INDEX

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法10選①~④

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法①滑り止めにマニキュアを塗る

マニキュア

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法1つ目は「滑り止めにマニキュアを塗る」という方法です。指からするりと抜け落ちそうな指輪を滑らないようにする対策方法です。指輪の内側にトップコートやクリアタイプのマニキュアを塗ります。

マニキュアが指と指輪の間で滑り止めの効果を発揮してくれます。大きくてゆるい指輪がクルクルと回って抜けそうになるのを防いでくれます。指輪の金属の種類によって変色してしまう可能性もありますので、目立たない場所に少しだけ塗って変色をしないか確認してから試してみてください。

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法②他の指輪を重ね付けする

指輪

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法2つ目は「他の指輪を重ね付けする」方法です。サイズが大きくゆるい指輪を先に指にはめます。その指輪の上から自分の指のサイズにきちんとあっている指輪を重ね付けしてゆるい指輪が抜けないようにする対策です。

指輪にゆるいと感じたらすぐに対策できる方法です。また、指輪を重ね付けすることは自然なことなので周りから見ても指輪のサイズが合っていないとは思われません。最近は、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする使い方がメジャーになっています。下の記事に目を通して重ね付けのルールを参考にしてください。

Small thumb shutterstock 361365272
関連記事 結婚指輪と婚約指輪の重ね付けルール。普段使いもできる?

最近ではメジャーになってきている結婚指輪と婚約指輪の重ね付け。大好きな

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法③他の指に指輪をつける

指

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法3つ目は「他の指に指輪をつける」方法です。外出先などで対策するために使う物が何もないという時におすすめの対策です。いつも指輪をつけている指とは違う、指輪が抜けそうにない指に指輪を移動させましょう。

気が付いたらすぐにできる対策方法なので、指輪が抜けそうな作業を突然するようなことになった時などの念のための対策でもあります。

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法④指に輪ゴムを巻く

輪ゴム

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法4つ目は「指に輪ゴムを巻く」です。輪ゴムを滑り止めにする方法です。輪ゴムを指輪をつける指に巻きます。その上から指輪をつけると指と指輪の間で滑り止めの効果を発揮してくれます。

大きくてゆるい指輪がクルクルと回って抜けそうになるのも防いでくれます。ただしあくまでも応急処置の対策方法です。輪ゴムを強く巻き過ぎてしまうと、指がうっ血してしまう可能性もありますので緩めに巻いて短時間の使用にしてください。

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法10選⑤~⑦

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法⑤絆創膏をカットして指に巻く

手のひら

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法5つ目は「絆創膏をカットして指に巻く」方法です。絆創膏を指輪の太さより少し小さめの幅にカットします。指輪を外した指にカットした絆創膏をくるりと巻きます。その上から指輪をつけると絆創膏が滑り止めの役割をしてくれます。一般的なベージュの絆創膏を使うと目立ちにくいです。

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法⑥シリコンヘアゴムを指に巻く

手を見る女性

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法6つ目は「シリコンヘアゴムを指に巻く」方法です。100均で「からまないゴム」などのネーミングで売っているシリコン製の細いヘアゴムを使います。シリコンヘアゴムを指輪をつける指に巻きます。

その上から指輪をつけると滑り止めの効果を発揮してくれます。よく見かけるブラックやブラウンの他にクリアのシリコンヘアゴムがあります。なるべく目立たないようにするにはクリアがおすすめです。

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法⑦ピタリングを使う

女性の手

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法7つ目は「ピタリングを使う」方法です。ピタリングは指輪と指の間に挟むだけで、大きい指輪やゆるい指輪を指にフィットさせる商品です。関節が太くて指が細い人や、微妙に指輪のサイズが合わなくてお直しするまでもない人などにおすすめです。

太さや形状が異なるパーツが6種類入って売っていますので指輪に合う種類を選んで使います。指輪の指にはめたまま指と指輪の隙間にピタリングを挟み込むだけなので簡単に装着できます。

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法10選⑧~⑩

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法⑧リングストッパーを使う

リング

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法8つ目は「リングストッパーを使う」方法です。リングストッパーは柔らかいポリ塩化ビニル素材でスパイラル状にできています。大きいゆるい指輪がクルクルと回るのを防ぎたい時に特におすすめです。

指からはずした指輪の手のひらにくる方にリングストッパーを巻きつけるだけです。柔らかく手に馴染みやすい素材なので長時間つけていても痛くなく違和感もありません。幅が広い狭い、薄い厚いなど関係なくどのタイプの指輪にも対応できますので便利です。

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法⑨なるべく手を下に向けない

握手

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法9つ目は「なるべく手を下に向けない」ことです。大きいゆるい指輪は気が付いたら抜けてなくなっているということもあります。手を下に向けているとするりと抜け落ちる可能性が高くなります。

歩く時は、手をぶんぶん振らずに軽く自然に指を折り曲げて歩く。座っている時はテーブルの上に手を置くなどします。なるべく手や指を真下に向けないように意識してください。

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法⑩ネックレスに通して使う

ネックレス

大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法10こ目は「ネックレスに通して使う」方法です。指輪が抜けて失くす万が一のことを確実になくしたい方、大きいゆるい指輪をどうしても肌身離さず持っていたい方におすすめの方法です。

発想の転換で始めから指にはめないことが一番の対策です。普段つけているネックレスに指輪を通してネックレスとして使います。大切な指輪を落とす心配がなくいつも身につけておくことができます。

サイズが合っていたはずの指輪がゆるくて抜けそうになることがあるように、サイズがきつくなって外れなくなることもあります。手のむくみなどで指輪が外れなくなった時のために、下の記事を参考にしてきつい指輪の外し方も知っておきましょう。

大きい・ゆるい指輪のサイズを小さくする方法は?

大きい・ゆるい指輪のサイズを小さくする方法①ニッパーでカットする

道具

大きい・ゆるい指輪のサイズを小さくする方法1つ目は「ニッパーでカットする」です。高価な指輪や特別な想いがある指輪には不向きな方法ですが、お直しに出すのはもったいない安く買った指輪などにはおすすめです。

手のひら側をニッパーでカットします。自分の指のサイズに合わせてやっとこなどで締めます。フリーサイズの指輪のような作りになります。

大きい・ゆるい指輪のサイズを小さくする方法②専門店でお直しする

店員

大きい・ゆるい指輪のサイズを小さくする方法2つ目は「専門店でお直しする」です。大切な指輪にはこの方法が一番です。一時的に指のサイズに合わなくなった場合には簡単な対策方法でも良いですが、長く使い続ける指輪は専門家にお任せして自分の指にぴったりと合う指輪にすることが最適な方法です。

自分の指に合った指輪をはめましょう

大きいゆるい指輪を抜けないようにする対策方法は参考になりましたか。指輪を購入するときは、夕方などの指がむくみやすい時間を避けることが指輪がゆるゆるにならない対策でもあります。一時的に痩せてゆるくなった指輪やお直しに出すまでの期間の対策として身近な物を使う方法はとても便利です。

あくまでも一時的な対策の方法としてお試しください。婚約指輪や大切な想いが込められた特別な指輪を誤って紛失しないためにも、自分の指にあった指輪をはめましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。