Large thumb shutterstock 313813409

着物を普段着にしたい女の人の着こなしのコツは?カジュアル着物/和服

更新:2022.03.05

女性は和服を着ると雰囲気が違ってきます。そんな着物を普段着にしたらどんな感じなのでしょうか。そんな和服の着こなしやコツなどを紹介します。また最近ではカジュアル着物も増えているため、いろいろな着物が楽しめます。ぜひ記事を参考に日常でも着物を着てみてください。



普段着に適した着物の種類は?

普段着に適した着物|小紋

普段着に適した着物1つめは小紋になります。小紋は、反物の上下関係なく着物全体に細かな模様が描かれているのが特徴です。そんな小紋には、カジュアル着物のような手軽な物から、総柄が入っているような華やかな雰囲気があるものため、ちょっとしたお出かけやお稽古などに着ていくのに適している着物になります。

また小紋の種類の中には、遠目には無地に見える「江戸小紋」などがあります。そんな江戸小紋は、実は色無地ではなく、非常に細かい柄が入っているのが特徴になっています。

普段着に適した着物|紬(つむぎ)

普段着に適している着物2つめは「紬(つむぎ)」になります。そんな紬の着物は、着やすいと評判がいいです。また絹織物の1つになり、はじめに糸を染めてから反物に織られています。その紬は、反物に織る前に糸を染めるため、先染め着物と呼ばれており、糸の色の組み合わせで縞などの柄ができます。

そんな紬は高価なイメージがありますが、最近の機械織の紬ならば2万円台で購入することができます。そんな紬は、さっくりとした風合いが好まれており、その風合いが魅力になっています。

普段着に適した着物|木綿

普段着に適している着物3つめは「木綿」のカジュアル着物です。木綿の着物は、普段着の代表的なカジュアル着物になります。この木綿着物は、夏以外の季節で着ることが可能なカジュアル着物になるため、長く楽しめるのが木綿着物の特徴になっています。また着ていて気持ちがいいため、また「着たい」と感じられる着物です。

そんな木綿の着物は、小紋などのお出かけ用とは違い、洋服でいうと「部屋着感覚」で着ることができるカジュアル着物になっているのが特徴になります。

普段着に適した着物|夏用着物

普段着に適している着物4つめは「夏用着物」のカジュアル着物になります。先ほど木綿のカジュアル着物で紹介したように、夏は暑いため夏用の着物があると暑い夏も涼しく過ごすことができます。そんな夏用着物は、基本的に単衣で作られているのが特徴です。また夏着物の生地は、麻などが多く使われています。

そんな麻には、吸湿・速乾性に優れているという特徴があるため、夏用の着物の生地に合っています。その他にも、カジュアル着物である夏用着物に適している生地は「絽・紗・紗合わせ・絽縮緬・夏紬」があります。また最近では、爽快感があるセオαなどの進化している素材もあり、そんなセオαを使った夏用着物もあります。

普段着に適した着物|着たい!と感じる洗える着物(ポリエステル製)


普段着に適している着物5つめは、「洗える着物」になります。洗える着物は、化学繊維でできている自宅で洗濯が可能なカジュアル着物のことです。またカジュアル着物である洗える着物は、洗濯が簡単なためクリーニングなどの心配をする必要がありません。

そのため日頃から、汚れなどを気にすることなく好きなように着られるのが、洗える着物のメリットです。その他にも洗える着物には、撥水加工などの特殊加工がされているなどのメリットがあります。そんな洗える着物は、他の種類の着物と違い価格もお手頃なため、着物初心者でも購入しやすいのがメリットです。

普段着に適した着物|男女どっちにも人気のデニム生地

普段着に適している着物6つめは、「デニム生地」の着物になります。最近流行っているのが、デニム生地で作られている着物になります。そんなデニム生地で作られている着物は、一見ごわつきそうですが特殊な加工がされているため、生地がとても柔らかく「綿」のようだと感じるものもあります。

また見た目が、シンプルで綺麗なためデニムだと気づかれにくいです。またデニム生地ということで、若者が手に取りやすいのが、デニム生地の着物のメリットになります。またコーディネートするときにも、洋風のアイテム合わせやすく、デニム生地ということで男性からも「着たい」と感じて貰えるのがデニム着物になります。

またデニム生地は、一般的にジーンズとしてはくことが多く、その場合どの程度の頻度で洗濯したらいいのでしょうか。そんな迷いやすいデニム・ジーンズの洗濯頻度や、色落ちしない方法など詳しいことを紹介している記事を下記に付属しているため、ぜひ読んで参考にしてください。

着物・和服を普段着にして良い点は?

