Large thumb shutterstock 530326441

とれかけのパーマのおすすめアレンジ方法13選|ヘアケア用品や復活方法も

更新:2019.06.21

せっかくかけたパーマがとれかけてくると、気分も下がってしまいますね。今回はそんなとれかけたパーマを復活させる方法や、ショートからロングまでの髪の毛の長さ別のおすすめアレンジについて、詳しくご紹介していきます。さらにパーマがとれにくくなるダメージケア用品もぜひ参考にしてみてください。

とれかけパーマのおすすめアレンジ方法|ショート・ボブ7選

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ショート・ボブ①伸ばしてストレートに

ショート・ボブにおすすめのとれかけパーマアレンジ、1つ目はブローとストレートアイロンで思い切ってまっすぐにするアレンジです。ふわふわしていた取れかけパーマを伸ばすと、いつもと違う新鮮な気持ちになれます。また、ストレートになったら、いつもより髪が伸びた感じがして、より新鮮です。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ショート・ボブ②ウェットアレンジ

ショート・ボブにおすすめのとれかけパーマアレンジ、2つ目はウェットアレンジです。ヘアジェルやムース、ヘアオイルなどを髪の毛につけて濡れ感を出すアレンジは、艶や束感が出てセクシーに見える、簡単なアレンジ方法です。

手のひらに薄くなじませたオイルや整髪料を、毛先からもみこむように付けましょう。髪の毛の根元はぺったりしてしまうのでつけず、毛先~やや上に向かって整髪料の量を減らしながらつけます。作ったボリュームが時間がたってしぼんでしまわないように、仕上げにスプレーをかけるのがポイントです。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ショート・ボブ③ターバン使い

ショート・ボブにおすすめのとれかけパーマアレンジ3つ目は、ヘアバンドやターバンで無造作にサイドをまとめるアレンジです。ベリーショートの場合髪の毛が、短くてアレンジが難しいので特におすすめな方法です。太めのターバンでまとめると外国人のようなくせっ毛に見えてとてもおしゃれです。

また、サイドの髪が届かない長さのボブヘアの人のまとめ髪にもおすすめです。ピンを何本も使って止めなくてもいいので手間がかからず、簡単にまとめられる方法です。特にターバンは短い髪の毛をほとんど抑えることができる上に、見た目もとてもおしゃれに見えます。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ショート・ボブ④ハーフアップ

ショート・ボブにおすすめのとれかけパーマアレンジの4つ目は、ハーフアップです。とれかけのパーマだからこそ、本来ストレートなら届かない長さの髪もまとまります。ワックスやムースを付けてまとめれば、届かずに落ちたおくれ毛もおしゃれに見えます。

ただ結ぶだけももちろんかわいく決まりますが、結び目でくるりんぱをすると取れかけのパーマが生きて、無造作なアレンジにすることができます。1つ結びだけじゃなく、くるりんぱを2つ重ねたり、3つくらい小分けにしてくるりんぱすると簡単なのに凝ったアレンジに見えます。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ショート・ボブ⑤前髪アレンジ

ショート・ボブにおすすめのとれかけパーマアレンジ5つ目は前髪アレンジです。サイドやバックの髪の毛が短いショートカットの場合、変化を楽しめる一番のポイントは前髪になります。ピンでねじりあげて、こめかみあたりの髪を少し落とすと外国人風のくせ毛っぽいアレンジができます。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ショート・ボブ⑥サイドアップ

ショート・ボブにおすすめのとれかけパーマアレンジ、6つ目はサイドアップアレンジです。サイドの髪の毛をあげてハーフアップにしたり、ねじり込んでアップ風のヘアアレンジも楽しめます。ヘアワックスをよくもみこむと短い髪の毛もスムーズにまとまります。

サイドアップの応用として、サイドに髪の毛を流したサイド寄せというアレンジもセクシーでオススメのアレンジです。サイドの短い髪の毛を、編み込んだりねじりこんだりしてえりあしで隠しこんで、残った髪の毛をサイドに少し流す方法です。ショートカットの人でもトップの髪が長ければ雰囲気を出せるアレンジです。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ショート・ボブ⑦編み込みアレンジ

