まずは準備です。 周りが汚れないように、お風呂場でやる、床に新聞紙を敷くなどした方がいいでしょう。 その他準備するものをまとめてみました。

準備するもの
  • 汚れてもよく脱ぎやすい服
  • ケープ
  • 汚れても良いタオル
  • 目の粗いくし

手袋などは付属してるのがほとんどですが、ない場合は用意します。ケープや耳キャップは100均に売っています。 黒染めを始める前に、肌につかないように、コールドクリームなどで、生え際のところの肌、耳に塗ります。これをしないと後で結構大変なことになります。

髪を傷めず染めるコツ

なるべく髪に優しい成分が入っている染め剤を使う事。ホホバ種子油、ツバキ油、イチョウ葉エキスなどの潤い成分が配合されていると、髪の傷みを防ぎます。

それでも、黒染めの後の髪の毛は、キューティクルがはがれやすい状態です。 染めた後のトリートメントをしっかり行いましょう。

美容院でトリートメントして貰うのもいいと思います。 保湿効果が高く、髪にタンパク質を補うタイプのトリートメントで、髪の内部から潤いを補給しましょう。 後、染める時に必要以上に長い時間おくのも良くないです。説明書の時間通りに、特に髪が傷んでいる人は気持ち短めでも、色が入りやすいので大丈夫だと思います。

キレイに染めるためには

まず慣れていない人は、ムースタイプ、泡で染めるタイプの物を購入しましょう。 コレでしたら、器用でない方も後までキレイに染めることができます。 誰かみ見てくれる人がいるなら、後は塗り残しがないか、見てもらってほうがいいでしょう。

後は、毛先、生え際を丁寧に染めていきます。 ロングの人は、モノによって足りなくなってしまうかもしれないので、2本買っておくほうが安全です。 室温も関係しています。熱すぎる部屋では液だれして、生え際の肌に液がついてしまいがちです。

冷えすぎた部屋では染まるのに時間が余計にかかってしまう可能性があります。暑すぎず、寒すぎずと部屋の温度を調整して下さいね。

おすすめ黒染めランキングトップ12

【第12位】ポーライデアスタイルトリートメントグロスカラー

美容院でカラーリングしたようなツヤ、キレイに染まるセット商品です。 カラーリングしながら髪をしっかりトリートメントするので、染めても傷みません。 クリームタイプでお値段高めですが、仕上がりの良さで人気がある商品。

【第11位】フレッシュライト髪色もどしスプレーナチュラルブラック

スプレータイプの黒染めで、シャンプーで洗い落とせるタイプです。 急に髪を黒くしなくちゃならない!という時に、シューっとスプレーするだけで、黒く染まります。 成分も優しくゆずセラミドの潤い成分、染める時に傷みがちな髪を毛先まで保護し、しっとりと仕上げます。

スプレータイプなので、全体をキレイに染めるにはコツがいります。あまり近くなく遠くでスプレーをひろい面にふりかけ、くしで伸ばしと全体にきれいに入ります。 短い髪の人はいいですが、長い髪の人は内側まで染めるには丁寧にやらなければならず、時間がかかります。

とりあえず外側だけでいいという人や、メッシュのような感覚で使うのもあり!内側の明るい部分が、髪が揺れるたびに見えるので、オシャレでカッコイイです。

【第10位】パルティ1週間だけのターンカラーナチュラルブラック

少しの間だけ髪の色を黒くしたい人向けの商品です。効き目はだいたい1週間。 就職活動の時、急に冠婚葬祭があった時など便利ですね。 染まりにくい、太くてかたい髪、くせ毛で多い髪などにもしっかりと染まり、髪質によっては1週間以上戻らない場合もあるようです。

匂いもつーんとした嫌なにおいではなく、フルーティなマスカットの香り。染めている時の頭皮が痛んでいるひりひり感もなく、スッキリ染められます。 時間をしっかり置かないと黒には染まりませんので、注意して下さい。

染めた後のゴワゴワした感じもなく、サラサラとした仕上がりなので、短い期間だけ染めたいけれど髪を痛ませたくないひとに人気のある商品です。

【第9位】パルティターンカラースプレーナチュラルブラック

緊急に1日だけ染めたい!」そんな時に簡単に黒く染めることができるスプレーです。シャンプーで落とすことができるので、手軽で安心です。 色は真っ黒すぎない、自然なブラック。スプレーをするとハードスプレーをした時のように髪がバキバキ固まります。それも踏まえてワックス代わりも使うといいと思います。

スプレーが渇くまでは、髪に手を触れないようにします。髪質によっては、シャンプーでもなかなか落ちず、何日か黒が残ってしまう場合もあるようです。公式ページでは「落ちない時は石鹸を使って下さい」の記載がありました。

