INDEX

ルサンチマンの意味とは?

ルサンチマンの意味とは妬みや嫉妬そして恨み

ルサンチマンの意味とは妬みや嫉妬そして恨み

ルサンチマンの意味とは、妬みや嫉妬そして恨みです。そしてこれが特定個人に向けられるのですが、ルサンチマンが示すものは、特定個人への性格に向けられるものを示します。例えば殴られたから恨みがあるとか、家族に対してひどい仕打ちをされたからその人を恨むというものではありません。

例えば「彼女は男性にすごく人気がある」「彼はいつも営業成績がトップだ」という事実に向けて恨みや嫉妬、そして妬みを持つのです。もしもその人がそういった人に憧れを持たれるような状況にいたとしても、それは自分にはあまり関係のないことです。ルサンチマンはそこにフォーカスをする性質があります。

ルサンチマンの意味には復讐心も含まれる

ルサンチマンの意味には復讐心も含まれる

ルサンチマンの意味には、妬みや嫉妬から開いてにネガティブな感情を持ち、その後に抱くであろう復讐心も含まれます。そのため、ルサンチマンはある意味で危険な思想だとも言えます。

しかしながらルサンチマンが抱く復讐心は相手に対して完遂されません。何故ならルサンチマンは思うだけでエネルギーが外向きに働かないからです。この事実もルサンチマンの大きな特徴を示しています。ルサンチマンはネガティブな感情が、自分の中でグルグルと回るだけの状況なのです。

ルサンチマンの妬みや嫉妬の種類

ルサンチマンの妬みや嫉妬の種類

ルサンチマンの妬みや嫉妬の種類は、自分の周りの特定個人が中心であり、社会的な出来事に対しても向けられることがあります。例えばある会社が儲けている、あるいは国は税金を取り過ぎだ、などといった内容のことです。ルサンチマンは身の回りの重要度が低い物事に向けられるのです。

ルサンチマンの使い方は?

ルサンチマンの使い方①妬みや嫉妬

妬みや嫉妬

ルサンチマンの使い方として、妬みや嫉妬に関する使い方を紹介します。ルサンチマンはその精神を表す表現になりますので、下記の文例のような形でその人の考え方の説明とともに使うと、非常にそのニュアンスが分かりやすくなります。

ルサンチマンの使いにおける妬みや嫉妬の文例
  • 友達の結婚式でルサンチマン全開でトークしてる女は本当に見苦しいよね。相手を祝福する気持ちさえあれば自分だって幸せになれるのにね。

ルサンチマンの使い方②恨みや復讐心

恨みや復讐心

ルサンチマンの使い方として、恨みや復讐心を抱いた時の使い方があります。ルサンチマンが恨みや復讐心を意味することは少なくありません。何故ならルサンチマンはエスカレートしていけば行きつく先が復讐心になるからです。

ルサンチマンの使いにおける恨みや復讐心文例
  • 小さな頃にいじめを受けた影響もあるのかもしれないが弟は威張り散らしている上司に対してルサンチマンを抱いているようだ。彼は頭も切れるし会社では人望が厚く彼のことを嫌いな人はいないようだ。弟のこともしっかり面倒を見ているように感じられる。

ルサンチマンの使い方③劣等感

劣等感

ルサンチマンの使い方として、劣等感があります。ルサンチマンを使う際には、使う側に弱者の認識があることが前提になりますので、劣等感を主に意味するルサンチマンの使われ方は今では非常に一般的になっています。

ルサンチマンの使いにおける劣等感の文例
  • チビデブハゲでネットコミュニティーの中だけでルサンチマンを語っている中年見てるとイラっとするんだよね。主張の中に正論なんて一個もないし、一方的で対話者へのリスペクトなんて微塵も感じないんだよ。

ルサンチマンの哲学とは?

ルサンチマンの歴史

ルサンチマンの歴史

ルサンチマンは、ニーチェが起源ともキルケゴールが起源ともされていますが、いずれにしても実存主義哲学が生み出した概念であり、言葉であると言えます。2人の実存主義哲学に対する考え方はそれぞれ違っていますが、ルサンチマンという言葉の大枠は同じです。ただし、根底の考え方が違い、厳密に意味は違っています。

ルサンチマンの意味は妬みや嫉妬、そして恨みを表すものであると先述していますが、キリスト教への、教義と現実双方の矛盾と、その権威の失墜を批判するにあたり、その原因として生み出されたのがルサンチマンだと言われています。それぞれの実存主義を主張する上で、当時のキリスト教とは相容れなかったのです。

元々はキリスト教という、古くから権威を持つ宗教が持つ権威の失墜や矛盾を批判する概念が生まれたその原因をルサンチマンという言葉で説明をしていたのですが、それがやがて広く、個人対個人で使われるようになったということが、ルサンチマンの大まかな歴史になっているのです。

