Large thumb shutterstock 609248567

おすすめ香水アトマイザー20選|詰め替え・持ち運び・洗浄方法は?

更新:2021.04.20

今回は、「おすすめ香水アトマイザー20選」をテーマに、ロールオンタイプやメンズ用、詰め替えにおすすめの物や持ち運びに便利な入れ物、また洗浄方法に至るまで様々な角度でご紹介していきます。今では、100均で購入できる物も多くありますので、アトマイザーとは何かがこの記事でわかると思います。

アトマイザーとは?

100均でも購入可能で手軽にお気に入りの香水が持ち運びできる入れ物

皆さんはお気に入りの香水がありますか?香りを強くしたい、という場合には外出先でも使用したい、という事があると思います。しかし、香水の瓶というのは持ち運びするにも不便な場合が多いですよね。そういう場合に便利なのが「アトマイザー」なんです。アトマイザーとは持ち運びにも便利なアイテムです。

また、見た目にもおしゃれな物も多くありますので自分のお気に入りのデザインのアトマイザーにお気に入りの香水を入れておけば、持ち運びやすく気になる時にすぐ使用できるという点でもおすすめです。

100均でも一度にたくさん香水が出ないアイテムを選ぶのがコツ

アトマイザーというのは、ポンプ式である場合がほとんどで押しやすいのはもちろん、ワンプッシュで大量に出すぎない、というのもポイントになります。香水というのは、匂いが強いという事もあり、一度に大量に出てしまえばそれだけ匂いがきつくなってしまう事に繋がってしまいます。

ここに、男性ウケ抜群の香水についての記事がありますので、この記事を参考にぜひ、お気に入りの香水を探してみて下さい。そして、アトマイザーは持ち運びやすい物を意識して選びましょう。

香水の持ち運び・詰め替えに便利なアトマイザーを選ぶポイントは?

持ち運び・詰め替え便利なアトマイザーを選ぶポイント①簡単に詰め替え可能

香水というのは元々そのまま使う仕様になっているのでなかなかスプレー部分が取り外せない物が多いというのもポイントです。その為、簡単に詰め替えができる、というアトマイザーを選ぶという事が大事な事です。アトマイザーの中には、香水の機能面を考慮して作られた物もありますので直接詰め替えできる物もあります。

持ち運び・詰め替え便利なアトマイザーを選ぶポイント②小さめのボトル

アトマイザーというのはあくまで持ち運びする前提で購入するものですので、バッグに入り、場所を取らないようなアイテムを選ぶというのは大前提となります。また香水というのは時間が経ってしまうと香りが劣化してしまうのでアトマイザーに移し替えたらすぐに使い切る事ができるようなサイズを選ぶというのもポイントです。

アトマイザーを選ぶ際には、できるだけ小さめのサイズを意識して選びましょう。そうすれば、なくなったらその都度入れ替える事もでき、少量ずつ小分けにする事も可能となり持ち運びやすいと言えます。

持ち運び・詰め替え便利なアトマイザーを選ぶポイント③漏れない

アトマイザーをカバンに入れておく際に一番心配なのがカバンの中で中身が漏れてしまう事ではないでしょうか?実際に、このような経験があるという方も少なくないと思います。カバンの中というのは持ち運びの途中で揺れてしまうという事は仕方のない事ですので、そのような状況でも漏れない物を選ぶというのは大事な事です。

一度、液漏れしてしまった物は香水の匂いのキツさも相まって匂いが取れない、という事にもなってしまうので避けたい所ですよね。また、スプレータイプの物は、スプレー時に液漏れする物もありますので注意が必要です。特に、100均のアイテムは場合によっては漏れやすい事もありますので注意してください。

アトマイザーを選ぶポイント④香りを重視するなら洗浄しやすいガラス製

香水をアトマイザーに移し、持ち運びしているうちに一番気になるのが香りが劣化してしまうという事です。その為、アトマイザーの容器にも注目して選ぶという事も大事な事です。プラスチック製の容器であれば、香水に含まれている成分がプラスチックの成分を溶かしてしまう事もあります。

