INDEX

おしゃれなシャツインファッションのコツは?

おしゃれなシャツインファッションのコツ①トップスを全部インする

おしゃれなシャツインファッションのコツ1つ目は、トップスを全部インする方法です。定番の着こなしで、スッキリとした印象でカッチリ感も出ます。カジュアルでもモードなコーデにも使える方法で、脚長効果も期待できます。

レディースではハイウエストのパンツやスカートを合わせる着こなしが人気ですが、メンズではレトロ間のある落ち着いた印象の着こなしが人気となっています。ガチャベルトを着けた着こなしは、若者を中心にシャツインファッションのトレンドとなっています。

おしゃれなシャツインファッションのコツ②トップスを前だけインする

おしゃれなシャツインファッションのコツ2つ目は、トップスを前だけインする方法です。全部インする方法よりもおしゃれな印象になり、足が長く見えると人気の方法です。しかし入れ方や後ろの裾の出し方によって、ダサい着こなしになってしまうので注意しましょう。

トップスの前だけインする方法は、厚手のアイテムでも綺麗にインすることができるので秋冬コーデにもおすすめです。前だインする方法のコツは、横から見た時にトップスの流れが自然であることです。前からお尻に向かって裾の斜めのラインが真っ直ぐであるのが良いでしょう。

おしゃれなシャツインファッションのコツ③トップスを斜めにインする

おしゃれなシャツインファッションのコツ3つ目は、トップスの裾が斜めに見えるようにインする方法です。トップスのどちらか片方を骨盤あたりに入れ込み、反対側に行くに連れて裾が斜めになっていく方法です。バランスが難しい着こなしですが、他と同じが嫌な人や個性的なファッションが好きな人におすすめです。

おしゃれなシャツインファッションは、合わせるアイテムによって印象が変わります。カジュアルな印象のジョガーパンツやスウェットパンツが人気となっています。ジョガーパンツとスウェットパンツを使ったメンズコーデを紹介している記事がありますので、合わせて読んでみてください。

ダサいと思われるタックイン男子の服装や注意点は?

ダサいタックイン男子の服装や注意点①半分だけインする

ダサいタックイン男子の服装や注意点1つ目は、トップスの前の裾を半分だけインする服装です。真ん中でわかれるシャツなどの裾を半分だけインするコーデは、個性的ですが人によってはダサいタックイン男子に見えてしまう場合もあります。

前から見た時に片方の裾だけ出ていると、裾の入れ忘れか出し忘れだと思われてしまいます。左右のバランスが悪い服装はダサい着こなしになってしまいます。おしゃれなタックインファッションのコツで紹介した、前だけインする方法がおすすめです。

ダサいタックイン男子の服装や注意点②入れ込みすぎている

ダサいタックイン男子の服装や注意点2つ目は、パンツにトップスを入れ込みすぎている服装です。女子には人気のコーデですが、男子がトップスの裾をぴったり入れ込みすぎてしまうと、おじさんっぽい印象やオタクっぽい印象になってしまうこともあります。

タックインする場合は、少したるみがある程度にパンツに入れ込むと良いでしょう。タックインはかっちり感のあるコーデが今までの着こなし方でしたが、最近はカジュアルコーデにも使われるスタイルです。

ダサいタックイン男子の服装や注意点③ゴワゴワしている

ダサいタックイン男子の服装や注意点3つ目は、パンツのウエスト部分がゴワゴワしている服装です。タックインする場合、トップスは薄手のものが基本です。裾や生地が分厚いトップスを入れ込むとゴワゴワして窮屈そうに見えてしまいます。

秋冬でも人気の着こなしですが、タックインするトップスは薄手のアイテムを選ぶようにしましょう。スリムパンツやスキニーパンツはウエストもフィットしているので、タックインにはあまり向いていません。少しゆとりのあるパンツを選ぶとタックインしやすくなります。

おしゃれなシャツインコーデは?|メンズ編

メンズのおしゃれなシャツインコーデ①Tシャツコーデ

メンズのおしゃれなシャツインコーデ1つ目は、Tシャツを全部インするコーデです。無地の白のTシャツをストライプのパンツにインすることで、シンプルすぎないカジュアルな着こなしができます。ストライプのパンツが脚長効果が期待でき、Tシャツの裾をインすることでウエスト位置も上がり、よりスタイルが良く見えます。

無地のTシャツはインナーとしてのイメージが強いため、合わせるアイテムによってはダサい印象になってしまいます。ストライプやトレンドのチェック柄のパンツを取り入れると、おしゃれでまとまりのあるコーデになります。

メンズのおしゃれなシャツインコーデ②ポロシャツコーデ

メンズのおしゃれなシャツインコーデ2つ目は、ポロシャツを全部インするコーデです。ネイビーのシンプルなポロシャツに色の相性が良いカーキのパンツを合わせた、爽やかな印象の着こなしです。ゆとりのあるパンツにポロシャツの裾をインすることで印象の良い綺麗目カジュアルになります。

ベルトや靴など革のアイテムを組み合わせると、学生っぽい印象がなくなり大人スタイルを作ることができます。ポロシャツを白にすればより爽やかで、夏にぴったりの着こなしになります。