ニーチェとキルケゴール

ニーチェもキルケゴールもともに哲学における第一人者であり、ルサンチマンの歴史において非常に重要な役割を担っている人物です。しかし、双方のルサンチマンの根底にある哲学の思想は違っているのです。2人のルサンチマンの概念についてはそれぞれの著書で語られており、それぞれの特徴の相違が顕著になっています。

まずキルケゴールはその著書「死に至る病」の中で自らのルサンチマンの概念を記しています。キルケゴールは実存主義者であり、敬虔なキリスト教信者であるため、平等論を説くキリスト教に対して、現実に起こっている格差への矛盾に対する精神がルサンチマンであるとして、キリスト教信者の立場として説いていました。

ニーチェも一方で実存主義哲学の第一人者でしたが「神は死んだ」とされる言葉から分かるように、宗教の権威失墜をそのような言葉で表し、次第に虚無主義を唱えるようになっていきました。虚無主義は実存主義に回帰すべき考え方ですが、宗教を否定するような言い回しを使っている部分はキルケゴールと大きく違います。

ルサンチマンの哲学とは

ルサンチマンの哲学とは

ルサンチマンの哲学においてその言葉は、弱者から強者に対しての妬みや嫉妬、そして恨みを指す言葉だとされていますが、個人がこの概念を持つことはとても危険だとされています。何故なら、キリスト教という大きな存在と立ち向かうために元々発生した概念が、広く使えるよう曲解されてしまっているからです。

ルサンチマンはフランス語です。ルサンチマンは弱者が強者を己が持つ妬みによりどんどん批判し、相手を悪者に仕立て上げていき、自分自身は正当化して持ち上げていきます。しかしながら相手を悪者だと批判し、自己の正当性を証明していく行動は一切伴わないのですべてが自己完結しているのです。

元々のルサンチマンの哲学は大きな権威への挑戦だったのですが、現在使われているものは単なる個人の妬みや嫉妬、そして恨みを表す意味の言葉に成り下がってしまっているのです。ここでは、元々哲学上使われていたルサンチマンはニーチェやキルケゴールによって示される権威と矛盾への挑戦だと覚えておいてください。

ルサンチマンが抱く復讐心とは?

ルサンチマンが抱く復讐心①根源は嫉妬心と劣等感

根源は嫉妬心と劣等感

ルサンチマンが抱く復讐心の根源は嫉妬心と劣等感です。相手を妬む気持ちが増幅し、相手に対して嫉妬心を劣等感を抱く状況がルサンチマンが意味する復讐心です。復讐心自体がネガティブなものですが、その根源は相手を妬む気持ちなので、相手の特定の行動が復讐心の動機になっているわけではありません。

復讐心の動機は相手の存在そのものです。自分よりもステータスが高く、自分よりもスペックが高く、自分よりも幸福度が高い相手にその復讐心が向けられるのです。つまりルサンチマンが意味する復讐心は、個人的でちっぽけなものなのです。

ルサンチマンが抱く復讐心②陰湿でしつこい

陰湿でしつこい

ルサンチマンが抱く復讐心は、陰湿でしつこい傾向にあります。ルサンチマンの復讐心は、相手に対してネチネチと執念深く続く特徴があります。一時的な妬みや復讐心を抱くことは誰にでもあるかもしれませんが、その切り替えをうまくできないのがルサンチマンを抱く人の特徴です。

ルサンチマンが意味する復讐心を半永久的に持ち続けますし、一人に対するルサンチマンが消滅した頃には別のターゲットに向けてルサンチマンを抱いていることでしょう。

ルサンチマンが抱く復讐心③自分自身を正当化し劣等感を克服しようとしない

自分自身を正当化し劣等感を克服しようとしない

ルサンチマンが抱く復讐心には、自分自身を正当化し、その劣等感を克服しようとしない傾向があります。ルサンチマンが抱く復讐心はとにかくネガティブです。自分自身を強く正当化しようとするのでその劣等感に気付かないことも少なくないため、その状況を克服しようという気持ちが沸き上がって来ないのです。

もしもそれを克服しようという気持ちが強くあるなら、ルサンチマンのようなネガティブな感情を抱くことはありませんので、自分自身への強い正当化と克服する方向に動かないことは大きな問題点であると言えます。

ルサンチマンが抱く復讐心④行動を起こさない

行動を起こさない

ルサンチマンが抱く復讐心には、行動を起こさないことが挙げられます。行動を起こして何かを解決しようとしているのであれば、そこに妬みや恨みがあったとしてもルサンチマンには該当しなくなります。ルサンチマンとはただ自分で思うだけで行動に移さず、解決しようとしない意味合いを表しているのです。

嫉妬や恨みの意味とは?