そして、それにより香りの成分が変化してしまったり、劣化を増進させてしまう事にもなってしまうのでアトマイザーを選ぶ際にはガラス製の容器が断然おすすめです。ここに、100均でも購入できるアトマイザーの記事がありますので参考にして下さい。100均のアトマイザーは手軽に購入できおすすめです。

香水の持ち運びにおすすめのスプレータイプのアトマイザー10選

香水の持ち運びにおすすめのスプレータイプ①無印┃¥1,799

無印良品のアイテムらしく、シンプルな中にも洗練された印象の強いこちらのアトマイザーは、男女ともに使用できるような飽きの来ないデザインが特徴です。液漏れしないという口コミも多く見られ、価格も手頃なのも人気の理由と言えます。無印の店舗というのは、身近にも数多くありますのですぐに手に入るのもポイントです。

香水の持ち運びにおすすめのスプレータイプ②100均┃¥108

100均にもアトマイザーは多くのデザインで揃っています。特に、100均のアトマイザーは見た目のクオリティーの高さでも人気となっています。また、形状も様々な物が揃っています。写真のようなバラの形のアトマイザーは、そのままカバンに忍ばせておいても見劣りしないという点でもおすすめです。

100均のアイテムであれば数種類香水を使い分けたい場合でも手軽に購入する事ができる為100均の物を数種類持ち歩く事も簡単にできます。棚に並べておけばその日の気分によってどれを持って行くか選ぶというのも楽しみの一つかもしれません。しかし、100均のアイテムというのはたまに不良品がある場合もあります。

不良品であったとしても、100均のアイテムですのでそこまで損をした気分にはならない、という点でも100均のアイテムを試してみる価値はありそうですよね。

香水の持ち運びにおすすめのスプレータイプ③キッカチェルキオ┃¥880

光を通さないような設計になっているので香水の中身が劣化しにくいというおすすめのアトマイザーです。高級感のあるアルミボディーで男女共に持ち運びやすいアイテムと言えます。また、全部で7種類というカラーバリエーションの豊富さでも人気を集めています。色別に香水の種類を変えて入れておくというのもおすすめです。

大人な雰囲気のアイテムですので、シックな色合いというのも使い勝手抜群です。人を選ばないデザインですので、プレゼントとしても喜ばれると思いますよ。

香水の持ち運びにおすすめのスプレータイプ④ヤマダアトマイザー┃¥427

クリアボディーで花柄がデザインされた上品な中に可愛らしさも感じるデザインのこちらのアトマイザーは、機能性はもちろんやはり見た目にもこだわりたい、という方に特に人気のあるアトマイザーでもあります。バッグに入れて持ち運びしやすく、見た目の可愛いアイテムというのは見る度にテンションの上がるものです。

そういう意味でも、見た目にもこだわりたい女子にはおすすめです。ガラス瓶ですので、機能性も十分です。価格とのバランスも取れているアイテムが豊富に揃っているので他にも見てみて下さい。

香水の持ち運びにおすすめのスプレータイプ⑤ガレージ・ゼロ┃¥129

コスパを重視したアトマイザー選びをしたいという人に特に人気のアトマイザーがこちらです。プラスチック製のアトマイザーですので、劣化などが気になるという方は避けた方が無難ですが中身を定期的に入れ替える事ができれば問題ありません。シンプルデザインですので自分であれこれカスタムするという楽しみ方もできます。

香水の持ち運びにおすすめのスプレータイプ⑥トラヴァーロ┃¥1,950

詰め替えノズルを内蔵したデザインですので、香水ボトルからの詰め替えも楽に行う事が出来るという入れ物で優れものです。一度詰め替えると65回スプレーする事ができるだけの量をチャージできます。中身が見やすいように、透明の窓が付いているので中身の量を確認をする際にも便利です。