メンズのおしゃれなシャツインコーデ③Yシャツコーデ

メンズのおしゃれなシャツインコーデ3つ目は、Yシャツを全部インするコーデです。明るめの青のYシャツをベージュのストレートアンクルパンツにインした大人な着こなしです。爽やかな印象の組み合わせに茶色のベルトとトレンドのローファーを取り入れてたメリハリのあるシャツインコーデです。

シンプルで定番の組み合わせですが、色味や素材を気にすることで季節感の出せるコーデになります。Yシャツなのでキチンと感もあり、ビジネスにもおすすめのスタイルです。アンクルパンツは、コーデ全体をスッキリとした印象にしてくれるので、シャツインコーデにもおすすめのアイテムです。

メンズのおしゃれなシャツインコーデ④レイヤードコーデ

メンズのおしゃれなシャツインコーデ4つ目は、前だけインするレイヤードコーデです。パーカーやデニムシャツ、チノパンとカジュアルやストリートコーデの定番アイテムを組み合わせた着こなしですが、裾をインすることでスッキリした印象になります。グレーのパーカにベージュのチノパンが落ち着いた雰囲気です。

パーカーのインナーに使ったデニムシャツの襟と袖のペイズリー柄がアクセントになっていて、おしゃれな着こなしです。前だけインすることで、後ろから見た時はデニムシャツの裾がしっかり見えて、トレンドのカジュアルなレイヤードコーデになります。

メンズのおしゃれなシャツインコーデ⑤サスペンダーコーデ

メンズのおしゃれなシャツインコーデ5つ目は、全部インするサスペンダーコーデです。個性的で柄のシャツに、黒のストレートパンツとサスペンダーがレトロな印象の着こなしです。シャツインコーデでは昭和な雰囲気が感じられるアイテムを取り入れるのが、若者を中心にトレンドとなっています。

シャツインすることでウエスト周りがスッキリし、足も長く見えます。サスペンダーがコーデのアクセントになっていて、他とは違った個性的なシャツインコーデになります。足元に革靴を合わせれば、モードな印象にもなり、シャツの柄でもおしゃれを楽しめる着こなしになっています。

昔流行っていたファッションアイテムが若者を中心に、おしゃれなアイテムとして再流行しています。サスペンダーと同様、レトロな雰囲気のあるガチャベルトも人気となっています。ガチャベルトを使ったメンズコーデを紹介している記事がありますので、合わせて読んでみてください。

Small thumb shutterstock 645212389
関連記事 ガチャベルトをおしゃれに垂らす方法は?トレンドのメンズコーデ13選も

ガチャベルトを垂らすおしゃれなメンズが増えています。しかし、ガチャベル

おしゃれなシャツインコーデは?|レディース編

レディースのおしゃれなシャツインコーデ①Tシャツコーデ

レディースのおしゃれなシャツインコーデ1つ目は、全部インのTシャツコーデです。ハイウエストのブラックジーンズに、無地の白のTシャツをインしたシンプルなカジュアルコーデです。男子っぽいコーデですが、シャツをインすることで女性らしいシルエットが強調されます。

脚長効果のあるハイウエストのパンツにシャツをインすることで、全体をスッキリとした印象にしてくれます。ビッグシルエットのニットカーディガンが、シャツインコーデとバランスの良い着こなしです。

レディースのおしゃれなシャツインコーデ②デニムシャツコーデ

レディースのおしゃれなシャツインコーデ2つ目は、前だけインのデニムシャツコーデです。カジュアルなデニムシャツを、ロング丈のベージュスカートにインしたナチュラルとカジュアルのミックスコーデです。デニムとベージュの相性も抜群で、前だけインしているので横からのスタイルもおしゃれです。

シンプルなロング丈スカートから覗く赤い靴下が、コーデのアクセントになっており、デニムシャツとのバランスが取れた着こなしです。ダボッとした印象のロング丈スカートは、シャツをインすることでウエスト周りがスッキリして見え、スタイルも良く見えます。

レディースのおしゃれなシャツインコーデ③ニットセーターコーデ

レディースのおしゃれなシャツインコーデ3つ目は、前だけインのニットセーターコーデです。鮮やかな紫のニットセーターに落ち着いたモスグリーンのアンクルパンツが大人の綺麗目コーデです。厚みのあるトップスはタックインには向いていませんが、腰回りにゆとりのあるパンツを使うことで、綺麗に入れ込むことができます。

トップスとパンツが大きめシルエットの場合、着太りしてしまうので、パンツの丈は足首の見えるアンクルパンツがおすすめです。また、ニットのインナーにYシャツを合わせて、襟や袖を見せるとメリハリのある着こなしになります。パンプスやヒールと合わせれば、ビジネスでも使えるコーデになります。

最近は、カジュアルの中にもきれいめカジュアルというスタイルがあります。ラフすぎない落ち着いた印象のカジュアルな着こなしは、大人に人気のコーデです。きれいめカジュアルの秋冬コーデを紹介している記事がありますので、是非参考にしてください。

Small thumb shutterstock 392293321
関連記事 きれいめカジュアルって何!?秋冬のコーデ方法を知って大人な雰囲気に!

きれいめカジュアルなコーデをしてみたい!そう思ってやってみたけど、全然

シャツインコーデのコツを抑えておしゃれ上級者を目指そう!

シャツインコーデは、トップスとボトムスの色合いやデザインなどの組み合わせによって印象が大きく変わります。また、シャツインのコツもおしゃれな着こなしにする重要なポイントです。しっかりとコツを抑えておしゃれ上級者を目指しましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。