Large thumb %e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%98%e3%82%a2%e9%bb%92%e9%ab%aa

プリンが目立たない髪色集!茶髪やアッシュでも気にならない色はある?

更新:2020.12.24

ヘアカラーをして髪が伸びると、プリン頭になるのが悩みですよね。そんなプリンが目立たないヘアカラーは、どのような色なのでしょうか?ここでは、髪が伸びても境目が目立ちにくいおすすめの色を紹介します。長期間サロンへ行けない方は、試してみてくださいね。

【茶髪】プリンが目立たない髪色3選

①モカブラウン

1つ目はモカブラウンです。黒髪に近いトーンの暗髪であるモカブラウンは、茶髪の中でもプリンが目立ちにくい色です。特にブリーチなしで暗めのトーンにすると、地毛が伸びてきても気にならない仕上がりになりますよ。

また、元々ハイトーンだった髪色を暗く戻す時にもおすすめのカラーです。焦げ茶色のようなニュアンスを楽しみつつ、地毛との境目は目立たないので、伸びても自然な状態が続きますよ。

②ダークブラウン

2つ目はダークブラウンです。ブラウンの中でも特に暗めのトーンなので、根元との境目が目立ちにくいカラーです。黒髪との差が出ない程度に茶色く染めてみたいという方に、おすすめですよ。

また、自然な仕上がりになるので、明るい髪色にはできないという方にも選びやすいカラーです。伸びても根元が気にならない髪色なので、長期間サロンへ行けない場合はダークブラウンに染めてみましょう。

③ベージュブラウン

3つ目はベージュブラウンです。ベージュ系のヘアカラーも明るい色になる印象がありますが、トーンを低くすればプリンが目立たなくなります。イエロー系のカラーが似合う方にもおすすめですよ。

ベージュブラウンでプリン頭を目立たなくするコツは、ブリーチなしでトーンも低く設定することです。ハイトーンだと根元が目立ちやすいカラーですが、暗めにすればナチュラルで、明るく可愛い仕上がりになります。

なお、ベージュ系のヘアカラーについては別の記事でも詳しく紹介しています。明るめや暗めなどがありますが、暗めのトーンを選べばプリン頭も目立ちにくくなりますよ。気になる方は、こちらの記事もチェックしてくださいね。

【アッシュ】プリンが目立たない髪色4選

①アッシュベージュ

1つ目はアッシュベージュです。アッシュ系は黒髪に近い自然な髪色になります。伸びてきた黒髪を隠すのにもぴったりなカラーですよ。アッシュベージュは柔らかい仕上がりになるのが特徴です。

クールな髪色になりがちなアッシュですが、ベージュを混ぜるとふんわりとしたマイルドさが加わります。落ち着いたカラーで暗い印象にしたくないときは、アッシュベージュを選びましょう。

なお、アッシュベージュのヘアカラーについては別の記事でも紹介しています。ブリーチなしでもできる暗めカラーも紹介しているので、こちらもチェックしてみてくださいね。

②ブルーアッシュ

2つ目はブルーアッシュです。アッシュカラーにブルーを加えると、赤みや黄ばみを抑えた仕上がりになります。クールな印象の髪色になるので、シャープな仕上がりにしたい方におすすめですよ。

ブルーアッシュは、髪の赤みと黄ばみをおさえつつ自然な黒髪に近い仕上がりになります。地毛が伸びても気にならないヘアカラーなので、定期的にサロンへ行けない方にもぴったりですよ。

③ラベンダーアッシュ

3つ目はラベンダーアッシュです。上品なパープルのラベンダーは、アッシュと混ぜることで女性らしく可愛いカラーになります。通常のアッシュ系より、優しい印象に仕上げたい方にもおすすめです。

ラベンダーアッシュは透明感も出やすいカラーなので、暗髪でも軽さが出ますよ。軽さと透明感を出しつつ、低めのトーンで自然に仕上げたいときは、ラベンダー系の色を選びましょう。

④アッシュグレー

4つ目はアッシュグレーです。もともとアッシュは灰色系のカラーですが、ここにグレーを混ぜると、よりモノトーンに近い色になります。自然な黒髪に比べて、グレー特有の柔らかさが出ますよ。

また、マットな仕上がりにもなるので、ツヤ髪よりマット系が好きという方にもおすすめです。赤みや黄ばみも目立たなくしてくれるので、ダメージが目立つときにも便利なカラーです。

【グラデーション】プリンが目立たない髪色4選

①グレージュ

1つ目はグレージュです。暗髪よりも明るいトーンにしたいけれど、プリンになるのが気になるときはグラデーションにしましょう。毛先に行くほど明るくなるので、根元との境目が目立たなくなります。

また、色の変化が楽しめるのでおしゃれで可愛いスタイルになりますよ。人気のヘアカラーであるグレージュは、グラデーションにも使いやすいカラーです。根元は暗く、毛先に行くほど明るくなるグレージュなら、プリン頭も気になりません。

なお、ブリーチなしでもできるグレージュについては、別の記事でも紹介しています。透明感を出しつつ髪が伸びても気になりにくいカラーなので、グレージュに染めたい方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

②ブルーブラック

2つ目はブルーブラックです。自然な黒髪の要素を残しつつ青みを加えたブルーブラックは、暗髪ですが個性も楽しめます。定番カラーより、個性的な色に染めたい方にもおすすめですよ。

