INDEX

【前髪編】ショートヘアのピンアレンジ3選

①デコだし前髪アレンジ

前髪を変えることによって、顔や雰囲気の印象をガラッと変えことができます。中途半端な長さの前髪をアレンジするためには、ピン留めでおでこを出すように留めてみましょう。普通のピンではなく、少し大きめのものや、デザイン性のある物をチョイスするのがおすすめです。

おでこを出すことによって、明るい印象に見せることができます。顔全体が見えるので、何か自分をアピールしたい時にはおすすめのアレンジですよ!ショートヘアやボブヘアの場合は、このアレンジをすると、バランスがいいので是非チャレンジしてみてくださいね。

②ねじり前髪留め

前髪を全て取って、ぐるぐるとねじって留めるアレンジは、簡単なのにおしゃれに見せることのできるアレンジです。髪の毛全体をルーズにまとめれば、こなれ感も出せますし、おしゃれな雰囲気のヘアアレンジになります。

シンプルなピン留めをいくつか使ってまとめてもいいですし、ファッションやその日の気分に合わせて、ビジューつきのものなど派手なピン留めを使ってみるのもおすすめですよ。ねじりアレンジは、前髪だけでなく、様々なアレンジができるので覚えておくと良いです。

③たるみ前髪アレンジ

前髪をサイドでまとめる場合、わざとたるませてまとめることで、可愛くて女性らしいイメージのヘアアレンジにすることができます。この際、ムースやワックスなどで前髪を固めておくと、アレンジがしやすいですよ!

フェミニンなイメージの髪型が完成するので、おくれ毛やサイドの髪の毛をゆるく巻けば、さらに可愛い髪型になります。ボブの方は、後ろでまとめ髪にしてもいいですね!おでこを出すアレンジと違って、女性らしく見せたい時におすすめの髪型です。

髪の毛がまとまりにくいショートヘアの場合、ワックスなどの整髪料が必須となってきます。以下の記事では、ショートの髪型におすすめなワックスをまとめているので、是非併せてチェックしてみてくださいね!

Small thumb shutterstock 534963766
関連記事 【2020】ショートヘアさんにおすすめのワックス18選!アレンジ別にご紹介

「アレンジが難しい」というイメージを持たれがちなショートヘアにぴったり

【サイド編】ショートヘアのピンアレンジ3選

①サイドがっつり留め

ショートヘアの髪型を、サイドでまとめる場合、ピン留めをいくつも使って髪の毛をまとめるアレンジがおすすめです。ショートヘアは毛の長さが短い髪型なので、サイド一部分をがっつり見せても変なバランスになることはありません。

1色のアメピンでまとめてもいいですし、カラーアメピンを何本も使ってまとめるのも可愛いですよ。アメピンはランダムに配置することで、ルーズ感とおしゃれさが出ます。簡単だけれども、手がかかっていそうに見えるのが嬉しいポイントですね!

②キュートヘアピンアレンジ

ピンと言っても様々な種類があります。装飾がついているキュートなヘアピンを使う場合、サイドに留める位置が重要になってきます。耳に近い位置ほど、大人しい印象になりますし、耳から離れる位置ほど、元気な印象になります。また、耳から離れた位置にすることで、ピン留めを強調させることもできます。

ピン留めは、1つだけでもいいですが、丁度いいサイズの物を2つ程合わせて使うと、印象的なアレンジとなります。その際、ピン留め同士の雰囲気を似せるのが重要です。また、ピン留めの大きさを片方は小さめにすると、バランス良く位置の配置ができますよ。

③シンプルサイド留め

ショートヘアの場合、サイドでピンを1つだけ留めるアレンジでも、充分印象的になります。その日の気分や、お出かけする場所によってピン留めの種類や色などを考えるのも楽しいですよね!大きめのものだと存在感が出ますし、小さいものだとシンプルにまとまります。

普通、ピン留めをセレクトする際にファッションに合わせて考えますが、髪色と合わせるのもおすすめです。例えば、グレー系が入っている髪色なら、黒をセレクトすると際だちますよね。

逆に、黒髪の場合はシルバー系のピン留めにすることで、ピン留めを強調させることができます。また、茶髪の方は、ゴールド系のピンをセレクトする事で、ピン留めと髪色がマッチします。このように、ピン留めを選ぶ際に、自分の髪色を意識してみると成功しますよ。

【バック編】ショートヘアのピンアレンジ3選

①隠しアレンジ

長めのショートヘアの方や、ボブヘアの方は、髪の毛を1つに結ぶことができます。ただ、1つに結ぶだけではつまらないですよね?そんな時には、バックの位置に隠しピンを仕込みましょう。アメピンを何本かバックの位置に留めることで、さり気ないお洒落が楽しめます。

ボブヘアの方などが、髪の毛を結ぶのは良くありますが、このように、後ろの位置にピンを隠すように留めるアレンジは、他の人と被りにくいです。アメピンさえあれば簡単にできる髪型なので、他の人と差を着けたい時におすすめですよ。

