Large thumb shutterstock 627271019

日本人男性のスーツが似合わない特徴・理由5選|似合う人は胸板が厚い?

更新:2022.03.05

今回は、「日本人男性のスーツが似合わない特徴・理由」をテーマに、似合う人は胸板が厚いのか、についても言及していきます。日本人の体型がスーツが似合わないと言われる所以は、筋肉の付き方だったり、比較的ガリガリな人が多いというのも原因の一つです。スーツが似合わないという人は、参考にしてみて下さい。



日本人男性のスーツが似合わない特徴5選

日本人男性のスーツが似合わない特徴①背面の筋肉に乏しい

スーツケースを持つ男性

日本人男性のスーツが似合わない特徴1つ目は、背面の筋肉が乏しいです。日本人というのは、かつては着物を着ていましたが、西洋文化が入ってきた事により徐々に洋服を着る人が増えてきました。しかし、西洋人に比べて、背中の筋肉に乏しい傾向にある日本人は、スーツ自体も似合わないと言われています。

特に、スーツをはじめとする洋服は、多くが西洋人が着た時に一番スタイリッシュに見えるように作られているという事もあり、やはり、日本人が着たところで似合っていないとなるのは、当たり前なのかもしれません。その為、日本人の体型にも似合うようなアイテム選びをするというのは、大事なポイントです。

日本人男性のスーツが似合わない特徴②背が低い

ドアを閉める男性

日本人男性のスーツが似合わない特徴2つ目は、背が低いです。やはり、背が低いというのは、スーツを始めとするパンツスタイルは、似合わないというのは明らかです。背が高い外国人に対し、腕や足の長さにおいても見劣りするような日本人は、スーツが似合わないと言われても仕方ありません。

スーツというのは、元々スタイルを良く見せるという効果も期待できます。その為、背が低くても、やせ型の人はかっこよく着こなせるのもアイテム次第では、可能となるはずです。その為、後に紹介する自分に似合うスーツの選び方のポイントを参考にしてみて下さい。

日本人男性のスーツが似合わない特徴③肩幅が広くない

時計を見る男性

日本人男性のスーツが似合わない特徴3つ目は、肩幅が広くないです。骨格の違いという事もありますが、やはり西洋人に対し、肩幅が狭いというのは言えると思います。肩幅が狭いのはもちろん、なで肩の人である場合には、余計にそれが顕著に表れてしまいます。

肩幅が狭いというのは、スーツを着た時に特に、貧相に見えてしまう懸念もありますので、やはりスーツに肩パットを入れたアイテムを選んだり、何かしらの対処は必要かと思います。

日本人男性のスーツが似合わない特徴④姿勢が悪い

姿勢が悪い男性

日本人男性のスーツが似合わない特徴4つ目は、姿勢が悪いです。猫背である場合には、スーツを着ていたとしても、自信がないように見えてしまうというのは、仕方ありません。また、日本人がスーツが似合わない理由でもある、背が低い、首が短く見えるというのを助長させてしまう事になってしまいます。


自信がないように見えてしまうのは、その人が仕事ができるかどうかにも見え方の違いが変わってくるので、姿勢が悪いという場合は、日頃から背筋を良くするように意識するのを忘れないようにしましょう。

日本人男性のスーツが似合わない特徴⑤体型がスーツの適正ではない

こちらを見る男性

日本人男性のスーツが似合わない特徴5つ目は、体型がスーツの適正ではないです。先ほども言いましたように、スーツは西洋人向けに作られた服ですので、日本人に似合わないのは当たり前です。また、多くの人が既製品を購入していると思いますが、それだと自分に似合わないとなっても仕方ありません。

ここに、スーツが似合わない男性が女性から素敵と言われるようになった対策をまとめた記事があるので、参考にしてみて下さい。スーツが似合うようになれば、女性の視線もあなた自身の見た目も変わってくるはずです。

