Large thumb shutterstock 402572776

エクステの本数・量の目安になるヘア9選|40本/60本/100本

更新:2019.08.08

エクステでイメチェンする人も多くなっています。試してみたいけど、どのくらいの本数でどんな量になるのか分かりませんよね。エクステの本数によってイメージがどれくらい変わるのでしょうか。付ける目安や何本つけたら馴染むのか、40本・60本/100本と本数別に紹介していきます。最近はハイライトのみエクステで入れる方も増えていますので、こちらも本数別のイメージをご紹介します。

エクステの種類は?

エクステの種類①編みこみエクステ

エクステの種類1つ目編みこみエクステは、地毛に編みこんでエクステをつけていくものです。長持ちするのでスタンダードなエクステで、多くの美容院で実施されている種類になります。一束ずつ編みこんで根元を糸ゴムで留めるので時間はかかりますが、ボリュームアップが出来てイメージ通りに仕上がるのでおすすめです。

エクステの種類②シールエクステ

エクステの種類2つ目は、シールエクステです。シールエクステはつける時間が比較的短くてすみますし、手軽で違和感も少ないことから人気が上がってきています。平らなので寝る時も違和感がないので試したい人が多いようですよ。シールといっても、外す時は専用の液でないと簡単には取れませんのでご安心ください。

エクステの種類③超音波エクステ

エクステの種類3つ目は、超音波エクステです。専用の機械で超音波を髪の根元に当てて、接着剤を馴染ませてエクステをつけていきます。髪のダメージが少なくて済むしお手入れが楽なのでおすすめですが、値段が高いのが注意点です。実施していない美容院もあるので、やってくれる美容院を探すことからはじめましょう。

エクステの種類④ワンタッチエクステ

ワンタッチエクステは、気軽にその日だけエクステを楽しめるものです。カラーバリエーションも豊富でイベントやパーティーなどにもおすすめです。美容院へ行く手間も省けますし、価格も高くないのが魅力です。上手く髪に馴染むように何度かつけ方を練習するとすぐ慣れます。取り外しが簡単なのが嬉しいですね。

エクステの種類について、詳しく知りたい人は次の関連記事を参考にしてください。エクステの種類によって付け方の違いなどがわかりますよ。

エクステの本数の目安にしたいヘアスタイル9選

1.エクステの本数の目安40本①アクセントカラー赤を混ぜたエクステ

エクステの本数40本の目安の髪型です。髪の量が多くなければ40本でも自然にロングヘアにすることができます。何本かカラーのエクステを混ぜれば、おしゃれなハイライトのはいったヘアスタイルにすることができますよ。手軽にイメチェンできることにびっくりですね。

2.エクステの本数の目安40本②コントラストが綺麗なエクステ

エクステの本数40本の髪型です。ミディアムヘアの明るい髪型から、暗いトーンとハイライトのエクステをつけておしゃれに仕上がっています。エクステはつけた後にこてやアイロンでまいてウェーブヘアにすることもできます。自分の髪の毛のように、扱うことができるのが嬉しいですね。

3.エクステの本数の目安40本③自然なボリュームアップエクステ

エクステの本数40本で、ボリュームアップする方法もあります。ショートやミディアムからロングへイメチェンする人もいますが、ボリュームが欲しかったりイメージ通りの髪型にしたかったりでエクステを使う人もいます。ロングでもボリューム感が足りないと感じたら、エクステで自然に増やすことが可能なんですよ。

4.エクステの本数の目安60本①ミディアムからロングへ変身

エクステの本数60本の髪型です。髪の毛が多めの人は、60本つけると自然なエクステになります。ミディアムヘアからロングへ何ヶ月も自分の髪の毛が伸びるのを待たなくていいのは嬉しいですよね。エクステのカラーは決まっているエクステの種類と、自分の髪色に合わせられるエクステがあります。

5.エクステの本数の目安60本②編みこみエクステでコントラスト

編みこみエクステの本数60本の髪型です。編みこみエクステは仕上がりが自然ですが、あえてカラーのコントラストを付けるのもおしゃれです。細い髪の毛や量が少ない人でもトライしやすく、60本でも十分なボリュームになります。エクステした後にハイライトを入れたりアレンジも自由です。

6.エクステの本数の目安60本③おしゃれヘアカラーもエクステなら簡単

エクステ60本の目安の髪型です。地毛ならトライしにくいカラーも、エクステなら試しやすくなっています。飽きたら外せますし、地毛をカラーしてしまうより簡単で傷みも少ないです。ストレートでも違和感なく馴染む60本は、ミディアムからロングにイメチェンする人にも人気ですよ。

