INDEX

【上旬・中旬・下旬】軽井沢1月の天気や気温は?

軽井沢の1月の天気と降水量

白い雪

1月の軽井沢は、雪の日が多く見られます。あまりの冷え込みに驚くことにならないよう、防寒対策と合わせて天気の対策もしっかりと講じておきましょう。雪の日に備えて、レインブーツやレインコートの準備も必須です。快適に観光を楽しむためには、多く見られる雪の日への対処をしっかりとしておきましょう。

軽井沢の1月の最高気温・最低気温・平均気温

ピンクの雪

1月の軽井沢は、1年を通して最も冷え込みます。平均気温は上旬から下旬まで氷点下です。最低気温に至っては氷点下10度以下をマークしているので、普段の真冬の服装ではいけないと思っておきましょう。足元から頭の先まで全て、ファーのついたアイテムなどで覆い隠すほどの準備をしておかないと、快適には過ごせません。

軽井沢の1月気温・降水量
(2019年データ) 1月上旬 1月中旬 1月下旬
平均気温 -2℃ -2℃ -2℃
降水量 0mm 0mm 8mm
最高気温 7.5℃ 5.9℃ 6.0℃
最低気温 -11.2℃ -10.8℃ -11.2℃

軽井沢の1月の服装選びポイント!

上旬

雪の鎌倉

平均気温が-2℃と、氷点下の冷え込みをする1月上旬の軽井沢では、ダウンコートや毛皮のコートなど、暖かい素材のアウターが必須です。普段着用しているものよりもさらに厚手のものを選ぶようにしてください。軽井沢の冬の観光用に、厚手のコートを調達しても良いくらいです。過剰なほどの防寒でちょうど良いでしょう。

中旬

手袋と雪

1月中旬も、上旬に引き続き-2℃が平均気温の軽井沢では、マフラーなどの小物も必須です。手袋や耳あて、腹巻など、暖かさを増してくれるアイテムは積極的に使うようにしてください。また、トップスの中に発熱素材のインナーを着込むなどして内側から体を温める対策も必要です。足元はブーツなど暖かい靴を選びましょう。

下旬

黄色のマフラー

軽井沢では1月下旬になっても平均気温は-2℃のままです。そんな寒い1月下旬を乗り切るためには、カイロを貼ったり厚手の靴下を履いたりといった対策が必要になるでしょう。靴下を重ねばきしたり、インナーの数をいつもより増やしたり、できる限りの防寒をしてから冬の観光に臨むようにしてください。

【上旬編】軽井沢の1月の服装コーデ

①ブラウンファーコートコーデ

ブラウンのファーコートは、ストライプの柄が入っているので縦長に見える効果を得ることができます。暖かい素材のコートは、どうしても着膨れして見えてしまいがちなものですが、柄が入ることによって全体的にスリムに見えることができるでしょう。1月上旬の観光で着痩せして見せたい時にはぴったりなアイテムです。

②グレーファーコート服装コーデ

グレーのファーコートは、あっさりとした色味が可愛らしく女性的です。クールな色味なので、その世界観を壊さないようにブラックのインナーと合わせると良いでしょう。バッグはキルティング素材のチェーン付きのものを選ぶことによって、レディな印象に仕上げることができます。女性的で大人っぽいコーデの完成です。

③異素材ミックスアウターコーデ

ダウンに別の素材を掛け合わせた、異素材ミックスダウンコートは暖かさ抜群で冬の観光にぴったりです。これさえ着ておけば、インナーは手を抜いても暖かさの感じられる服装に仕上げることができるでしょう。あれこれ着込むのが面倒という人にこそ持っておいて欲しい、1月上旬にぴったりな暖かいアイテムです。

④パープルニット×ブラウンアウターコーデ

個性的で鮮やかなパープルニットには、ブラウンの毛皮アウターを合わせて暖かいファッションに仕上げましょう。個性的なアイテム同士の掛け合わせなので、ボトムスも負けないように花柄をチョイスしましょう。全て存在感のあるアイテム同士で合わせたコーデですが、喧嘩しないのは色の配色が考えられているからです。

⑤グレー×ホワイトコーデ

グレーのシンプルなファーコートには、同じくグレーのインナーを合わせて綺麗に着こなしましょう。ボトムスはホワイトを選ぶことで、スッキリと洗練された印象に見せるのがおすすめです。冬らしい色味で、天気が良い1月上旬の観光はもちろん、悪い日の観光も楽しむことができるでしょう。配色がおしゃれなコーデです。

グレーのコートやジャケットには、どんな色味のマフラーが似合うのでしょうか。せっかく冬の観光用のおしゃれをしたなら、それに合わせてぴったりなマフラーが欲しいですよね。そこで以下に、グレーのコートやジャケットに似合うマフラーをまとめた記事を添付しておきました。マフラー選びの参考にしてください。

Small thumb shutterstock 496348018
関連記事 【マフラー】グレーコート・ジャケットに似合うコーデ14選!レディース/メンズ

グレーコートやジャケットは使い勝手がいいのでお馴染みのアウターですね。

【中旬編】軽井沢の1月の服装コーデ

①光沢ブラウンダウンコーデ

光沢感のあるブラウンダウンのコートを主役にしたコーデは、冬らしくシックな色合いでまとめるのがポイントです。1月中旬の寒さも、この鉄壁ダウンなら防ぐことができるでしょう。野暮ったい雰囲気になってしまいがちな着膨れするダウンをおしゃれに着こなすために、ツヤ感のある素材が役立ってくれます。

