INDEX

四柱推命とは?

手相

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。

人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

干支・十干十二支(六十干支)とは?

陰陽思想と五行思想が結び付いたことにより、十干と十二支が組み合わさって十干十二支(六十干支、天干地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十干十二支があると思っていただけたらと思います。

十干は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子から始まり亥の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十干の「甲」の意味

音楽を聴く女性

甲(こう、きのえ)は十干の一番目であり、陰陽五行説では木性の陽に当てはまります。きのえ、というのは「木の兄」という意味で、イメージしているところは天高くそびえる大樹のような大らかさを表します。また、地位や名誉に恵まれることも多く、細かいことを気にしないので社長タイプの十干と言えそうです。

十二支の「戌」の意味

戌(じゅつ、いぬ)は十二支の十一番目であり、陰陽五行説では土星の陽に当たります。季節は秋、月は9月、時刻は19・20・21時、方角は北西微南を表します。忠誠心の強い番犬のように義理堅く、我慢強い性質を持ちます。

攻めより守りが得意で、主役より補佐役が適任という縁の下の力持ちポジションの人です。ただし、頑固すぎて周囲の人の足止めをしてしまうこともしばしばです。

甲戌女性の性格は?

見た目は地味だが頑張りや

カップル

甲戌女性は、着飾らず前へ出ないので周囲からあまりぱっとしないと思われることもあります。しかし、その内心に秘めた思いは強く、芯もしっかりしているので、粘り強く物事に取り組む性格です。

難しいことに対する理解力も高いため、本質を見抜く力を持っています。その才能を見初めることのできる上司に恵まれれば、身をひきたててもらえることも十分に考えられるでしょう。

プライドが高くやんちゃな性格

持ち前の気位の高さから、常にツンと構えている節があります。心の中には温かさや思いやりも持っているのですが、一目でそれと気づいてくれる人は少ないでしょう。

そのくせ勝ち気で明るい行動力も持っており、「私にまかせなさい!」と言わんばかりの態度で集団を引っ張っていく性質を持ちます。それが吉と出るか凶と出るかは、相手の干支との相性に大きくかかわってくるでしょう。

超マイペースな自由人

大樹の甲と個性的な戌がかけ合わさって、甲戌女性は自分の気の向くままにしか動かない超マイペース人間になりました。好きなことに対する行動力は見事なものなのですが、興味のないことに対しては放置モードに入ります。

それが仕事や家庭のことであれば大変です。周囲に見張り役のようなポジションの人がいれば、しぶしぶながらでも作業に当たることができるでしょう。

甲戌男性の性格は?

出世運が強い合理主義者

ビジネス

甲戌男性は生まれに関係なく能力と努力で出世し、高い地位に就く運気の持ち主です。その秘訣は無駄を徹底的に省く合理主義にあり、余計な行動は一切取りません。そのため人を切り捨てることもありますし、偏屈なタイプの甲戌男性も見受けられますが、基本的には「努力の人」という認識で間違いないです。

計算高く見られることも

周りからの印象で、甲戌男性はいつも自分の得になるように動く計算づくの男、と見られることがあります。しかし、本当は物事を深く追求するのが好きなだけなのです。また、細かいことにもよく気が付き、気配りの能力にも長けます。長く付き合うほど、甲戌男性の情の深さを感じることができるでしょう。

浮気に注意



所帯を持ってからも、甲戌男性は女性遊びにふける傾向があります。奥さんがしっかり見張っていないと、家庭崩壊の危機にみまわれるでしょう。信頼が厚い干支でもあるので、女性の方から寄ってくることもしばしばあります。要注意です。

甲戌男性&女性の恋愛傾向は?

甲戌女性の恋愛傾向

カップル

簡素な印象なのでモテるということはあまりありません。しかし、内に秘めている魅力と行動力は強いので、しっかりアプローチすれば大概の男性は落とせるでしょう。

付き合い始めてからは、相手のことを「結婚相手としてふさわしいか」「今後長く付き合っていけるか」と冷静に分析する傾向にあります。決して悪いことではありませんが、恋人関係を大切にするためにも愛情を注ぐことも怠らないようにしましょう。

甲戌男性の恋愛傾向

甲戌男性は仕事と同じく恋愛も勝者になりたいタイプです。お付き合いが始まった後、または結婚をした後も、パートナーの女性は甲戌男性のプレイボーイ気質に悩まされることになるでしょう。

コツは女性の方から先に「遊んでいるのでは?」と思われる素振りを見せることです。甲戌男性は心配症なので、そんな素振りを見たら慌ててあなたの元に帰ってくることでしょう。ただし本当に浮気してはいけません。手痛い報復が待っています。

甲戌の相性は?

最高の相性を持つのは「己卯(つちのとう)」

結婚

己卯にも努力家で分析力の高い性質があり、まずその部分で意気投合します。さらに己卯は創造性があり、甲戌が考え付かないようなサプライズを仕掛けてくれるので、関係に飽きが来ません。普通の人だと己卯の気まぐれに振りまわされますが、観察力に優れた甲戌ならその周期を読み取り冷静に対処することができるでしょう。

「戊寅(つちのえとら)」が相性◎

こちらも努力家で出世運の強い星です。相手の能力や資質を重視するため、努力で自分を鍛えている甲戌を認めてくれる存在になります。女性にはキャリアウーマンが多いのが戊寅の特徴ですが、一緒に磨き合うよきライバルとして互いを伸ばす関係になるでしょう。

「丙辰(ひのえたつ)」とは合わないかも

丙辰はロマンチストで目標が壮大なのが長所なのですが、甲戌から見ると「地に足がついていない」と感じられてしまいます。反対に丙辰は、甲戌の堅実な態度が退屈です。それが原因で、互いの価値観をけなしあう関係になってしまうかもしれません。

甲戌の2018年運勢&総合運は?

甲戌の総合運

喧嘩しているカップル

戌の側面を見ると対人運が高い1年ですが、甲のうっかり失言やけんかっ早くなる運気のせいでせっかくの出会いや交流を台無しにしかねない危うさがあります。言葉には注意しましょう。また、クリエイティブな才能が発揮される年になるため、企画系の仕事についている人は大きな手柄を上げることができます。

甲戌の金運

金運には特に心配する点はありません。貯金が安定してくる1年でしょう。しかし、高い買い物でトラブルになる傾向があるため、今年は家や車などを買うのは控えた方がよさそうです。趣味や習い事への出費は吉と出ています。

甲戌の恋愛運

出会いにはいいのですが、今パートナーがいる人は注意しなければいけない年です。出会い運から説明をすると、巡りのいいご縁があり、周囲のサポートもあるため、お付き合いに発展する可能性が高くなります。しかし、結婚相手とは衝突が続き、別れの危機に直面する可能性があるため、態度を改め真摯に接することが大切です。

甲戌の仕事運

創造性の高い仕事に就いている人に有利な1年です。他の仕事であっても人間関係に恵まれ、仕事を真面目に行っているところを上司に認めてもらえます。さらに女性の上司やお客さんとの相性が良好です。しかし甲の運気のせいでとげとげしくなりがちなので、せっかくの対人運を台無しにしないように言葉選びを気がけましょう。

甲戌のまとめ

幸せそうな女性

もともと出世運の強い甲戌ですが、今年はさらに飛躍の1年となりそうです。注意しておきたいポイントである「きつい言葉を使わない」というところさえ覚えておけば、人脈の輪が広がりいい関係を築けるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。