機内持ち込み可能な量ですので、海外旅行などに持って行きたい、という場合も機内持ち込みができるかどうか、不安になる事無く持って行けるのもポイントです。海外出張が多い方にはもってこいのアイテムと言えます。

おすすめのスプレータイプのアトマイザー⑦ジャックマルクス┃¥2,160

JACMARCSのアトマイザーというのは、アトマイザーの中でも数少ない特許を取得しているという意味でも安心して使用する事ができるアイテムと言えます。また、漏れにくさでも定評があります。香水のスプレー部分にノズルを押し当てる事で香水が充填できるという詰め替えも手軽という点でもウケています。

少しお値段は張りますが、今まで充填するのが面倒に感じていた方は今までの苦労が何だったのか、と思えるほど画期的なアイテムと言えますので、一度このアトマイザーを試してみて下さい。

香水の持ち運びにおすすめのスプレータイプ⑧メタルレース┃¥2,847

メタルレースという名前からもわかるように、メタリックな見た目と花柄がデザインされた上品さで人気となっているアトマイザーです。やはり、花柄レースのデザインというのは、女心をくすぐるアイテムでもあります。アトマイザー全体に花のモチーフが巻き付いたデザインも高級感があり大人女子にもおすすめです。

香水の持ち運びにおすすめのスプレータイプ⑨ゴトファイン┃¥1,280

5色展開のこちらのアトマイザーは、香水を移し替える際に便利なジョーゴとドロッパーが付いています。ジョーゴというのは、スプレータイプの香水の移し替えに便利なアイテムです。ドロッパーというのは、香水本体のプッシュボタンをはずして詰め替え用ドロッパーを挿入して使用します。

取り付けたドロッパーをプレスする事で香水が管を通ってアトマイザー内に入っていくという仕組みです。香水の瓶によって使い分ける事ができる付属品が付いているというのもおすすめのポイントです。

香水の持ち運びにおすすめのスプレータイプ⑩ヒロミチ┃¥1,944

軽量素材のアルミを使用しているこちらのアトマイザーは、軽量ボディーに加えて高いデザイン性でも人気のアイテムです。コンパクトサイズですので、結婚式などで使用する小さめのバッグにも入るので機能性も十分です。アトマイザーの底部分には、窓が付いているので中身の量を確認するのも容易にできます。

ここに、おすすめのオーガニック香水を紹介している記事がありますので、匂いが強い物が苦手という方は、ぜひオーガニックの香水を試してみて下さい。

香水の持ち運びにおすすめのロールオンタイプのアトマイザー10選

おすすめロールオンタイプ①ロージーローザ┃¥302

シンプルなデザインですが、日本製という事もありコスパの高いアイテムです。小さめサイズのこちらは、ロールオンタイプのアトマイザーの中でもデザインがシンプルなだけに男女問わず使えるという点でもおすすめです。プラスチック製なので長期間入れておくのは不安がありますが、普段使いにはピッタリです。

おすすめロールオンタイプ②アマラスラグジェ┃¥2,750

直径わずが9㎜というスリムさも相まって持ち運びしやすい形状がウケています。また、中はガラス製で付属の漏斗を使って香水を移し替えるのも手軽に行えます。ロールオンタイプのアトマイザーですので、付けたい所に付けたい分だけサッと塗れるのもポイントです。持ちやすいという点でもおすすめです。

おすすめロールオンタイプ③生活の木┃¥490

生活の木と言えば、アロマオイルなどが有名ですが、ロールオンタイプのアトマイザーは様々な用途によって使い分けているという人も多いようです。ガラス製なので、中身が劣化しにくいという事もありコスパという面でもおすすめです。

おすすめロールオンタイプ④Unihome┃¥1,180

竹素材で作っているという事もあり、見た目にもこだわりたいという人にはおすすめです。また、ガラス製なので香水が劣化するという事も防げるという点でもコスパの高いアイテムです。先が細目なので塗る際にも塗り過ぎを防いでくれるという点でもおすすめです。

