Large thumb shutterstock 581263123

H&Mの古着回収は?いらない服のリサイクルや下取りでクーポンをゲット

更新:2022.03.05

H&Mの古着回収リサイクルをご存知ですか?終了日などは特になく、いらない服を持っていくとクーポンと交換できて次回の買い物につかえるんです。今回はそんなH&Mのリサイクルについてまとめてみましたので不要な服がある方は利用してみてください。



H&Mの古着回収とは?

H&Mの古着回収①いらない服を再利用してもっとファッショナブルに

皆さん、いらない服をどう処分していますか?ヨレて着なくなってしまった服や子供服でサイズが小さくなってしまったり、お気に入りだったけれどどうしても汚れが落ちずに着れなくなってしまったりと様々あると思います。そういったときに便利なのが、H&Mで行われている古着回収をしてくれる衣服回収プロジェクトです。

こちらのプロジェクトは世界的に行われており、環境の為にも服を再利用をしてもっとファッショナブルにおしゃれを楽しもうというのがコンセプトがポイントの一つ目です。リサイクルはもちろん様々な形でいらない服を再利用しようというサービスです。終了日はないのでいつでもいらない服を持っていけます。

H&Mの古着回収②リサイクルに参加してクーポンがもらえるサービス

H&Mの古着回収のポイントの二つ目に、クーポンがもらえるという点があります。いらない服を古着回収のサービスに引き取りをしてもらい参加すると、500円引きになるクーポンがもらえます。なんだか環境にいいことをして、お得って参加しやすくっていいですよね。

普段は友達にあげたり、古着屋さんなどで下取りしてもらう場合って重さのキロ数で1キロ10円などで引き取りをしてもらうことがあると思います。ですがH&Mで古着回収をしてもらえば500円のクーポンと交換できてしまうんです。H&Mでのこのサービスにはいろいろなやり方や注意点があるので今から書いていきますね。

H&Mの古着回収③どんな服や布製品でも引き取り可能

H&Mの古着回収の三つ目のポイントとして、どんな服でも引き取りが可能という事にあります。H&Mというブランド名だけに、H&Mの服だけでしょと思われる方もいると思いますがそんなことはありません。どこのブランド、どんな布製品でも引き取りをしてくれるのが最大のポイントではないでしょうか。

H&Mの古着回収のやり方とは?

H&Mの古着回収のやり方①いらない服を袋に入れる

H&Mの古着回収のやり方の一つ目はいらない服を袋に入れることです。着なくなった服や汚れてしまった布製品をいらないゴミ袋やスーパーのビニール袋などに入れてください。H&Mでの古着回収する際は袋ごと回収されますので、間違っても普段使うエコバックなどには入れないように注意してください。

袋のサイズは特に規定はなく基本的にはどんな大きさの袋に入れても、回収はしてもらえます。中身の量や重さに決まりはありません。


H&Mの古着回収のやり方②お店のレジで店員さんに引き取りしてもらう

H&Mの古着回収のやり方の二つ目のポイントはお店のレジで店員さんに渡すです。古着回収の際クーポンと交換するために、お店の店員さんにレジで直接渡し引き取りをしてもらう必要があります。お店の中には古着回収用ボックスが設置されていますが、そこに直接入れてもクーポンはもらえないので、レジに並びます。

H&Mの古着回収のやり方③クーポンをもらいリサイクル参加終了

H&Mの古着回収のやり方三つ目はクーポンをもらうことですね!こちらは次回のお買い物から3000円ごとに一枚使えるクーポンとなります。一袋を引き取りしてもらうごとに一枚クーポンがもらい、参加は終了です。忘れずに袋の数だけもらってくださいね。

H&Mの古着回収で回収された服の使い道とは?

