Large thumb shutterstock 713909206

【神戸】2月上旬/中旬/下旬の服装15選!天気や気温に合わせたコーデをご紹介!

更新:2022.03.05

2月の神戸では、どんな服装が適しているのでしょうか。この記事では、2月を上旬、中旬、下旬に分けておすすめコーデをご紹介します。気温や天気を踏まえた上でぴったりなファッションをまとめるので、参考にして季節感あるコーデをしてください。



【上旬・中旬・下旬】神戸2月の天気や気温は?

神戸の2月の天気と降水量

白の結晶

神戸の2月の天気は、あまり良いとは言えません。雨の日も比較的多いので、傘を忘れないようにしましょう。また、雪が降る場合もあるので、寒さに気をつけてください。晴れの日はあまり見られず、基本的に曇りの日が多い傾向にあるため、日中でも暗いことが多いでしょう。明るい色の服装で冬の陰鬱を晴らしましょう。

神戸の2月の最高気温・最低気温・平均気温

ピンクの空

神戸の2月の最高気温・最低気温・平均気温は、軒並み低めです。平均気温が10度を超えることはないので、寒さ対策はきちんと講じておくべきでしょう。ただ、最高気温は10度を上回っています。春に向けて徐々に暖かくなりつつあることはわかります。風邪をひかないように気をつけつつ、春を待ちましょう。

神戸の2月の気温・降水量

(2019年データ) 2月上旬 2月中旬 2月下旬
平均気温 8℃ 7℃ 9℃
降水量 36.0 mm 36.0 mm 36.0 mm
最高気温 14.8℃ 13.2℃ 15.6℃
最低気温 2.1℃ 1.7℃ 4.7℃

神戸の2月の服装選びポイント!

①2月上旬:アウターの暖かさを重視した服装

白ニットの女性

神戸の2月上旬の服装を選ぶときは、まだ冬本番であることを意識してアウターの暖かさを重視するようにしましょう。それにプラスしてマフラーなどの小物を取り入れることにより、暖かさを倍増させることができます。これから春に向けて徐々に暖かくなる季節ではありますが、気を引き締めて寒さ対策をしてください。

②2月中旬:ボリュームのあるコーデ

寒空と女性

2月中旬の神戸で選ぶべき服装といえば、ボリュームのあるコーディネートです。冬ももう少しで終わりを告げます。とはいえまだまだ気を抜けない寒さが襲う2月中旬の神戸では、ボリュームのあるコートを用いたコーデがおすすめです。冬のボリュームコーデはシルエットそのものが可愛く魅力的なのでおすすめです。

③2月下旬:中旬よりも薄着でも暖がとれる服装

クールな女性

2月下旬の神戸は、少々春に近づきつつあるとはいえ、まだ寒いものです。そこで、中旬の服装よりも薄着にしつつ、ベレー帽など可愛らしい帽子を取り入れるなどして暖をとるようにしましょう。ニット素材の服などもおすすめです。まだまだ冬の寒さに気を抜かないようにしてくださいね。

【上旬編】神戸の2月の服装コーデ5選

①レッドコートコーデ

レッドが目を引く鮮烈なコーディネートは、2月上旬によく似合います。天気が冬と予報されたときは、その景色を楽しむべくコーデに原色を取り入れると鬱憤とした気分を晴らすことができそうです。小物は黒を取り入れてスタイリッシュに仕上げましょう。インナーもシャツなどシンプルなものがおすすめです。

②レイヤースカートコーデ

一癖あるレイヤースカートは、コートと合わせることでより引き立ちます。バイカラーになっていることによって、シンプルなコーデに表情を加えてくれるスカートです。このようなアイテムを投入するときは、なるべく一点集中で他のアイテムは引き立て役に徹させることで、バランスが取れて美しい仕上がりになります。

③花柄スカートコーデ

冬でも見にスカートを履きたいというときは、ムートンコートなど寒さ対策がバッチリできる厚手のコートと合わせることで難なく着こなすことができます。足元には暖色のソックスとシューズを合わせることによって、2月上旬でも寒さを感じないミニスカートコーデができます。全体的にガーリーな仕上がりのファッションです。

④イエローニットコーデ

2月上旬の神戸では、明るい色を取り入れてみませんか?冬の終わりにあたる2月上旬は、エネルギッシュな服装で元気な気持ちになりましょう。グレーのスカートと合わせることで、トップスの色が空回りせず綺麗に馴染みます。タイツをあわせればミニ丈のスカートも冬に着こなすことができるでしょう。

⑤個性派柄シャツコーデ


冬でも遊び心を忘れないコーディネートをすることで、周りと差をつけることができます。そこで、柄シャツにブラウンのコートを合わせたコーディネートはいかがでしょうか。コーディネートの主役は柄シャツなので、その柄に似合う色のコートを合わせます。そうすることで全体が引き締まりクールな印象を持たせられます。

2月の上旬から下旬にかけて神戸に旅行で訪れるというあなたは、せっかくですから2月のイベントや行事をおさらいしていきましょう。そこで、以下に2月のイベントをまとめた記事を添付しておきます。風物詩やデートスポットなど様々なまとめ方をしてあるので、ぜひ参考にして旅行のプランを練ってみてくださいね。