嫉妬や恨みの意味①嫉妬とは相手を羨むネガティブな感情

嫉妬とは相手を羨むネガティブな感情

ルサンチマンにおける嫉妬や恨みの意味とは、相手を羨むネガティブな感情が挙げられます。羨ましいという気持ちが「自分もそうなれるように頑張るぞ」というポジティブな気持ちに結びついていけばいいのですが、それがネガティブな方に向いてしまうと、ルサンチマンが自分の心の中に蔓延ることとなります。

「なんであの人だけあんないい思いをしているの?自分の方が頑張っているのに」と、同じ物事を嫉妬全開で捉えてしまえば、それは自分の中のルサンチマンを増長させてしまう原因となるのです。ルサンチマンは自分の心持ち一つで大きくなったり小さくなったりするものなのです。

嫉妬や恨みの意味②恨みとは相手に嫌悪感と復讐心を持つ感情

恨みとは相手に嫌悪感と復讐心を持つ感情

ルサンチマンにおける嫉妬や恨みの意味として、相手に嫌悪感と復讐心を持つ感情が挙げられます。ルサンチマンにおける恨みは相手に対しての嫌悪感と復讐心を長い間持ち続けるという、非常にやっかいな性質を持っています。一瞬だけそう思うだけならルサンチマンは生じないのですが、思い続けることで根付くのです。

そのため、ルサンチマンが自分の心の中に蔓延ることで相手に対しての嫌悪感や復讐心も包み隠さず露わになり、人間関係にも大きく影響が出て来ることでしょう。ルサンチマンにおける嫌悪感と復讐心は非常に根深く、一度自分の心に巣くってしまうと非常に厄介な存在だと言えるのです。

嫉妬や恨みの意味③ルサンチマンにおける嫉妬や恨みは小さなカテゴリが対象

ルサンチマンにおける嫉妬や恨みは大きなカテゴリが対象

嫉妬や恨みの意味として、ルサンチマンにおける嫉妬や恨みは小さなカテゴリが対象であることが挙げられます。もちろん大きなカテゴリが対象になって来る場合もあるのですが、その場合は行動に移されることが多く、それはもはやルサンチマンとは言いません。非常に建設的で生産的な行動を伴うからです。

それに対して現代でのルサンチマンの多くは小さなカテゴリが対象となります。「◌◌が最新ゲーム機を手に入れた」「△△が私よりも先に結婚した」という、非常に個人的でささやかなことが対象になる傾向があります。そんなつまらないことが頭から離れなくなると、ルサンチマンが自分の中に生じてくるのです。

ニーチェとは?

ニーチェとは哲学者

ニーチェは哲学者で、ルサンチマンの歴史において重要な役割を果たした人物として有名であると先述しましたが、哲学者としてはルサンチマン以外でも非常に重要な役割を果たした人物でもあります。ニーチェの哲学の根底にはキリスト教への批判と敵対がありました。当時のキリスト教には権威の失墜と矛盾があったのです。

ニーチェは哲学者でありながらキリスト教を否定し、そして道徳すらも批判していました。しかしそれは必ずしも道徳を真っ向から否定していたわけではなく、彼は道徳の重要性を理解し、当時キリスト教によって広く知れ渡っていた道徳を是正しようと敢えて道徳までをも批判していたのです。根底には道徳を愛する心があります。

ニーチェは当時の権威や道徳、そして常識や考え方に対して批判的だと広く言われていますが、それは最終的に人間の存在や価値、そして道徳の重要性を示すための検証だったのではないかと言われています。まずは批判することからその価値や重要性を見極めていこうとする考え方が、批判だけにフォーカスされてしまったのです。

神は死んだ

ニーチェの言葉には「神は死んだ」という有名な言葉があります。この言葉は彼のニヒリズムの考え方を象徴する言葉になっています。その起源は1882年に出版された「悦ばしき知識」であり、その後1885年に出版された「ツァラトゥストラはかく語りき」でその考え方が継承されて一般的になりました。

「神は死んだ」という言葉は、宗教が提示している神の存在を否定し、また宗教を信じる心を否定する言葉です。そこに登場したのがルサンチマンという概念なのです。宗教上の神は弱者の妬みや妄想が作り出したものであり、実際には存在しないという考え方なのです。当時は非常に批判を集めた考え方でした。

もしも当時Twitterなどがあれば、大炎上していたことでしょう。ニーチェが提唱していた「神は死んだ」という言葉は、そのくらい当時の世界に対してセンセーショナルを起こした言葉だったのです。しかしながら真の道徳を説くためにはどうしてもキリスト教の存在は批判しなければならなかったのです。

ニヒリズムの哲学

ニヒリズムとは日本語で「虚無主義」とも言います。教無主義が元とする考え方は、人間という存在には目的やその意義、そしてそれを理解しようとする真理、さらには本質的な価値等がないと主張する、非常に哲学的な立場を指しています。人間の価値観を一度0に戻そうとする考え方なのです。