スーツが似合わない男だった僕が女性から素敵!と言われた3つの対策

スーツが似合わない!スーツが似合う男性の特徴5選

スーツが似合う男性の特徴①太っていない

ジョギングする男性

スーツが似合う男性の特徴1つ目は、太っていないです。スーツが似合う男性は、太っていないというのは、大前提です。お腹が出ているのは、スーツの着こなしには、一番の大敵です。スッキリ見せる事のできるスーツですので、やはりスタイリッシュに着こなす為には、やせ型の人の方が似合うというのは、当たり前です。

スーツが似合う男性の特徴②肩幅が広い

時計を見る男性

スーツが似合う男性の特徴2つ目は、肩幅が広いです。肩に筋肉が付いている人は、スーツを着た時に肩のラインが綺麗に見えるので、そういう意味でも肩幅が広い人は、綺麗に着こなせると言えます。また、肩に筋肉が適度に付いており、肩のラインに厚みが出ると、肩のフォルムも綺麗に見えます。

スーツが似合う男性の特徴③胸板が厚い

見つめる男女平等

スーツが似合う男性の特徴3つ目は、胸板が厚いです。前から見たスタイルにおいて、ウエストや胸板というのは、人目に付きやすいとも言えます。特に、胸板というのは、逆に薄いとスーツにたるみが出てしまい、かっこ悪くなってしまいます。胸板が厚い人は、スーツを体にフィットさせて、綺麗に着こなせます。

スーツが似合う男性の特徴④背中に厚みがある

キスをしようとする男女

スーツが似合う男性の特徴4つ目は、背中に厚みがあるです。背中の筋肉が厚いと、後ろ姿においても頼りがいのような物を女性は、感じると思います。しかし、背中の筋肉が薄いというのは、どこか弱弱しく、頼りがいがないように見えてしまいます。

スーツが似合う男性の特徴⑤姿勢が良い

時計を見る男性

スーツが似合う男性の特徴5つ目は、姿勢が良いです。姿勢が良く、綺麗な立ち姿というのは人から見ても「仕事ができる男」という印象を与えます。特に、パソコンをしていたり、デスクワークをしている時には、姿勢が悪くなりがちなので、その姿勢であっても姿勢が良いと感じるのは、やはりかっこよく見えるものです。

ここに、ぽっちゃり体型でも似合うスーツのおしゃれな着こなしについて、より詳しくまとめた記事があるので、体型に自信のない人は何かと役に立つ情報が多いと思います。その為、スーツ選びに迷った時には、読んでみて下さい。

スーツが似合わない!それぞれの体型にあったスーツの種類は?

お腹周りが気になる人はサイズ感に気をつける

スーツ屋さんの様子

お腹周りが気になっているという人は、サイズ感に注意してスーツを選ぶというのがポイントです。お腹周りが気になるとは言ってもむやみに大きなサイズのスーツを選ぶというのは、着せられている感が出てしまい、相手にだらしない印象を与えてしまいかねません。また、パツパツのアイテムを選ぶと、窮屈に感じてしまいます。

パツパツのアイテムは、見た目にも窮屈そうな印象を与えてしまうだけでなく、余計に太っているのを助長して見せてしまいかねませんので、そういう意味でもサイズ感というのは、特に重要です。

なで肩の人やガリガリ体型の人は肩パットありのスーツを選ぶ


上を向く男性

なで肩の人は、肩パットありのスーツを選びましょう。スーツは、肩で着るという事もあり、なで肩のように、スーツを着る際にデメリットになってしまう体型の人は、アイテムを使って似合うアイテムを探すというのもおすすめです。なで肩の人は、肩パットありのスーツを選ぶと綺麗に着こなせるでしょう。

肩パットがないスーツを選んでしまうと、どうしても肩の部分に皺が寄ってしまったり、肩の部分を悪目立ちさせてしまう可能性があります。また、スーツ自体の型崩れの原因となってしまうので、できるだけ肩パットありのスーツを意識して選ぶと、間違いないでしょう。

また、敢えてガリガリ体型の人は「スリムフィット」のスーツを選ぶというのが、おすすめです。できるだけダボつかない見た目を重視したスーツ選びを意識してみて下さい。ここに、スリーピースーツの着こなしのコツをまとめた記事があるので、読んでみて下さい。

スーツが似合わない!自分の体型に合ったスーツか見極めるポイントは?