ショート・ボブにおすすめのとれかけパーマアレンジ、7つ目は編み込みアレンジです。ベリーショートの人は編み込めるほど髪の毛の長さがないので厳しいですが、編み込みは三つ編みよりも短い髪の毛のアレンジに向いています。今までご紹介してきた前髪やサイドの応用としても使える方法です。

ボブヘアーの髪の毛を3つのブロックに分け、それぞれざっくりと編み込みをして毛先を隠すと、ロングヘアのように見える凝ったアップヘアアレンジができあがります。編み込みでも短い髪の毛がピンピン出てしまって気になる場合は、髪を下に入れて編んでいく裏編み込みがおすすめです。

下記記事はショートヘアでもできる簡単な編み込みアレンジが紹介されています。前髪をあげたりサイドを編み込んだり、アップ風にしたり短くても様々なアレンジが楽しめます。ほんのり残ったパーマがまとまりやすくなっているのでぜひ試してみてください。

とれかけパーマのおすすめアレンジ方法|ミディアム・ロング6選

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ミディアム・ロング①シンプルポニー

ミディアム・ロングヘアにおすすめのとれかけパーマアレンジの1つ目は、シンプルなポニーテールです。トップを無造作に引き出したポニーテールは、手軽なのにこなれた印象を与えてくれます。ラフに1つにまとめたら、鏡を見てバランスを取りながらトップを少しずつ引き出しましょう。

ポニーテールは位置によって全く違った印象に見えるため、簡単アレンジには大活躍です。ローポニーテールは大人かわいく、高めのポニーテールはすっきりと爽やかに見えます。また、サイドに寄せたポニーテールは洗練された印象を演出することができ、毎日のアレンジにぴったりです。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ミディアム・ロング②お団子ヘア

ミディアム・ロングヘアにおすすめのとれかけパーマアレンジの2つ目は、ざっくりラフにまとめたお団子ヘアです。ゆるく残ったパーマがお団子にまとめやすく、髪の毛の流れはおしゃれな抜け感を感じさせてくれます。頭頂部でまとめるとキュートに、低い位置でまとめると落ち着い手女性らしく見せてくれます。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ミディアム・ロング③編み込みアレンジ

ミディアム・ロングヘアにおすすめのとれかけパーマアレンジの3つ目は、編み込みアレンジです。ストレートヘアだとゆるく編むとやぼったく見えてしまうことがありますが、とれかけパーマの残った髪の毛だとゆるふわでおしゃれなアレンジに見せてくれます。

最初からきつくは編まず、編み込んでから編み目の端を少しずつ引き出して、編み目の太さを揃えるようにしましょう。タイトな三つ編みは毛先に向かって細くなりあか抜けない印象になりますので、毛先にいくほど引き出す量を気を付けましょう。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ミディアム・ロング④くるりんぱ

ミディアム・ロングヘアにおすすめのとれかけパーマアレンジ、4つ目はくるりんぱアレンジです。基本のくるりんぱは、ゆるめに結んだ結び目で根元部分を2つに割り、間に結んだ先を通す方法です。くるりんぱをした後はゴムをきつく引き締め、トップを小束ずつ引き出してボリュームを出して形を整えたら完成です。

くるりんぱはいくつも重ねたり、1つの結び目に対して2回くるりんぱをしたりと様々なアレンジ方法があります。他にねじりアレンジや編み込みアレンジを加えると簡単なのにとても凝って見えるヘアアレンジを楽しめます。このこなれ感はストレートへアではなかなか出にくいので、とれかけパーマアレンジにピッタリです。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ミディアム・ロング⑤ハーフアップ

ミディアム・ロングヘアにおすすめのとれかけパーマアレンジの5つ目は、ハーフアップアレンジです。毛先のパーマは残っているのに、髪が伸びたことなどで根元のカールがとれかけている場合、耳から上だけをまとめるハーフアップは、まとめた髪でとれかけの部分も隠せておすすめです。

とれかけパーマのおすすめアレンジ|ミディアム・ロング⑥ツイストアレンジ

ミディアム・ロングヘアにおすすめのとれかけパーマアレンジ、6つ目はツイストアレンジです。2つに分けた毛束をねじり編んでまとめます。ねじり編み込みを使って根元近くからアレンジをするとパーマのとれかけもうまく隠すことができます。小束を引き出してルーズさを出すのを忘れないようにしましょう。

ツイスト編みだけではなく、くるりんぱやあみこみなどと組み合わせるアレンジは、簡単なのに凝ったまとめ髪に見えます。結ばずに残したサイドの髪の毛をツイストして、結び目に巻き付けてヘアゴムを隠すととてもおしゃれに見せてくれます。

下記記事では、ゆるふわルーズなまとめ髪をご紹介しています。毛先に残ったパーマはストレートよりもまとめやすく、さらにルーズなまとめ髪をよりおしゃれに見せてくれます。簡単なのにおしゃれで大人かわいいアレンジなので、年齢関係なくぜひ挑戦してみてください。

とれかけのパーマの復活方法は?