着物・和服の良い点|流行などが少なく何年も着れる

着物・和服を普段着としてきるときのメリット1つめは、着物には「流行がない」ことになります。洋服には色や柄など、どうしても季節によって、そのときの流行などがあります。特に女性は、ワンシーズンで流行が変わるために、洋服を買い換える人もいます。

しかし着物は、柄などに多少の流行が存在しますが、流行の変化が洋服に比べて少ないです。そのため同じ着物を、何年も大切に着ることができます。また同じ着物でも、一緒に合わせて身に付ける帯などの小物によってイメージが変化するので、飽きがきにくいのが着物のメリットになります。

着物・和服の良い点|体型が変っても買い換えの必要がない

着物・和服の普段着として着るときのメリット2つめは、「体型などに変化があっても買い換える必要がない」ことになります。洋服を着ていると、体型に変化があった場合に買い換えないといけません。特に女性なら、体型が崩れてしまうことが多いため、男性に比べると女性は洋服などを買い換えることが多くなります。

しかし着物なら、着付けのときに合せる位置を変えるだけで、そのときの体型に合わせて着ることができます。また、もし着られないほど体型が変化してしまっても、着物の場合には作るときに反物を切らずに作るため、着物を解くことで、そのときの体型に合った着物を作り直すことができます。

着物・和服を普段着にして悪い点は?


着物・和服の悪い点|好奇な目で見られる

着物・和服を、普段着として着るときのデメリット1つめは、「好奇な目で見られる」ことになります。普段着物を着て歩くと、どうしても周囲が洋服なため、普段着として着物を着ている人は浮いてしまい目立ちます。そのため周囲からは、珍しいものを見るような好奇な目で見られることが多いです。

そのため着物を普段着として生活を始めたばかりのときは、その好奇な視線が気になるとおもいます。しかしその好奇な視線を、乗り越えることで着物ライフをより楽しむことができます。

着物・和服の悪い点|着物は所作が大変

View this post on Instagram

. スタッフです🍀 . リークロブログ更新しました 『リークロ初!撮影してきました②』 . プレタ着物と半幅帯の元気コーデを紹介しています✨ . ふだん着物でお出かけしたくなるお天気🌤が続きます❣️ 見るだけ大歓迎♫ぜひギャラリーに遊びに来てくださいね♫ . 本日4月19日(木曜)がま口きものen @en.rumiko さんのがま口作り教室です👛 . ・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ リークロキモノフェアー 4月29日(日) 午後12時~18時くらい 4月30日(月・祝) 午後12時~18時くらい 5月1日(火) 午後12時~18時くらい 18時以降なら行けるのに、という方は、 リークロTEL 06-6147-3775 までご連絡くださいませ! ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:* . . 🍀ふだん着物ギャラリー リークロ🍀 🚃地下鉄御堂筋線・四ツ橋線・中央線『本町駅』 28番出口 徒歩5分🐾 高橋ビル2階 . . . #galleryaleafofclover#リークロ#普段着の着物#がま口en#布小物en#がま口ワークショップ#うつぼ公園#靭公園#着付けサービス#着物小物#着物履物#着物洗い#着物しみ抜き#着物お仕立て#着物好きな人と繋がりたい#kimono#着物でお出かけ#がま口教室#着物ビギナーさん応援します

A post shared by リークロ (@gleaclo) on

着物・和服を、普段着として着るときのデメリット2つめは、「所作が大変」だということです。着物を着ていると大股で早く歩けなかったり、着崩れるために無理な体勢がとれません。また、トイレに行くだけでも一苦労なため、着崩れを気にしなければいけません。

それ以外にも、着物は洋服と違い細かな部分に注意を配る必要があります。段落そんな着物の所作ですが、初めは大変でも徐々に馴れてきます。また着物の所作が馴れてくることで、普段の所作も綺麗にできるようになります。またそのことで、行動に品をだすことができます。

カジュアル着物のコーディネート5選

カジュアル着物のコーディネート①着物の無地と柄の帯

カジュアル着物のコーディネート1つめは、「着物の無地と柄帯」です。着物を選ぶときにどんな柄を選んだらいいのか分からない人や、派手な着物は恥ずかしいと感じる方におすすめおすすめなのが、無地の着物に柄の帯です。無地の着物は、派手でないため着やすいですし、柄の決まりなどを気にしなくても大丈夫です。

しかし無地の着物だけだとシンプルすぎて味気ないです。そんなときに、おすすめなのが「派手な帯」になります。帯を派手にすることで、無地の着物と帯の対比ができ、着物と帯の両方を引き立ててくれます。そのためぜひ無地の着物と、派手な帯の対比を楽しみながら、着物を着こなしてみてください。

カジュアル着物のコーディネート②派手な半襟と帯揚げをアクセント!