②ホワイト×ファーコーデ

トップスとボトムスを白で揃えたコーディネートは、アウターにファーを取り入れることでおしゃれな雰囲気に仕上がります。よりナチュラルにまとめるために、シャツインして着こなすのがコツです。雪の天気の軽井沢に、ぴったり似合う素敵なコーデが仕上がるでしょう。

③毛皮コート×ベルトコーデ

毛皮のコートは重たい雰囲気になってしまいがちですが、シンプルにまとめて着こなしたいならベルトを用いるのがおすすめです。ウエストにベルトを巻くことで、ファーコートを用いたファッションでも洗練された着こなしにすることができます。トップスはボトムスにインして、スタイルアップを目指しましょう。

④ボリュームダウンコーデ

1月中旬の寒さはボリュームダウンでしのぎましょう。冬の寒さから身を守ってくれる大きめシルエットのダウンなら、首元まですっぽり覆い隠すことができるので天気が悪く気温の低い日も安心です。本格的に寒くなる1月中旬でも、安心して過ごせます。

⑤ロングファーコートコーデ

ロング丈のファーコートは、1月中旬の寒さに対抗することができる上、見た目がとても可愛らしく軽井沢にもぴったりです。フロント部分を占めると襟のシルエットが強調されるので、周りと被らないワンランク上のファーアウターを使ったコーデに仕上がります。1月中旬の雪の天気にもマッチするでしょう。

【下旬編】軽井沢の1月の服装コーデ

①リボンダウンコーデ

リボンを巻いたダウンコートは、1月下旬に着膨れしてしまいがちなアイテムをスッキリ見せることのできるアイデアアイテムです。このアイテムを主役にしたコーディネートをすることで、全体的に洗練された印象のスタイルを完成させることができます。ボトムスにはスッキリした7分丈のパンツを合わせましょう。

②キャメル×チェックパンツコーデ

キャメル色のダウンには、同じく暖色のチェックパンツを合わせることで、温かみを感じさせるコーディネートに仕上げましょう。足元はスニーカーを合わせて、カジュアルな着こなしにするのがおすすめです。1月下旬の寒さの中でも、このファッションなら観光を楽しめるでしょう。

③ストライプファーコートコーデ

ストライプの入ったファーコートは、無機質になってしまいがちな1月下旬のアウターコーデを、ファッショナブルに見せてくれる立役者です。このコートだけでも存在感があるので、後のアイテムは全て黒で統一してシックでシンプルにまとめましょう。

④ネイビーダウンコーデ

春夏秋冬どの季節でも取り入れやすいネイビーは、冬の軽井沢にもぴったりです。ボトムスにはホワイトを持ってくることで、大人っぽいシンプルなファッションを完成させましょう。インナーは黒でスッキリとまとめるのがポイントです。

⑤ピンクファーコートコーデ

ゴージャスな雰囲気のピンクのファーコートは、観光地でも目立つこと間違いなしな存在感を放っています。試飲プルでタイトな黒のアイテムと合わせることで、やりすぎないオシャレを意識しましょう。首元には紐ネックレスを合わせることで、コーデのアクセントにしてください。

暗い色ばかり取り入れてしまいがちな冬にはピンクを使ったコーデがおすすめです。そこで以下に、冬のピンクコーデをまとめて紹介した記事を添付しておきます。レディースの着こなし術がたくさん紹介されているので、参考にしながら冬のピンクコーデを楽しんでください。

Small thumb shutterstock 226435555
関連記事 冬のピンクコーデ34選|シャツ・ニットなどトップスのレディース着こなし術

ピンク(サーモンピンク)アイテムを使ったレディース冬コーデは、上品で大

【番外編】軽井沢の1月におすすめの持ち物は?

①マフラー

11027242 1  1

X.A

マフラー

楽天で詳細を見る

寒い冬になくてはならないマフラーは、観光地軽井沢においても必須アイテムです。どんなに暖かいアウターを着たとしても、首元の寒さは容易に防げるものではありません。そこでマフラーがあれば、隙間風を防止してくれます。アウターだけでは防ぎきれない寒気を防止することができるので、是非持っていきましょう。

②ニット帽

11036516 1  1

OMUKY

ニット帽

楽天で詳細を見る

冬の厳しい寒さから無防備になりがちな頭を守ってくれる上、ファッションのアクセントにもなってくれるニット帽は、1月の軽井沢における必須アイテムです。これさえあれば、頭の先が冷えるのを防ぐことができます。気がつけば手薄になってしまいがちな頭の冷え対策ですが、ニット帽でしっかりと防止しましょう。

③手袋

Atku078 full 01

Attivo

手袋

楽天で詳細を見る

寒い冬の観光には、手袋が欠かせません。手袋があれば、手先の寒さは防ぐことができるので幾分か快適に過ごすことが可能です。ファーなど可愛い装飾のついたものなら、コーデ全体のアクセントとしても活躍してくれるので重宝すること間違い無いでしょう。雪の天気の日には特に必要になる、冬の必須アイテムです。

1月の軽井沢は冬らしい服装で過ごそう!

軽井沢の1月は、想像もつかないほど寒く気温はぐんと下がります。夏の間避暑地と呼ばれるほどですから、何と無く想像はついているかもしれませんが、実際は思っている以上の寒さです。しっかりと防寒をして、寒さのせいで体調を崩してしまわないようにしましょう。特に雪の天気には気をつけて観光してくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。