回収された服の使い道①リウェア(REWEAR)する

H&Mの古着回収で回収された服の使い道の一つ目はリウェア(Rewear)するという事です。リウェア(Rewear)とは「Re」は英語で再びなどの意味を持ち、「wear」は着るという意味があります。

ですので、H&Mで回収された服のなかでまだ着ることが可能な洋服は古着として世界中の各地で販売されます。また世界の恵まれない子供などにまだ着られる服を寄付などもしています。まだ着れるのになと思っていた服もH&Mのサービスを利用すれば、世界のだれかがあなたの古着を喜んで着ているかもしれません。

回収された服の使い道②リユース(REUSE)する

H&Mの古着回収で回収された服の使い道の二つ目はリユース(Reuse)するという事です。H&Mで引き取りをした服が服として使えない物の場合、清掃用の布など、別の商品として加工が施されます。新しい洋服の一部になることなどもあります。

リスースとは先ほどの再び(Re)と言う英語の意味に、使う(use)と言う意味が加わり、再び使うという意味を示しています。なので服の布を服としてではなく他の製品に変えたり、新たな布として新しい服に生まれ変わるので、洋服の廃棄を少なくすることができます。

回収された服の使い道③リサイクル(RECYCLE)する


H&Mの古着回収で回収された服の使い道の三つ目はリサイクル(Recycle)です。リサイクルって皆さん聞いたことあるけど、実際どういう事をリサイクルというかわかりますか?リサイクルとは再循環と言う意味を持ちます。廃棄になるはずのものなどを資源に戻し、新たな原料として、再利用するというものです。

なのでH&Mでもリユースできない服や布は、繊維に戻し新しいものへと生まれ変わります。車の一部だったり防音材のようなものの製造にも利用されます。服の処分をなくすため、循環させるという点も素晴らしいですよね。

回収された服の使い道④エネルギー(ENERGY)に戻す

H&Mの古着回収で回収された服の使い道の四つ目はエネルギー(ENERGY)に戻すことです。エネルギーに戻すとは、燃料に変えるという意味です。上記の「リウェア」「リユース」「リサイクル」三つにも適さないものは、燃料を作るために使われることもあります。

H&Mが古着回収することに込める思い

驚くほどの数の服が毎年ゴミとして処分されています。そのうちのなんと95%も再生の可能性があるというのが現状です。そのためH&Mは古着回収のサービスや活動を通して、無駄に捨てられてしまう服や布を集め、様々な形で再利用したり、まだ着れる服を提供したり、チャリティーや環境活動に協力しています。

ファッションで起こる、「買う着るそして捨てる」というループを無くすために「close the loop(ループを閉じる)」という活動を目指しています。目標は廃棄される服をゼロにするという事です。気軽にH&Mと一緒に環境の為にリサイクル活動に協力できるのはすばらしいですよね!

H&Mの古着回収の注意点3選

H&Mの古着回収の注意点①引き取りは一人一日二袋まで

H&Mの古着回収の注意点の一つ目は「一人一日二袋まで」と言う点です。古着回収に参加する際は一日に一人二袋までの持ち込み制限があります。なので一日最高で一人二枚までクーポンがもらえるという事になります。

例えば一人で袋を三つ持って行ったとしても、その日には二枚しかクーポンがもらえません。ですが、もし引き取りをしてほしい場合はすべてその日に回収は可能です。

H&Mの古着回収の注意点②クーポンの利用期間や終了期限に注意


H&Mの古着回収の注意点の二つ目はクーポンの利用期間や終了期限に注意しなければならないという点です。クーポンには期間があり期間を過ぎてしまうと使えないので注意してください。

さらに先ほどもご紹介しましたが3000円につき一枚の利用が可能なので、お買い物の合計金額が3000円以下のお買い物には利用できませんのでそちらもあわせて注意してくださいね。

H&Mの古着回収の注意点③布以外のファッション製品の引き取りはできない

H&Mの古着回収の注意点の三つ目は布以外のファッション製品の引き取りはできないということです。このサービスでは服や布製品のみを回収しています。そのためバックや靴、アクセサリーなどの製品は回収ができません。

H&Mの古着回収の際、お店で店員さんが中身の確認を行いますので、間違って靴などが入っている場合は引き取りを断られる場合があるので、こちらも注意が必要ですので気を付けましょう。

H&M以外で古着回収をしているアパレルは?