また使った後に、帽子や枕、車のシートなどにつく可能性があるので、注意が必要です。私が使った時は、完全に乾くと色移りはほとんどしませんでした。汗かきさんは気をつけたほうがよさそうですね。女性だけではなく、男性にも評判がいい商品です。

【第8位】クイスクイスデビルズトリッククールブラック

パッケージがとてもかわいい人気のクイスクイスの黒染めです。色は「クールブラック」! このシリーズはどちらかというとアッシュ系の派手なカラーリングが有名で、青や紫、ピンクなどのカラーバリエーションがあり、発色がいいのです。

この製品の特徴は、傷んだ髪ほどよく染まるというもの。時間も5分と短時間で染めることができます。 色素がイオン化して細かいため、髪に多いマイナスイオンとくっついて発色します 。

しかも髪のを保湿するために、ホホバ種子油、ツバキ油、イチョウ葉エキス配合しているので、「パサつき感がないつや髪」に仕上がります。 クールブラックという色は、マットではなくツヤ感のあるブラック。 香りはローズの香りです。

【第7位】パルティ1週間だけのターンカラーナチュラルブラック

クリームタイプの白髪染めです。白髪染めの中でも一番と言っていいほど、有名なものかもしれません。染め残しがないよう、たっぷり目に入っています。 髪全体を染める時でも、部分染めをする時でも、使いたい分だけ小分けにできるのが、クリームタイプのいいところですね。

アボガド、ホホバ、ヒマワリの3つの天然植物成分が入っていて、パサつきがちな髪も仕上がりがつややかに、しっとり仕上がります。

昔からある白髪染めは匂いがきついのが多いのですが、これは匂いがきつくなくて、塗りやすいのでおすすめです。特に生え際だけキレイに染めたいなど、部分染めの方が多く利用しています。カラーは暗めの黒から、少し明るめ自然な黒まで、バリエーションも多いです。

【第6位】ビューティラボホイップヘアカラー髪色もどし

もちっとしてふわっとしたホイップタイプの黒染めです。泡タイプの黒染めは、簡単にムラなくキレイに染めることができることから、はじめて染める人、慣れていない人にとてもおすすめです。自分では見えない部分も、泡だと全体にいきわたるので、染め残しなく染まります。香りは上品なローズの香りです。

付属のシェイカーで両手で大きく30回振りますと、ふわふわな泡が作ることができます。この作る作業も楽しくて、人気!出来た泡を手ですくって、髪に付けます。仕上がりは、つやつやしてしっとりとまとまる髪に。 さらにアフターカラー美容液付きです。

【第5位】リーゼプリティア泡カラー髪色もどし

泡タイプの黒染め、髪色戻しです。液だれしない、もっちりとした濃密泡なので、根元からキレイに染めて、染め残しを作りません。 明るい色の髪色戻しに、使用する事ができます。

サラサラでしっとりとした仕上がりの秘密は、シルクエッセンス*(毛髪保護成分)、ロイヤルゼリーエキス(うるおい成分)配合! アフターカラーのヘアパックがついているので、更にしっとりまとまる髪になります。こちらは1回の使いきりタイプなので、部分染めで余ったとしても、廃棄して下さい。

泡タイプの白髪染めのいいところは、後までしっかりと染められること!クリームタイプだと、自分一人で行う場合慣れていないと、どうしても後ろ部分が染まらないところがでます。染めるのが初心者の方は、泡タイプの黒染めから挑戦したほうがいいと思いますよ!

【第4位】ビューティーントーンダウンカラー

キッチリと黒染めができるのに、次にカラーを入れる時も明るくなるのが、この商品の最大の特徴です。黒染めで悩むところは、次にカラーを入れたいときに全然色が入らないこと..。 これがあるから、なかなか黒染め出来ない方もいるのではないでしょうか?

キッチリと黒染めができるのに、次にカラーを入れる時も明るくなるのが、この商品の最大の特徴です。黒染めで悩むところは、次にカラーを入れたいときに全然色が入らないこと..。 これがあるから、なかなか黒染め出来ない方もいるのではないでしょうか?

気をつけるのは、かなり色を抜いた状態の傷んだ髪の毛の場合、思ったより黒く染まりすぎるかもしれないことです。こちらは白髪用ではありません。

【第3位】パルティターンカラー<ナチュラルブラック>

ブリーチでかなり明るくなった髪でも、一度で自然なブラックに戻します。 パルティのシリーズは、1日だけ戻すスプレータイプ、1週間の短期間だけ戻すタイプも人気がありますが、一番人気はこちらのタイプ。

コンビニにも置いているので、薬局がしまった深夜の時間帯に急に戻す、と言った場合でも利用することができます。 色のもちが良く、口コミでは1カ月~2カ月、色が持ったという声もありました。真っ黒過ぎず、自然な黒色にそまり、多少長く置いて黒さが濃くなっても、違和感がないほどの自然な色。

