INDEX

四柱推命とは?

水晶

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。

人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十千と十二支が組み合わさって十千十二支(六十干支、天千地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十千十二支があると思っていただけたらと思います。

十千は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子(ね)から始まり亥(い)の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥(きがい)が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十支の「壬」の意味

スマホを見ている女性

壬子(じんし)は、水性の陽の「壬(みずのえ)」と冬の干支の「子(ね)」が重なった49番の干支です。壬は十干の9番目の干支で、陰陽五行説では水性の陽(水の兄)に当たります。ここから日本では、「みずのえ」(水の兄)とも呼ばれています。

壬の文字は「妊」につながり、植物の中に種子が生まれた状態を意味します。壬は、本来は大きな水の性質を持つ干支で、真冬の力強く奔放に流れる大きな川や大きな海のイメージを持っているのです。強いパワーを備えた運勢を持っているのです。

十二支の「子」の意味

子(し、ね)は干支の中では1番目で、動物名は鼠(ねずみ)です。陰陽五行説では水性の陽に当たります。季節は冬、月は11月、時刻は23時~1時、方角は北を表します。地球の南北を表す線は子午(しご)線で、子(し)は北を午(ご)は南を意味します。

子という文字は象形文字で、頭部と手足をイメージした乳児の形から成り立っています。子は漢書では「増える」を意味する「孳(し)」で、植物が子孫を増やすために成長を始める種子の状態を表しています。

壬子女性の性格は?

明るくさっぱり

おしゃれな女性たち

壬子女性は、明るくてさっぱりした性格です。誰と接しても、えこひいきが無く、物事を合理的に考えるタイプです。壬のイメージである大河の流れのように、豊富な水は平等によどみなく流れていくのです。このように、壬子女性は強い男性でも誰でも人怖じせずに、堂々と自分の意見をよどみなく伝えて対話ができるのです。

警戒心を持たない

壬子女性は、感受性も強いので相手の考えていることも容易に汲み取ることも得意です。壬子女性は、頭の回転も速く知性に富んでいます。素早い行動力には欠けますが、社交的で人脈も豊富です。そのため、意外と人を信じやすく、あまり他人に警戒心を持っていないようです。

母性的

壬子女性は、細かい事にはこだわらないので、いろんな人達との接点が多いようです。ゆったりとした大河の流れに乗ったように、流れるままにおおらかに接するので、母性的な憧れを持たれるようです。これが強くなると、壬子女性は姉御肌的な存在のリーダーになることもあります。

壬子男性の性格は?

気むずかしくわがまま

わがまま

壬の十干は水性の陽(水の兄)であるため、自由自在に流れる大河のように気ままなところがあり、制限されたり束縛されることには抵抗があるのです。大きな海も、世界に広がっていて区切りがありません。壬子男性は、自分考えていることと異なると気むずかしくなり、わがままで頑固になる時があるのです。

感情よりも力

壬子の壬は水性の陽で、大きな力と強い運勢を持っていることは述べました。大河の流れや大きな海の勢いは、誰も動きを簡単に止めることはできないのです。壬子男性の行動は、簡単に制御できないのです。

壬子男性は、親分肌で仲間の面倒はよく見るのですが、時にはそれが押しつけがましくなって嫌われる原因にもなるのです。回りの人の意見や感情は、パワーでねじ伏せることもあります。感情よりも力の支配ができるのです。

器用で技術屋に向いている

壬子の性格は、大河の水のごとく活動や思考が止まらないところです。壬子の人は、自分の判断で物事をどんどん進めていきます。真冬の大きな水が本性ですから、冷たさや辛さにも耐えれる性格です。

そして、どんな大きな器にも収まりきれない強い勢いがあるので、難しい事にも挑戦するパワーが生まれるのです。鼠のように走り回り、難問の答を見つけて来るのです。壬子男性は、器用で新しいことに挑戦する技術屋に向いているようです。



壬子男性&女性の恋愛傾向は?

