Large thumb shutterstock 410399707

夜寝る前の唇ケアにおすすめなリップクリーム10選|塗り方や人気リップも

更新:2019.06.21

夜寝る前にリップをして寝ると、翌朝唇がつやつやになりますよね。つやつやになるリップの塗り方や使い方はご存知でしょうか?人気のリップ、シャネルなど憧れリップまでおススメのリップを紹介します。お気に入りの1本を見つけてかわいいを更に高めましょう!

夜寝る前にリップを使うのって良いの?塗り方の注意点は?

唇は常に刺激にさらされている

女性

唇は日中の紫外線や口紅によるダメージに加え、夜も乾燥やシーツのこすれによって常に刺激を受けています。気が付いたら唇がガサガサ、皮がめくれあがっていて口紅がのらない…なんてことになりかねません。  

唇は身体のなかでも皮膚が薄くとてもデリケートな部分です。間違ったケアを続けているとターンオーバーが正常にできなくなり荒れがちな唇になってしまいます。

なかなか治らない唇の皮むけについて以下の記事でも取り上げています。荒れにくいうるつや唇になるためにぜひ参考にしてください。

めくれあがっている唇も正しい塗り方・使い方でつやつやに!

唇

口紅や汚れをクレンジングでしっかりと落とし、夜寝る前にしっかりとリップで保湿をして保護をすることが大切です。塗り方のコツはリップを縦に塗ることです!縦線にそってなじませることで保湿成分が内側まで浸透し、つやつやな唇を手に入れることができます。

唇が荒れてしまうとヒリヒリしたり痒みが伴うこともあります。ストレスにもなりますし自信もなくなってしまいます。しかし!いつ何時に恋のチャンスが訪れるかもわかりません。大事な場面で唇がガサガサだと残念な結果になってしまうかも…素敵な恋をつかむためにもつやつやな唇を保ちましょう!

キスしたくなる唇の作り方はこちらの記事でご紹介しています。唇の夜寝る前のケアをしっかりと行い彼をトリコにしてしまいましょう。

夜寝る前におすすめのリップの選び方は?

夜用リップは低刺激・無着色を選ぶ

コスメ

夜寝る前に使うリップの選び方は、朝まで潤いが残るようこっくりとしたテクスチャーのリップがおすすめです。刺激の少ない無添加・無着色のものが良いでしょう。

人気のティントリップやUVカット仕様のリップは実は唇に刺激になりやすい成分が入っているので成分をしっかりと確認して選びましょう。

シャネルの憧れコスメから人気のプチプラコスメも!

最近の夜用リップは唇の血色コントロールできるものや縦シワを消してぷっくらとさせてくれるものなど、より質感をアップさせる効果を狙う傾向にあります。

肌と同じように唇もひとりひとり合う合わないがあります。唇ケアのアイテムはシャネルなどリッチなブランドからドラッグストアにも優秀なプチプラアイテムが多くあるので塗り方を確認し、試しながら自分に合うかわいい1本をみつけましょう!

以下の記事では唇の縦ジワによりフォーカスをあてた内容になっています。リップの塗り方などあわせてチェックをして夜寝る前の唇ケアに取り入れてください。

寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム(リップクリーム)10選

【人気】寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム:ニベア

ドラッグストアでも気軽に買えて種類も豊富なニベア。寝る前に使うのにおすすめは昔からある「モイスチャーリップ」シリーズ。薬用リップクリームで自然由来の保湿成分(シアバター・ホホバオイル)配合。ツヤのあるぷるぷるな唇に整えてくれます。

プチプラで香りの種類もたくさんあるので気分で使い分けるのもいいでしょう。「色々使っても結局戻ってきてしまう」とファンを掴んで離さない実力派です!

【人気】寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム:フローフシ

プチプラでモデルや女優さんも愛用していることもあって爆発的な人気のLIP38℃。フローフシ独自の美容液成分を配合することによって血色感と潤いを与え、全く新しい唇ケアができます。

寝る前に使うリップには+1℃か±0℃を選ぶのがいいでしょう。塗り方は適量をスパチュラにとり、唇を覆うようにしっかりと付けます。継続的に使うことでつやつやで透明感のある唇になることができるでしょう。

【人気】寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム:ヴァセリン

お手頃な価格に高い保湿力と使い勝手の良さが魅力のヴァセリン。防腐剤無添加・ナチュラル処方の保湿成分が唇をコーティングし、内側の水分を逃がしません。赤ちゃんから男性にも使えるので刺激が少なく寝る前のリップに最適です。