自分の体型に合ったスーツか見極めるポイント①後ろ首から背中のシワ

後ろ姿の男性

自分の体型に合ったスーツか見極めるポイント1つ目は、後ろ首から背中のシワです。ジャケットを着用し、後ろ首から背中にかけてシワが寄っていないかを確認しましょう。背中と肩のラインに沿った着用感であれば、あなたの体型に合っていると判断できます。もし、不自然なシワが寄っている場合は、サイズが小さい証拠です。

自分の体型に合ったスーツか見極めるポイント②袖丈はシャツの袖が出る物を

パソコンをする男性

自分の体型に合ったスーツか見極めるポイント2つ目は、ジャケットを着用し、腕を下した状態で、シャツの袖が1cm~1.5㎝出ている物を選ぶです。ジャケットの袖が出ていないようなアイテムは、見た目にもダボッと感が出てしまいますので、そういう意味でも出ていなければ、袖を詰めてもらいましょう。

袖を詰めてもらうというのは、最低でも1週間程度要する場合がほとんどですので、そういう意味でも余裕を持って、スーツを買いに行くというのもポイントでしょう。

自分の体型に合ったスーツか見極めるポイント③胸周りは握りこぶし1つ分

パソコンをする男性

自分の体型に合ったスーツか見極めるポイント3つ目は、胸周りは握りこぶし1つ分入るくらいのゆとりが最適です。ゆとりがない場合には、バスト周りにゆとりがない証拠ですので、ワンサイズ程度サイズを上げるとちょうどいいサイズ感になるでしょう。

自分の体型に合ったスーツか見極めるポイント④パンツのシワの寄らない物

スマホを見る男性

自分の体型に合ったスーツか見極めるポイント4つ目は、パンツのシワが寄らない物を選ぶです。パンツの丈が長いと、どうしてもスラックスのセンターラインがずれて、シワが寄りやすくなってしまいます。また、実際よりも足が太く見えてしまう懸念もあるので、スタイル良く見せるつもりが、逆効果となってしまいます。

もし、パンツの丈が長いと感じた場合には、購入する時に調節してもらいましょう。数cmであっても、見た目の良し悪しは変わってきますので、少しでも長いと感じた場合には、裾を詰めてもらいましょう。

自分の体型に合ったスーツか見極めるポイント⑤屈伸をして確認する

橋でストレッチする女性

自分の体型に合ったスーツか見極めるポイント5つ目は、屈伸をして確認するです。スーツを購入する前に、試着をすると思いますが、その際に軽く屈伸してみて下さい。その際に、スラックスがきつ過ぎないか、ゆとりがあり過ぎないかを確認する事ができます。また、きつ過ぎるとシワが寄る原因にもなります。

ここに、正しいスーツの選び方についての記事があるので、併せて読んでみて下さい。正しいスーツの選び方を知っているというのは、かっこよくスーツを着こなす事にも通じる部分があるので、参考にしてみて下さい。

正しいスーツの選び方|高品質でかっこよく見える6つのコツ

日本人がスーツが似合わないと言われるのは筋肉の付き方が原因

今回は、「日本人がスーツが似合わないと言われる原因」をテーマに、スーツが似合う人の特徴も併せて紹介してきましたが、いかがでしたか?日本人がスーツが似合わないと言われる所以には、胸板や肩幅など筋肉の付き方が理由でしたよね。西洋人に比べ、日本人は細身な体型です。

今回は、スーツが似合うようになるには、どんなスーツを選べばいいのかという事にも触れてお話してきました。スーツが似合うようになるには、自分に合ったスーツを選べば解決できます。また、ポイント一つ一つも意識するのも大事な事です。

ぜひこの機会に、自分の体型にピッタリと合ったスーツ選びをしてみましょう。そうすれば、今までコンプレックスに感じていたという場合でも、その悩みを解決してくれるようなスーツがきっと見つかるはずです。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。