7.エクステの本数の目安100本①自然な髪色で馴染むエクステ

エクステの本数100本の目安になる髪型です。ボリュームを出したい場合や髪の量が多い場合は、100本つけると綺麗に馴染みます。毛先が傷んでいる場合は、毛先を短くしてもエクステでロングにできるから便利ですよね。ミディアムやショートに切ってしまっても、ナチュラルにエクステで長くできると思うと安心です。

8.エクステの本数の目安100本②ショートボブから自然なミディアムへ

エクステの本数100本の目安になるミディアムヘアスタイルですです。少し長くするだけでイメチェンできますし、毛先をカールすることで女性らしさもアップできます。ショートからイメチェンするのも、ミディアムの長さは人気です。自然な髪色でも奇抜な色合いでも叶えてくれるのでおしゃれな女性にも支持されています。

9.エクステの本数の目安100本③エクステで綺麗な超ロングヘア

エクステの本数100本の目安になるロングヘアです。ロングから超ロングへエクステする人も多く、あとから巻き髪やカラーもできるのが人気です。エクステの種類によっては髪の毛を洗う時は注意が必要ですが、好みのボリュームと長さを実現できるなら嬉しいですよね。

ハイライトのみのエクステの本数別イメージ

ハイライトのみのエクステの本数別イメージ①馴染みカラー10〜15本

ハイライトのみのエクステの本数別イメージ1つ目は、地毛より少し明るいくらいのハイライト10〜15本のイメージです。太めのハイライトをエクステで入れていますが、トーンが地毛より少し明るいくらいなので自然に馴染んでいますね。印象を少し軽くしたいけどガッツリイメチェンは怖い、なんて方におすすめです。

ハイライトのみのエクステの本数別イメージ②派手めカラー10〜15本

ハイライトのみのエクステの本数別イメージ2つ目は、派手めカラーのハイライトエクステを10〜15本入れた時のイメージです。先ほどの馴染みカラーを入れた時のふんわりした印象とはガラッと変わり、かなりポップな印象になりましたね!本数だけでなく、入れるカラーも重要だということがよく分かります。

ハイライトのみのエクステの本数別イメージ③馴染みカラー15〜20本

ハイライトのみのエクステの本数別イメージ3つ目は、馴染みカラーのハイライトエクステ15〜20本のイメージです。10〜15本の時よりもカラーがより細かく入ることにより、外人さんのようなカラーに見えますね。ヘアアレンジをした場合、ハイライト部分がより立体感を出してくれますよ。

ハイライトのみのエクステの本数別イメージ②派手めカラー15〜20本

ハイライトのみのエクステの本数別イメージ4つ目は、派手めカラーのハイライトエクステ15〜20本のイメージです。紫とピンクの他に、ミルクティ系のハイライトも入っているので派手めカラーでも馴染んでいますね。ふわふわとラブリーなファッションの女子におすすめのハイライトエクステのイメージです。

ショートがミディアムやロングに馴染むエクステの本数の目安は?

ショートから何本でロングに馴染むか①目安量50本

ショートから何本でロングに馴染むでしょうか。まずは50本エクステした髪型です。50本でもボリュームは十分で、元の髪の毛に馴染んでいるのが分かります。髪質や量にもよりますが、50本で十分ロングに対応できることがわかります。自分の髪の毛が伸びるのを待たなくても、ここまで伸ばせるなんて夢のようですね。

ショートから何本でロングに馴染むか②目安量100本

髪の毛の多い人は、エクステ100本でショートからロングへ馴染む髪型になります。艶感も色もエクステとは思えない仕上がりです。エクステでインナーカラーを入れるのも簡単でおしゃれになるのでおすすめです。サイドの内側にくるエクステだけカラーを変えてみるのはどうでしょうか。

ショートから何本でミディアムに馴染むか①目安量シールエクステ70枚

ショートからシールエクステ70枚で仕上げた髪型です。元の毛に馴染むので、さらさらボブヘアはエクステとは思えないですね。シールエクステは付ける時間も短くて済むので、何本がよいか量の調節をしてもらうにも便利です。びっくりのイメチェンで周りの反応も楽しみになります。

ショートから何本でミディアムに馴染むか②エクステ100本

シール&編みこみエクステを混合で100本使った髪型です。髪の場所によって馴染むエクステを選んで付けていくと、自然な髪型に仕上がります。ショートが違和感なくボブになっていますね。髪の量が多い、髪質がかたいなど悩みがある場合でも、エクステを諦めることなく相談してみるといいですよ。

エクステで簡単イメチェンしてみよう

エクステ何本で自分のイメージの髪型ができるか参考になったでしょうか。イメチェンが簡単にできて自然に仕上がるエクステに驚いたのではないでしょうか。これなら伸ばすのを待たずにロングヘアも楽しむことが出来ますね。飽きたらエクステを外せばいいので、気軽にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

他にもエクステの記事を読みたい人は、次の関連記事を参考にしてみてください。ボブやショートで髪の長さ別のポイントも紹介してありますよ。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。