復縁したい元カレをデートに誘うには?

スマホを見ながら考える女性

ファーストコンタクトで元カレの反応を見る

復縁を望むなら、別れてからしばらく冷却期間を置いて連絡をするのが妥当です。と言っても「まだ未練があるから復縁したい!」という気持ちを悟られないようにするのが、復縁を成功に導くポイントです。 「久しぶり。ちょっと聞きたいんだけど…〇〇ってどこで買ったんだったっけ?」のように、あくまでも必要に迫られて連絡をした的なスタンスを保ちましょう。 元カレの反応があまり良くなかった場合はもう少し期間が必要ですが、返信内容に手応えがあるようならしばらくメールやLINEでのラリーを続けましょう。

元カレの興味を引く

ある程度メールの頻度が多くなったら、フランクな感じに誘ってみます。その場合は元カレの趣味や好きなことを考慮して誘うのがオススメです。 例えばサッカー好きの元カレなら「職場の人からサッカーのチケットもらったんだけど一緒に行く?」など、何も考えずに「行きたい!」と思ってもらえるようなイベントにサラッと誘うのがポイントです。 しかしテーマパークなどいわゆるデートスポットに誘うのは、復縁を匂わせる可能性もあるので、避けた方が良いですね。

お礼をきっかけに誘う

嬉しそうにスマホを見る女性 まずは「私の友達が〇〇君と連絡取りたいらしいんだけど、伝えてあげてくれないかな?」など、第三者を絡めたお願い事をします。 その後「この間はありがとう。すごく助かったみたい。忙しい時に手間取らせて申し訳なかったから今度ランチでも奢るよ」と、お礼を理由にすれば誘いやすくなります。 もし断られてしまっても「じゃあまた次の機会にね!」とあっさり流しておきましょう。

頼み事をする

元カレをデートに誘う時は何か理由が必要ですが、頼み事があればこちらから誘いやすくなります。 例えば「今度弟の誕生日なんだけど、何買って良いのかわからないから付き合ってくれない?」と、自分ではなく第三者に関する頼み事の方が、未練を感じにくいです。 見ず知らずの友達のプレゼントだったら「なんで俺が?」と思われてしまいがちですが、家族、姪っ子、甥っ子など、面識があったり、付き合っていった時に会話に出たことがある人物となれば、断りにくくなります。

復縁したい元カレとデートする時のコツは?

カフェでデートするカップル

デートする場所や時間は?

付き合っていた時に行ったことがある場所は避けましょう。復縁したいという想いが相手に伝わりやすいですし、元カレ的には別れた時の気持ちを思い出してしまうかもしれませんよね。 新しく出来たカフェや、期間限定のイベントなど、お互いが知らない場所の方が新鮮で刺激があり、また新しい恋を始めてみようという気持ちになります。 また最初のデートはランチやお茶など短めに切り上げて、元カレに「もう帰っちゃうの?」と思わせるのが効果的です。 「もっと一緒に居たい」と思ってもらえるかどうかが、復縁するためのカギとなります。

どんな会話が良いか?

一度は付き合っていた仲なので、元カレの言われたくないことや嫌いな話題などは心得ているはずですよね。口が滑ってもそれらの話題は出さないようにしましょう。 一番良いのは、別れてから始めたことについての会話です。キャリアアップするための資格取得を目指していることや、新しく始めた趣味の話題でも良いですね。 ただし自分磨きの話題は避けて内面的な事だけにしておきましょう。外見的にも努力していても、それは自分からではなく元カレが気付くことで効果を発揮します。 自分の話だけではなく、元カレの話にも笑顔を絶やさず「うん。そうだね」と相槌を打ちながら楽しそうに聞くと、その場の雰囲気が和やかになりますよ。

好感度が上がる服装とは?