リップアイテムには可愛らしい缶タイプ、持ち運びに便利なミニジャー、使い勝手のよいチューブタイプがあります。唇だけではなく指先ケアなど使い方が無限にあります。気分で使い分けても集めて並べてもかわいいです。

【憧れ】寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム:シャネル

手に持つだけで気分があがるシャネル。体温でとろけるような使用感のシャネルのリップクリーム「ルージュ ココ ボーム」は下地として使うと後の口紅がぴたっときまり、寝る前に使用するとふっくらとなめらかな唇になります。

人気すぎて一時品薄にもなったシャネルの「イデゥラ ビューティー リップバーム」は一回で唇がうるおってふっくらとする実力派で「高いだけある!」と思わず納得してしまうような逸品です。疲れた日の寝る前にご褒美としてシャネルでスペシャルケアをするのはいかがでしょうか。

【憧れ】寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム:Dior

女の子のポーチに必ずといっていいほど1つは入っているDiorのマキシマイザー。ディオールのバックステージから発信されたこのリップは瞬時に潤いとボリュームを叶えてくれます。

使ってみると人気の理由が一目瞭然!夜寝る前のリップケアにマキシマイザーをたっぷり塗るとカプサイシン成分が唇の血行を良くしてターンオーバーを促進させ、翌朝つやつやでふっくらとした唇になります!

【かわいい】寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム:ベキュアハニー

スパやエステなども行っているベキュアの人気メニューはずばり「唇エステ」!見た目の可愛さからSNSでも話題になっているベキュアハニーのリップ。色つきのリップが有名ですがおすすめしたいのが唇エステがセルフでできちゃうリップゴマージュとハニーメルティコンクです。

こってりとしたテクスチャーで香りは甘く、ハチミツそのもの。塗り方はゴマージュで優しくくるくるとマッサージ。皮がめくれあがってガサガサな唇も古い角質を取り除き、ぷるぷるな血色良い唇を取りもどせます。その後にハニーメルティコンクで潤いを閉じ込めたら、朝つやつやでさくら色の唇に出会えるでしょう。

【優秀】寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム:メンソレータム

だれでも一度は使ったことのあるロート製薬のメンソレータム。昔からドラッグストアで見かける馴染みのあるブランドですが、ティントタイプやCCリップなどニーズに合わせて進化しつづけています。

夜寝る前におすすめなのは王道の薬用リップスティックです。めくれあがった唇の皮剥け・乾燥などのダメージリップにさわやかなスース―とした付け心地が効きます!より「保湿」にフォーカスをあてたディープモイストタイプもおすすめです。

【優秀】寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム:キュレル

乾燥性敏感肌で有名なキュレル。キャッチコピーが「荒れて硬くなりがちな唇も、ふっくらとなめらかに」。それだけで手が伸びてしまいそうですが植物性由来のモイストキープ成分、ホホバオイルが配合されています。するすると伸びが良く、唇内部までしっかりと潤いが閉じ込められている感じがします。

消炎成分も配合されているので、紫外線などで敏感になってめくれあがっている唇も夜寝る前にキュレルのリップを塗ることで治しながらバリア力を高めてくれます。

【優秀】寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム:DHC

リップクリームで不動の人気なのがDHCのリップクリーム。医薬部外品でトリートメント保湿成分配合。オリーブバージンオイル、天草誘導体など植物成分を豊富に配合しています。ベタつかずにしっかりと成分が唇に密着します。

ぴったりと唇になじむので手放せない!という声が続出です。ベタつかないので寝る前や口紅の下地にぴったりです。スヌーピーなどコラボの限定デザインも多く発売しているのでお気に入りの1本を探して気分をアゲましょう。

【優しい】寝る前の唇ケアにおすすめの夜用リップバーム:ドクターブロナー

オーガニックコスメのリップといえばこちらのドクターブロナーがおすすめです。するすると塗れて唇にやさしくしっかりとうるおいます。

天然成分配合で99.9%オーガニックです。アボカド油、ホホバ種子油、ミツロウなどの天然成分が優しいだけではなく栄養をしっかり与えるよう絶妙に配合されています。オーガニックの紫外線防止効果があり、寝る前の唇パックだけではなく、日中の使用もおすすめです。

寝る前の唇ケアでめくれあがった唇とさよなら!

口紅

保湿したいからといってリップを力任せに唇にぐりぐり押し付けてしまっては表面が傷ついてしまってはせっかくのうるおいコスメも逆効果です。リップを優しくなじませましょう。

顔の中心である唇がガサガサしてめくれあがってしまっていてはメイクもファッションも楽しめません。土台である唇ケアを夜寝る前にしっかりと行いつやつやの唇を手に入れましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。