パーマの復活方法①デジタルにも使えるスタイリング剤で戻す

とれかけのパーマの復活方法の1つ目は、パーマ用スタイリング剤を使う方法です。パーマがとれかけになる原因は、髪の毛の乾燥が大きな原因です。デジタルパーマのウェーブも戻すことができるパーマ用スタイリング剤は、毛先によくなじませると髪の毛に潤いを与えてウェーブを復活させてくれます。

スタイリング剤はフォームやワックスなどありますが、髪の毛をケアできるトリートメント効果のあるものだとパーマを長持ちさせることもできます。どのスタイリング剤も毛先に潤いを与えて、とれかけのパーマをふんわりと復活させてくれます。

パーマの復活方法②正しいドライヤー方法で髪の毛を乾かす

とれかけのパーマの復活方法、2つ目は正しいドライヤーテクニックをマスターすることです。パーマをかけた髪の毛は、パサつくことでパーマがとれかけてしまいます。しかし濡れたままで自然乾燥させていては、それもよくありません。洗顔後に保湿せずにいると乾燥するように、髪の毛の自然乾燥は髪のダメージを招きます。

洗い流さないトリートメントを付けて髪の乾燥を防いだら、後頭部から根元をある程度乾かします。ドライヤーの風量を弱めて毛先をもちあげるように乾かします。指に毛束を巻き付けてカールを再現するように乾かすことで、パーマを復活させることができます。

パーマの復活方法③パーマの伸びた髪の毛はアイロンで軽く巻く

とれかけのパーマの復活方法の3つ目は、カールヘアアイロンを使って髪の毛を巻く方法です。長くアイロンを使うと髪が傷んでしまうので数秒程度の使用にとどめましょう。デジタルパーマの場合は高温で髪をスタイリングするヘアアイロンは髪を傷めつけてしまうのでおすすめしません。

ダメージヘアにおすすめのケア用品3選

ダメージヘアにおすすめのケア用品①ラサーナヘアエッセンス

パーマがとれる原因となるダメージヘアにおすすめのケア用品の1つ目は、ラサーナから販売されている海藻ヘアエッセンスです。美容液成分のみで作られたトリートメントで、10年連続で国内の売上1位の人気トリートメントです。無香料無添加なので肌の弱い人でも安心して使うことができます。

ダメージヘアにおすすめのケア用品②ミルボンエルジューダ

パーマがとれる原因となるダメージヘアにおすすめのケア用品、2つ目はミルボンのエルジューダグレイスオンです。3種類のオイルがドライヤーの熱によって髪のキューティクルを整えてくれます。しっとりしなやかな手触りのMOと、さらさらな髪の毛にしてくれるエマルジョンの2種類があります。

ダメージヘアにおすすめのケア用品③ルベルイオクリームトリートメント

パーマがとれる原因となるダメージヘアにおすすめのケア用品の3つ目、ルベルから発売されているイオのクリームトリートメントです。はちみつなどの美容成分が含まれた美容院でも使われるヘアケアシリーズで、洗い流すタイプのトリートメントになります。ダメージをケアしてパーマのとれにくい髪の毛を育ててくれます。

とれかけパーマの復活方法を覚えてヘアアレンジを楽しもう

とれかけパーマのヘアアレンジと、パーマの復活方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。かけたてのカールが失われてがっかりしてしまった人もいるでしょう。しかし、ゆるやかなウェーブはヘアアレンジがしやすく、ウェーブを生かしたアレンジでこなれ感を楽しむことができます。

また、傷んでいるとパーマはどうしてもとれやすくなってしまいます。パーマの復活方法や、パーマをとれにくくするケア方法やケア用品もご紹介しました。ぜひ参考にして、ダメージのない髪でパーマヘアのアレンジを楽しんでください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。