カジュアル着物コーディネート2つめは「派手な半襟と帯揚げ」です。先ほどの着こなしでは、無地の着物と派手な帯の対比を楽しむことをおすすめしましたが、帯を派手にするのに抵抗がある人もいるとおもいます。そんなときに、おすすめしたいのが「派手な半襟と帯揚げ」を使うコーディネートになります。

最近の半襟には、カラフルな色と鮮やかな刺繍がされているものが多く存在します。そんな可愛い半襟は、シンプルな着物の襟元からチラリと覗くと、とても可愛いです。またそのときには、帯揚げも一緒に揃えて合せることで、より素敵なコーディネートにすることができます。

カジュアル着物のコーディネート③可愛い帯留めでアクセント!


View this post on Instagram

【梅の帯留め】~使用例~ オリジナルの組紐を使用し、梅を形を作りました。 梅はおめでたいシーンでもお使いできるので、カジュアルはもちろん、フォーマルなシーンでもお使い頂けます。 幅の広い帯締めや、房のある帯締めにも対応できるよう、幅の広い帯金具を使用。 帯締めを締めたあとでもはめられ、とても使いやすいデザインに致しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・ 300円OFFクーポン発券中です😊 ・ きものサローネありがとうキャンペーンとして、オンラインショップで使えるクーポンが発券されました\(^^)/ 3000円以上ご購入で使用可能になります。期限は10月31日まで!! 今後もショールピン、かんざし、帯留めなど追々出品されますので要チェックです😘 ・ クリーマ https://www.creema.jp/c/moimoi/item/onsale クーポン【nR5wTF】 ・ BASE https://yharuk.theshop.jp クーポン【N5G2ZT9F】 ・ またBASE のオンラインショップは吉春吉スタッフのプロフィールからもご覧頂けます😊 是非ご覧ください😀💕 ・ #吉春吉 #アクセサリー #東京 #日本 #和装小物 #和装 #着物 #きもの #着付け #かんざし #ショールピン #帯留め #オンラインショップ #yoshiharukichi #accessory #japan #hair_accessories #きものサローネ #kimono_salone #kimono #fashion

A post shared by 吉春吉スタッフ (@yoshiharukichi_staff) on

カジュアル着物のコーディネート3つめは、「可愛い帯留め」を探して着物のアクセントにしましょう。着物や帯締めのコーディネートを決めるときには、帯留めをアクセントとして選ぶことをおすすめします。また最近の帯留めには、豊富な形があり、変わりダネのものがたくさんあります。

そんな帯留めの素材には、布製のものをはじめとして陶器素材のものなど種類が豊富にあります。そんな豊富にある帯留めの中から、ぜひそのときの着こなしに合った帯留めを選びましょう。

カジュアル着物のコーディネート④派手な柄でモダンにチャレンジ!

カジュアル着物のコーディネート4つめは、「派手な柄でモダン」な着物にチャレンジしてみることをおすすめします。着物の着こなしで、着物に付属している小物を使ってコーディネートすることを紹介しましたが、着物を着ることに馴れてきたら、ぜひ派手な柄の着物にチャレンジしてみることをおすすめします。

そんな最近の派手な着物の中には、大正ロマンのようなモダンな柄の着物が豊富にあります。そんな大正ロマンのようなモダン柄の着物と、それに合う小物をコーディネートしてみましょう。

カジュアル着物のコーディネート⑤足袋を楽しもう!

カジュアル着物のコーディネート5つめは「足袋を楽しむ」になります。「着物の柄・帯・半襟・帯留めなどで、着物のコーディネートを楽しむことを紹介しましたが、足元のお洒落である足袋の存在を忘れてはいけません。一昔前までは、足袋には真っ白のものが多かったですが、最近ではカラフルで可愛い柄がたくさんあります。

そんな素敵な足袋を多く販売しているので、ぜひ着物のコーディネートをするときには、足袋も忘れることなく和服を着こなすときのアイテムに入れることをおすすめします。

普段着に着物を着たい女の人向けの着こなしのコツ5つ

着物の着こなしのコツ①着付けのコツはゆったりと着ること!

