INDEX

ベージュが似合わない人の特徴とは?

ベージュが似合わない人の特徴①肌の色に合っていない

ファンデーション

ベージュが似合わない人の特徴1つ目は、肌の色に合っていないです。定番カラーとしても人気のベージュですが、実は肌の色によっては逆にくすんでしまい、顔色が悪く見えてしまうというケースが多いのも事実です。また、イエベやブルベと言われるようなベージュにも様々な色合いがあるので、そのチョイスも重要になります。

特に、色黒の人はベージュのチョイスを間違うと、顔色を明るく見せるつもりが逆効果になってしまう事も多いです。その為、色黒の人は自分の顔色に似合う色合いの見つけ方を学ぶ事は特に、重要になってくるでしょう。自分に似合う色とは逆の色を選んでしまえば、意図する方向とは逆になってしまう懸念もあります。

ベージュが似合わない人の特徴②薄顔

メイクをしている女性

ベージュが似合わない人の特徴2つ目は、薄顔です。ベージュというのは、一見すると上品な色合いのように感じますが、顔が薄い人はそれ故、地味な印象に見えてしまうという事もあるので、注意が必要です。ベージュが映えるというのは、あくまでも顔が濃い人の方がその良さが際立つというのは、言えると思います。

その為、特に華やかなドレスなどを選ぶ際には注意する必要があります。華やかな印象にすべき場所で、逆に地味な印象になってしまわないように自分の肌の色に似合う色合いのベージュを選ぶという事も重要です。

ベージュが似合わない人の特徴③老け顔

眉間にしわを寄せる女性

ベージュが似合わない人の特徴3つ目は、老け顔です。ベージュというのは、イエベやブルベなどベージュの色にかかわらず、落ち着いた印象を与えるので老け顔の人や大人っぽい顔立ちの人が身に着けると、どうしても老けて見られるという懸念があります。場合によっては、年齢以上の印象に見えてしまう懸念もあります。

ベージュが似合わない人の特徴④服装のバランスがおかしい

ハンガーにかけられたたくさんの服

ベージュが似合わない人の特徴4つ目は、服装のバランスがおかしいです。ベージュは、どんな色とも相性が良い為、どんなアイテムと合わせても大丈夫と思われがちです。しかし、シンプル過ぎたり、奇抜過ぎるとおしゃれに見せるどころかあか抜けない印象にしてしまうので注意が必要です。

ここに、ベージュに合う色をまとめた記事があるので、この記事を参考にしておしゃれな女性を目指すヒントを見出す参考にして下さい。ベージュを使ったおしゃれなコーデの仕方を学ぶ為の参考にしてみると、おしゃれに見せるコツも理解できるはずです。

Small thumb shutterstock 582948838
関連記事 ベージュに合う色7色!黄土色と相性のいい女性の服装・トップスコーデ36選!

ベージュ色や黄土色のトップスは、レディースコーデでも人気が高いアイテム

ベージュが似合う人と似合わない人の違いとは?

自分のパーソナルカラーを把握していない

絵具と筆

ベージュが似合う人と似合わない人の違い1つ目は、自分のパーソナルカラーを把握していないという事です。ベージュと一言で言っても、ベージュにも様々な色合いがあります。例えば、パーソナルカラーがイエベと呼ばれるイエローベースのベージュである場合には、ライトベージュのような明るい色合いがおすすめです。

また、深みのあるダークベージュも最適です。そして、ブルベと呼ばれるブルーベースの人は、黄み色の少ないグレーベージュやダークピンクベージュなど落ち着いた色合いのベージュであれば似合うと思います。ベージュにも様々な色合いがありますので、自分に似合うベージュを知っておくというのは、特に大事です。

ベージュとの組み合わせる色のチョイスが苦手

たくさんの色のジッパー

ベージュが似合う人と似合わない人との違い2つ目は、ベージュと組み合わせる色のチョイスが間違っているという事です。ベージュは、シンプルな色合い故に、どんな色とも相性が良いと思われがちですが、組み合わせを間違ってしまうとどうしてもその色のコントラストの間違いが悪目立ちしてしまう事も少なくありません。

また、上品な色合いですので色のコントラストを利用して、上手くベージュを際立たせることができれば、ベージュが似合わないと言われる事もなくなるはずです。ここに、ベージュが似合わない女性の解決法を紹介している記事があるので、色を楽しむヒントを見出す参考にして下さい。

ベージュが似合わない人が似合うようになる解決策とは?

