INDEX

暗めのグラデーションカラー実例7選|ショート

①毛先が明るいグラデーションスタイル

ショートの暗めのグラデーションカラー実例1つ目は、毛先に向かって明るいグラデーションのスタイルです。ベースは暗い色でも、毛先を明るくすることで、実際の色以上に明るく見えますね。軽やかでこなれ感も出せますし、傷みが気になってきたら毛先を切り落とすだけで暗く落ち着いたカラーに戻せるのが魅力です。

②マットグレーのグラデーションスタイル

2つ目は全体的にグレーの色味に、毛先の部分はハイトーンのマット系のグレーで染めたショートスタイルです。暗めのトーンで染めると重く見えがちなグレーですが、こうして毛先に明るい色を入れることで暗めでも透明感のあるカラーにすることができます。

③バイオレットグレーのグラデーション

3つ目は毛先にかけてバイオレットグレーのグラデーションカラーに仕上げたショートスタイルです。ボーイッシュになりがちなショートスタイルですが、バイオレットのような少し赤みのあるカラーを合わせることで色気のあるショートスタイルになりますね。

④根元近くから中間にかけてのグラデーションスタイル

4つ目は深めにグラデーションがかかったショートスタイルです。ショートヘアでグラデーションをする場合、毛先だけだと色味が楽しめないという方におすすめのスタイルです。根元のカラーを地毛に近い色味でカラーリングすると、根元が伸びてきても自然なグラデーションを保ったまま楽しむことができますよ。

⑤透明感カラーのグラデーション

5つ目は透明感のあるマット系のカラーのグラデーションスタイルです。メッシュも合わせて入れることで立体感を出しています。どちらもあまりコントラストを付けないようにすることで、奇抜な印象を与えません。ショートヘアでも立体感を意識したカラーリングを取り入れることで、どこかこなれた印象になりますね。

暗めのグラデーションカラー実例7選|ボブ

①ローズ系カラーのグラデーション

ボブスタイルの暗めのグラデーションカラー実例1つめは、ローズ系カラーのグラデーションスタイルです。人気のピンク系カラーですが、可愛くなりすぎるのを懸念している方にはローズ系のピンクがおすすめです。同じピンクでも紫がかった絶妙な色味が大人っぽく、甘くなりすぎません。

②アッシュ系のグラデーションスタイル

2つ目は透明感のあるアッシュ系で仕上げたグラデーションカラースタイルです。根強い人気の透明感カラーは、グラデーションカラーとの相性も良いです。毛先にかけて白っぽく仕上がり、儚げな雰囲気を出すことができます。

③ハイライト×グラデーションカラー

3つ目はハイライトとグラデーションを合わせたボブスタイルです。グラデーションと合わせてハイライトを入れると、人気のバレイヤージュ風に仕上がります。ブリーチで色が抜けにくい髪質の方は、バレイヤージュのような塗り方だとムラになってしまう事があるので、ホイルワークで丁寧に仕上げる方が失敗が少ないですよ。

逆に、色が抜けやすい髪質の方にはバレイヤージュは手間も時間もかからずにクオリティーの高いカラーリングを再現できるのでおすすめです。バレイヤージュについてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

Small thumb shutterstock 426314815
関連記事 バレイヤージュとはどんなヘアカラー?毛先だけ染めるセルフのやり方は?

バレイヤージュというヘアカラー法を知っていますか?バレイヤージュカラー

④アッシュベージュのグラデーション

4つ目はアッシュベージュのグラデーションカラーのボブスタイルです。毛先にかけてベージュっぽくなっていくのが健康的でナチュラルなイメージですね。シンプルな外はねにスタイリングすることで、グラデーションをより楽しめるボブスタイルです。

⑤グレー系のグラデーション

5つ目は人気の高いグレー系のカラーのグラデーションカラーのボブスタイルです。グレー系のカラーは、根元が地毛に近い暗めの色からのグラデーションが映えるカラーです。人によっては一回でここまでのグレーが出せない場合もあるので、担当の美容師さんとよく相談してみましょう。

⑥ナチュラルなグラデーション

6つ目はアッシュベージュのナチュラルなグラデーションスタイルです。ボブスタイルは、このようなナチュラルなグラデーションが一番作りやすいレングスです。ハイトーンのカラーの履歴があるボブスタイルの方は、その毛先の明るさを活かしてナチュラルなグラデーションスタイルにしてみてはいかかでしょうか。

⑦ラベンダーアッシュのグラデーション

7つ目はラベンダーアッシュのグラデーションカラーのボブスタイルです。バレイヤージュにすることで境目が目立たず、シンプルなスタイリングにしても綺麗なグラデーションに仕上がっています。色味も紫味のあるアッシュにカラーリングすることで、クールな中にも女性らしさのある印象です。

暗めのグラデーションカラー実例7選|ミディアム

①ベージュカラーのナチュラルなグラデーション

ミディアムの暗めのグラデーションカラー実例1つ目は、ベージュでナチュラルなカラーリングのスタイルです。肌馴染みのいいベージュをベースにバレイヤージュで仕上げたグラデーションカラーは、様々な方に似合いやすく、華美な印象にもなりにくいので初めて挑戦する方にもおすすめですよ。

②アッシュベージュのシンプルなグラデーション

2つ目は、アッシュベージュでシンプルなグラデーションを作ったミディアムスタイルです。バレイヤージュやハイライト、ローライトと組み合わせたグラデーションカラーも立体感が出て素敵ですが、シンプルなグラデーションだけのスタイルは髪のツヤ感が強調されてより女性らしいイメージになりますね。

③シルバーグレーのグラデーション

3つ目は毛先をシルバーグレーに仕上げたミディアムスタイルです。モードな印象のシルバーグレーですが、全頭この色でカラーリングするとなるとかなりハードルが高いですよね。そんなときは毛先にかけてグラデーションで染めてみましょう。普段挑戦できない色にも挑戦しやすいですよ。