洋服を選ぶ女性 復縁を望むなら、デートは付き合っていた頃のイメージとは違うファッションで出かけましょう。 以前のイメージとは違うあなたを見ることで、元カレは新鮮味を感じて、元カノというより新しく出会った女性とデートしている気分になります。 とは言え無理し過ぎて自分の雰囲気とはかけ離れたファッションにするのはマイナスになってしまうので、自分に合ったファッションを周りの人に聞いてみたり、パーソナルカラー診断をしてもらうのもオススメです。

常に明るく!

久しぶりに元彼とデートするとなれば、緊張して表情が硬くなってしまいます。さらに復縁を意識するあまり、普段通りに自分を出せないかもしれません。 しかし復縁するために与えられたせっかくのチャンスを無駄にするわけにはいかないので、デートの際はできる限り笑顔を絶やさないようにして、明るい雰囲気を作りましょう。 意識し過ぎて不自然な笑顔にならないよう、ただただ好きな人との時間を楽しむことだけを心がけてください。

次のデートにつなげる!

一度きりのデートで終わってしまえば復縁は無理なので、アフターケアをきちんと行います。 デート後には必ずメールやLINEで「今日はありがとう。次は私がごちそうするね」と、それとなく次のデートを匂わせることで、元カレは誘いやすくなります。 もし鈍感な元カレなら、行きたい場所や用事がある場所を伝えて自然な誘い方をしてみましょう。

復縁したい元カレに告白するなら何回目のデート?

男性を見つめる女性

最初のデートは冷却期間を経てから

別れてすぐに「復縁したい!」と思っても無理な話です。 元カレにしてみれば「別れた理由を本当にわかっているのか?」と疑問に思うでしょうし、男性が別れを切り出す時はじっくり考えた結果なので、すぐに気持ちが切り替わるとは思えません。 寂しさを感じたり元カノの大切さに気付いてからの方が復縁の確率が高くなるので、最低でも3カ月~6か月は冷却期間を置いて、その間に自分磨きをしながら復縁の時期に備えましょう。

復縁したくなる時期を狙う

プレゼントを渡す女性 これは女性にも共通して言えますが、クリスマスやバレンタインなどカップル向けのイベントが近くなると人恋したくなりますよね。 お互いの誕生日や2人だけが知っている記念日となれば復縁したい気持ちがバレバレなので、できれば世間一般がハートマークで溢れる時期にデートに誘うのがオススメです。

最初のデートで様子見する

1回目のデートでの告白はハードルが高すぎます。さらに言うなら、復縁したい気持ちを悟られるのも避けたいところです。 あくまでも元カレに「やっぱり気が合うな」「またデートしたいな」と思わせるのが目的です。 そもそも初めのデートは、元カレの自分に対する態度を確かめるための時間です。また会いたいと思ってもらえるように、復縁デートのコツを押さえておきましょう。

2回目以降のデートで復縁を匂わせる

2回目以降のデートでも引き続き「また会いたい」と思わせるのは大切ですが、徐々に付き合っていた時の思い出話や別れた後の思いに触れていきます。 元カレに振られた場合は、その後別れを受け入れて反省したこと、振った場合は後悔していることを伝えて、友達よりは深い関係になることを目指します。 ただし元彼もゆっくり考える期間が欲しいと思うので、ハッキリと告白するのは次回以降にしましょう。

元カレの態度を見極めていざ告白!

何回かデートを重ねていき、元カレが冷却期間の間について質問してきたら、あなたに興味がある証拠です。 またデートをしている時に付き合っていた頃のような雰囲気になる瞬間がありますが、それは元彼があなたに気を許している証拠です。 この2つのポイントが確認できたら、デートの帰り道に思い切って告白をしましょう。ストレートに「やっぱり忘れられないから、もう一度やり直してもらえないかな」と、誠実な言葉で気持ちを伝えるようにしてください。

まとめ

ハートを持つ女性 どうしても忘れられない元カレと復縁するに、まずはデートから始める必要があります。 焦らずゆっくりと離れていた期間の距離を埋めていくようにデートを重ねて、ここぞ!という時に告白をしてみましょう。 ご紹介したような復縁デートのコツとデートでの告白法を参考にしていただいて、復縁を実現させましょう!

記事が気に入ったらシェアしてね!