顔から一番離れた場所に取り入れる

ピンクベージュのパンプス

ベージュが似合わない人の解決策1つ目は、顔から一番離れた場所に取り入れるという事です。ベージュが似合うかどうかというのは、顔の色で判断します。その為、どうしてもベージュを取り入れたファッションを楽しみたいという場合には、顔から一番離れた靴などにベージュを取り入れるのが良いでしょう。

顔の近くにベージュを取り入れてしまうと、その色のチョイスが間違っていた場合には自分の意図する方向とは逆効果となってしまう懸念もあります。その為、たとえその色のチョイスが間違っていたとしても、靴などにベージュを入れて置く事でそれが悪目立ちするという事も避けられます。

肌の色より濃いベージュを選ぶ

靴を選ぶ女性

ベージュが似合わない人の解決策2つ目は、肌の色よりも濃い色を選ぶという事です。中途半端な色を選んでしまうと、どうしても顔自体がぼやけて見えてしまうという懸念があります。その為、イエベやブルベの人も肌の色よりも濃いベージュを選ぶという事を覚えておくと、良いでしょう。

ベージュとコントラストを成す色をボトムスに持ってくる

ベージュのニットとデニム

ベージュが似合わない人の解決策3つ目は、ベージュとコントラストを成す色をボトムスに持ってくるという事です。例えば、ネイビーや黒など締まる色合いを持ってくると、ベージュをトップスやアウターの持ってきても全体的にくすんで見えるという事はないと思います。また、グリーン系やブルー系もおすすめです。

ベージュと反対の色合いでもあるビビットな色合いを持ってくる事により、ベージュを取り入れたファッションの見つけ方も簡単にできると思います。ここに、ベージュに合う色を紹介している記事があるので、この記事を参考にしてベージュファッションを楽しむ極意を学んでみて下さい。

Small thumb shutterstock 582948838
関連記事 ベージュに合う色7色!黄土色と相性のいい女性の服装・トップスコーデ36選!

ベージュ色や黄土色のトップスは、レディースコーデでも人気が高いアイテム

ベージュファッションを楽しむポイントとは?

ベージュ初心者は白や同系色でまとめる

麦わら帽子

ベージュファッションを楽しむポイント1つ目は、白や同系色でまとめるという事です。ベージュと相性の良い色は、白やベージュなど同系色の明るい色です。特に、ベージュに合わせる色がわからないという場合には、これらの色を取り入れればまず、失敗する事はないでしょう。

サイズ感はルーズなアイテムを選ぶ

ショートパンツ

ベージュファッションを楽しむポイント2つ目は、サイズ感はルーズなアイテムを選ぶというものです。ベージュのアイテムは、シンプルかつルーズ感を出す事によりバランスよく着こなす事ができます。その為、ワイドパンツやオーバーサイズのトップスなどを取り入れる事で、おしゃれに見せる事も可能です。

色黒の人は、ベージュのアイテムを取り入れたファッションをする際には、注意する必要があるというのは先ほども言いましたが、イエベやブルベにかかわらずアイテム選びにも細心の注意を払う必要があるというのは理解できると思います。自分に似合う色の見つけ方も大事ですが、どんなアイテムを選ぶかも重要となります。

ここに、秋冬におすすめのワイドパンツコーデを紹介している記事があるので、ベージュのアイテム選びの参考にしてコーデを楽しんでみて下さい。

Small thumb shutterstock 227362240
関連記事 【秋冬コーデ】ワイドパンツの20選!大人女子の着こなし術はコレ!