壬子女性の恋愛傾向

カフェ

壬子女性は、恋愛でも細かいことを気にしないようです。大河の流れのように、絶えずゆったりと流れるさまは、焦るという感情が無いようです。壬子女性の元に、素敵な男性が流れて寄って来るという感覚なのです。独身の壬子女子には、あちこち飛び回っているような行動範囲が広い知的な男性と、いずれ巡り会う運命なのです。

壬子男性の恋愛傾向

壬子男性は、持って生まれた大河の強力なパワーで女性運が強いようです。壬子男性は、恋の駆け引きもできないのに、一途で強引なところが女性の心を引き付けるようです。パワーが強すぎる男性は、色難(異性で苦労する)も心配されます。浮気や不倫には充分注意が必要です。

壬子の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「辛丑(しんちゅう)」

手をつなぐカップル

辛丑は38番の干支で、この干支の人の特徴は非常に真面目で冗談も通じない性格です。内向的でおとなしいのですが、他人には用心深くすぐには心を開かないタイプです。

しかし、辛抱強くコツコツとお金を稼ぎ財産を築くこともできます。そこで、明るくて包容力がある壬子の女性は、優しく辛丑の男性を迎えることができます。明るくさっぱりした壬子の性格は、辛丑の性格と対照的でお互いを補うことができるので、相性も抜群です。

「丁丑(ていちゅう)」が相性抜群!

丁丑の性格は、普段はマイペースですが、何かに興味が湧くと全てを忘れて没頭する特徴があります。丁丑は、仕事も恋愛も最初は自然に任せますが、好きになると一途になるのです。壬子の男性も、大河の流れに乗って一途に進む性格があります。仕事の面でも、丁丑と波長が合うようで相性は良好と言えます。

「庚午(こうご)」は相性最悪!

庚午の「庚(こう)」は、自然界では鉱石を意味し、水に交わると沈んでしまう性格です。そして、十干の中では最も剛健と言われ、何かの拍子に人を傷つけることもあるのです。

庚午は自己主張も激しく、自分の考えを曲げない性格で、これは壬子男性のまっすぐな強烈なパワーとはぶつかることとなります。壬子と庚午は、どちらも折れることがなく争い事が絶えない最悪の相性です。

壬子の2018年運勢&総合運は?

壬子の総合運

手相

壬子の人は、2018年は仕事や交際で多くの人に出会う機会が多い年です。つまり、チャンスが多くなります。壬の水性は、大きな川や海を結び、グローバルな活躍ができるのです。子は植物の種子を増やす意味もありますから、チャンスも運気も増えていきます。

壬子の金運

壬子の2018年の金運は、不安定な1年になるでしょう。仕事での貯えができても、交際費の出費が増えるようです。酒の席での商談や契約はなるべく避けて、冷静な時に進めるべきです。思わぬ落とし穴にはまり、浪費することにもなります。

しかし、壬子の人は、思いがけないお金に縁があるかも知れません。余裕のある方は、宝くじなども楽しめます。

壬子の恋愛運

2018年の壬子女性は、悩み多い年です。現在進行形の恋愛に、なぜか積極的になれない運気なのです。もっとアナタにとって良い人が現れるのではと、思案の連続です。相手から告白されても、素直に返事できないのです。壬子の女性は、今年中に決断することが必要です。

壬子の仕事運

壬子の人は、器用でコツコツと技量を積み上げて行く性格です。2018年は、ここで得た技術や才能が世の中に自然と広がっていく運勢です。流れに乗って、世界に向けて伸びて行くのです。壬子の人で独立を考えている人は、資金を貯める年です。一歩、踏み出す年です。

壬子のまとめ

カップル

壬子の人は、壬の水性のパワーが強いため、強力な運勢と力を秘めているのです。2018年は、その力を発揮する年でもあります。恋愛面では、壬子男子は控えめで従順な女性と相性が良く、壬子女性は、大河の流れに負けない活動的な男性と相性が良いでしょう。いずれにせよ、今年は一歩踏み出す年です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。