ニヒリズムの考え方自体が当時のキリスト教を対象としたルサンチマンだと言えなくもないのですが、ニヒリズムが最終的に行きつくのは「超人」という概念です。これは現実に存在するものの中では地上や人間としての器、そしてそこに宿る魂が最高のものであり、それを超えるものは存在しないとされる概念です。

それらを超越した存在は、そういった超人の存在を否定しており、紙は超人ではないとする考え方なのです。ルサンチマンの考え方が、キリスト教という宗教に完全に向けられており、新たな道徳と価値観を作り出すには旧態依然の価値観を潰す必要があり、ニーチェのルサンチマンはその働きを大きく担った概念なのです。

ルサンチマンの克服の仕方は?

ルサンチマンの克服の仕方①相手を思いやろうとする

相手を思いやろうとする

ルサンチマンの克服の仕方として、相手を思いやろうとすることが挙げられます。ルサンチマンの考え方の根底には相手への妬みや嫉妬、そして恨みがあります。相手を思いやろうとか、いたわろうという気持ちはそこに一切ありません。しかし本来人間は助け合って生きていくべきで、思いやりの気持ちが大切です。

そして相手へのリスペクトも大切です。ルサンチマンが持つ相手への批判は決して建設的でも生産的でもありません。相手をリスペクトすることで相手のいい部分をたくさん吸収することができ、自分自身もそれをきっかけに成長できるのです。人には負のエネルギーをぶつけ図、リスペクトを持って接するようにしましょう。

下記の関連記事は思いやりを持った人の行動について紹介しています。実際にその行動を確認することで、ルサンチマンから脱却するための、大いなるヒントになることでしょう。ルサンチマンから脱却するためには、人に対しての心持ちから変える必要があります。是非その手掛かりにしてもらえたらと思います。

ルサンチマンの克服の仕方②いつでもポジティブシンキングにチャレンジする

いつでもポジティブシンキングにチャレンジする

ルサンチマンの克服の仕方として、いつでもポジティブシンキングにチャレンジすることが挙げられます。常にポジティブに考え続けることは簡単なことではないかもしれませんが、それが出来ればルサンチマンからの脱却は近いでしょう。ルサンチマンはネガティブな思考から来るので、それを追い出すことが大切です。

ルサンチマンのネガティブは、人生全体を支配してしまう恐ろしいものです。そのためそういった闇にとらわれないように意識する必要があるでしょう。ポジティブシンキングでいる間はルサンチマンを自分の中から追い出すことができますので、その状態を長く続けられるよう努力していきましょう。

ポジティブシンキングにはテクニックがあります。「何とかなるさ」と考えられるのも、実はテクニックがあるのです。そんなポジティブシンキングのテクニックを紹介した関連記事が下記になりますので、こちらも是非読んでみてください。面白い切り口で書かれているので、読んでいるだけでポジティブになれますよ!

Small thumb shutterstock 157498331
関連記事 悩まないで!人生成功の秘訣は「なんとかなるさ」ポジティブ思考法9選

ポジティブな気持ちになるだけで、仕事や人間関係に抱えていた様々なお悩み

ルサンチマンの克服の仕方③気分転換を上手にする

気分転換を上手にする

ルサンチマンの克服の仕方として、気分転換を上手にすることが挙げられます。ルサンチマンは根本的な考え方から来るものもありますが、気分から来るものもあります。そのため肉体的にも精神的にも披露を追い出すための気分転換がしっかりできれば、自分の中からルサンチマンを追い出すことができるでしょう。

日本人は基本的に気分転換が下手くそなので、テクニックとして気分転換をする必要があります。下記の関連記事は様々な気分転換の方法を紹介していますので、是非確認してみてください。シーン別でどの気分転換の方法がいいのか分かりやすく紹介されていますので、非常におすすめできる記事の構成になっていますよ!

Small thumb shutterstock 479891623
関連記事 気分転換におすすめの方法19選!勉強の合間や妊婦さんでもできる!

イライラしたり、気持ちが落ち込んだりしたときは、何より気分転換すること

ルサンチマンという言葉を使いこなし状況を克服する努力をしていこう!

ルサンチマンという概念を理解するためにはその言葉そのものだけではなく、哲学的な背景まで理解する必要があるので、細かい話や哲学的なとても漠然とした話も含めて紹介してきました。ルサンチマンの存在をまずは認識し、そしてそこから抜け出していく努力が大切になってくるでしょう。

ルサンチマンの概念が自分の中にあって、それを克服していくことは、人間としての成長に繋がりますし、周囲の人へのいたわりと気配り、そしてリスペクトが可能な状態だと言えますので、周囲とのコミュニケーションも質も向上してくることでしょう。ルサンチマンの概念を理解し、生活がより良い方向に向かうといいですね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。