INDEX

四柱推命とは?

四柱推命とは、太古の中国が発祥の地で、生年月日を四つの柱(年柱、月柱、日柱、時柱)に見立てて占うことから四柱推命と名づけられた占術で、過去・現在・未来からその人の人生を予見する運命学といわれています。

東洋の占術の中でも最も習得が難しく、その的中率と信頼性の高さから別名「運命学の帝王」と呼ばれているほど。個人が生まれながらに持つ性格、能力、素質を陰陽五行説を基に後天的な運命までも予測することができます。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

四柱推命の元になるものが、陰陽五行説の思想による千支・十千十二支です。十干は(甲、乙、丙、丁、戊、庚、巳、辛、壬、癸)からなり、十二支は(子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥)からなります。

このふたつを合わせたものが六十干支といい、年、月、日をすべて組み合わせた数は60種類にもなり一年は60年、一月は60ヶ月、一日は60日で一巡します。

「戊」の意味

十干第五番の戊は、植物の成長期の中の絶頂の状態を意味し、陰陽五行説では陽の土をあらわします。自然界の中においては、大きな山や岩、堤防などに例えられることから貫禄のある重厚な性質を持っています。

人間においては、性格的に説得力のある言葉を持ち、相手が包容力が感じられることから対人関係面で優れた力を発揮するでしょう。

「戌」の意味

十二支第11番の戌は、陰陽五行説では土をあらわし統一退蔵の恤や滅を本義としています。詳しくは、何物もやがては土の中に換えるという意味合いの状態をあらわします。

植物においては、枝を切り育成させる意味があり秋から冬を迎える変化を司ります。人間においては、律儀で心優しく美を重んじ無駄を削り合理的でありながらも人との和を大切にする人を意味します。

戊戌の女性の性格は?

控え目で柔らかな物腰

戊戌女性の第一印象は、控えめで目立つ人ではありませんが、話すと柔らかな物腰でありながら自信があり落ち着いた印象だと感じさせます。

細やかな気配りで女性的

表立って活躍することを嫌い、陰で細やかな気配りや配慮ができる女性です。決して見返りなどを求めない真の思いやりや優しさをもっています。

中身は肝が据わっている

見た目の印象とは真逆に、内面には何事にも粘り強く立ち向かう度胸も持ち合わせています。それは相手が誰でもここぞという場面では発揮します。

戊戌の男性の性格は?

正直で努力家

落ち着いた印象の戊戌男性は、誰もが認める正直者で努力家です。努力家であることは自分を助けますが、正直さがときに人を傷つけることもあるので注意が必要です。

義理堅く親切

もともと正直な性格ということから人に対しても義理堅く親切であろうと思っています。自分に対して何かをしてくれた人のことは、決して忘れることなく素直に感謝できる人です。

意志が強く負けず嫌い

自分がこうと思ったら絶対に曲げない意思の強さがあります。それは負けず嫌いな性格から生まれる感情で、本人にとって、意思を簡単に曲げることは優柔不断で負けを意味することだと思うからです。

戊戌の男性&女性の恋愛傾向は?

戊戌の女性の恋愛傾向

戊戌女性は、世話好きで愛情深い性格から人に頼まれると断ることが苦手です。その反面、判断力の甘さからしくじることもあるので注意しましょう。

結婚に対しては、極端に早いか晩婚になるでしょう。もともと賢い人なので、世間を知れば知るほど結婚に対して不条理に感じられる気持ちが起り、結婚に対して気持ちが萎えていくでしょう。

打開策としては、結婚という制度よりも相手そのものを見るようにして、時には妥協することも必要です。



戊戌の男性の恋愛傾向

戊戌の男性は、恋愛に関してリードしたい気持ちが強いタイプです。それは自尊心のあらわれでもあり、自分が優位にいることで安心できるからです。

本音は、好きな人には弱く振られるのが怖いからという小心ぶり。そんな気持ちを悟られないように、自分が主導権を握っていたいと思うのです。 結婚すると家庭に縛られることを嫌います。

しかし、正直者で努力家な性格から、家庭をないがしろにすることはなく、浮気などで困らせることはありません。戊戌男性との結婚生活は、束縛はせずある程度自由にしてあげることで上手くいくでしょう。

戊戌の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「癸卯」が相性最高

戊戌は相手に主導権を握られる関係は上手くいきません。その点、癸卯なら献身的に尽くすので良い関係が簡単に築けるでしょう!!

しかし、そのぶん、関係がスムーズにいかなくなってしまったときが厄介です。なぜならこの組み合わせはとても縁が深いため腐れ縁になりやすく、別れたくても関係が切れないことが考えられるので注意が必要です。

「壬寅」は相性が◎

壬寅の感受性が鋭く相手の長所も欠点もすぐさま見抜きます。そんな壬寅の性格が、戊戌の自尊心を傷つけないためぶつかることはないでしょう。戊戌もそんな壬寅といることに居心地の良さを感じるので良い関係を保てます。

「丙辰」は相性最悪

戊戌の負けず嫌いに負けず劣らず丙辰も相当な負けず嫌いです。そのため些細なことで衝突し、喧嘩が絶えない関係になるでしょう。

さらに、丙辰の発想力や自由な振る舞いが、戊戌にとって負けた気がしてなりません。価値観の違いと言えばそれまでですが、お互い鼻につく相手となり、何もかもが上手くいかない関係でしょう。

戊戌の2018年運勢&総合運は?

戊戌の総合運

戊戌の2018年は出会いの年となるでしょう。その中には運命的な出会いが訪れる可能性があります。その鍵となるのは本になるでしょう。

本を通しての出会いに注目してください。 普段本を読まない人は、本屋へ出向いてみてはいかがでしょう。また、通勤、通学時に本を読むこともおすすめです。趣味の本などは特に良い運をもたらします。本がもたらす縁に注目してくださいね。

戊戌の金運

2018年、金運はあまり良くありません。しかし、お金の使い方を自分のためよりも人のために使うことで悪い運が浄化されます。そして、節約を心がけましょう。

そうすれば金運悪化の大きなリスクから逃れられます。 臨時収入なども貯め込まず、誰かと食事に行って驕るなど普段お世話になっている人のために使いましょう。そうすることで金運の低下が止められます。

戊戌の恋愛運

戊戌にとって2018年は出会いの年。恋愛運も良い出会いに恵まれるでしょう。しかし、八方美人はやめましょう。誰にでも良い顔をする人は、逆にどうでもいい人と認識されてしまいます。

どんなに出会いが多いといっても、そこに自分の意志がなければ寄ってきた人は逃げていきます。この人だと思った人に狙いを定めてアプローチすることが大切です。

戊戌の仕事運

仕事運は順調です。しかし、自分勝手な振る舞いはトラブルの元。協調性を大切に、意思の疎通をしながら進めましょう。 真面目な仕事ぶりを見ている人がいます。

その人の口添えで昇進する可能性も大です。今年は、良い仕事をすることはもちろんですが自分を売り込むためにアピールするには絶好の年です。

戊戌のまとめ

2018年の戊戌は、良い出会いの予感でしたね。プライベートも仕事も良いパートナーが得られると人生そのものが輝きます。

世の中に、自分の理解者が多ければ多いほど、充実した人生を送れるはず。出会った人との縁を大切にして良い人生になるように心がけてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。