使い勝手もいいのも人気の秘密!匂いもきつくなく、ほぼ無臭。金髪に近いほどの明るい髪の色でも黒く染まります。夏休みに金髪にして、黒に戻すなんて理由の高校生の需要が多い商品です。

【第2位】フレッシュライト髪色もどしクールブラック

ブライスのかわいいパッケージが人気の商品。クリームよりももっとゆるいミルキータイプで、くし型ノズルがついているので、とても簡単に染めることができます。髪の健康を考えて、8種類のアミノ酸を配合し、潤いのあるしっとりした髪に仕上がります。

香りはつんとしない、グリーンアップルとカシスのさわやかな香り。液が少なめなので、セミロング、ロングで真っ黒にしたい人は人は、2箱用意しておいた方がいいかも。染まりがいいので、他の髪色戻しよりよく染まります。

髪に傷みが強い人だと、色が強く入ります。時間を短めにするなど工夫が必要です。そのほかの人には、黒すぎず、ナチュラルなブラックと評判がいいです。

【第1位】LUCIDO-Lミルクジャム髪色もどし#ナチュラルブラック

1位人気の理由は、染め時間の短さ(約5分放置)、髪にダメージを与えない、どこからでも塗れると、染めるのにめんどくさいこと、デメリットが、とことん排除されているから! ミルクジャム成分は、髪の表面に伸ばすと内側まで、しっかりさっとなじみます。

髪一本一本に密着して、塗り残しをなくし、根元までしっかりと染まります。 香りも優しく、髪に残りにくいため、その後のシャンプーの香りとぶつかる心配もありません。 髪を包むヘアケア成分は以下です。

製品の成分

とても豪華ですね。 口コミでも「自然な色になった」「髪に絡まらず塗りやすい」「しっかりと染まった」「髪に優しい」と驚きの声が多かったです。

ランキングで紹介した黒染め比較

黒染めのおすすめランキングですが、ほとんどの商品が髪色戻しという名前になっています。7位の商品は、白髪染めのタイプです。

1日だけ髪色を戻すスプレータイプは、染めてもシャンプーで落ちます。簡単に染めることができますし、すぐ落ちるタイプなので髪にもダメージがいきません。 その中でもパルティ ターンカラースプレー ナチュラルブラックは、スプレーした髪が硬くなって、ハードに硬める効果があります。

いつも髪を固めている人には、一緒にできてちょうどいいかもしれませんが、ナチュラルなヘアスタイルの人には向かない商品です。 そういう人は11位のフレッシュライト 髪色もどしスプレー ナチュラルブラックを使ってみてください。こちらは、髪の毛をしっとりとまとめるタイプです。

使いやすさで言うと、ビューティラボ ホイップヘアカラー、リーゼ プリティア 泡カラーが、泡タイプのものなので、扱いやすくはじめてでもキレイに染めることができます。ミルキータイプのものでもいいですが、やはり泡タイプのほうが使いやすいでしょう。

私が個人的に一番お勧めなのが、4位のビューティーン トーンダウンカラー。これの最大の特徴が、黒染めをしっかりするのに、次に明るくしたい時も、カラーを入れると簡単に明るくなるというもの。

1回でも黒染めした人には、わかると思いますが、1真っ黒に染めてしまうと次に明るくしたくなっても、ブリーチしてもなかなか明るくならないのです。 美容院でやる黒染めは、それを配慮して特別なものでやるので、明るくなりやすいと言いますが、自宅でも可能にしたのがこの商品です。

もし似合わなかったら、黒にすぐ飽きてしまったら、洋服と合わなかったらという不安も、「また明るくすればいいや」と思うと、ちょっと安心ですよね。

1位のLUCIDO-L ミルクジャム髪色もどしはトータルで全てが揃った商品です。 早く、ダメージがなく、どこからでも簡単にできるという点で1番人気なのも納得です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?急に黒染めしなくちゃならない時でも、自宅でできるとなれば安心ですよね。自宅でやるのは無理かな?と思っているかたも、この記事を読めば自信を持ってできるのではないでしょうか?

黒染めのおすすめの商品を12アイテム紹介しました。特に黒染めすると、次に明るくする時に時間がかかる、と思っていた方にもおすすめの商品があります! 黒染めの選び方はいろいろありますが、用途に合わせて、髪質に合わせて、手軽さ基準で、お好きなものを選んでくださいね。

関連のおすすめ商品

黒染めとは間逆と言ってはなんですが、キレイに青く染まるカラーリング剤を紹介します。青というのは実は一番染めるのが難しい色。でもこれを使えばキレイに青に染まります。興味がある方は一度染めてみては?似合わなくても黒染すれば大丈夫ですよ♪

クイスクイスデビルズトリックターコイズブルーアッシュ

パルティポイントカラーチューブブルー

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。