INDEX

ぽっちゃり・デブに似合うメンズスーツの選び方は?

まずは体型に合ったサイズのスーツ選びをしましょう

デブやぽっちゃりさんのスーツの選び方の一つ目は、体型に合ったスーツを選ぶことです。肩幅はスーツの肩の下の部分を抑えて指1本分へこむくらいがベストです。お腹周りはボタンを止めてこぶしが1つ入るぐらいが理想的です。パンツは椅子に座ってお腹周りとお尻がきつくないものが良いでしょう。

裾上げのポイントは足を長く見せたいならば靴を脱いで床にあがったときに地面につかないスレスレにするとよいでしょう。おしゃれに見せたい人にはくるぶしが少し隠れるくらいの短めで裾の折り返しのあるダブルのスタイルもおすすめです。

最近のスーツはストレッチの効いたものが多いのできちんと自分の体に合ったものを着ることが大切です。きついからと言って大きめを選ぶとかえってぽっちゃり・がっちり体型が目立ったり、逆にぴったりすぎるとシワがたくさん入ってデブさが目立ってしまいます。

スリーピースをスーツを選ぶとぽっちゃり・がっちり体型さんもおしゃれに

スーツにはデブやぽっちゃりさんもチャレンジしやすいスリーピーススタイルスーツがあります。これは最初からジャケットとパンツとコーディネートされてセットされてあるベストなのでおすすめです。

ジャケットとパンツのツーピーススーツでも、ベストを買い足すだけでおしゃれメンズになります。その際ジャケットのボタンをはずしてベストを見せるとがっちり体型もすっきりして見えます。フォーマルな場所ではジャケットのボタンも留めるほうがベターです。

結婚式などではおしゃれなスーツスタイルで女子の視線を釘付けにできます。女子目線で結婚式に着てほしいスーツをリサーチした記事もあります。ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

似合わないと決めつけないで!おデブさんにはこの柄と色

デブやぽっちゃりさんがまず1着目に持つなら王道の無地や縦ストライプが使いやすいでしょう。縦ストライプの中でも線のはっきり入ったものや影でストライプが入っているシャドーストライプがあるので試着してみてご自分に合うスタイルを見つけましょう。

似合わないと避けられがちな大きなチェック柄は実はおデブさんにはぴったり。重厚感とおしゃれ度が増して周りの人たちとは一味違った着こなしになります。

色は自分の顔や皮膚の色に合わせて選びましょう。黒は引き締め効果がありスリムに見えます。ネイビーは顔回りが映えて全体的に黒よりも明るい印象となります。グレーを選ぶ際にはぽっちゃり・がっちり体型さんには濃いめがおすすめです。

ぽっちゃり・デブに似合うメンズスーツの着こなしポイントは?

ワイシャツ選びのポイント

白系のワイシャツだと何色のネクタイでも合うのでデブやぽっちゃりさんも一番挑戦しやすいでしょう。また、ワイシャツとネクタイを同じ系統の色で合わせるスタイルもおデブさんも全体的にまとまりやすいです。

白系のワイシャツでもストライプ柄が織り柄、ボタンダウンのものを選ぶとおしゃれ度がアップします。その際ブルー系のネクタイを合わせるとさわやかな印象に、赤・ピンク系のネクタイを合わせると温かみのある印象に、とネクタイの色を変えるだけでも様々な着こなしが楽しむことができます。

特集:芸能界で大絶賛のダイエット方法!

食べたものをスルスル溶かしてくれる酵素があるんです!

美味しいご飯画像

ダイエットって大変、、美味しいごはんをガマンしたり、運動しないといけない。でももうそんな時代は終わったんです!『食事制限もナシ』『辛い運動もナシ』で簡単に痩せれる方法があります!その方法は、テレビでも話題殺到の超簡単な飲むだけダイエット!あなたが痩せないのは、実は酵素の不足が原因だったのです!

溜め込んだものをスルッと酵素力でサポートし、"美ボディ"を実現しましょう!楽天ランキング5冠を達成した、芸能人も御用達の神サプリ。今だけ限定価格70%OFFですが、今ある在庫がなくなり次第キャンペーンも終了してしまうので、ちょっとでも痩せたいと思っている方は見てみてください。

ネクタイ選びのポイント

ネクタイはTPOに合わせて選ぶことが重要ですが、ぽっちゃり・がっちり体型さんは濃紺や紫など濃いめのものを選ぶとスリムに見えます。また、結婚式などお祝いの場では柄物や派手な色のものでネクタイに視線を集めるのも効果的です。

スーツと同じようにワイシャツやネクタイもストライプ柄を選ぶとすっきりとした印象を与えます。スーツ、ワイシャツ、ネクタイ全てをストライプ柄にしても良いですがその際注意したいのはストライプ柄の幅の太さです。すべて同じに太さにしてしまうとがっちり体型が目立ってしまうのでそれぞれ違う幅にしましょう。

