INDEX

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。

人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

干支・十干十二支(六十干支)とは?

陰陽思想と五行思想が結び付いたことにより、十干と十二支が組み合わさって十干十二支(六十干支、天干地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十干十二支があると思っていただけたらと思います。

十干は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子から始まり亥の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十干の「乙」の意味

乙(おつ、きのと)は十干の二番目であり、陰陽五行説では木製の陰に当てはまります。きのと、とは「木の弟」という意味で、イメージされるのは可憐に咲く花のような繊細さです。

人間関係では辛抱強さを武器にどんな相手とも如才なく立ち回りますが、遠慮しすぎて自分の意見を通せないこともしばしばあります。がめつさが無いつつましい性格なので、品がありますが集団を率いるのには向きません。

十二支の「未」の意味

未(び、ひつじ)は十二支の八番目であり、陰陽五行説では土性の陰に当たります。季節は夏、月は6月、時刻は13・14・15時、方角は南西微南を表します。群れで行動する羊たちを想像させる、荒事を起こさない温和な性格が特徴です。

人を許す慈悲にもあふれ、他者への気遣いを忘れたりはしないでしょう。大人しさの裏に芯の強さもあるので、ちょっとやそっとのことではくじけません。

乙未女性の性格は?

場を穏やかにする才能がある

乙未は女性的な星であり、この年に生まれると優しさや穏やかさがぎゅっと詰まった人になります。他人を傷つける人は許しませんが、厳しく攻撃するのではなくさとすようにして場をなだめます。自分自身への攻撃は意に介しません。トラブルが少なくなるので、乙未がいるところは総じて雰囲気が和やかになる傾向にあります。

結婚運が良い

十二支の中で未は結婚運が高いです。そこに乙の人付き合いのうまさが絡んでくるため、人と比べると早く結婚できます。乙未はお人よしに見えて内面がしっかり者なので、変な相手をつかんで失敗することも少ないでしょう。

甘えん坊なところも

ここまで見てきた乙未はしっかり者のムードメーカーでしたが、実は女性の乙未には甘えん坊な性質もあります。普段気が張っているせいか、親しい人や心を許している人に依存する傾向が出てくるのです。普通なら鬱陶しがられるパターンでもなぜか許されてしまうのが乙未の人徳でしょうか。

乙未男性の性格は?

世話焼きで女性受けする

乙未の男性も、女性的な性質が強いです。細やかな性格が受け、サービス業で成功する人が多いのが特徴です。人にあわせるのがとても上手なので、気配りができる人材だと重宝され、上司にもかわいがられるでしょう。

義理人情に厚い

誠実で裏切らないという乙未男性の性格は、他人から信頼を勝ち取ることのできる長所です。一度受けた恩は忘れず、必ず返します。また、困っている人や悩んでいる人へ救いの手を差し伸べるタイプでもあるので、気が付いたら多くの人から慕われている、ということもしばしばあります。

穏やかで冒険しない

金運が良好ですが、ギャンブルや事業に走ることなく、貯金などで堅実に生計を立てます。実際、乙未はその方がうまくいきます。性格にも穏やかさは表れ、結婚すると女性のサポートに回ることが多いのも特徴です。

乙未男性&女性の恋愛傾向は?



乙未女性の恋愛傾向

乙未女性は結婚運の高さからお付き合いをする男性をとっかえひっかえすることがあまりありません。ひとりの男性を大切にし、時に周囲には隠している甘え心を見せる、そんな関係を築きます。

穏やかな性格なのでケンカもありません。気を付けることがあるとしたら、人に遠慮しすぎて好きな人をライバルに獲られてしまう危険でしょう。時にはがめつくなることも必要です。

乙未男性の恋愛傾向

乙未男性は女性人気が高いですが、イコール、モテるということでもありません。あくまで可愛げのある男性として、年配の女性からアメちゃんをもらったりするようなイメージで考えてもらえると分かりやすいかと思います。

向こうからアプローチをかけては来ない傾向にあるので、付き合いたいと思ったらどんどん仕掛けていってください。乙未男性は浮気をしませんし、付き合い始めればスムーズに結婚までこぎつけるでしょう。

乙未の相性は?

理想の恋愛関係を築けるのは「庚午(かのえうま)」

庚午は正義感が強く理知的です。場が乱れているとその原因を分析し、解決しようと積極的に動くので乙未と意見が合います。また庚午は気位が高いですが、乙未女性はそのプライドを優しく支えてあげることができます。結婚運・仕事運ともに強いので恋人から結婚相手になるのは早いですし、家庭を豊かにしてくれるでしょう。

友人や仕事相手には「辛卯(かのとう)」

行動力があり気まぐれな辛卯は、何が出てくるか分からないびっくり箱のような人です。それは乙未にはない属性なので、一緒にいると乙未は心の穴を埋めてもらえるような気分になります。辛卯側も、自分がしでかしたミスを乙未がフォローしてくれるので、一緒にいると互いの足りないところを補い合える関係になれます。

「乙丑(きのとうし)」とは距離を置くべき……

四柱推命では、十干がかぶっている者同士は相性が悪いと言われます。ですので乙がつく人とは大抵うまくいかないのですが、中でも乙丑との相性は最悪です。一見大人しく人畜無害な感じなのですが、批判精神が旺盛で毒舌を吐きます。

そのせいで場を乱し、調和を愛する乙未と衝突することになるのです。まったく気配りができないわけではないのですが、本人に悪気がないので改善の余地がありません。

乙未の2018年運勢&総合運は?

乙未の総合運

全体的に対人運に恵まれます。新たな出会いも、今までの付き合いもうまく回り、愛し愛される年になるでしょう。なので気持ちは落ち着きますが、仕事に忙殺されてストレスをため込む可能性があります。卯年と相性が良く、子年と相性が悪い1年です。

乙未の金運

年の初めは金運が良く、そこからだんだん下がっていく1年になります。さらに臨時収入・出費が多いので貯金が安定しません。対策としては、意識して押さえられる浪費には歯止めをかけ、クレジットカードをなるべく使わないようにしましょう。誘惑の多さにも注意です。

乙未の恋愛運

非常に好調です。異性からの恋愛運だけでなく、同性からの友情にも恵まれるので人間関係の輪がぐぐっと広がること間違いなしです。出会いがあるのは3月で、交際のチャンスを逃さないようにしてください。結婚運が上がるのは5、6月です。パートナーのいる人はこの時期に話を持ち掛けられる可能性が大でしょう。

乙未の仕事運

とにかく忙しく、心労が重なる1年となります。未は我慢しすぎるところがありますから、定期的にガス抜きをしないと、あっという間にストレスで潰れてしまうでしょう。ただしクリエイティブな仕事の人には運が向いてきそうです。自営業の人は今までの方針を改めて見直すことで、改善点が出る兆しがあります。

乙未のまとめ

今年の乙未は仕事に出費にと苦労しそうですが、人との出会いに救われ、感謝する年になると出ています。元から人間関係のバランス面を得意とする乙未です。困難を仲間と一緒に乗り越え、いい1年を過ごしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。