おすすめロールオンタイプ⑤ヤマダアトマイザー┃¥830

アトマイザーで有名な「ヤマダアトマイザー」の中でもコロプチという製品名は、ロールオンタイプのアトマイザーの事です。スプレー式では量の調節が難しいですが、ロールオンタイプであれば量の調節も簡単です。また、詰め替え用の付属品も付いていますので詰め替えも簡単です。

おすすめロールオンタイプ⑥Faireach┃¥968

6色というカラーバリエーションを誇り、アルミニウム製なので錆びにくく、軽いというのもポイントです。付属の漏斗が付いているので充填もしやすいと言えます。また、ガラスボトルなので香水も劣化しにくいというのも嬉しいですよね。ミニサイズですので、使い切りしやすいという大きさでも人気が高いです。

おすすめロールオンタイプ⑦アマラスラグジェ┃¥4,200

携帯性、遮光性、保香性に優れた優れたアトマイザーで、本体中央部にはクリスタルがデザインされた高級感溢れるアトマイザーです。クリスタルが使う度にキラキラと輝くのを見ると女性であれば付ける度にテンションの上がるアイテムになる事間違いなしです。液漏れもしにくいという点でも重宝するアイテムと言えます。

おすすめロールオンタイプ⑧SONONIA┃¥290

コロンとした可愛らしい形状が女性にウケているこちらのアトマイザーは、まるで香水瓶を思わせるような高級感のある形状がポイントです。また、ガラス製なので香水を守るにも重宝するアイテムと言えます。

おすすめロールオンタイプ⑨Travalo┃¥1,842

見た目にもスタイリッシュなこちらは、中身が見えやすいような窓付きなのも嬉しいポイントです。また、4色のカラーバリエーションから選ぶ事ができ、数種類の香水をそれぞれ入れておきたい時にも瞬時に判断できる材料になりますよね。

おすすめロールオンタイプ⑩トラヴァロ┃¥1,842

スタイリッシュなデザインで洗練されたデザインという事もあり、オフィスで使用しても見劣りしない、という点でもおすすめです。シンプルなデザインですので、男女問わず使用できるというのもポイントです。ここに、女性の年代別に人気の香水を紹介している記事がありますので参考にして下さい。

メンズにおすすめの香水アトマイザー5選

メンズにおすすめのアトマイザー①トラヴァーロ┃¥1,980

アトマイザーにしてみると高価な部類に入りますが、こちらのアトマイザーはスプレーが細かいので付け過ぎを防止する事ができる優れものです。また、香水のスプレーヘッドを取り外してノズルペグをアトマイザーの底面に挿してプッシュするだけで簡単に充填できるというのもポイントです。

メンズにおすすめのアトマイザー②ヤマダアトマイザー┃¥430

ヤマダアトマイザーというのは、1958年に創業したアトマイザーブランドの老舗です。アトマイザーにしてみれば右に出るものはいない、というほどアトマイザーの事を知り尽くした会社と言えます。全てのアトマイザーは香水を劣化しにくいガラス製の容器を採用し、コストとのバランスが取れたアイテムを多く揃えます。

メンズにおすすめのアトマイザー③ShopXJ┃¥1,580

シンプルなだけでなく、シックな印象を与えるこちらのアトマイザーは、内容量15mlで220回分入る為、忙しい男性でも使い勝手の良いアイテムと言えます。スーツのポケットに忍ばせておいても見劣りしないのでメンズには特におすすめです。

メンズにおすすめのアトマイザー④HOLUCK┃¥1,680

スポイドなど香水を充填する際に必要となる工具などが一切不要ですので、いつでも香水を充填したい時に充填できるという優れものです。10秒で充填が可能ですので、忙しい朝にも気付いた時にすぐに充填できるのもポイントです。シックな色合いで男性でも気軽に持ち歩く事ができます。

メンズにおすすめのアトマイザー⑤MADHOLLY┃¥1,680

高級感あふれるシンプルなうえに、男女問わず使い勝手のいいアイテムのこちらは、大人向けのアイテムと言えます。瓶自体も香水の保護にはおすすめしたいガラス製を採用しています。ここに、男性が香水をつける事に対しての女性の見解をまとめた記事がありますので参考にして下さい。

香水の上手なアトマイザーへの詰め替え・移し替え方法は?