②くるりんぱ留め

ボブヘアの方や、ショートでもボリュームのある髪型の場合、くるりんぱはおすすめのアレンジです。髪の毛の長さが無いショートやボブでも、こなれた髪型になりますよね!そんなくるりんぱをピン留めでまとめる髪型は、簡単で印象的になるのでおすすめです。

その日の気分やファッションなどに合わせて、ピン留めを選べば、統一感も出ますよね!また、くるりんぱだけでなくサイドをねじり、1つにまとめる髪型でも、このアレンジはおすすめです。後ろの位置で留めてもいいですし、少し位置をずらしても面白いですね。

③ハーフアップ留め

長めのショートや、特にボブに方はハーフアップのアレンジがおすすめです。簡単にできて、アレンジし甲斐があるので、毎日のマンネリ化も防げますよね。ハーフアップは女性らしい印象になる髪型なので、ピン留めもその雰囲気に合わせたものをチョイスすると良いでしょう。

アメピンなどのピン留めよりも、何か装飾がついていたり、少し大きめのピン留めをセレクトするのがおすすめです。また、バレッタなどを使うとしっかり留まりますし、後ろで存在感を出してくれます。バレッタの付け方は意外と簡単なので、是非一度使ってみてくださいね。

【トップ編】ショートヘアのピンアレンジ3選

①お団子アレンジ

ボブやショートヘアでも、トップの髪の毛だけでお団子をつくることによって、キュートで元気な印象の髪型になります。ただ、少し変化をつけたい場合におすすめなのが、カラーピンを使ったアレンジです。お団子近くの脳天の位置に、カラーピンをランダムに着けることで、印象的なヘアスタイルになります。

誰でも簡単にできるアレンジですし、その日のファッションにあわせて、カラーピンの色の組み合わせを変えることができますから、楽しくなりますよね!カラーピンにも、メタリックなものやパステルなものなど、様々な種類がありますから、集めてみると良いでしょう。

②脳天留めアレンジ

脳天から髪の毛を均等に分けて、トップで左右対称になるようにアメピンを留めるアレンジは、簡単でありながら、おしゃれ上級者のようなヘアになるためおすすめです。アメピンをクロスさせるように配置するのがおすすめです。もしもシンプルにしたいのであれば、平行にならべると良いですよ。

また、ただ普通にトップの近くでピンを留めるのではなく、脳天の髪の毛をねじり、耳の上で留めるアレンジも可愛いです。前髪を出したい場合は、前髪をねじり、その髪の毛を脳天近くでとめるのもいいですね!使い方によって、無限のアレンジができます。

③バックトップ留めアレンジ

ショートヘアやボブヘアの場合、全ての髪の毛を使ってお団子を作るのは難しいですが、トップの髪の毛だけをまとめてお団子にすることはできます。その際に、お団子の下にさり気なくピン留めを配置すると可愛いですよ。

この際大きすぎず、でもアメピンのように細すぎないピン留めをセレクトするのがおすすめです。自分の髪色と合っているピン留めを選ぶことで、さり気ないおしゃれが完成します。カラーピンをクロスさせるのもおすすめです。

【ピン多め編】ショートヘアのピンアレンジ3選

①サイドバック留め

多めのアメピンを使ってアレンジをしたいのであれば、思い切って、髪の毛のサイドからバックを全て留めてしまうのはいかがでしょうか?メタリック系のアメピンを使えば、かなり派手なアレンジになります。パーティーなど華やかな場面では目立つ事間違いなしですよ!

②フロント留め

アメピンを全て平行に、耳の上から脳天、反対側の耳の上まで並べることで、カチューシャのようなヘアアレンジをすることができます。シンプルだけど、印象的なヘアアレンジになりますよね!ねじりなどのアレンジを加えてみてもいいかもしれません。

三つ編みなどのアレンジが一般的ですが、三つ編みは可愛すぎる印象になってしまう傾向にあります。そんな時、ねじりアレンジであれば、程良く可愛く、程良く大人っぽくまとまってくれるのでおすすめです。ねじりであれば、時間もかかりませんし簡単ですよね。

③多種類ヘアピン

多めのヘアピンを使ってアレンジをする場合、思い切って様々な種類のヘアピンを使ってみましょう。ただ、この時髪の毛の片側サイドだけをまとめるのがおすすめです。また、ピン留めの色の系統など種類を合わせることによって、まとまりが出ます。

ショートヘアはヘアピンでアレンジを楽しもう!

ショートヘアは髪の毛が短く、結んだり編み込んだり出来ない分、ピン留めを使って賢くアレンジをしましょう。ピン留めの位置や種類によって、印象を様々に変える事もできますから、色々研究してみるとおもしろいかもしれません。また、様々な種類のピン留めを収集するのもおすすめですよ。

今回は、ねじりアレンジや、お団子アレンジなど、日常生活に使えるようなカジュアルなヘアアレンジをご紹介しましたが、以下の記事ではショートヘアの結婚式用の髪型についてまとめています。是非チェックしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 570268582
関連記事 【ショート】結婚式の髪型17選!パーティーゲストの時のアレンジ法も!

結婚式や披露宴にゲストとして招待された際、どんな髪型で行こうか迷ってし

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。