INDEX

四柱推命とは?

占い

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。

人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

干支・十干十二支(六十干支)とは?

陰陽思想と五行思想が結び付いたことにより、十干と十二支が組み合わさって十干十二支(六十干支、天干地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十干十二支があると思っていただけたらと思います。

十干は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子から始まり亥の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十干の「丙」の意味

疑問を浮かべる女性

丙(へい、ひのえ)は十干の三番目であり、陰陽五行説では火性の陽に当てはまります。ひのえ、というのは「火の兄」という意味で、イメージしているところは輝く太陽のような情熱と積極性です。

それに加え丙を持つ人は目立ちたがりなところもあるので、仕事で出世することや芸能界デビューなどに強い興味を持つ傾向があります。

十二支の「辰」の意味

辰(しん、たつ)は十二支の五番目であり、陰陽五行説では土性の陽に当たります。季節は春、月は3月、時刻は7・8・9時、方角は南東微北を表します。滝登りをする龍のように行動力があり、どんなライバルにも負けず目標に向けて勝ち進みます。考えていることも壮大なので、大成すれば大出世する可能性があるでしょう。

丙辰女性の性格は?

頭が良く、勘が鋭い

資料を見ている女性

丙と辰が組み合わさると、秘めたるエネルギーは掛け算されて凄まじいほどに膨れ上がります。その影響は精神面や才能にもおよび、素早い頭の回転でどんな難題でもぱぱっとこなしてしまうのです。

また、閃きの力も持ち合わせ、鋭い勘で危機を察知しトラブルからまぬがれます。丙も辰も仕事運が強いので、丙辰の人は思い切って大きなプロジェクトに挑戦するのがいいですね。

気まぐれで飽きっぽいところも

丙辰にも弱点がないわけではありません。まず丙には気の短い面があり、さらに辰に努力を怠る一面があることから、せっかく始めた物事が長続きしないのです。興味もあちこちに移るので、つまみ食いをしてはほったらかし、ということが多いでしょう。

いくら仕事をこなす力が強くても、これでは勿体ないですよね。丙辰の人は自分で自分を律する力を持つことで、さらなる成功をすることができると期待できます。

ボーイッシュな人が多い

丙辰の女性の傾向として、自分で何でもできてしまうので男性に頼る必要のない、勢いのあるボーイッシュな人が多いというものがあります。丙の豪快さが表に出て、集団の中心に立つ女性として活躍するでしょう。

丙辰男性の性格は?

明朗快活、すっきりした性格

家族

太陽の丙を持つ丙辰の男性ですから、裏表が無く明るい性格が特徴です。人から攻撃されても根に持たず、あまり気にしません。楽観的な性格なので周囲を安心させ、明るくするエネルギーもあります。一緒にいると元気をもらえるのが丙辰の男性というわけです。

金運の持ち主だが商売は下手

丙辰は丙の影響で金運が非常に高いのですが、辰の挫折に弱いところが足を引っ張るので、商売をするのには向いていません。何か失敗するとすぐ諦めてしまい、それ以上前に進まないのです。雇われる側としては文句のない才能と金運の持ち主です。

おしゃれ上手で若々しい

丙辰のあふれ出るエネルギーは、外見にも表出します。自分を着飾って良く見せようとする志向があるため、おしゃれに敏感です。丙辰の派手好きな性格がそれに拍車をかけます。また、いつまでも若々しく、衰えというものを知りません。



丙辰男性&女性の恋愛傾向は?

丙辰女性の恋愛傾向

絵を描く人

丙辰女性は非常にセンスが良く、周囲から見ても目立つのでモテるタイプです。しかし一方で、異性からモーションをかけられるとすぐなびいてしまう防御力の無さもある六十干支でもあります。悪い男性に騙されないよう、見極める力をしっかりつけることも大切です。

また、理想の高さから婚期を逃す傾向も強いため、妥協点を見つける決意もしましょう。

丙辰男性の恋愛傾向

丙辰男性も女性と同じくおしゃれで異性から人気があります。攻略しようと思ったら、たくさんのライバルをかき分けて勝ち取ることになるでしょう。理想を語るのが好きなタイプなので、それを冷たく受け流すのではなく、「凄いね!」と共感してあげることで親密な関係を築く助けとなるでしょう。

丙辰の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「辛酉(かのととり)」

カップル

辛酉の人は品があり、センスのいい丙辰と釣り合うだけの素質を持っています。現実的そうな見た目によらずロマンを追い求めたいと考えている部分があり、丙辰の理想を大事にする姿勢と通じるものがあり、会話が弾むでしょう。仕事と家庭の両立もこなせるので、結婚すれば互いに充実した人生を送れそうです。

「庚申(かのえさる)」が相性良好

人の下で働くことで才能を発揮する丙辰とは反対に、独立して成功するタイプなのが庚申です。仕事上での相性は最高クラスで、庚申の上司と丙辰の部下なら大きなプロジェクトを成功に導くことも可能です。もちろん友人としての関係も良好で、庚申の楽しい会話がふたりの関係を常に新鮮なものにしてくれるはずです。

相性が悪いのは「甲戌(きのえいぬ)」

甲戌は保守的で気難しく、ロマンより安定を求めます。そのため大きな野望を抱く丙辰とはウマが合わず、常に意見がぶつかりあう関係になることでしょう。仕事上の相性でも、どちらも出世する星の生まれであるためライバル関係になることも多いです。

女性の甲戌は勝ち気で譲らない性格のため、真逆の思想がいつも反発する状態が続くと考えられます。

丙辰の2018年運勢&総合運は?

丙辰の総合運

お金

丙辰の2018年は仕事を頑張ることで全てが開ける年です。丙の低い金運と辰の高い金運がぶつかりあうため、仕事での努力で丙の運気を跳ね飛ばすことで物事がうまく回りだすはずです。子年(ねずみ)や卯年(うさぎ)の人とは全般的に相性が良く、戌年の人とうまくやっていくのは難しい一年になります。

丙辰の金運

先ほども説明しましたが、今年の丙辰は不思議な金運と付き合っていくことになりそうです。丙の運気のせいでお金が出ていってしまうので、ギャンブルはNGです。仕事で頑張っていれば臨時収入の予感があったり、貸していたお金が戻ってくるなどのいい知らせが飛び込んでくるでしょう。

丙辰の恋愛運

2018年の丙辰の恋愛は、安定と良縁がテーマです。胸がときめくような出会いは難しいですが、今付き合っている人がいればその人とは穏やかで幸せな1年を過ごせること間違いなしです。ただし、退屈が原因で浮気に走ることのないようにしてください。今恋人がいない人は、グループ交際で新しい出会いを探すのがいいでしょ

丙辰の仕事運

人間関係がポイントとなるのが丙辰の2018年の仕事運です。どんどん人脈の輪が広がり、協力者を得られる可能性がぐっと高まります。反面、トラブルメーカーと接触する機会も増え、心労がたまる可能性もあります。独立や転職は来年おこなった方が運気的にいいので、話が来ても断った方が長期的に見て吉です。

丙辰のまとめ

カップル

どうだったでしょうか。性格や運勢などで、思い当たるふしはありましたか?丙辰の人はとにかく仕事に生きるタイプなので、金運と仕事運が密接にからみつく2018年は特に勝負の年と言えそうです。おろそかにすることなく、成功を掴み取るため、人脈と節制を大切にしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。