【中旬編】神戸の2月の服装コーデ5選

①ネイビーコートコーデ

ネイビーのスタイリッシュな綺麗めコートにホワイトのインナー、さらにその中にチェックシャツを着込むことによって洗練された印象を感じさせるコーディネートです。トップスがレイヤーを重ねて形作られている分、ボトムスはいたってシンプルにスキニーで仕上げるとバランスが取れ2月中旬にもぴったりです。

②ホワイトチェスターコーデ

まるで冬の雪景色のようなホワイトチェスターを主役にしたコーデは、女の子らしい雰囲気なのでデートにもおすすめです。神戸の2月中旬の寒さにも対応してくれるので、安心して着こなせそうです。靴はブラウンのショートブーツを合わせることで、ドラマチックな仕上がりになっています。

③ブラウンライダースコーデ

ブラウンのライダースは、黒と違ってなんともいえない上品で大人っぽい雰囲気を作ってくれます。難易度が高いように思えるかもしれませんが、カーキやブラウンなど無難な色味と合わせると美しく仕上がります。旅行に持って行って着回すこともできる、2月中旬にぴったりな優秀なスタイリングアイテムです。

④バイカラートップスコーデ

バイカラーのトップスにホワイトのコートを合わせたコーディネートは、カラフルではあるもののまとまりが感じられます。バッグも個性的なパープルを取り入れていますが、全体が調和しているのはスカートに柄が入っているためです。様々な色味と小花柄を合わせることで、ファンシーな仕上がりのコーデになっています。


⑤くすみピンクコーデ

くすみピンクは、女性を上品で可愛らしく見せてくれる魔法の色味です。そんなくすみピンクのコートを主役にする場合には、中にグレーのワンピースなど落ち着いた色味のものを取り入れるようにしましょう。グレーとくすみピンクの組み合わせは、落ち着いていてロイヤルな雰囲気を感じさせてくれます。

【下旬編】神戸の2月の服装コーデ5選

①パープルダウンコーデ

個性的なパープルのダウンとヒョウ柄のバッグを合わせた強めコーデは、2月下旬の天気の悪い日でも気分を上げてくれること間違いなしです。黒のワンピと合わせることで、派手になりすぎないようにするのがポイントです。

②ブラックコートコーデ

シンプルなブラックのコートとデニムを合わせたコーデは、2月下旬の旅行にぴったりです。たくさん服を持っていくことが難しい旅行では、このようにシンプルなアイテムが役立ちます。うまく着回せば少ない手持ちの服でも色々なコーデを組むことができ、旅行の写真も映えるでしょう。

③ボアアウターコーデ

モコモコ素材のアウターは、着るだけで女性を可愛らしく見せてくれるおすすめアイテムです。グリーンのトップスと合わせることで、インナーとアウターの色味がお互いを引き立てあってくれます。ボトムスにはシンプルなデニムを合わせることで、綺麗にまとめましょう。

④ミルクティーブラウンコーデ

ミルクティーブラウンのコートを主役にしたコーデは、そのシルエットを目立たせるべく他のアイテムを極力シンプルにするのがポイントです。2月下旬の旅行でも大活躍すること間違いなしな個性派シルエットのアウターアイテムは、ぜひ手に入れておきたいところです。

⑤ノーカラーコートコーデ

シンプルなノーカラーコートは、天気が悪い日でも気分を上げてくれるライトカラーをチョイスしましょう。これなら、雪や曇りの2月下旬の天気にも対応してくれること間違い暗視です。ライトカラーのコートにはブラックなど定番の色味を合わせることで大人っぽく仕上げるのがポイントです。

ここで、関連記事として神戸の5月の天気やおすすめな服装をまとめた記事を添付します。この記事では2月の神戸におすすめな天気やファッションを紹介しましたが、もし春に神戸に旅行に行く機会があるなら、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

【番外編】神戸の2月におすすめの持ち物は?

①マフラー

オレンジのマフラー

マフラーがあるかないかで、コーデの暖かさはまるで変わります。特に首元が大きくあくようなデザインの服を着る場合には、マフラーを用いることで体を冷えから守りましょう。コーデのポイントになるような派手な色柄のものだと、おしゃれを楽しみながら暖をとることができますよ。

②手袋

可愛い手袋

手袋は、2月の神戸においてマストアイテムです。手先がかじかむと何をするのも一苦労です。しもやけになってしまう恐れもあるので、服装に似合う可愛い手袋で手先を冷えから守るように心がけてください。家事をする際にも気になる手の荒れは、手袋など暖かいアイテムでケアしましょう。

③リップクリーム

リップを塗る人

2月の神戸は乾燥してしまいがちなので、リップクリームを持っておくようにしましょう。乾燥した唇ではおしゃれも楽しめません。コーデに力を入れるなら、それを纏う自分自身のケアもしっかりと行ってください。色付きのものを選ぶようにすれば、保湿をするだけでなく化粧直しの手間を省くこともできます。

2月の神戸は冬らしい装いで楽しもう!

2月の神戸は、冬らしい装いでレディに楽しみましょう。この記事に紹介したような服装で旅行を楽しのもよし、神戸の日常を楽しむのもよしです。外に出たくないと思ってしまいがちな季節だからこそ、気分が上がるような服装をして積極的におしゃれを楽しみ活発な自分に生まれ変わりましょう!

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。