④ブリーチなしのナチュラルなグラデーション

4つ目は地毛を活かしたベージュ系カラーのミディアムスタイルです。根本あたりの色は地毛を活かしたナチュラルな色から、毛先にかけてベージュ系の明るい薬でカラーリングしたスタイルはとても自然な印象です。ブリーチなしで作るナチュラルなグラデーションは、会社の規則が厳しい方やママにもおすすめです。

⑤暗めのバイオレット系グラデーション

5つ目はかなり暗めなバイオレット系のミディアムスタイルです。ブリーチをしていても、暗い色でしっかり色を入れることで退色するまでの長い間楽しめます。また、黄色の補色である紫を入れることで退色してきても黄色くなることなく、透明感のあるカラーを楽しむことができます。

⑥立体感のあるベージュ系グラデーション

6つ目はベージュ系のグラデーションをベースに、ハイライトを入れて仕上げたミディアムスタイルです。ミディアムくらいの長さになってくると、髪を巻く機会も多いと思います。ハイライトを入れることで立体感が出て、巻き髪がとても映えますよ。

⑦アッシュグレーのグラデーション

7つ目はアッシュグレーのミディアムスタイルです。ミディアム以上の長さなら冒険したハイトーンカラーのグラデーションでも、顔周りにきちんと似合うカラーを持ってくることで似合わせることができます。

暗めのグラデーションカラー実例7選|ロング

①ラベンダーベージュのグラデーション

ロングの暗めのグラデーションカラー実例1つ目は、ラベンダーベージュの大人っぽいスタイルです。地毛程度の暗いトーンからラベンダーのかなり透明感のある色味へのグラデーションは、甘さの中にも大人っぽくクールな印象もありますね。

②ベージュ系のナチュラルなグラデーション

2つ目はベージュ系のナチュラルなロングスタイルです。ロングほどの長さになると、根元から毛先にかけてのストロークが長いので丁寧にグラデーションを作ることができます。そのため、自然なグラデーションが作りやすいのが特徴です。

③グレージュのグラデーション

3つめはグレージュをベースにハイライトを入れたロングスタイルです。人気の透明感カラーはハイライトなどのブリーチを伴う施術とも相性がいいです。基本的に透明感カラーは髪の黄味を抑える色味で作ることが多いので、ブリーチをした髪の黄味を抑えてくれます。

④アッシュの自然なグラデーション

4つ目はアッシュの自然なグラデーションのロングスタイルです。カラー剤のみで塗り分けて作るグラデーションカラーは、仕上がりがとても自然な感じに仕上がると共に、一度のカラーリングで済むので料金も節約できます。人気の高いアッシュ系のカラーは仕上がりも透明感があって、とても綺麗ですのでおすすめですよ。

⑤アッシュベージュの深めグラデーション

5つ目は深めにグラデーションを入れたアッシュベージュのロングスタイルです。グラデーションカラーの黄金比率は大体毛先3分の1程度と言われていますが、あえて黄金比に従わずに深めのグラデーションを入れるのも可愛いですよ。

⑥ピンクブラウンのグラデーション

6つ目はピンクブラウンのグラデーションにハイライトを合わせたロングスタイルです。ロングスタイルの場合、のっぺりしない様にハイライトを入れるとラフなスタイリングとも相性がいいです。人気のくせ毛風のナチュラルなウェーブも決まりやすいですよ。

⑦グラデーション×裾カラー

7つ目はグレージュ系のグラデーションをベースにラベンダーの裾カラーを入れたロングスタイルです。最近人気が出てきた裾カラーは、グラデーションと合わせることでさらに境目を馴染ませることができます。

暗めグラデーションカラーにする時のポイント

ナチュラル派には自然なグラデーションがおすすめ

カラー剤を塗布している様子

グラデーションカラーはしたいけど、あまり派手なのスタイルは挑戦しづらいという方にはカラー剤のみで色を塗り分けるグラデーションカラーがおすすめです。明るさの違う薬を塗り分けて同時に塗ることで、薬同士が混ざり合い自然な仕上がりになります。

ブリーチなしでも楽しめるカラーは沢山あります。人気の寒色系カラーは髪をより落ち着いて見せたいときに最適ですよ。おすすめのカラーについてはこちらの記事でご紹介していますので、ご覧になってはいかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 293730404 1
関連記事 ブリーチなしでできる暗めの髪色オリーブアッシュ|おすすめヘアスタイル5選

明るい髪色は卒業!でも黒髪はなんだか物足りない…そんな貴女に2018年

透明感が欲しいなら寒色系のカラーがおすすめ

紫の髪の女性

人気の透明感のあるカラーがしたいならアッシュやグレーなどの寒色系のカラーがおすすめです。透明感を出すには髪の黄味を消して白っぽくする必要があるため、黄色の補色である寒色系の色味でカラーリングする必要があります。ベースをブリーチした場合、退職後の色味も綺麗なのでおすすめですよ。

高発色が希望ならブリーチは必須

カラーの施術を受ける女性

高発色カラーのグラデーションが希望ならブリーチは必須になります。希望の色味によっては何度もブリーチする必要があるため、資金には余裕をもってサロンへ行くことをお勧めします。特に寒色系の場合には、ベースが白に近くなるまでブリーチをしないと再現できない場合があるので担当の美容師さんとよく相談しましょう。

暗めのグラデーションカラーでさり気無いオシャレを楽しもう!

ラベンダーカラーのヘアスタイル

人気のグラデーションカラーは暗めのトーンでも楽しむことができます。毛先のみならば痛みを気にせずブリーチにも挑戦することができますので、是非挑戦してみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。