去年から続くワイドパンツブームですが、古いコーデばかりでマンネリ化して

ベージュが似合わない人が似合う色は?

色黒の人はハッキリとした色合いを選ぶ

赤いスカートやパンプス

ベージュが似合わない人が似合う色1つ目は、ビビットな原色です。こんがりと焼けた肌にもしっくりくるようなビビットなカラーは、黒い焼けた肌と合わせる事により、健康的な肌に見せる事も可能です。

ベージュが似合わない人は黄なりのアイテムを選ぶ事で解決できる

抱きつく女性

ベージュが似合わない人におすすめの色2つ目は、黄なりのアイテムです。白に近いベージュが似合わないからと言って、諦める事はありません。ベージュを選ぶ際には、なるべく黄なりに近い色合いを選ぶことにより、ベージュが似合わないという悩みを解決できる事も少なくありません。

ここに、ベージュが似合わない人にもおすすめのカラーを紹介している記事があるので、この記事を参考にしてベージュが似合わないという悩みを解決する方法を模索する参考にしてみて下さい。

自分に似合うベージュの見つけ方とは?

似合うベージュの見つけ方①肌のアンダートーンで見極める

顔の下半分

似合うベージュの見つけ方1つ目は、肌のアンダートーンで見極めるという方法です。一般的に言われているのが、緑っぽい色の人をイエベ、青色っぽい人をブルベといいます。それでも見極めが難しい場合には、真っ黒の服を着た時でも顔が映える場合にはブルベ、カーキの服が似合う人はイエベという見つけ方もできます。

似合うベージュの見つけ方②パーソナルカラーを専門家に診てもらう

たくさんの絵の具

似合うベージュの見つけ方2つ目は、パーソナルカラーを専門家に診てもらうという事です。自分のパーソナルカラーがわからない、という場合には、パーソナルカラーを診断してくれる専門のサロンを訪れるというのもおすすめです。イエベやブルベなどは、知っておくことにより自分の魅力を引き出してくれる効果もあります。

似合うベージュの見つけ方③試着をたくさんしてみる

服を選ぶ女性

似合うベージュの見つけ方3つ目は、試着をたくさんしてみるという事です。肌の色というのは、夏場など日焼けをしたりすれば色黒にもなりますので、その時期によって似合う色は変わってくる事も少なくありません。また、色黒かどうかの見極めができないという人もいるでしょう。

その場合には、信頼できる友人や家族に一緒に来てもらうというのもおすすめです。その場合には、ハッキリと意見を言ってくれる人でなければ意味がありません。色黒かどうかによって、似合うベージュの色は変わってきますので、意見をしっかりと言ってくれる人を一緒に連れていきましょう。

ここに、自分に似合うベージュの見つけ方を詳しく紹介している記事があるので、この記事を参考にして色黒である場合や肌の色によって似合うベージュを見つける方法を学ぶヒントとしてみて下さい。

ベージュが似合わない人でも色合いによっては似合う色が見つかる

今回は、「ベージュが似合わない人の特徴」をテーマに、ベージュが似合わない人が自分に似合うベージュを見つける見つけ方を併せて紹介してきましたが、いかがでしたか?色黒など肌の色によって、似合うベージュの色というのは変わってきます。

また、今回は自分に似合うベージュの見つけ方と同時に楽しむポイントも紹介してきました。ベージュは、シンプルな色ゆえに、場合によっては地味に見えてしまうなどのデメリットを生じさせてしまう懸念もあります。その為、自分に似合うベージュを適切に選び、アイテム選びにも細心の注意を払うというのは大事です。

その為、この記事を参考にしてベージュを取り入れたファッションを楽しむ極意を学んで、ベージュコーデを楽しんでみて下さい。自分に似合う色を見つける事ができれば、自分の魅力を最大限に発揮してファッションを楽しむというのも効果的にできるようになるはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。