古着回収をしているアパレル①ユニクロ・GU

H&M以外で古着回収をしているアパレルの一つ目はユニクロです。全国のユニクロ店舗で終了日なく常時回収のサービスを実施しています。店内にある回収ボックスを利用したり、スタッフに声を掛けると回収してくれます。回収された服は難民などの支援に利用されたり、工業用の繊維などにリサイクルの道があります。

注意点として、事前に持ち主で洗濯をして綺麗にしていく事や貴重品が入らないように注意が必要とのことです。一日の回収制限などは特になく、気軽に持ち込みが可能です。お店に持っていくだけで、あとはユニクロ側が仕分け、分別し、世界中に届けるころをしてくれます。

取り扱いブランドはユニクロまたはGUのみです。なので昔から着ていて新しいものが欲しいと思っていた方はリサイクルに参加して古い服をユニクロに持って行ってみてはいかがですか?ユニクロのサイトには詳しい支援やチャリティー活動について載っているので見てみてくださいね。

ユニクロ・GU全商品リサイクル活動

古着回収をしているアパレル②無印良品

H&M以外で古着回収をしているアパレルの二つ目は無印良品です。無印良品は良品計画と言う会社のブランドであり、そこ会社がFUKU-FUKUプロジェクトとして、無印良品週間の期間中に、無印良品の洋服や繊維素材の商品を全国のお店で回収しています。無印好きには大変便利なサービスですよね。

無印良品週間は主に年4回行われており、リサイクルに参加すると粗品がもらえ、またオンラインショップでお買い物をするとリサイクル用の封筒が一緒に届きます。不要になった洋服をその封筒に入れて返送ができるでいいサービスですよね。回収された商品はリサイクルし、燃料や工場用の原料として使われます。

引取りブランドは株式会社良品計画と洗濯ネームに記載がされているものに限ります。無印良品の洋服全般、シーツ、タオル、カバー類やナイロン6製品などですが、下着は対象外となります。引き取り制限は特にないので無印良品で購入し、今はいらない服を持っているという方は参加してみてはいかがでしょうか。

古着回収をしているアパレル③洋服の青山のスーツ下取り

H&M以外で古着回収をしているアパレルの三つ目は洋服の青山のスーツ下取りです。【Team AOYAMA Eco PROJECT】という名前を掲げ、不要となったスーツやフォーマルな衣類などを青山のブランドだけではなく他社のブランドでも下取りをしています。いらない服はお得なクーポンと交換できます。

回収の種類としてはスーツやジャケット、コートはもちろん、メンズものレディースものの両方を下取りしてもらえます。引き取り制限は一人一アイテムにつき五点までとなりますので注意しましょう。スーツについてはこちらの記事にもブランドの情報が載っていますので参考にしてください。

古着回収をしているアパレル④下着ブランドのワコール

H&M以外で古着回収をしているアパレルの四つ目は大手下着ブランドのワコールです。ワコールでは以前からブラジャーの回収キャンペーンを期間限定で行っていたのですが、2018年は12月1日から期間限定でブラ・リサイクルとすべてのブランドを対象にブラジャーの回収を行っています。

参加方法は実施店にて配布されている専用のリサイクル袋に不要となったブラを入れて、期間内に実施店に持っていくだけです。形が悪くなってしまったものやアンダーゴムがでてしまったものがブラジャーの変え時期で、着ているときに肩ひもが落ちてしまうものなどもリサイクルに出すものとしての目安だそうです。

注意点は専用のリサイクル袋の封がしっかりと閉まることです。封を最後まで開けて確認することはないという事なのでブラジャーを捨てにくいという方にはオススメです。終了日などもっと詳しい情報を知りたい方はワコールのサイトをチェックしてみてくださいね。

ワコール ブラ・リサイクル

いらない服があったらH&Mに持って行き環境活動に参加しよう!

H&Mの古着回収には終了期間など特にアナウンスはされていません。ですので、終了してしまう前に参加してみてください。またリメイクするなんて言う再利用方法もあるので、こちらの記事も参考にしてみてください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。