Large thumb shutterstock 534963766

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー5選|黒髪も

更新:2019.06.21

緑(グリーン)のインナーカラー・ポイントカラーに合うヘアカラー・髪型を知っていますか?黒髪のロングやアッシュのミディアムに合わせることで、みんなに注目されるヘアスタイルになります。今回は緑に合わせたいおすすめのヘアカラー・髪型について紹介します。

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー5選

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー①黒髪

ヘアカラー

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー1つ目は、黒髪です。アメリカやヨーロッパでもみられる髪色で、日本では「烏(からす)の濡れ羽色」と表現することがあります。そんな黒髪に加えると、ふんわりとした優しい雰囲気が追加されます。

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー②アッシュ

ヘアカラー

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー2つ目は、アッシュです。同じ灰色系のグレーよりもくすんだ色合いを持つ髪色で、ブリーチしなくても透明感が出るので人気があります。そんなアッシュに加えると、ナチュラルな外国人風ヘアカラーになります。

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー③グレージュ

ヘアカラー

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー3つ目は、グレージュです。グレーとベージュを合わせた「グレイッシュベージュ」の短縮語で、暗めの色を持つため、フォーマルな場所でもおしゃれを楽しみたい人に人気があります。そんなグレージュに加えると、ミステリアスな印象が生まれます。

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー④ブラウン

ヘアカラー

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー4つ目は、ブラウンです。一番挑戦しやすい色で、明るいものから暗いものやオレンジ系からピンク系など、幅広く存在しています。そんなブラウンに加えると、シックやクールといった雰囲気が出ます。

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー⑤マット

ヘアカラー

緑のインナーカラー・ポイントカラーにおすすめのヘアカラー5つ目は、マットです。赤味を抑えたブラウンのことで、アッシュのようなくすんだイメージを出しながらも、色味の幅が広いため自由なスタイルが可能です。そんなマットに加えると、抜け感のある雰囲気が出ます。

【ショート】緑のインナーカラー・ポイントカラーの髪型3選

ショートの緑のインナーカラー・ポイントカラー①濃いめのグリーン

ショートの緑のインナーカラー・ポイントカラー1つ目は、濃いめのグリーンです。ブリーチを入れたあとに色度の高いグリーンを入れることでビビットな雰囲気が出ます。モード系ファッションと組み合わせたりして楽しみましょう。

ショートの緑のインナーカラー・ポイントカラー②ボーイッシュな外国人風

ショートの緑のインナーカラー・ポイントカラー2つ目は、ボーイッシュな外国人風です。毛先などにブリーチを入れずに加えることで、動きや透明感が現れます。そのスタイルで外に出れば、見る人に外国人のような印象を与えるでしょう。

ショートの緑のインナーカラー・ポイントカラー③アッシュにふんわり入れる

ショートの緑のインナーカラー・ポイントカラー3つ目は、アッシュにふんわり入れることです。アッシュを入れた髪に、ブリーチなしのグリーンを追加することで、さり気なく明るい印象になります。一味違った自分になりたい人におすすめです。

【ボブ】緑のインナーカラー・ポイントカラーの髪型3選

ボブの緑のインナーカラー・ポイントカラー①鮮やかなグリーン

ボブの緑のインナーカラー・ポイントカラー1つ目は、鮮やかなグリーンです。一見まとまって見えるボブの中にグリーンインナーカラーを入れることで、風が吹いたり耳にかけた時にグリーンが見えるため、印象がガラリと変わります。ギャップを感じさせたい時におすすめです。

ボブの緑のインナーカラー・ポイントカラー②グリーンをチラ見せ

ボブの緑のインナーカラー・ポイントカラー2つ目は、グリーンをチラ見せすることです。さりげなく緑を加えることで、見ている側にちょっとした発見を与えてくれます。

こちらの記事では、緑系のヘアカラーについてまとめられています。インナーではなく、全体に入れてもおしゃれな雰囲気が出るのでイメチェンにおすすめです。こちらの記事を読んで、自分に合いそうな色を探してみましょう。

ボブの緑のインナーカラー・ポイントカラー③アッシュと一緒に合わせる

ボブの緑のインナーカラー・ポイントカラー3つ目は、アッシュと一緒に合わせることです。アッシュには日本人が持つ赤味を抑えるブルーやバイオレットといったカラーリングが含まれています。そのため、この二つを合わせることで日本人にはない美しさが作れます。

【ミディアム】緑のインナーカラー・ポイントカラーの髪型3選

ミディアムの緑のインナーカラー・ポイントカラー①ブリーチありグリーン

ミディアムの緑のインナーカラー・ポイントカラー1つ目は、ブリーチありグリーンです。色素を抜いて鮮やかなグリーンを入れることで、ビビットな印象が生まれます。甘辛ファッションを楽しみたいなら試してみましょう。

ミディアムの緑のインナーカラー・ポイントカラー②毛先にグリーンを入れる

ミディアムの緑のインナーカラー・ポイントカラー2つ目は、毛先にグリーンを入れることです。毛先だけ緑に染めてグラデーションに仕上げれば、落ち着いた印象になりながらもおしゃれな雰囲気を引き出してくれます。