ブルーブラックでプリンが目立たないようにするには、毛先に向かって青みを強くしましょう。根元は黒、毛先に行くほど青を強くすれば、地毛が伸びてきても自然な状態が続きます。

③ダークグレー

3つ目はダークグレーです。メンズライクな髪色やクールな髪色でかっこよくしたい女性には、グレー系のカラーがおすすめです。黒髪からのグラデーションも、自然に見えやすいカラーですよ。

グレー系でグラデーションにする際は、毛先の部分だけブリーチをします。ブリーチなしだとグレーに染まりにくいので、注意しましょう。根元は地毛に近い黒髪にすると、プリンになりにくくなります。

④アッシュバイオレット

4つ目はアッシュバイオレットです。パープル系のカラーであるバイオレットは、上品で落ち着きのあるきれいな色に仕上がります。アッシュ系と混ぜると、くすみ感が出ておしゃれな印象になりますよ。

ポイントは、根元はこげ茶系のアッシュバイオレット、毛先は同色で明るい茶髪系にすることです。毛先の部分は明るめにしているので、根元との違いも楽しめますよ。

【グレージュ】プリンが目立たない髪色4選

①ネビージュ

1つ目はネビージュです。ネビージュとはネイビーとベージュを合わせたカラーです。ネイビー特有の青みが赤み、黄ばみ、オレンジみを消してくれると、今人気のカラーとなっています。

また、ネイビー単色ではなくベージュも混ざることで、柔らかい透明感もプラスされます。ベージュ系ですが黄色くならないカラーなので、黒髪とも馴染みやすくなりますよ。

②ブルージュ

2つ目はブルージュです。ブルーとベージュを組み合わせたカラーで、ネビージュに比べやや明るい仕上がりが特徴です。透明感の出るカラーで、外国人風の髪色になると人気ですよ。

ネビージュと同じく青み系カラーなので、髪の赤み、黄ばみ、オレンジみを消せます。ブルーとベージュの割合によっても印象が変わるので、好みのレシピで似合う色味に仕上げてみましょう。

ブルージュはサロンへ行かなくても、市販のカラー剤でできる髪色です。別の記事では、セルフでも綺麗なブルージュに染まるおすすめのカラー剤を紹介しています。忙しくてサロンへ行く暇がない方は、こちらもチェックしてみてくださいね。

③ダークグレージュ

3つ目はダークグレージュです。グレージュの中でも特にトーンが低めなダークグレージュは、黒髪のような自然さが特徴です。地毛とも馴染みがいいので、ほぼプリンにならない仕上がりですよ。

グレージュ特有の柔らかさや透明感は出るので、黒髪に近い色で軽さを出したいときにもぴったりです。また、赤みや黄ばみも目立ちにくいので、ダメージヘアも綺麗な仕上がりになりますよ。

④オリーブグレージュ

4つ目はオリーブグレージュです。オリーブ系のヘアカラーは、ほのかにグリーンを混ぜたような仕上がりになります。髪の赤み、黄ばみを消して、落ち着いたトーンの髪色にしてくれますよ。

また、仕上がりは比較的マットな印象になるので、くすみ系カラーに挑戦したい方にもおすすめです。スモーキーな仕上がりは、秋冬にも人気のヘアカラーですよ。

プリンが目立たないヘアアレンジ4選

ここからはプリン頭になってきた時におすすめの、可愛いヘアアレンジを紹介します。どうしてもリタッチできないときは、自宅でできるヘアアレンジをして、プリン頭を上手にカバーしてみてくださいね。

①編み込み

1つ目は編み込みです。プリン頭を隠すためには、手櫛でざっくりとまとめるがポイントです。はじめは編み込み、途中からくるりんぱを使うと、ラフな仕上がりのヘアアレンジになりますよ。トップの毛が浮いたり後れ毛が出たりしても、ルーズで可愛いアレンジになります。

②ハーフアップ

2つ目はハーフアップです。難しいアレンジが苦手という方は、上半分だけ結んだハーフアップがおすすめです。ポイントは編み込みと同じく、手櫛でざっくりとまとめて、あえてラフな仕上がりにすることです。ストレートヘアの場合は、髪全体を軽く巻いておくとよりラフさのある仕上がりになりますよ。

③フィッシュボーン

3つ目はフィッシュボーンです。編み込みよりもきっちりとまとめたフィッシュボーンは、ロングヘアでもすっきりした仕上がりになります。トップのふくらみや後れ毛などで、少し崩し気味に仕上げるのがコツですよ。

フィッシュボーンは少しコツのいるアレンジですが、やり方を覚えれば簡単にできます。より詳しい作り方を知りたい方は、別の記事で紹介しているやり方も参考にしてくださいね。

④お団子

4つ目はお団子です。プリン頭を隠すためには、手櫛でざっくりとまとめ、やや崩し気味にお団子を作りましょう。後れ毛やうなじの髪がこぼれるくらいラフにすると、伸びてきた地毛も目立たなくなります。

プリンが目立たない髪色やアレンジを試してみよう

ヘアカラーをして時間がたつと、どうしてもプリン頭になりがちです。しかし、プリンが目立たない髪色に染めれば、長期間サロンに行けなくても自然な状態が続きますよ。今回おすすめしたカラーを使って、長く髪色を楽しんでくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。