100均のアイテムでも付属品を使用して移し替えるのがおすすめ

アトマイザーを購入した時には、詰め替えノズルをはじめジョウゴと言われるような漏斗が付いてきます。香水のスプレーする部分が外れる際には、スプレー部分にノズルを取り付けます。手でしっかりと固定して先端をアトマイザーの瓶の中に入れ、充填していきます。スプレー部分が外れない場合にはジョウゴを使用します。

ジョウゴの細い方をアトマイザーの中に入れて直接香水をアトマイザーの中に入れていきます。三角形になった方に向かって香水をプッシュしていけば時間は掛かりますが充填されていきます。

上手に詰め替えるコツとは6~8分目まで入れていく事

アトマイザーというのは、当然ですが考えながら充填していかなければ溢れてこぼれてしまいます。香水を充填していく際には、アトマイザーの7~8分目を目安に香水を充填していきましょう。ここに、モテ女子になる為のおすすめの香水をまとめた記事があるので参考にして下さい。

新しい香水を入れる前のアトマイザーの洗浄方法は?

アトマイザーの洗浄方法①エタノールを使う

アトマイザーというのは、直接香水を入れて使用するものですので定期的に中身を入れ替えるという事を考えると定期的にきれいに洗浄しておく必要があります。洗浄する際に便利なのが「無水エタノール」です。洗浄の仕方も簡単です。適量を無水エタノールに入れてよく振り、何度かプッシュしましょう。

これを数回繰り返したら、無水エタノールをアトマイザーの7~8分目まで入れて数日間放置しておきます。その後、エタノールを捨てて乾燥させたら無水エタノールを使った洗浄の完了です。

アトマイザーの洗浄方法②お酢を使う

穀物酢を使ってもアトマイザーを洗浄する事ができます。まず、アトマイザーのボトル部分に穀物酢を入れて1週間放置しておきましょう。スプレー部分には、お酢を水で3倍に薄めたものに一晩入れて放置しておきます。終わったらしっかりとすすいでくださいね。これで洗浄は完了です。

アトマイザーの洗浄方法③カビキラーを使う

アトマイザーにカビキラーと水を1:1の割合で注ぎ、何度はスプレーします。そして、30分間そのまま放置しておきます。放置後は、スプレー部分は水に浸けたまま数回プッシュしておきます。香水というのは、直接肌に付けるものですので、肌トラブルを防ぐ為にもしっかりとすすぎましょう。

カビキラーで洗浄する際には特に、しっかりすすぐ事が大事です。洗浄する際には、この事がポイントと言えます。ここに、香水をつける際のポイントやほのかに香る場所を特集した記事がありますので洗浄方法と共に参考にして下さい。これを参考に、香水の匂いがきついという事も防ぐ事ができるはずです。

アトマイザーは用途によってボトルの種類を変えるのがおすすめ

今回は、「アトマイザーの詰め替え方やおすすめのアトマイザー」について紹介してきましたがいかがでしたか?また、無印や100均などコストを抑える事ができるアイテムから高価なものまで様々紹介してきました。数種類に分けて使いたい、という場合には、あまりコストを掛けたくない、という人も多いと思います。

そして、アトマイザーのおすすめの洗浄方法も紹介してきました。今回紹介した洗浄方法をしっかりと踏まえたうえで清潔に保つという事もアトマイザーと上手く付き合っていくコツと言えます。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。