ミディアムの緑のインナーカラー・ポイントカラー③アッシュとの組み合わせ

ミディアムの緑のインナーカラー・ポイントカラー3つ目は、アッシュとの組み合わせです。グリーンアッシュに暗めのグリーンを添えることで、一見普遍ながらも実はおしゃれしているというアピールになります。さりげないおしゃれを楽しみたい人におすすめです。

【ロング】緑のインナーカラー・ポイントカラーの髪型3選

ロングの緑のインナーカラー・ポイントカラー①明るめのグリーン

ロングの緑のインナーカラー・ポイントカラー1つ目は、明るめのグリーンです。ブラウンなどのナチュラルカラーを使った長い髪に、明るいグリーンを取り入れることで、鮮やかな印象を与えてくれます。個性を出したい人におすすめです。

ロングの緑のインナーカラー・ポイントカラー②隠れたおしゃれ感

ロングの緑のインナーカラー・ポイントカラー2つ目は、隠れたおしゃれ感です。彩度が低めの緑をインナーに入れることで、悪目立ちしない、ささやかなおしゃれを楽しめます。辛口コーデと合わせるとクールな印象になります。

ロングの緑のインナーカラー・ポイントカラー③毛先に入れる

ロングの緑のインナーカラー・ポイントカラー3つ目は、毛先に入れることです。長い髪の毛先にワンポイント入れることで、やりすぎ感のないおしゃれな感じになります。染めるのが怖い人は毛先から始めてみましょう。

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ5選

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ①ショートやボブでチラ見せする

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ1つ目は、ショートやボブでチラ見せすることです。短い髪型なら耳をかければチラリと見えるので、外側とのギャップが生まれます。彩度が高いほどギャップも高くなります。

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ②ハーフアップと合わせる

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ2つ目は、ハーフアップと合わせることです。後ろ髪の上半分をまとめることで、隠れていたインナーが見えます。上下の色合いによっては見る人に美しい印象を与えるでしょう。

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ③外巻きパーマと合わせる

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ3つ目は、外巻きパーマと合わせることです。ふんわりとパーマを加えることで、可愛らしい印象になります。きつめに入れて今風アレンジにするのもおしゃれな感じがあっておすすめです。

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ④編み込みを入れる

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ4つ目は、編み込みを入れることです。鮮やかなグリーンを入れることで、カラフルな仕上がりになるため、普段と違う印象を作り出せます。三つ編みでやるのもおすすめです。

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ⑤髪をねじっておしゃれに

インナーカラーを見せて楽しむヘアアレンジ5つ目は、髪をねじっておしゃれにすることです。捻りを組み合わせることで、編み込みよりも大人ナチュラルな雰囲気に仕上がるため、大人らしさと可愛らしさを両立したい人におすすめです。

黒髪や暗髪のインナーカラーにブリーチは必須?綺麗な発色のポイントは?

綺麗な発色のポイント①ブリーチを入れる

発色

綺麗な発色のポイント1つ目は、ブリーチを入れることです。髪に含まれている色素をきちんと落とさないと、綺麗に発色しません。自分でブリーチする際は、8等分にブロッキングしてから行いましょう。これにより、塗りやすくなってムラになりにくくなります。

綺麗な発色のポイント②自然乾燥させる

乾燥

綺麗な発色のポイント2つ目は、自然乾燥させることです。カラーリング剤を塗り終わった後、5分放置した後にすすいで完了するのが大まかな流れですが、洗った後にドライヤーで乾かしてはいけません。

塗り終わってすすいだ後は、湿った状態をタオルなどで維持しながら自然乾燥しましょう。これにより、暗色でも綺麗に発色させられます。

インナーカラーの長持ちのコツは?

インナーカラーの長持ちのコツ①染めた日は髪を洗わない

髪

インナーカラーの長持ちのコツ1つ目は、染めた日は髪を洗わないことです。染めてすぐは髪が膨らんだ状態のため、すぐに洗い流されてしまうため、染めた日にシャンプーして髪を洗ってしまうと色落ちが早くなります。その日の洗髪は控えましょう。

インナーカラーの長持ちのコツ②髪を洗うときは頭皮を中心に行う

風呂

インナーカラーの長持ちのコツ2つ目は、髪を洗うときは頭皮を中心に行うことです。必要以上に髪を洗うと、毛先に染まった色も落ちてしまいます。洗う際は頭皮を中心に洗いましょう。また、トリートメントを付ける際は馴染ませる程度に留めておきましょう。

緑のインナーカラーを楽しもう!

緑を入れることに抵抗があるかもしれませんが、自分の雰囲気に合った色合いのものを使えば自分らしさが引き立ちます。最初はブリーチなしでナチュラルな感じから始めてみましょう。

こちらの記事では、紫のインナーカラーについてまとめられています。派手な印象のある紫ですが、さり気なく入れればちょっとしたおしゃれになります。こちらの記事を読んで、自分に合ったアレンジを探してみましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。