靴のベルト選びのポイントはずばりコレです

あまり見えないと思って盲点なのは靴とベルトです。ポイントはこの2つの色を合わせることです。黒のスーツの場合は靴とベルトも黒でまとめるほうがスタイル良く見えます。スーツがネイビーやグレーの場合は靴とベルトをブラウン系にしてもおしゃれです。

ブラウン系のものを選ぶ場合には靴とベルトの色味が近いものを選ぶとよいでしょう。ブラウンでも濃いめのものを選ぶとお落ち着いた印象になります。

足先までほっそりとした印象を与えるのは流れモカというスタイルの革靴です。また、初めて革靴を選ぶ際には黒のストレートチップのものにするとフォーマルな場所でも使えるのでよいでしょう。革靴のお手入れの仕方は以下の記事を参考にしてみてください。



Small thub shutterstock 278714081
関連記事 革靴のシワの取り方・伸ばし方にはコツがある!そのお手入れ方法とは?

せっかく購入したきれいな革靴であれば、いつまでも大切に使っていきたいも

小物をプラスして着こなし上手のおしゃれメンズに

スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、に続いて小物を足すだけでもおデブさんでもワンランク上の着こなしができます。一番チャレンジしやすいのはポケットチーフです。これはネクタイを同じ色の系統のものを選ぶとまとまりが出てぐんとおしゃれに見えます。最近では胸ポケット入れるだけの簡易チーフも販売されています。

襟元に付けるラペルピン、ネクタイに付けるネクタイピン、ワイシャツの袖口に付けるカフスボタンもおすすめです。これはご自分の好きなデザインのものを付けるだけで細かなところにも気を遣った大変おしゃれなスタイルになります。

ぽっちゃり・デブに似合うメンズスーツの着こなし7選

ぽっちゃり・デブに似合うメンズスーツ①黒スタイルでおしゃれに

黒のスーツに濃いめのネクタイでおデブさんも全体的に引き締まった印象に。ワイシャツとネクタイの色も合わせてチャレンジするならまずこのスタイルがおすすめです。織柄の陰影をつけたシャドウストライプにすると更にほっそりとしたスタイルとなります。

ぽっちゃり・デブに似合うメンズスーツ②ストライプスーツですっきり

細めのストライプですっきりとしたスタイルがおすすめです。イエロー系のネクタイは活発的な印象を与えてくれて顔回りも明るく見せます。イエロー系のネクタイには薄いブルー系のワイシャツがとても合います。

ぽっちゃり・デブに似合うメンズスーツ③大きめチェック柄でおしゃれに

おしゃれさんにおすすめのウィンドウペンチェック柄で濃いグレーのスーツ。濃いグレーにネクタイを合わせるのを迷ったらバーガンディがおすすめです。2着目、3着目に持つならこんな大胆な柄もおすすめです。結婚式などではひと際目を引くおしゃれおデブさんにはおすすめスタイルです。

ぽっちゃり・デブに似合うメンズスーツ④ブラウン系小物で明るい印象

靴やベルトをブラウンにするだけでも全体的におしゃれで明るい印象になります。裾を短めにして靴をあえて見せるのもいいですね。更にブラウンのベルトの時計をしても全体的なコーディネートが仕上がります。

ぽっちゃり・デブに似合うメンズスーツ⑤カフスやラペルピンで上級者

襟元のラペルピンと袖口のカフスボタン。これがあるだけでもかなり上級者に見えます。お揃いのものにしても良いし、それぞれご自分の好きなデザインにしても良いでしょう。ネクタイピンを止める際はジャケットの第一ボタンを止めてそこから少しちらっと見える位置で固定するとよいでしょう。

ぽっちゃり・デブに似合うメンズスーツ⑥スリーピースでこなれ感

スリーピーススーツのジャケットのボタンをはずしてあえてベストを見せるスタイルは簡単でおしゃれに見えます。派手な色物を使うのに抵抗のある人もこれならすぐにおしゃれスタイルになります。また、何色とでも相性の良いパープルのネクタイをすると悩まずおしゃれに着こなしができます。

ぽっちゃり・デブに似合うメンズスーツ⑦ポケットチーフでぐっとおしゃれに

ポケットチーフがあるだけで一段とおしゃれになります。迷ったときには白系のチーフがよいでしょう。もしくはネクタイの色と合わせるとまとまりがあります。ネクタイに複数の色が入っている場合はその中のどれか一色を入れましょう。

デブでもできる!意外と簡単なかっこいいメンズスーツスタイル

ポイントを押さえればデブやぽっちゃりさんでも意外と簡単にスーツを着こなすことができます。困ったらまず黒系のスーツにワイシャツとネクタイを同系色でまとめるとがっちり体型がまとまってすっきりとして見えます。

また、小物をひとつプラスするだけでもおしゃれ上級者に見えるのでおすすめです。小物でしたらサイズ関係なくインターネットでも手に入るのでチャレンジしやすいかと思います。デブやぽっちゃりさんもスーツをかっこよく着こなしてスーツスタイルを楽しみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。