和服の着こなしのコツ1つめは、「ゆったりと着る」です。着物を着付けするときに、キツキツに締め上げて着付けをしてしまうと、着物に着られている感じがしてしまいます。そうなると、着付けするのが初心者だとバレてしまいます。そのため、着付けをするときには「ゆとり」をもつことを覚えましょう。

また着付けの要である帯も、キツく締めすぎてはいけません。そんな帯を着付けるときには、帯がキツくないと外れるかもと、おもっている人が多くいます。しかし帯の着付けは、キツくなくても外れることは稀なため、着物も帯も着付けるときには「ゆとり」をもって着付けるのが大切です。

着物の着こなしのコツ②着付けのコツ!衣紋(えもん)を適度に抜く

和服の着こなしのコツ2つめは、「衣紋(えもん)を適当に抜く」になります。衣紋とは、襟の後ろのところになります。その衣紋が首にピッタリしていると、初心者なの丸わかりで、馴れていないことが分かります。ただし、衣紋を抜きすぎると玄人みたいになるため、衣紋がピンッと張る程度に衣紋を抜くことをおすすめす。

着物の着こなしのコツ③襟元を美しくする

和服の着こなしのコツ3つめは、「襟元を美しく」するになります。襟元は、基本的に長襦袢とその上から着ている着物の襟元が重なっています。そのときに、1番下に着ている長襦袢の襟元が隠れて見えなくなる場合があります。特に女性は、せっかく綺麗な半襟を付けていても、見えないためもったいないです。

そのため綺麗な襟元を作ってあげることで、そのとき着ている着物自体がとても綺麗に見えるためおすすめです。また襟元は人と会ったときに、すぐ目に入る場所なため襟元がしっかりしているだけで印象が変わります。そのため、普段着として着ている場合には、整えておくことをおすすめします。

着物の着こなしのコツ④裾の長さは大切!

和服の着こなしのコツ4つめは、「裾の長さ」になります。着付けをしたときに、裾が短すぎると足袋が余分に見えてしまい綺麗じゃありません。また逆に裾が長すぎてしまうと、裾が地べたを擦るため汚れてしまいます。特に普段着として使う場合にはそのため着物の裾は、床に届くかどうかのギリギリの長さで合わせましょう。

そのため着物の裾は、床に届くかどうかの長さで合わせましょう。そんな着物の裾は、自分がおもうより少し長めで着付けると、長さが丁度良く綺麗に着こなせます。また裾線が決まると、着物がより綺麗に見えます。しかし同じ着物の中でも、浴衣だけは裾の長さはくるぶしが見える程度まで上げる方が綺麗に見えます。

このように着物によって裾の長さなどが違うので気をつけましょう。そんな浴衣を着た後には、洗濯をしなければいけません。その浴衣の洗い方などを詳しく紹介した記事を下記で紹介するので、浴衣を洗濯するときの参考にしてください。

着物の着こなしのコツ⑤女性は長襦袢を綺麗に着る

和服の着こなしのコツ5つめは、「長襦袢を綺麗に着る」になります。着物の着付けは、土台となる長襦袢を綺麗に着ることが大切です。長襦袢を着たら、体のラインを補修しましょう。着物は、凹凸のあるラインよりも平らな方が似合うと言われています。

そのため女性は、胸など体のラインに凹凸が出やすくなります。そんな凹凸が出る場所には、タオルを巻いて体型の凹凸を補修します。また女性の体型補修には、「和装用ブラジャー・腰パット・胸パット・補正着」などの細かな道具があり、この道具を使えば面倒な女性の体型も補正がしやすくなり1人でも綺麗に着付けられます。

着物を普段着にして自分を磨こう!

今回は、普段着としてカジュアル着物を着ることをおすすめしましたが、カジュアル着物は、男女問わずに着たいとおもって貰えるほど素敵なものが多いです。そんなカジュアル着物を、普段着として着ることでのメリットが多いです。特に所作などが綺麗になるため、女性には普段着として和服を着ることをおすすめします。

また着物の所作が身につくことで、女性としての魅力もアップさせることができます。そんな着物を普段着として着ることで、和服の奥深さを知ることができます。和服をぜひ普段着として使い着物の世界を堪能してくだい。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。